アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「一般社団法人 仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が2005年に設立した会の名称。2018年5月に一般社団法人登記。
この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「一般社団法人 仏教宗学研究会・公式ブログ」の管轄。「一般社団法人 仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は「一般社団法人 仏教宗学研究会」が管理・運営。
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774

(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(14)~身延町文化財指定の大野山本遠寺の大楠木は日蓮が生きていた時代から自生している証明ではない

■検証14・昔も今も身延山に自生の楠木はない9

 

□日蓮宗別格本山・大野山本遠寺が建立されたのは江戸時代初期のことである

 

日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が昭和47912日の日正寺・龍口法難会の説法で

「身延の入り口の大野山本遠寺という寺がある。此れは身延駅から身延へ行く手前に今 でもある。その寺にちゃんと千二、三百年前からの楠木が今でも生きている。もしそれ が千年の木としても、大聖人様が七百年とすれば、まだ三百年以上の木があったわけで ある。何もそれ一本というわけではない。まだ沢山、あの辺には古い楠木があったはず なのである。それを見てもわかる。……」(昭和47年9月12日の日正寺・龍口法難会の説法会)

戒壇本尊楠カンナ
 

(昭和47年9月12日の日正寺・龍口法難会の大石寺66世細井日達法主の説法を載せている『日達全集』第二輯p434

と言及している大野山本遠寺という寺は、日蓮宗の本山寺院で、江戸幕府の初代将軍・徳川家康公の側室であったお萬の方の菩提寺として創建された寺である。本遠寺の寺院境内地内には確かに楠木があるが、これはお萬の方の菩提のために人工的に1本植樹されたものだという。これ以外にここに楠木はない。「アンチ日蓮正宗」の調査で、判明したことである。当の大野山本遠寺の住職も、そのように証言している。この大野山本遠寺の楠木が植樹されたのは徳川家康の時代。今から約四百年前のことで、日蓮在世の七百年前などではない。だいたい、四百年前に創建された寺に千二、三百年前からの古い楠木が沢山あるわけがない。昭和47年9月12日の日正寺・龍口法難会の細井日達法主の説法もとんでもない大ウソである。

山梨県身延町の日蓮宗寺院・大野山本遠寺の楠木に関しては、大野山本遠寺そのものが、徳川家康の側室だったお万の方の菩提のために創建された寺院であり、そこに人工植樹された楠木の大木が一本あるだけである。 それから、大野山本遠寺の大楠木が身延町の文化財(天然記念物)に指定されていることを以て、日蓮正宗側は、あたかも日蓮が生きていた時代から自生の楠木が繁茂していた証拠であるかのように言っているが、これは自生の楠木であるという証明なのではない。

本遠寺の楠木2


本遠寺の楠木5(木の下の方が割れている)
 

(山梨県身延町の日蓮宗寺院・大野山本遠寺の楠木)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(13)~身延山久遠寺には祖師堂前に後年植樹された楠木が一本あるだけ

■検証13・昔も今も身延山に自生の楠木はない8

 

□何がなんでも弘安二年十月当時の身延山に楠木があったことにしようと謀る日蓮正宗

 

「弘安二年十月、身延山には自生の楠木はなかった」とさんざん追及され続けてきている日蓮正宗は、最近は日蓮正宗直属の謀略機関紙「慧妙」や日蓮正宗の腰巾着に成り下がっているウエブサイトなどを使い、楠木の写真まで載せて、こんなことまで言っている。

「楠(くすのき)が生育する適地は、暖温帯湿潤気候の、標高500メートル以下の場所であるが、山梨県甲府市から身延を通って駿河湾に流れる富士川の沿線は、まさに、この暖温帯湿潤気候に属しており、また日蓮大聖人がお住まいになった草庵(身延山久遠寺)は標高300数十メートルの地である」

「そして事実、今日でも身延には、楠が生育しているのである。

例えば、身延の入り口にある日蓮宗大野山本遠寺の境内には、町で天然記念物と指定された巨木(通称「大楠」)をはじめ、複数の楠が生えているし、他ならぬ身延山久遠寺の本堂付近にも、楠の大木が何本も生育しているではないか。 これをもって『身延に楠は生育せず』との疑難は根底から崩壊している、といえよう。」(平成17516日付け日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』)。

「身延山周辺は、楠木や樫木などの暖地性植物と杉や欅などの温帯性植物の生息域の中間点にあり、身延山には現に楠木が何本も生息している」(日蓮正宗系の某ウエブサイト)

