アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

憲法20条違反・国際人権規約18条違反の日蓮正宗の急激な信者数拡大を許すべきではない

□「宗創戦争」が激烈だった1990年代に年間23万人ペースで信者数を拡大した日蓮正宗

 

日蓮正宗は、1980年代以降、旧来からの信徒講の団体である法華講連合会に対して、1990年の大石寺開創七百年に三万総会、1994年に六万総会、2002年の日蓮・立宗750年に三十万総登山会、2009年の日蓮・立正安国論750年に五十万総登山会、2015年の日興生誕770年に法華講員50%増、2021年の日蓮生誕800年に80万法華講員達成を号令。日蓮正宗寺院信徒である法華講員を、強引、執拗な折伏・布教活動に駆り立てている。これにより日蓮正宗・法華講は、1990年代以降、特に大石寺68世早瀬日如法主(日蓮正宗管長)登座以降、急激に信徒数を増加させ、教線を拡大してきている。では具体的に、どれくらいのペースで、どれくらいの信徒数を増加させてきているのか。文部科学省・文化庁では毎年「宗教年鑑」という名の統計を発行している。そこで「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」では、この「宗教年鑑」の統計を元にして、1995年から2016年までの22年間の日蓮正宗教師(僧侶)数、信徒数、信徒数増減の推移一覧表を作成した。

教師僧侶とは、住職になる資格を持つ僧侶で、末寺寺院住職と在勤教師(無任所教師)の合計。参考資料として、同じく「宗教年鑑」から、日蓮正宗とよく比較される日蓮宗の檀信徒数をピックアップして一覧表に載せた。

 

日蓮正宗教師・信徒数・増減一覧(1995~2016)
 

(19952016年・日蓮正宗教師(僧侶)数・信徒数・信徒数増減の推移一覧表/文化庁発行「宗教年鑑」の統計より作成)

 

平成28年(2016)宗教年鑑・信者数


平成27年(2015)宗教年鑑・信者数


平成26年(2014)宗教年鑑・信者数
 

(日蓮正宗の信徒数が載っている文化庁発行「宗教年鑑」)

1995年、1996年、1997年の日蓮正宗信徒数は、570万人台を推移しているが、これは「日蓮正宗信徒」の中に、創価学会員を含めているからである。日蓮正宗は19911128日に創価学会を破門にしたが、個々の創価学会員個人については、引き続き日蓮正宗信徒の資格が認められ、大石寺にも登山参詣が認められていた。しかし1990年代は日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が最も激しかった時期で、両者の対立は「シアトル事件」「芸者写真事件」「日寛本尊」等をめぐっってエスカレート。日蓮正宗は19971130日を以て、創価学会員の日蓮正宗信徒の資格を喪失せしめた。これにより「日蓮正宗信徒」の中から創価学会員が除外され、1998年には信徒数が576万人から28万人に激減しているのである。それでは法華講員の数はどのように推移してきたのか。1998年以降の信徒数は、そのまま法華講員数だが、それ以前は「宗教年鑑」の統計からは、わからない。大石寺67世阿部日顕法主(日蓮正宗管長)は、1990728日の法華講連合会第27回総会(いわゆる三万総会)の席で

(1990年の)法華講全国の総世帯数は51300世帯に到達したと聞いております」

と言っている。51300世帯とは、人数にしたらどれくらいになるのか。これは推測するしかないのだが、201511日付けの日本の住民票人口統計によれば、日本の総人口128,226,483人に対して、総世帯数は56,412,140世帯。そうすると1世帯当たり2.27人になる。これをそのまま51300世帯に当てはめると、1990年の法華講員は116451人と推計される。

 

大石寺67世日顕・3万総会指南2


大石寺67世日顕・3万総会指南1
 

(1990728日の法華講連合会第27回総会(三万総会)の席での大石寺67世阿部日顕法主の説法/日蓮正宗法華講連合会「大白法」199081日付け)

 

続きを読む

他の伝統仏教宗派のデータとの比較でわかる日蓮正宗の常軌を逸した過酷なカネ集めの実態

□一般歳入・歳出予算を一般公開している伝統仏教各宗派と一般公開を拒否している日蓮正宗

 

現今の日蓮正宗のカネ集めが、いかに常軌を逸した巨大な金額のカネ集めであるかを計るバロメーターがある。一番わかりやすいのは、他の伝統仏教宗派の財政と比較して見ることである。

20172月号「月刊住職」に、日本の代表的な伝統仏教10宗派(天台宗、高野山真言宗、真言宗智山派、真言宗豊山派、浄土宗、浄土真宗本願寺派(西本願寺)、真宗大谷派(東本願寺)、臨済宗妙心寺派、曹洞宗、日蓮宗)の一般会計歳入予算、歳出予算、檀信徒数、世帯数等の統計が載っている。これらの統計と、近年の日蓮正宗のカネ集めの金額を比較すれば、日蓮正宗の常軌を逸したカネ集めぶりがいかに酷いかが一目瞭然である。

平成28年度(2016)宗教年鑑によれば、日蓮正宗の寺院・教会数は705になっているが、これは日蓮正宗から破門された正信会僧侶・創価学会系僧侶が居座り続け、日蓮正宗の宗教活動が実質的に行われていない寺院・教会の数を含めたもの。大石寺法主(日蓮正宗管長)・宗務院の支配下にあり、日蓮正宗の宗教活動が行われている日蓮正宗寺院・教会は、総本山大石寺・本山妙蓮寺・本山讃岐本門寺・本山日向定善寺・総本山・本山塔中坊・海外寺院・教会を含めて201711日現在で621寺である。これは、寺院総数としては、天台宗・3336寺、高野山真言宗・3638寺、真言宗智山派・2900寺、真言宗豊山派・2650寺、浄土宗・7052寺、浄土真宗本願寺派(西本願寺)10329寺、真宗大谷派(東本願寺)8705寺、臨済宗妙心寺派・3365寺、曹洞宗・14559寺、日蓮宗・5171寺と比較すると、はるかに小規模である。(伝統仏教10宗派の寺院数は20172月号「月刊住職」からの引用)浄土真宗本願寺派(西本願寺)16分の1、曹洞宗の23分の1。日蓮宗と比較しても8分の1である。

