アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人・英昭彦が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセ英昭彦」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「英 昭彦」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

□絶大な権力を握り実質的な封建絶対専政君主として日蓮正宗の頂点に君臨する大石寺法主   日蓮正宗とは、一体どんな権力構造になっているのか。これは日蓮正宗という宗教を徹底検証していく上で、重要なポイントである。世間一般では「世間の会社組織や財団・社団法人 ...

□実によく似ている善光寺本堂の瑠璃壇(須弥壇)の緞帳(どんちょう)と大石寺正本堂の緞帳   長野善光寺本堂内々陣の朝事や修正会等の法要とき、内々陣の須弥壇の金襴の緞帳(どんちょう)が上がる。普段は、内々陣の緞帳は降りていて、朝時や法要が行われる時のみに、緞帳 ...

□もはや「日蓮正宗系」カルト信者の者どもにも止められない「3ブログ」アクセス数増加の勢い   皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。 日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々から ...

□明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です   本年2016年も「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」をご愛好いただき、まことにありがとうございました。 明年2017 ...

■検証80・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため7   □京都妙顕寺が勅願寺になったことで日蓮宗や大石寺が朝廷公認になったのではない   -------------------------------------------------------------- (日蓮正宗信者の妄説) 日蓮宗が朝 ...

■検証79・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため6   □大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件2   さてその比叡山延暦寺だが、元天台座主で還俗して将軍になった室町幕府6代将軍・足利義教と対立。永享7 ...

■検証78・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため5   □大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件   それにしても、大石寺を、天皇が勅許した「大乗戒壇」である比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にすると ...

■検証77・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため4   □大石寺を比叡山延暦寺に超越する「事の戒壇」にしようとした大石寺9世日有の野望   比叡山延暦寺の「大乗戒壇」は、天台宗が広宣流布するしないに関わらず、比叡山延暦寺の総本堂である根 ...

■検証76・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため3   □自らの申状の伝奏を私度僧同然に扱われて門前払いされた大石寺9世日有の屈辱2   そもそも天台座主とは、日本の天台宗(延暦寺派)の総本山である比叡山延暦寺の貫主(住職)で、天台宗( ...

■検証75・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため2   □自らの申状の伝奏を私度僧同然に扱われて門前払いされた大石寺9世日有の屈辱1   天皇や上皇・法皇といった「治天の君」への奏請は誰でも彼でもできるのではなく、親王・王・法親王といっ ...

■検証74・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため1   □戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「百六箇抄」 ...

■検証73・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため3   □湯之奥金山の経済力で潤う時代に信者から金銭収奪体制確立を急いだ大石寺9世日有   日蓮正宗大石寺九世法主である日有は、大石寺から北へ約45キロほど上った山梨県南巨摩郡身延 ...

■検証73・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため2   □「戒壇大本尊」「日蓮本仏義」偽作で湯之奥金山の利権独占を狙った大石寺9世日有   先に、一般大衆がどこか特定の宗派、特定の寺院に所属が固定化されたのは、江戸時代初期の寛 ...

■検証71・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため1   □大石寺が信者から未来永劫にわたり安定的に金銭を収奪するシステムを確立させるため   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「日蓮本仏義 ...

□龍神ひろしの法華講石之坊支部幹事認証で理性も知性も全てかなぐり捨てた(?)日蓮正宗   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」は、毎号、「宗務院録事」と題して、大石寺法主が任命、承認、認証する人事を発表しているが、「大日蓮」平成28年12月号に、驚くべき人事が発表さ ...

□大石寺法主の評価は創価学会の牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」だった永井藤蔵氏   日蓮正宗の信徒の中では総講頭に次ぐナンバー2の地位である日蓮正宗法華講大講頭の職にあり、全国・海外の日蓮正宗寺院に所属する法華講支部の連合体組織である日蓮正宗法華 ...

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2   1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大 ...

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流   1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教 ...

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とお ...

