アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人・英昭彦が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセ英昭彦」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「英 昭彦」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

■検証123・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである16   □大石寺法主の血脈相承・百六箇抄のキーパーソン・左京阿闍梨日教(本是院日叶)   「戒壇の大本尊」なる偽作板本尊を根本に据えて、本門の本尊・戒壇・題目という「三大 ...

□大法会終了後、大石寺書院で大宴会・大酒宴を開いていた日蓮正宗・創価学会首脳たち   日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の昭和57年(1982)3月に大石寺で行われた「日興六百五十遠忌慶讃大法要」で、日興の墓参が行われたことを報道する昭和57 ...

■検証3・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興3   □「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書写した正応年間・正法寺格蔵の日興曼荼羅本尊   山梨県中巨摩郡昭和町の日蓮正宗寺院・正法寺に格蔵されている日興が書写した本尊も ...

■検証2・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興2   □「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人御判」と書写した正応5年10月13日の日興曼荼羅本尊   「本尊七箇相承」の文中に 「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師 ...

■検証1・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興1   □「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書写した正応3年10月8日の日興曼荼羅本尊   「本尊七箇相承」なる文書が日蓮や日興とは全く無関係の文書であるという証拠はそれこそた ...

□「本尊七箇相承」は日蓮・日興・日目とは全く無関係の大石寺9世日有偽作のニセ文書だ   日蓮正宗が日蓮からの相伝書と詐称しているものに「本尊七箇相承」なる文書がある。近年、日蓮正宗はこの文書をもって「代々の大石寺法主上人は日蓮大聖人さまなのだ」などと「法 ...

□記念撮影後、全員で大石寺書院で大宴会・大酒宴を開いていた日蓮正宗・創価学会首脳たち   下記の写真は、昭和56(1981)年10月13日を中心に約一週間にわたって大石寺で行われた、「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕法主ら日蓮正宗首脳僧侶 ...

■検証258・富士門流執着軍団の「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作否定説は誤りである2   □日蓮門下最大の行事・御会式の万灯行列・練り供養の日にした大石寺9世日有   大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きにまつわる「謎」のひとつに、なぜ大石寺9世日有が日 ...

■検証257・富士門流執着軍団の「戒壇大本尊」大石寺9世日有偽作否定説は誤りである1   □日蓮・日興門流の虚像に執着して教学・宗学を歪曲する「富士門流執着軍団」は誤りである   「戒壇の大本尊は9世日有の偽作だ」に対して、「富士門流執着軍団」がブログでこん ...

■検証256・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである1   □「富士門流執着軍団」らの「戒壇の大本尊」大石寺14世日主偽作説は誤りである   大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の研究者の中に、大石寺14世日主が「戒壇の大本尊」を偽 ...

■検証254・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである16   □「戒壇の大本尊」は大石寺17世日精の代以前から大石寺に存在していた2   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した人物が、大石寺17世日精であるならば、大石 ...

■検証253・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである15   □「戒壇の大本尊」は大石寺17世日精の代以前から大石寺に存在していた1   日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、すでに大石寺9世日有の代から、大石寺に存在してい ...

■検証252・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである14   □大石寺17世日精が大石寺御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性2   仮に1632(寛永9)年11月から1679(延宝7)年2月までの47年間、大石寺御影堂に「戒壇の大本尊 ...

■検証251・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである13   □大石寺17世日精が大石寺御影堂に祀った「戒壇の大本尊」のレプリカ本尊の可能性1   大石寺17世日精が、「戒壇の大本尊」のことを「戒壇院の本尊」と呼び、「戒壇の大本尊」 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO100   983「相当、創価学会の人にやられてます。創価学会には入信はしてません。絶対にしません。嫌いだから。学生からの友人に、無理やり入信させられそうになり、それから、縁を絶ち切り ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO99   968「隣人が創価学会員で、聖教新聞の勧誘及び、選挙の時の公明党候補者への投票要請が迷惑です。」 (「mixi」の「アンチ創価学会」コミュニティからの引用) 969「うちは、家族代々 ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO98   956「「脱会するとたたりがある」「●●をしないと不幸が起こる」などを宣揚する宗教は明らかにおかしいという認識のものです。創価学会についてその色彩がかなり強いということ、そし ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO97   945「日蓮正宗創価学会の時代からの長年の創価学会会員でしたが、最近、創価学会をやめました。今でもときどき、創価学会員が家に来ます。」 (「mixi」の「アンチ創価学会」コミュニ ...