こういったものを見た、何も知らない日蓮正宗の信者たちは、日蓮宗総本山・身延山久遠寺や日蓮宗別格本山・大野山本遠寺には、自然に自生している楠木が、それこそ何百本と繁茂し、生い茂っていると思い込むのではないだろうか。これら楠木に関する日蓮正宗側の言い分には、欺瞞とゴマカシがいくつもあるのだ。

 

□身延山久遠寺には祖師堂前に明治8年の大火災以降に植樹された楠木が一本あるだけ

 

身延山久遠寺や大野山本遠寺に楠木が繁茂しているかどうかは、実際に現地に行って調査してみれば判ることだ。「アンチ日蓮正宗」では、実際に身延山久遠寺や大野山本遠寺へ行って調査・取材をした。まず第一に、身延山久遠寺周辺の山林に生い茂っている木々は楠木ではなく、杉の木である。楠木は、というと、身延山久遠寺の祖師堂前に大きな楠木が一本あるだけなのである。身延山久遠寺の僧侶に確認したところでも、身延山久遠寺山中にある楠木は、祖師堂前にある一本だけとの回答を得ている。 これ以外に楠木はないという。

身延山久遠寺の楠木4
 

(身延山久遠寺祖師堂前の楠木)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(12-1)~解説・日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達

■細井日達(19021979)

 

66世日達1



日蓮正宗大石寺66世法主  妙観阿闍梨精道と称する

 

1902(明治35)415日、東京市京橋区南鍛冶町で細井潔、とり夫婦の長男として出生

1907(明治40)4月、東京・向島の常泉寺住職・堀日亨(後の59世法主)のもとで出家得度。

1910(明治43)8月、日蓮正宗大石寺57世法主阿部日正の徒弟となって大石寺に登る。

1917(大正6)3月、東京・吾妻橋の妙縁寺に在勤し東京開成予備学校に入学。

1921(大正10)3月、東京開成予備学校を卒業し、大石寺在勤となる。

1922(大正11)3月、東京・向島の常泉寺に在勤し東洋大学哲学倫理科入学。

1924(大正13)4月、日蓮宗大学中等部4年編入

1930(昭和5)4月、29才にて新説免許。

1936(昭和11)12月、35才にて大阪府堺市の本伝寺住職に任命される。

1939(昭和14)4月、38才にて宗会議員に初当選。

1941(昭和16)117日、大阪府池田市の源立寺兼務住職に任命される。

1941(昭和16)915日、東京・池袋の常在寺住職に任命される。

1946(昭和21)12月、日蓮正宗宗務院庶務部長兼参議会主事に就任。

1947(昭和22)2月、日蓮正宗宗務院庶務部長兼社会部長に就任。

1949(昭和24)4月、日蓮正宗法華講本部指導教師に就任。

1949(昭和24)1023日、創価学会第4回本部総会に出席して講演。

1950(昭和25)年、宗旨建立700年慶祝記念局副委員長に就任。

1951(昭和26)12月、宗務院にて創価学会の宗教法人設立に戸田城聖会長とともに立ち会う。

1952(昭和27)12月、創価学会第7回本部総会に出席。

1953(昭和28)53日、創価学会第8回本部総会に出席。

1953(昭和28)1122日、創価学会第9回本部総会に出席。

1956(昭和31)5月、日蓮正宗宗務総監に就任。

1956(昭和31)111日、創価学会第15回本部総会に出席。

1957(昭和32)53日、創価学会第16回本部総会に出席。

1957(昭和32)1014日、日蓮正宗大石寺64世法主水谷日昇葬儀委員長を務める。

1957(昭和32)118日、創価学会第17回本部総会に出席。

1957(昭和32)1129日、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨葬儀委員長を務める。

1958(昭和33)53日、創価学会第18回本部総会に出席して講演。

1958(昭和33)119日、創価学会第19回本部総会に出席して講演。

1958(昭和33)128日、群馬県太田市に日蓮正宗寺院・高林寺を建立する。

1959(昭和34)37日、千葉県千葉市に日蓮正宗寺院・清涼寺を建立する。

1959(昭和34)830日、著書「日蓮本仏論」を刊行。

1959(昭和34)1116日、深夜丑寅の時刻に日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳から相承を授けられ大石寺法主になる。


 

 

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
プロフィール

hide(英昭彦)

カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