アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人・英昭彦が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセ英昭彦」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「英 昭彦」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

□一般世間の表面に出てこなかった「日蓮正宗系」カルト宗教による実害を受けた被害者の声   第五に、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会・富士門流執着軍団の強引・執拗な折伏・布教活動の被害、選挙干渉、威迫、脅迫、尾行、暴力、カネ集め等々の実害を受けた人たち、 ...

□新聞・月刊誌・週刊誌・マスコミ・評論家等の中に少なかったカルト宗教問題に精通した専門家   第二の理由として、新聞、月刊誌、週刊誌、マスコミ、評論家の中に、宗教問題、カルト問題に精通した人物が非常に少なかったことが挙げられる。藤原弘達氏、内藤国夫氏、 ...

□お互いが対立しながら信徒数を増加させてきている創価学会、顕正会等「日蓮正宗系」団体   日本のカルト宗教問題は、何も今にはじまったことではなく、少なくとも日本への仏教伝来以降、いろいろな時代にカルト宗教が出現。宗教vs宗教の戦争、宗教vs権力者の戦争を引 ...

■検証67・「日蓮本仏義」偽作の動機1・「戒壇大本尊」を理論的に正統化するため2   □釈迦牟尼本仏義を否定して釈迦の因行を本尊とすべきであると説いた大石寺9世日有   仏教という宗教では、衆生を仏道に導く仏(能化の仏)がいて、導かれる衆生(所化の衆生)はその仏 ...

■検証66・「日蓮本仏義」偽作の動機1・「戒壇大本尊」を理論的に正統化するため   □大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」=日蓮=本仏の教義理論完成のため   それでは、大石寺9世日有は、いかなる動機を以て、大石寺門流独特の「日蓮本仏義」なる“特異な教義 ...

■検証13・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない6   □日蓮が定めた本弟子六人(六老僧)の「定」と矛盾する「二箇相承」「血脈相承」   「二箇相承」「唯授一人血脈相承」は、1282(弘安5)年10月8日、日蓮が入滅の直前に制定した本弟子六人(六老 ...

■検証12・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない5   □葬儀・葬列・法要は法席・僧階が最上位の僧侶が大導師を勤めるのが仏教界の通例   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) 大聖人 ...

■検証11・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない4   □法主・管長以外の僧侶が「責任者」「導師」を務める法要・行事に法主は出仕してこない   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) ...

■検証10・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない3   □「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興2   1282(弘安5)年10月14日の日蓮葬送の儀式がどのようなものであったか。日興が筆録した「御遷化記録」をもとに ...

■検証9・日興が身延山久遠寺第二祖貫首に登座した史実は存在しない2   □「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興   富士門流八本山のひとつである京都要法寺第13祖貫首・広蔵院日辰が書写した「日蓮一期弘法付嘱書(身延相承書 ...

□訓諭を発令した大石寺66世細井日達が第1次宗創紛争を引き起こしたとは“お笑いぐさ”だ   創価学会の「折伏大進撃」の時代、1963(昭和38)年7月15日付けで大石寺66世細井日達法主が、日蓮正宗教師僧侶一般と法華講員一般に宛てて、何と創価学会批判を全面禁止する訓諭 ...

□大講堂の耐用年数を過ぎているのに改築魔も大規模修繕もしないまま使用するのは危険だ   1958(昭和33)年3月、創価学会二代会長・法華講大講頭(当時)・戸田城聖が発願主になり、創価学会が寄進した大講堂という名の堂宇が、今も大石寺境内に残っている。現在の大石寺境 ...

□頻繁に増改築を繰り返しているが基本的に創価学会寄進の大坊が残る今の大石寺大坊   1962(昭和37)年2月、大石寺に池田大作が発願主になり創価学会が寄進した大坊が落成。翌3月3日、大石寺66世細井日達法主が臨席して完成式が行われた。大坊とは、大石寺法主が居住する ...

□創価学会と法華講は「目くそ鼻くそ・同じ穴の狢」で「法華講は創価学会とは違う」は全くのウソ   1990(平成2)年12月の池田大作総講頭罷免に端を発した日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」が炎上し、創価学会が破門、池田大作が信徒除名に付されて以降、法華講員たちは口 ...

■検証8・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった4   □本当に「血脈相承」があったら上野地頭が保田妙本寺日賢を「大石寺別当」と呼ぶはずがない   蓮蔵坊七十年紛争の真っ只中の1366年(貞治5年)に、上野郷の地頭・興津法西が日郷 ...

