アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年02月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」PART1(4)


戒壇本尊1


2日蓮正宗は、他の日蓮宗や宗教学者・研究者らから出されている「戒壇の大本尊」なる板本尊を「筆跡鑑定」「写真鑑定」や「炭素14年代測定法」「デジタルカメラ測定」等の科学鑑定をする要求を一切、拒否していること。

 

したがって、一部の学者が言っているように、「戒壇の大本尊を科学鑑定すれば済むのではないか」という指摘は、日蓮正宗が学者らの科学鑑定の要求に対しては、拒否あるいは黙殺している以上、当たらない。

よって、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作であることを立証するには、楠木、漆、金箔、経済力、文献等々といった所から立証していく以外にないのである。

 

3 「アンチ日蓮正宗」が20053月から展開している「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は後世の偽作だ」「日蓮正宗大石寺の『本門戒壇の大御本尊』なる板本尊は大石寺9世日有の偽作だ」は、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティにおいて、ことごとく日蓮正宗側の妄説・妄言を完全論破し、日蓮正宗側はことごとく反論不能に陥って、降伏宣言をせざるを得なくなったのである。

 

日蓮正宗側の反論の内容たるや感情的議論を展開しているだけ。

理に詰まると、「それはすでに破折済み」「論破済み」「論破する価値もない」と言って議論から逃げ出したり、あるいは平気で大ウソをついたり、ハッタリやデマカセを述べたり、相手の些細なことの揚げ足取りをしたり、さらには頭が悪いだの気がふれているだの物の怪に憑かれているだのと、ただ感情的に相手を罵って議論を煙に巻こうとしているだけで、内容的には、まるで破折にも反論にもなっていないものである。

日蓮正宗も創価学会も顕正会も正信会も、その他のいずれの分派団体も、信者に対して、大石寺の「戒壇の大本尊」に絶対的服従することを強要していながら、それが日蓮真筆である証拠を何一つ示していない。ただ頭ごなしに「信じろ」の一点張りなのである。

 

 そうでないとするならば、日蓮正宗は「戒壇の大本尊」等は本物であるという証拠と道理を示す義務と責任がある。又、科学鑑定をして本物だと証明してみせるべきだ。

しかし日蓮正宗大石寺は、まったくそれをしていない。

 それができない日蓮正宗は数千万人の人の心を手玉にとって、その心を騙す巨大な宗教詐欺だということだ。

「アンチ日蓮正宗」では、この「大石寺の「戒壇の大本尊」は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」において、大石寺の「戒壇大本尊」なる板本尊が、日蓮の造立でも何でもない板本尊であり、明確な後世の偽作であるという真実を明らかにしていくものである。

 


「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」PART1(3)


戒壇本尊1


世の中にニセモノ、偽作はけこうたくさんある。それこそ、カッパのミイラ、人魚のミイラ等々の類も含めると、山のようにたくさんあると言われている。ではなぜ日蓮正宗の「戒壇の大本尊」偽作、偽作教義、偽作相伝書が問題なのか、というと、

 

□これらで日蓮正宗が過去数百年間に数千億円の金集めを行ってきて、これが日蓮正宗をはじめ創価学会、顕正会というカルトの主要財源になっていること

□これらが日蓮正宗の堕地獄論など、日蓮正宗、創価学会、顕正会などカルトの教義的な根源になっていること

□これらが日本ないし全世界の数千万人及ぶ信者を隷属せしめる宗教的権威・権力の根源になっていること

 

です。だから問題なのです。

カッパのミイラ、人魚のミイラ等々は、これで年間数十億円の金集めをしているわけでもないし、堕地獄論の根源になっているわけでもない。全世界の数千万人の人たちを隷属させる宗教的権威・権力の根源には、なっていないのである。

だから日蓮正宗の欺瞞性を追及する第一歩が、この「戒壇の大本尊」偽作の徹底追及なのである。

 そころで、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作であることを証明・検証をする上において、大きなポイントが三点ほどある。それは

 

1 大石寺に「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀っている日蓮正宗のみならず、かつて日蓮正宗に属して、その後、対立・破門された分派である創価学会、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会のいずれもが、今でも「戒壇の大本尊」なる板本尊を自分たちの信仰活動の根本、教義の根本に置いているということ。

 

これらは、日蓮正宗、創価学会、富士大石寺顕正会、正信会の正式文献や公式ウェブサイト等を見れば、明らかである。

 

「末法の御本仏日蓮大聖人は、一切衆生の成仏得道のために、弘安2年(1279)1012日、出世の本懐である本門戒壇の大御本尊を御図顕あそばされました」

「大石寺には、日蓮大聖人の御当体である本門戒壇の大御本尊が厳護されています」

(日蓮正宗の公式HPより)

「本宗は、宗祖(日蓮)所顕の本門戒壇の大漫荼羅を帰妙依止の本尊とする」

(日蓮正宗宗規第1章第3)

「日蓮大聖人は・・・・弘安21012日に一閻浮提総与(いちえんぶだいそうよ=全世界の人々に授与するとの意)の大御本尊を建立されたのです」

(創価学会の公式HPより)

「日蓮大聖人の一閻浮提(いちえんぶだい)総与・三大秘法の大御本尊を信受し・・・」

(創価学会の会則・規則)

