アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(9)~安永弁哲氏の身延山・楠木不自生説は「戒壇大本尊」偽作の証拠ではない

■検証9・昔も今も身延山に自生の楠木はない4

 

□安永弁哲氏の身延山・楠木不自生説は「戒壇大本尊」偽作の証拠ではない

 

-----------------------------------------------------------------------

(洗脳法華講員・太井肉塊(仮名)の妄説)

『身延には楠がなかった』とする件についてですが、身延の僧・安永弁哲が『板本尊偽作論』なる書の中で言い始めたものです。身延の僧等には都合が悪いですからね。大御本尊に実在してもらっては。しかし、今も昔も身延には楠があります。

 (『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板73の太井肉塊(仮名)なる者の妄説)

----------------------------------------------------------------------

 

この太井肉塊(仮名)なる者も、「アンチ日蓮正宗」の「偽作論」と日蓮宗僧侶・安永弁哲氏の著書「板本尊偽作論」を完全混同しているようなので、ここからまず正さなくてはならない。

安永弁哲氏は、著書「板本尊偽作論」で「身延山に自生の楠木がない」ということをもって直ちにこれを「戒壇の大本尊」が後世の偽作である証拠と決めつけている。が、「アンチ日蓮正宗」は、「身延山に自生の楠木がない」ということだけでは、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠とは即断できないと考えており、これだけでは偽作の証拠とは認めていない。又、私が執筆している「アンチ日蓮正宗」の「日蓮正宗大石寺の『戒壇の大本尊』は後世の偽作だ」においても、「身延山に自生の楠木がない」ということをもって直ちにこれを「戒壇の大本尊」が後世の偽作である証拠とは書いていない。それではなぜ、身延山に楠木がないことのみを以て「戒壇の大本尊」後世偽作の証拠とすることができないのか。

どういうことかと言うと、仮に日蓮・日蓮一門が「大きな経済力」を保持していたならば、身延山中に自生の楠木が存在していなくても、「経済力」で楠木を入手することができる。具体的に言うと、経済力を保持していれば、金銭を支払って楠木を購入し、金銭を支払って当時の運送業者に、購入した楠木を身延山中まで運搬させることができるからである。

しかし日蓮自身が執筆した遺文(御書)には、鎌倉時代の日蓮および日蓮一門は、身延山の中で極貧の生活をしていたことが随所に書かれている。たとえば

「飢渇申すばかりなし。米一合も売らず。餓死しぬべし。此の御房たちもみなかへして、ただ一人候べし」(『富木殿御書』・御書全集p730・日蓮53才・文永11517)

飢餓・米一合も売らず
 

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(8)~今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」の「楠木」を徹底検証する3

■検証8・昔も今も身延山に自生の楠木はない3

 

□今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の「楠木」を徹底検証する3

 

さて残りのポイントである

4 12001900年の約700年間は「鎌倉・江戸・小氷期」と呼ばれる「小氷河期」だった

5 では誰が、どうやって、楠木でできている「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を偽作したのか

について検証してみる。後に出てくることだが、鎌倉時代の身延山に自生の楠木が存在していなかった証拠として、植物学者の学説である

「暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は、近年の地球温暖化によって徐々に北上してきている」

「暖地性植物の生息域と温帯性植物の生息域の中間点は身延山周辺にあるけれども、地球温暖化がはじまる以前においては、現在よりももっと南側にあった」

12001900年の約700年間は『鎌倉・江戸・小氷期』と呼ばれる『小氷河期』だった」

を挙げている。そうすると、「鎌倉・江戸・小氷期」だった鎌倉・室町・江戸時代を通じて、身延山はおろか、少なくとも甲斐国(山梨県)・駿河国(静岡県)一帯に、自生の楠木はなかったということになる。ならば、自生の楠木がなかった、大石寺周辺を含む甲斐国・駿河国で、誰が、どうやって、楠木でできている「戒壇の大本尊」を偽作したのか、という問題に絡んでくるのである。

つまり、最大のポイントは経済力・財力なのである。どういうことかというと、大きな経済力・財力を持っている人物であれば、その経済力・財力を以て、楠木のある地域、ないしは商人から、楠木を買って、調達することが可能であるからだ。今でも九州地方に行けば、今でも推定樹齢1000年を越える楠木の大木が今でも生き残っている。

太宰府神社のクス(福岡県太宰府市)---樹齢10002600年、根周り20m、目通り11m

志布志の大クス(鹿児島県志布志市) - 樹齢1000

といったものが、それである。推定樹齢1000年ということは、12001900年の『鎌倉・江戸・小氷期』と呼ばれる『小氷河期』も耐えて生き残ってきたということである。したがって、少なくとも九州地方では、『鎌倉・江戸・小氷期』と呼ばれる『小氷河期』でも、楠木が自生していたと考えられる。