■検証7・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった3   □「血脈相承」ではなく今川家と鎌倉管領の介入により政治的に解決した「蓮蔵坊七十年紛争」   1333(正慶2)年から1403(応永10)年にいたる70年の長い間、大石寺4世日道の一門と、 ...

□全資料の約85%を収蔵しているアンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部管理人室書棚   「アンチ日蓮正宗」(仏教宗学研究会)管理人は、1980年代、90年代のころから収集してきた膨大な数量の書籍史料、写真資料、ビデオ資料を所有している。今回、アンチ日蓮正宗(仏教宗 ...

□東京本部・北陸支部のセキュリティ完備も「日蓮正宗系」論破・撲滅活動の“大功徳”か(爆)   今般、新たに落成したアンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部は、防犯カメラ・セキュリティシステムが完備しています。   (アンチ日蓮正宗(仏教宗学研究会)北陸支部の防 ...

■検証6・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった2   □本当に「唯授一人血脈相承」があったら日仙と日代は大石寺上蓮坊で問答する必要がなかった   日蓮正宗大石寺開祖・日興、三祖・日目が死去した翌年の1334(元弘4)年1月7日、大 ...

■検証5・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しなかった1   □「日尊実録」にある「一人」とは大石寺法主ではなく日尊から相承を受けた「付弟」のことだ   ------------------------------------------------------------------ (日蓮正 ...

□ついに「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」単独で「トヨダテレビ」のアクセス数ぶち抜き達成   皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。 2016年07月31日で、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が92 ...

□この日顕賞与本尊は池田大作総講頭罷免以来の「宗創戦争」でどうなったのだろうか(?)(笑)   1982(昭和57)年10月12日、大石寺での「正本堂建立十周年総登山会」で、大石寺67世阿部日顕から「賞大法護持広布並世界平和貢献之功」との脇書が入った賞与本尊を授与された池 ...

□なぜ日顕は池田大作に「大法護持広布並世界平和貢献之功」賞賛の賞与本尊を授与したのか   日蓮正宗内部の反創価学会運動である正信覚醒運動が「正信会」と衣替えし、正信会が大石寺66世細井日達から大石寺67世阿部日顕への血脈相承を否定。正信会僧侶のほとんどが擯 ...

□総講頭辞任の5年後に大石寺66世細井日達法主から再び総講頭に任命された池田大作   大石寺法主が日蓮正宗全信徒のトップの職である日蓮正宗法華講総講頭に池田大作を任命した、二度目とは、1984(昭和59)年1月2日、池田大作ら創価学会首脳が大石寺大坊対面所で大石寺67 ...

□若干36才で大石寺66世細井日達法主から日蓮正宗全信徒のトップに任命された池田大作   日蓮正宗と創価学会が「同じ穴の狢」「目くそ鼻くそ」のカルト宗教である証拠として、大石寺法主自ら、創価学会最高指導者・池田大作を日蓮正宗法華講総講頭に任命したという、動 ...

■検証289・大石寺板本尊は保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか2   □14世紀造立の保田・中山法華経寺の漆・金箔加工板本尊は土肥金山の金により造立された2   ---------------------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降 ...

■検証288・大石寺板本尊は保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか1   □大石寺の板本尊は14世紀造立の保田妙本寺・中山法華経寺の板本尊のパクリか   漆加工・金箔加工の板本尊とは、いつごろから日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院に存在するのか、ということに ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO120   1219「お付き合いしている方が、創価学会の異常さに気が付いてくださるのが一番いいのでしょうけどうまく行かない確率のほうが高いですね。教義に疑問を持つことは悪であると徹底的に ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO119   1206「聖教新聞を妄信的に読んでる創価学会員の友人が哀れに思えますよ・・・。それ読むならほかのを読みますね。題目あげるのも時間の無駄!創価学会活動に精神的苦痛を覚え、体調不 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO118   1196「僕自身は創価学会からの被害は無いのですが、様々なサイト等で創価学会の話を見聞きして、反創価学会になりました。近所に大きい創価学会の会館ができたので物凄く不安です(笑) ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO117   1186「創価学会員たちが言うところの、その『生まれ変わったように励む活動』というのが、公園のゴミ拾いであったり、一人暮らし老人の買い物代行の無償奉仕だったり、ホームレスの人 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO116   1180「創価学会員が、勧誘のターゲットにした人間に執拗に創価学会入会を迫ることは、みなさん、証言してもいます。この「アンチ創価学会」コミュにも多くのコメントが寄せられていま ...

□東京本部は「アンチ日蓮正宗」管理人のファーストハウス、北陸支部はセカンドハウスである   2015年から計画を進めてきておりました「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」(略名・アンチ日蓮正宗・別名・仏教宗学研究会)の北陸支部社屋ですが、土 ...