□寺社奉行に同門の要法寺を「要法寺日尊上洛後の事跡相知れず」と冷たく突き放した大石寺   京都要法寺は、徳川幕府・寺社奉行の厳しい詮議・取り調べの中で、1797(寛政9)年、自山の立場について、「大石寺開山日興上人の弟子つづき」、つまり要法寺は大石寺と同門であ ...

□大石寺に見殺しにされた金沢・尾張等で過激折伏事件で逮捕・投獄された大石寺僧侶・信徒   大石寺門流は、徳川幕府の禁制に平然と反して過激な折伏を展開するという過激体質を、あの江戸時代においてすでに持っていたのであり、大石寺門流は幕府公認宗派になり宗教論 ...

□幕府公認宗派になり宗教論争・自讃毀他が禁止されたが折伏を放棄していなかった大石寺門流   江戸時代初期の1632(寛永9)年に大石寺法主に登座した大石寺17世日精は、京都要法寺出身ではあったが、「日蓮の全ての教えの極説は大石寺の『戒壇の大本尊』」「日蓮の正しい ...

□滅亡寸前の状態にまで疲弊した大石寺門流を復興させた室町時代の大石寺第9代法主日有   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」には、今でも「日蓮正宗とはどういう宗派なのですか」「日蓮宗とは違うのですか」「日 ...

□強引・非常識な折伏をする日蓮正宗の新寺院建設は近隣住民の平和に対する重大な脅威だ   日蓮正宗が千葉県松戸市秋山地区で新寺院建設を計画。これに対して新寺院建設予定地の近隣住民の方々が日蓮正宗の新寺院建設に猛反対。日蓮正宗の新寺院建設の白紙撤回を要求し ...

□日蓮正宗の全信徒に「入信するまで折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如法主   日蓮正宗の日本国憲法の「信教の自由」「布教の自由」を大きく逸脱した体質、国際人権B規約 第18条に違反する体質は、未成年の子供、小学生、中学生、高校生への折伏命令を下した ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART3   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如2   大石寺68世早瀬日如法主が日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指 ...

■幼児・青少年をカルト宗教によるカルト教育汚染から法的保護をすべきであるPART2   □日蓮正宗の小学生・中学生・高校生信徒に「折伏せよ」と指南している大石寺68世早瀬日如   近代に入って創価学会、顕正会顔負けの強引・非常識・執拗な折伏・布教活動を年々エス ...

□ライブドア広告はライブドアが載せているもので「アンチ日蓮正宗」は全く関係ありません   「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)が主宰する「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗 ...

□北条浩・四代会長に「宣正院浩徳日基大居士」の戒名を下賜した大石寺67世阿部日顕法主   1981(昭和56)年7月23日、創価学会本部が主宰する創価学会四代会長・北条浩の通夜の儀が、東京・巣鴨の東京戸田記念講堂で営まれているが、この北条浩・通夜の儀の大導師を勤めた ...

□藤本日潤総監・宗門首脳のみならず日顕法主夫人・藤本日潤夫人も列席した北条浩告別式   1981(昭和56)年7月18日、創価学会四代会長・北条浩が死去。18日夜に北条浩自宅にて通夜、翌19日に同じく北条浩自宅にて告別式が行われた。この通夜も告別式も、喪主は北条浩夫人 ...

■検証18・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない11   □身延山久遠寺二祖貫首が決定したのは1288年(正応元年)「日蓮七回忌」の年である   史実を徹底検証していくならば、日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しておらず、「百六箇 ...

■検証17・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない10   □日蓮は滅後の導師・戒壇・授戒・ビジョンを弟子たちに何一つ明示しないまま入滅した   日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト教団の「唯授一人血脈相承」「二箇相承」の議論は ...

■検証16・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない9   □仏教各宗派の本山法主・貫首・管長選出方法は高僧の合議・選挙・指名等、一定していない   日蓮正宗の「二箇相承」「血脈相承」論を聞いていると、 「日蓮大聖人は日興上人に相承しなかった ...

■検証15・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない8   □日蓮遷化記録の「定」と二箇相承の矛盾をごまかす大石寺65世日淳の妄説を斬る   ----------------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺65世法主 ...