また、平安時代から戦国時代の花の都・京都には、木材の売買を専門に取り扱う業者の同業者組合である「材木座」というものが存在していた。材木座は、京都だけではなく、鎌倉にもあった。

その材木座を通じて、経済力・財力を以て、楠木を買い入れ、自らの手元に運搬させて、楠木を手に入れることは可能であった。平安・鎌倉・室町・戦国時代においても、莫大な経済力を持っていた奥州・平泉の藤原氏等々の栄華を見れば、経済力・財力にものを言わせて、欲しいものは何でも手に入れていたことは、明らかに見て取れる。したがって、「経済力」という大きなポイントを見逃すべきではない。よって、この「経済力」という大きなポイントを見逃して、単に身延山に楠木がないことだけを以て、直ちに「戒壇の大本尊」なる板本尊が偽作としている安永弁哲氏をはじめとする数多の偽作説は、偽作の証拠とは言えないのである。

熊本城飯田丸前の楠木4
 

(九州・熊本市熊本城にある楠木)

来宮大楠10
 

(熱海・来宮神社の楠木)

 

 

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(7)~今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」の「楠木」を徹底検証する2

■検証7・昔も今も身延山に自生の楠木はない2

 

□今、再び大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の「楠木」を徹底検証する2

 

「富木殿御書」「乙御前御消息」「兵衛志殿御返事」「上野殿御返事」・・・・こういった遺文(御書)で日蓮は、米一合もない。餓死するかもしれない。僧たちも養うことができないので、皆、里に送り返した。食は乏しく信者から供養もない。下痢が起こっている。小袖がなかったら、凍死していたかもしれない。・・・と、かく書き残しているのである。

身延山中の日蓮の窮状は、それこそ凄惨なもののようだった。日蓮はこのころから冷え込みによる慢性的な下痢症状を示すようになり、日蓮の体は次第に衰弱していっていた。

日蓮の命綱は、信者からの供養である食べ物や衣類、わずかばかりの銭であったのだがしかし、日蓮は、その「衣も薄く、食もとだえ」「もう死んでしまいそうだ」・・・・と言っている。この「上野殿御返事」の次下には「一度に思い切って飢え死なんと案じ切って候ひつるに・・」と続けており、まさに日蓮は飢え死寸前の状態だった。 他のところの御書では「書く紙すらもない」と述べている。つまり日蓮が、楠木を金銭を支払って楠木をどこからか購入するなどという経済力を持っていなかったことは明らかである。つまり日蓮が楠木を購入するなどということは絶対に不可能なのである。

又、日蓮一門が金銭を支払って楠木を購入し、金銭を支払って当時の運送業者に、購入した楠木を身延山中まで運搬させたなどという日蓮の遺文(御書)や記録は全く存在していない。

否、それどころか当時の身延街道・東海道・鎌倉街道は、それこと山賊・盗賊・落ち武者・浪人、追はぎ、引きはぎ、大規模な盗賊団たちが続出する、おそろしく治安の悪い危険に満ちた「けもの道」だった。旅する人たちはみな、必要やむをえず旅立っていたのだ。そして何よりも、この鎌倉時代においては、武士のみならず、農民、商人たちまでもが武装していた時代であり、まことに物騒な世の中であったということだ。こう書くと、訝しげに思う人がいるかもしれないが、農民、商人、寺社が権力者によって完全に武装解除されたのは、1588(天正16)年の豊臣秀吉による「刀狩り」以降のことである。

鎌倉時代から室町時代にかけて、日本の農業生産および軍事を支えていたのは「武装農民」とも言うべき武士であったが、この時代には「武士=武装農民」の他に「武装商人」とも言うべき武士もいた。商人が武装していたというとピンとこないが、本来商人とは「カネを持っている」存在だから、いつの時代でも盗賊などの絶好の標的になってしまう。ましてやこの時代は乱世であり、強盗・盗賊・山賊などは、あたりにいくらでもいた。しかも道路はよくない。東海道でもけっしてよい道ばかりでなく、雨でも降れば、それこそ目もあてられない。しかも巨大な楠木は一人や二人では、絶対に持ち運びができない。巨大な大木である楠木をどこからか運搬して身延山中に運び込むとなれば、かなりの大人数の人出が必要になることは明らか。ましてや鎌倉時代においては、大八車といった運搬手段もまだ存在していなかった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