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く3   □日蓮正宗首脳も在勤僧も「見て見ぬふり」をしていた?大歓寺住職・須賀法重氏の昼間の飲酒   大歓寺の毎日16時30分からの本堂での夕勤行に、大歓寺初代住職・須賀法重氏が真 ...

■検証65・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである10   □百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである4   「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説を唱えている「富士門流執着軍団」の大石寺・富士門 ...

■検証64・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである9   □百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである3   京都要法寺が格蔵する「称徳符法の大本尊」とは、実に謎の多い本尊である。しかも京都要法寺本堂 ...

■検証63・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである8   □百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである2   日蓮本宗・本山要法寺の重宝・「称徳符法の大本尊」の伝承の経緯を調べていくと、さまざまな疑問 ...

■検証62・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである7   □百六箇抄「日興嫡嫡相承曼荼羅」を論拠とする「日蓮本仏義」京都要法寺偽作説は誤りである   「百六箇抄」要法寺偽作説を唱えている大石寺・富士門流研究家の東佑介氏は、「百六箇抄」の 「日 ...

■検証61・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである6   □上行院の三文字を論拠とした「日蓮本仏義」「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである   「日蓮本仏義」「百六箇抄」が、日尊門流・京都要法寺の偽作ではないかとする「京都要法寺偽作説」は、 ...

■検証60・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである5   □京都要法寺13祖日辰「二論議」は日蓮本仏義・百六箇抄が京都要法寺の偽作ではない証拠   京都・要法寺13祖貫首・広蔵院日辰が著書『開迹顕本法華二論議得意抄(二論議)』の中で 「御正筆の血脈 ...

■検証59・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである4   □開創から堀川綾小路時代、二条寺町時代は本堂=釈迦堂=仏像本尊だった京都要法寺2   京都要法寺開山堂は、元々は釈迦如来像が祀られた釈迦堂として建立されたのであり、要法寺が仏像を廃止し ...

■検証58・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである3   □開創以来堀川綾小路時代、二条寺町時代は本堂=釈迦堂=釈迦仏像本尊だった京都要法寺   京都要法寺25世日舒の百六対見記によれば、造仏読誦は要法寺本末にとどまらず、北山本門寺、西山本門寺 ...

■検証57・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである2   □造仏読誦の京都要法寺は日興嫡嫡相承の曼荼羅を祀る戒壇を説く「事の戒壇」偽作者ではない   そして京都要法寺の歴史を具に紐解いていくと、要法寺13世日辰の開山から江戸時代中期のころまで、 ...

■検証56・「日蓮本仏義」日尊門流・京都要法寺偽作説は誤りである1   □京都要法寺に「日蓮本仏義」が派生した「事の戒壇」義・「富士山本門寺本堂」は存在しない   「日蓮本仏義」については、古来からさまざまな偽作説が唱えられてきており、「誰が、どこが日蓮本 ...

■論破15・洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の妄説を斬る15   □法華講員・黒川和雄がfacebookでも「アンチ日蓮正宗」管理人をアクセスブロックして逃亡   「アンチ日蓮正宗」によって、インチキ謀略2ちゃんねると日本語不通男・龍神ひろしの妄説丸写し文を載せ ...

■検証287・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである3   □大石寺法主が否定している久遠院日騰の「紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・加工説」   「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の模写と彫刻・塗箔、ないしは模写・彫刻と塗箔が別の法主によっ ...

■検証286・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである2   □日蓮正宗の正式見解と矛盾している漆・金箔加工の慧妙や法華講員たちの言い訳   --------------------------------------------------------------- (日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の ...

■検証285・「戒壇の大本尊」模写・塗箔の別時代・別法主偽作説は誤りである1   □「戒壇大本尊」は隠居不在の時代の一人の当代法主・大石寺9世日有が偽作した板本尊だ   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」偽作説には、様々な異説が存在していることも事実で、その中 ...

■検証3・宗創戦争勃発後の1990年代以降から年々衰退し滅亡の道を歩んでいる正信会3   □池田大作・創価学会の傀儡と化し創価学会を糾すことに全く消極的だった1970年代の宗務院   日蓮正宗の宗務行政は、頂点に日蓮正宗管長・代表役員である大石寺法主が君臨し、そ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO115   1165「創価学会も公明党も嫌いなので、アンチ創価学会コミュに参加しました。結局、オウム真理教と同じ穴の狢です。こんなところに日本を乗っ取らせるわけには行きません。」 (「mix ...

↑このページのトップヘ