では、信徒数(檀信徒数)はどうなっているのかというと、日蓮正宗の信徒数は、平成27年度(2015)版・宗教年鑑によれば、605000人。平成28年度(2016)版・宗教年鑑によれば、668000人になっている。平成28年度(2016)版・宗教年鑑は、2017(平成29)228日になっているので、平成28年度(2016)版・宗教年鑑に載っている数字は、平成28(2016)の統計と考えられる。これに対して、伝統仏教10宗派のほうは、20172月号「月刊住職」によれば、天台宗・154万人、高野山真言宗・383万人、真言宗智山派・30万人、真言宗豊山派・142万人、浄土宗・602万人、浄土真宗本願寺派(西本願寺)792万人、真宗大谷派(東本願寺)320万人、臨済宗妙心寺派・37万人、曹洞宗・354万人、日蓮宗・348万人となっている。単純に平成28年度(2016)版・宗教年鑑に載っている日蓮正宗の信徒数を、伝統仏教10宗派の檀信徒数と比較しても、日蓮宗の5分の1、浄土真宗本願寺派(西本願寺)12分の1、真宗大谷派(東本願寺)5分の1である。

 

平成28年(2016)宗教年鑑・信者数
 

(平成28年度(2016)版・宗教年鑑に載っている日蓮正宗の信徒数、寺院数)

 

2016年10宗派一般歳出予算
 

(20172月号「月刊住職」に載っている伝統仏教10宗派の寺院数)

 

2016年一般歳入・檀信徒数・世帯数
 

(20172月号「月刊住職」に載っている伝統仏教10宗派の檀信徒数)

 

02
 

(20172月号「月刊住職」)

 

 

続きを読む

「折伏しない者は無間地獄行きだ」の法主説法は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反だ

■日蓮正宗は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反の折伏・布教を即時中止せよPART4

 

□また折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きだと説法した大石寺68世早瀬日如法主

 

2021(平成33)年の日蓮生誕八百年に法華講員(日蓮正宗信徒)80万人にしろ」と、日蓮正宗の全末寺住職・僧侶・法華講員(日蓮正宗信徒)に命令を下し、毎年毎年、過酷な「折伏誓願目標」という名目の布教ノルマを押しつける日蓮正宗管長・代表役員・大石寺68世早瀬日如法主。そして「折伏誓願目標」が達成できなかった末寺住職を、大石寺の「折伏推進指導会」という場に呼びつけ、「なぜオマエの寺院は達成できないんだ」とばかりに、過酷な吊し上げ的「指導」を行わせている。これだけ過酷な指導をしても、こんな強引な折伏に消極的だったり、嫌悪する日蓮正宗の寺院住職や法華講員がかなりたくさんいるようである。2016年は、150を超える寺院・法華講が「折伏誓願目標」と称する布教ノルマが未達成で終わった。「そんな折伏に消極的な住職や法華講員がいるから、折伏誓願目標が達成できないのだ」とでも言いたいのだろうか。

大石寺68世早瀬日如法主が、2017年の新年早々、「大日蓮」20191月号の「新年の辞」で、日蓮の『阿仏房尼御前御返事』の文「いふといはざるとの重罪免れ難し、云つて罪のまぬがるべきを見ながら聞きながら置いていましめざる事眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲なり、章安の云く「慈無くして詐り親むは即ち是れ彼が怨なり」等云々」(御書906ページ)を引いて、「折伏・育成をしない者は眼耳の二徳忽に破れて大無慈悲」と説法したのだが、それでも飽き足らないのか、201725日、大石寺客殿で行われた「20172月度広布唱題会」ではこんな説法をしている。

「御本仏日蓮大聖人様の一切衆生救済の願業を正しく承継して一天四海本因妙広宣流布を達成し、異体同心して破邪顕正の折伏を行じていくところに、今日、我ら本宗僧俗の最も大事な使命が存しているのであります。故に(日蓮遺文(御書))『曽谷殿御返事』には

『法華経の敵(かたき)を見ながら置いて責めずんば、師檀ともに無間地獄は疑ひなかるべし』(大石寺版御書全集p1040)(日蓮は)仰せられ、謗法の者を見ておいて、そのままにして折伏をしない者は、『師檀ともに無間地獄は疑ひなかるべし』と厳しく御制誡あそばされているのであります。よって一人一人がいかなる困難や障魔が競い起きようとも

『末法に於いて今日蓮等の類の修行は、妙法蓮華経を修行するに難来たるを以て安楽と意得べきなり』』(大石寺版御書全集p1762)

との(日蓮の)御金言を胸に、今こそ敢然として折伏を行じ、誓願達成へ向かって僧俗一致・異体同心して前進することが肝要であります」(20173月号「大日蓮」p52)

 

3)
 

つまり日蓮の遺文(御書)を引用して、「折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きになるのだ」と、大石寺68世早瀬日如法主は言いたいようである。自分たちの意に沿わない人、自分の言うことを聞かない人、自分に随おうとしない人に、「オマエは無間地獄行きだぞ」と言うのは、日蓮正宗、創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教の得意技である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