アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(3)~昔から多方面から公開を要求されている大石寺の「戒壇の大本尊」

■検証3・昔から多方面から公開を要求されている大石寺の「戒壇の大本尊」

 

日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊は、昔から、ありとあらゆる多方面の人たちから公開を要求され続けてきているのである。その一端を紹介しよう。

 

「この板本尊は、日蓮正宗の信者以外には絶対的に見せない代物(しろもの)なのである。何故見せないのかと言えば、一般に公開すればその偽物であることが、すぐに判ってしまうからである」

「大石寺はこの板本尊をヒタ隠しに隠し続けているが、このことだけでも既に、その偽物たることを雄弁に物語っているではないか」

「本物ならば正々堂々と発表したらよいではないか。偽物であることは、本山の連中や学者等はよく知っているからこそ、偽物であることがバレるから、ヒタ隠しにかくさねばならないのである。日本国が日蓮聖人の教を国教とする時にかかげるマンダラだから、それまでは一般に公然と発表しないというのは、実におかしな話しで、彼等の逃げ口上に過ぎない。

大聖人の御真筆のマンダラを格護している寺々は、進んで御本尊の写真の撮影に協力し、広く世に出ることを願っている。先年、千葉市の立正安国会から御本尊集(コロタイプで123)が発表されたが、これにも載せられなかったのは、大石寺関係のものであることを見ても、大石寺が如何に偽物のバレることを怖れているかが窺えよう」

(安永弁哲著『板本尊偽作論』p121122)

板本尊偽作論本1


板本尊偽作論本2
 



「大石寺では板本尊の秘密を守るために汲々として部外者には見せもしなければ写真もとらせない。…現在、大石寺以外の真筆の本尊御書がすべて写真に撮られ、発表されたから筆跡鑑定ができる。大石寺ではそれがこわいのである」

(窪田哲城著『日蓮聖人の本懐』p100)

「板本尊を白日のもとに公開することだ。そしてあらゆる方面から科学的に研究して偽物でない事を立証すべき義務が大石寺にあるのではないか。」(窪田哲城著『日蓮聖人の本懐』p105)

「ぜひ板本尊を公開するよう大石寺当局に提案する。…板本尊をかくすのが隠密でなかったら、つまりニセモノでなかったら堂々と公開したらよい」

「いま日蓮聖人の正確なご真筆は御本尊百二十三体、御書のぜんぶが写真に写され公開されている。ひとり大石寺の板本尊だけは、明治期に写された不明瞭な写真以外公開されていない。ニセモノでないと断言するなら公開せよ。まさか公開したり写真撮影すると、御利益がなくなるわけのものでもあるまい。偽筆がばれるのがこわいのである」

(窪田哲城著『日蓮聖人の本懐』p198199)

日蓮聖人の本懐2

 


「ならば私は彼らに問う。戒壇の大本尊を科学鑑定することができるか、と」

「もし日蓮正宗や創価学会が、それにもかかわらず戒壇の大本尊なる板本尊が本物であると言い張るなら、最後に残された手段はただ一つ。戒壇の大本尊なる板本尊を、今すぐ、科学鑑定してみることである。もし本物であると証明されたら、全国に5000ヶ寺もあるといわれる日蓮宗すらも、日蓮正宗の門下にくだるであろう。創価学会などものの数ではない。科学鑑定にはそういう意味も含まれる。科学鑑定をぜひやっていただきたい」

(美濃周人著『虚構の大教団』p107)

「虚構の大教団」1
 

このように古くから、日蓮正宗に対して、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を公開し、科学鑑定せよとの要求が出されてきているのである。

日蓮正宗は、「戒壇の大本尊」なる板本尊が本物であるというなら、堂々と公開すべきである。そして科学鑑定をすべきである。

とは言っても、日蓮正宗が「戒壇の大本尊」なる板本尊を公開などするはずがないのである。なぜそれをしないのか。それは安永弁哲氏や窪田哲城氏が言うように、ニセモノであることがバレるからである。

 

 

 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(2)~日蓮正宗では「戒壇の大本尊」写真撮影を禁止しているというのは真っ赤なウソ

■検証2・「戒壇の大本尊」なる板本尊の科学鑑定・筆跡鑑定を拒否する日蓮正宗の欺瞞2

 

□日蓮正宗では「戒壇の大本尊」写真撮影を禁止しているというのは真っ赤なウソ

 

「大石寺においては本門戒壇の大御本尊を…写真撮影や鑑定調査を許していない」「仏を信仰する者にとって、軽々に仏を測る対象とすることは、上漫、不敬にあたる」などと日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」は書いているが、これは真っ赤なウソである。

その証拠として、まず第一に1911(明治44)年に日蓮正宗信者・熊田葦城氏が出版した著書「日蓮上人」に、日蓮正宗大石寺の正式許可のもと、「戒壇の大本尊」に向かって右側の至近距離から撮影した写真が載っている。

戒壇大本尊6明治44年熊田本3
 

第二に日蓮正宗大講頭の職にあった由比一乗氏は大正4(1915)11月に本名・由井幸吉の名前で「日蓮大聖人」という本を出版していて、その中に「戒壇の大本尊」の写真を載せている。