■検証14・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない7   □重要文化財指定の日興真筆・日蓮遷化記録が偽書ということは絶対にあり得ない   富士門流八本山のひとつ・西山本門寺という寺は、古くからの古文書、漫荼羅本尊が多数格蔵されており、平たく ...

■検証70・「日蓮本仏義」偽作の動機2・大石寺を日蓮一門の総本山にするため3   □「戒壇の大本尊=日蓮=本仏」の教義で大石寺の総本山化を計った大石寺9世日有   大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作し、「戒壇の大本尊=日蓮=本仏」という教義理 ...

■検証69・「日蓮本仏義」偽作の動機2・大石寺を日蓮一門の総本山にするため2   □他宗他門総本山と同じく大石寺の中心本尊として「仏」を祀る必要があった大石寺9世日有   仏教教学の理論・常識からすると、「総本山を名乗る寺院には『本仏』が住している」という理 ...

■検証68・「日蓮本仏義」偽作の動機2・大石寺を日蓮一門の総本山にするため1   □大石寺を日蓮宗身延山久遠寺・北山本門寺を凌ぐ日蓮一門総ての総本山にするため   大石寺9世日有が「日蓮本仏義」を偽作した第二の動機は、大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日 ...

□日蓮正宗の創価学会批判は創価学会批判の仮面をかぶる日蓮正宗の勢力拡大の謀略だ   日蓮正宗大石寺の専政法主の野望を食い止め、創価学会、池田大作氏の野望を食い止め、顕正会・浅井昭衛の野望を食い止め、日蓮正宗や創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」カルト宗教団 ...

□紛争・抗争を繰り返しながら教線を拡大し信者を獲得しつづけている「日蓮正宗系」カルト教団   日蓮正宗(法華講・妙観講なども含む)、創価学会、SGI、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会などの日蓮正宗系の各教団は、日蓮正宗の内紛・分裂によって勢力を弱めるどころか ...

□地球規模でのカルト宗教問題に取り組みなくして世界的なカルト宗教問題は根絶できない   ロシア最高裁判所は2016年9月20日、国際宗教団体「オウム真理教」がロシア国内で活動することを禁じる判決を下した。「裁判所は最高検察庁の起訴状を認め、『オウム真理教』をテ ...

□政治権力からの独立路線は1970~2000年代の創価学会批判の反省を踏まえたもの   「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策のひとつに「政治権力からの独立」「政治家からの独立」路線というものがある。これは1970年代から2000年代における創価学会批判活動・カルト宗 ...

□「アンチ日蓮正宗」の反カルト宗教活動は政治家・議員・政治権力から独立した活動である   「政治家主導・権力迎合の『反創価学会』『反カルト宗教』活動は失敗する」は歴史の教訓であり。「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会」(略名・アンチ日蓮正宗) 「 ...

■「カルト宗教取締法」を制定し信教の自由を蹂躙・踏みにじるカルト宗教を規制せよPART5   □「日蓮正宗系」カルト教団が行う未成年者のカルト教育は「信教の自由」に対する重大な脅威だ   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」カルト教団に共通する ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO125   1261「創価学会員自身が、創価学会員の本当の姿しらなすぎなんだもん。悪いこといわないから創価学会員の事実とむきあってください。今からでも人生やり直すことは十分かのうですよ。 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO124   1252「いっつも思うのですが、 創価学会員の中に居ると言われている冷静な人たちは何故、池田大作に敬意を?と感じる人達が多いです。…洗脳なんですね。催眠と云うか…。世間の誰に ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO123   1245「何かにつけ、何処かの途上国や反日国の学校などに寄付をして、それで表彰されたのを、さも池田大作が大人物だからのようにイメージ付ける為、創価学会の機関紙ではしょっちゅう ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO122   1234「最近初めて身近に創価学会員を発見しました。自ら創価学会員だと名乗りでてきたので興味津々に質問したところ、「今度話し聞きにおいでよ」と言われました。創価学会員と分かって ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO121   1230「池田大作はお金持なのですか?また、どのような形で収入を得ているのでしょうか。私が聞いた話では、彼は豪邸には住んでいないということですが。学会員とかかわっているとどん ...

↑このページのトップヘ