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO96   934「大好きな彼女が親類も含め全員、創価学会員でした。突然、彼女からの創価学会員であるという告白にはっきり言って戸惑いました。でも話を聞くと彼女は好きでやってるわけではない ...

■検証122・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである15   □「富士門流執着軍団」の左京阿闍梨日教教学=日真門流調御寺教学説は誤りである   本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」に説かれている教学を、大石寺9世 ...

■検証121・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである14   □東佑介氏の説は何の根拠もない仏教教学研究者にあるまじき「こじつけ」である   本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」に説かれている教学を、何としてでも ...

■検証120・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである13   □「秘蔵抄」奥書の記述は京都・要法寺13代貫首・広蔵院日辰『二論議』の見解と矛盾している   大石寺59世堀日亨の著書「隠れたる左京日教師」で紹介している、岡宮・光 ...

■検証119・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである12   □大石寺59世堀日亨が岡宮光長寺学頭・大林日有氏から得たとされる秘蔵抄の真偽の検証3   「アンチ日蓮正宗」としては、沼津市ないしは沼津市教育委員会のほうで、光長 ...

■検証118・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである11   □大石寺59世堀日亨が岡宮光長寺学頭・大林日有氏から得たとされる秘蔵抄の真偽の検証2   「秘蔵抄」という古文書が、本当に岡宮光長寺宝蔵の中に格蔵されているのか。 ...

■検証117・「富士門流執着軍団」や東佑介氏らの「百六箇抄」京都要法寺偽作説は誤りである10   □大石寺59世堀日亨が岡宮光長寺学頭・大林日有氏から得たとされる秘蔵抄の真偽の検証   東佑介氏の「百六箇抄」京都要法寺偽作説、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、著書 ...

■検証50・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない9   □日目六百五十遠忌大法要で日目「墓参」をしたと宣伝する大石寺の欺瞞を斬る   日蓮正宗大石寺には、日目の遺骨はなく、現在も「日目の墓」「日目の正墓」は存在していない。 ところが日蓮正宗は、大石 ...

■検証49・大石寺に「大石寺三祖日目の正墓」は存在しない8   □大石寺・下之坊にある日蓮正宗が「日目上人の墓」と自称するものはニセ墓である   下之坊とは、大石寺、下条妙蓮寺の南方にある日蓮正宗の寺院で、ここは身延離山した日興が、最初にここに住み、それが ...

■検証35・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない35   □日蓮正宗系の勤行・方便品寿量品読誦は「日蓮本仏義」と全く矛盾する化儀である   「日蓮正宗系」では、一様に日蓮本仏義・釈迦如来脱仏義を唱えながら、日々の朝夕の勤行や大石寺の深夜 ...

■検証34・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない34   □日蓮正宗僧・漆畑正善氏「本因妙口決・日蓮宗の語は『日蓮宗』の語の初見」説の誤謬を斬る   「本因妙口決」後世偽作説の根拠になっているものは、「大白蓮華」に連載された「堀上人に富 ...

■検証33・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない33   □本因妙口決をはじめ三位日順の著作に重大な疑問を呈している大石寺59世堀日亨   大石寺の開祖・日興の弟子で、重須談所の二代学頭(住職に次ぐナンバー2の職)の職にあった日順が書いたと ...

□旅行に行ったことがない自慰カルトどもにも止められない「2ブログ」アクセス数増加の勢い   皆様、新年、明けましておめでとうございます。昨年は、いろいろとお世話になりました。 日記やボイスに、イイネやコメントを多数いただき、又、ブログには多くの方々からコ ...

■検証32・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない32   □大石寺9世日有以前の大石寺に「日蓮本仏義」は存在していなかった2(五人所破抄見聞)   日蓮の遷化(死去)から約百年後の1380(康暦2)年に富士門流本山寺院・富士妙蓮寺(現・日蓮正宗本山・ ...