戒壇大本尊1大正4年由井本1


戒壇大本尊2大正4年由井本2


 由井本・大正4年日蓮大聖人表紙1

第三に大正4(1915)1111日に大阪・蓮華寺信徒・荒木清勇氏が出版した「大日本国所立・聖教乃正義」という本に「戒壇の大本尊」の写真が載っている。

戒壇大本尊10大正4年荒木本3


 荒木本・大正4年表紙1

第四に熊田葦城氏は、昭和3(1928)4月に「日蓮上人」改訂版を中和書院から出版しているが、その本の中に「戒壇の大本尊」の写真を載せている。

昭和3年熊田本・表紙1
 

これらの写真は大石寺公認のもとで行われたことは当然である。熊田葦城氏、由比一乗氏、荒木清勇氏らが大石寺に無断で「戒壇の大本尊」を無断撮影し、大石寺に無断で「戒壇の大本尊」の写真を掲載した本を出版・刊行するなど、絶対に考えられないことである。

第五に、1991年に勃発した宗創戦争が最大に炎上していたころ、創価学会の謀略怪文書「地涌」から「戒壇の大本尊」の写真撮影を「謗法だ」と追及された日蓮正宗大石寺は、これについて日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」を使って、次のように反論していた。

--------------------------------------------

「『(地涌)歴史編』は、戒壇の大御本尊の写真が『日蓮上人』の本に掲載されたことを鬼の首でも取ったかのように、はしゃいでいるが、このことはすでに(大石寺法主)65世日淳上人、66世日達上人著の「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」に紹介されていることである。…

まず「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」より、当該箇所を紹介する。

「『他山では進んで写真に出して宣伝しているのに大石寺ではしない』という。これも写真に出して何の効があるのか。安永(弁哲)君は、熊田葦城氏の『日蓮上人』の初版に掲載されているというが、これは某信徒が葦城氏と相談して、写真を出したならば世間に知らしめて非常に効果があると考えて、大石寺に願ってやったことである。

しかるに効果どころか、甚だ面白くない結果となったので、その掲載を禁止したのである…」

戒壇の大御本尊の写真が掲載された経緯は以上のとおりであって、いまさら、何も騒ぐべきことではない。…すなわち大御本尊の写真撮影それ自体は法義上、とくに謗法というべきことでもない…」(平成61116日付け日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」より)

---------------------------------------------------------

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(1)~「戒壇の大本尊」なる板本尊の科学鑑定・筆跡鑑定を拒否する日蓮正宗の欺瞞1

■検証1・「戒壇の大本尊」なる板本尊の科学鑑定・筆跡鑑定を拒否する日蓮正宗の欺瞞1

 

□「戒壇の大本尊」筆跡鑑定・科学鑑定から逃げつづける日蓮正宗大石寺

 

近代になってからでも、日蓮正宗大石寺に格蔵される「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊は後世の偽作なのではないかとの指摘が各方面からなされてきた。当初は他宗派からのものであったが、近年は元々、日蓮正宗の内部にいた人たちから偽作論が沸き上がっている。

安永弁哲氏、窪田哲城氏、美濃周人氏をはじめ、他の日蓮宗や世間の宗教学者・歴史学者・板本尊研究者らは「戒壇の大本尊」を写真による「筆跡鑑定」や「炭素14年代測定法」等の科学鑑定をするよう、日蓮正宗に要求している。しかし日蓮正宗は、これらの筆跡鑑定や科学鑑定の要求に対しては、絶対拒否の姿勢をつづけ、かつ黙殺しつづけている。それどころか、日蓮正宗は、かつて数十年前に立正安国会が、日蓮宗、法華宗、顕本法華宗、富士門流等々を含む全日蓮門下の寺院に格蔵される日蓮の本尊に対する鑑定すらも拒否していたのである。

日蓮正宗が「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊の筆跡鑑定・科学鑑定を拒否しつづける理由について、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」は、次のように述べている。

--------------------------------------------------

「今日、日蓮正宗富士大石寺においては、本門戒壇の大御本尊をはじめ全ての御筆御本尊について(むろん日禅授与御本尊も同様)写真撮影や鑑定調査を許していない。

それは釈尊の頭頂を上から見ようとして果たせなかった者の話しが示唆するように、仏を信仰する者にとって、軽々に仏を測る対象とすることは、上漫、不敬にあたるからである」

「だがそうした研究によらなくても、本門戒壇の大御本尊の真実性においては、『聖人御難事』『阿仏房御書』『日興跡条条事』等の文証、他山に伝わる傍証の数々によって、充分に立証されており、疑う余地がない」

「また御虫払大法会の際に参詣・拝観すれば、大御本尊と日禅授与御本尊との相違も、日顕上人御教示のとおりであることが了解できるのである」

「あくまでも『大御本尊の鑑定をするべきだ』との主張に固執する者は、無理難題の無い物ねだりをすることにより『大石寺が鑑定に応じないのは大御本尊が偽物だからだ』との一点突破をしようという、下心があるからであろう」

(平成19916日付け日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』より)

--------------------------------------------------

まあよくぞここまでウソとデタラメを並べてくれたものだと呆れ果ててしまう。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