■検証30・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない31   □大石寺9世日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった1(日道の本仏感)   日蓮在世の時代はもちろんのこと、大石寺二祖日興以降、大石寺9世日有以前の大石寺門流に、「日蓮本 ...

■検証30・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない30   □曼荼羅本尊の首題の直下に「日蓮在御判」と書くのは日蓮本仏義の証拠ではない   「日蓮本仏義は後世の偽作だ」と厳しい追及を受けている日蓮正宗は、何としてでも「日蓮本仏義」が日蓮・ ...

■検証29・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない29   □大石寺68世早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大ウソである   曼荼羅本尊の前に日蓮像を祀る化儀は、日蓮本仏義の証拠でも何でもなく、大石寺独自の化儀でも ...

■検証250・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである12   □大石寺が幕府公認宗派になった後、大石寺17世日精は「戒壇の大本尊」を宝蔵に戻した   日蓮正宗大石寺17世法主・日精が、「戒壇の大本尊」なる板本尊のことを「戒壇院の本尊 ...

■検証249・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである11   □大石寺17世日精偽作説者たちが見落としている江戸時代初期の政治・社会・宗教情勢   その後、平安時代に、朝廷公認の仏教は、伝教大師最長が開いた天台宗と弘法大師空海が開 ...

■検証248・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである10   □なぜ大石寺17世日精は御影堂に戒壇大本尊を祀って「本門戒壇堂」棟札を掲げたのか   大石寺御影堂に大石寺17世日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札を掲げたこと、御影堂 ...

■検証247・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである9   □「富士門流執着軍団」ら日精偽作説者の「歴史的事実の立証方法」の誤謬を糾す   --------------------------------------------------------------- (「戒壇の大本尊」大石 ...

■検証246・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである8   □堀川綾小路時代、二条寺町時代は本堂=釈迦堂=釈迦仏像本尊だった京都要法寺2   「要法寺 日蓮本宗の本山で根本道場」というサイトを見ると、次のような記述が見られます。 ...

■検証245・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである7   □堀川綾小路時代、二条寺町時代は本堂=釈迦堂=釈迦仏像本尊だった京都要法寺   今の日蓮正宗は、京都要法寺14代貫首・日賙と大石寺14世日主との間で通用が成立した後、京都 ...

■検証244・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである6   □造仏読誦の京都要法寺は日興嫡嫡相承の曼荼羅を祀る戒壇を説く「事の戒壇」偽作者ではない   この古図を見れば、一目瞭然。今の開山堂は、かつて釈迦堂として、釈迦如来仏像 ...

□「日蓮正宗系」批判・離檀・脱会は人間の自由と尊厳の問題であり、損得の次元とは異なる   正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」には、時折、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会、富士門流執着軍団の信者、もし ...

■検証243・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである5   □京都要法寺に大石寺9世日有独自発明の「事の戒壇」義・「富士山本門寺本堂」は存在しない   「戒壇の大本尊」を祀る「事の戒壇」偽作解明の重大なポイントの第一が、「百六箇 ...

■検証242・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである4   □造仏読誦論者である大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」を偽作するなど絶対にあり得ない2   大石寺の「戒壇の大本尊」は誰が偽作したのか。大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」を ...

■検証241・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである3   □造仏読誦論者である大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」を偽作するなど絶対にあり得ない   大石寺17世日精が京都・要法寺13代貫首・広蔵院日辰流の造仏読誦論者だったことが、 ...

■検証240・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである2   □造仏読誦の京都・要法寺出身で広蔵院日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精   大石寺17世法主・日精という人物は、造仏読誦の京都・要法寺出身であり、要法寺13代貫首・ ...

■検証239・「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである1   □「富士門流執着軍団」の大石寺・「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである   大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を研究している集団の中には、「戒壇の大本尊」は ...

     □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO55   789「私も久しぶりに会った友人に半ば無理矢理、顕正会に連れられ行ってしまいました。変なお経みたいなの読んだり。しかも住所も番号もすべて書いたのでもう顕正会会員です。 ...

     □宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの顕正会の実態NO54   776「顕正会をやめてから…半年以上たつかな。たまに…顕正会会員に会うけど…『最近拠点に来ないですね?』ってきかれたから…『辞めたから…いかないよ~』って感じで…班長 ...

↑このページのトップヘ