「第三条 この法人は、日蓮大聖人を末法下種の本仏と崇敬し、大聖人出世の本懐たる弘安二年の『本門戒壇の大御本尊』を帰命依止の本尊とし…」

(宗教法人顕正会規則)

第四条 本会は、日蓮大聖人を末法下種の本仏と崇敬し、大聖人出世の本懐たる 本門戒壇の大御本尊を帰命依止の本尊とし…」

(日蓮正宗顕正会規約)

「日蓮正宗は末法の御本仏日蓮大聖人の仏法を、七百年来清純に伝持してきた、世界唯一の仏法の正統門家である」

(浅井昭衛著「学会宗門抗争の根本原因」より)

「正信会は大石寺を離脱したのではない」「もとより富士の本流を自認する正信会であるから、阿部宗門に対抗するために一宗一派を旗揚げするという必要など毛頭ない」

(正信会の公式文書「富士の清流を問う2」より)

 

日蓮正宗のみならず、日蓮正宗から破門されて分派した創価学会、顕正会、正信会は、破門によって「戒壇の大本尊」への信仰を捨て去ったのではなく、大石寺に登山・内拝はできなくなったものの、「戒壇の大本尊」への信仰そのものは、以前と変わらず、つづけているのである。

「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」PART1(2)


戒壇本尊1


日蓮正宗大石寺も創価学会も、顕正会も正信会も、このように「戒壇の大本尊」なる板本尊を盾にとって、声高く自分たちの正統性を叫んではいるが、しかし「戒壇の大本尊」も「相伝書」も、日蓮の真筆であり、日蓮から相伝された本物である証拠は何一つない。逆に後世の人の偽作であるとする証拠は、あちらこちらから山のように出てくる。つまり真っ赤なニセ物。大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、後世の偽作なのである。

このように後世の偽作板本尊を以て「日蓮真筆」と詐称し、この「戒壇の大本尊」に信伏随従しない一切の他宗派・他宗教のみならず、「戒壇の大本尊」に参詣しようとしない自宗の信者までもを「邪教」「邪宗」「無間地獄行き」と非難・攻撃したあげく、「この戒壇の大本尊に差し上げる供養金」と称して、莫大な金額の金集めをしている日蓮正宗。こんなことが果たして許されていいのか?

 よく言われる例えだが、ただの石ころを「ダイヤの原石だ」と言って人に売りつければこれは詐欺だ。ニセモノの一万円札を「本物だ」と偽って買物に使うことは犯罪になる。

同じように本当は後世の偽作であるにも関わらず「日蓮真筆の本物だ」として内拝料を取り、それを安置する建造物を建設するとて供養金を集めれば、これも詐欺ではないのだろうか?。

近代になってからでも、大石寺の「戒壇の大本尊」等は後世の偽作なのではないかとの指摘が各方面からなされてきた。当初は他宗派からのものであったが、近年は日蓮正宗の内部にいた人たちから偽作論が沸き上がっている。

しかし過去に「戒壇の大本尊」偽作説を唱えた安永弁哲氏の「板本尊偽作論」、木下日順氏の「板本尊偽作の研究」、窪田哲城氏の「日蓮聖人の本懐」、高田聖泉氏の「興尊雪冤録」、鴨宮成介氏の「板本尊の真偽について」、日蓮宗宗務院の「創価学会批判」、宮崎英修氏の「大石寺・板曼荼羅について」、松本勝弥氏の「訴訟された創価学会」、久保川法章氏の「弘安二年の大御本尊」、美濃周人氏の「虚構の大教団」「謎の日蓮正宗・謎の創価学会」「日蓮正宗・創価学会50の謎」、柳沢宏道氏の「石山本尊の研究」、犀角独歩氏の「大石寺彫刻本尊の鑑別」「大石寺漫荼羅本尊の真偽について」、東祐介氏の「大石寺門流における本門戒壇之大御本尊の考察」、金原明彦氏の「日蓮と本尊伝承―大石寺戒壇板本尊の真実」等々の著書を見ると、所々、部分的に評価される研究内容もあることはあるのだが、しかしながら極端な感情論や罰論、宗教論等々に傾斜していたりして、全体的な、一般に対して説得力のある科学的・客観的証拠・根拠という点については、大きく欠けている箇所があることも事実である。

そこで「アンチ日蓮正宗」としては、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊について、もういちど1からスタートして、科学的見地、学問的見地、文献、史料、歴史学、楠木、漆加工、金箔加工、日蓮正宗の「出世の本懐」論、堀日亨の見解等々、徹底的に検証を加え、さらに日本全国各地の寺院・大学・図書館・博物館・工芸館・資料館・歴史館・金鉱・遺構・関係各所を訪ね歩き、各界学術研究者や学者、教育委員会、学芸員の見解を聞き、取材・調査を重ねた上で、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠を整理した。

この「大石寺の「戒壇の大本尊」は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」PART1では、「戒壇の大本尊」なる板本尊が後世の偽作である証拠として

 

1日蓮一門に楠木、漆、金を入手できる経済力はなかった

2昔も今も身延山に自生の楠木はない

3 鎌倉時代の日本は小氷期で身延山に自生の楠木は存在しない

4 日蓮は「神木」である楠木を伐り倒していない

5日蓮一門に漆加工・金箔加工は不可能だった

6日蓮一門は金を入手できなかった

7紙墨の戒壇本尊・後代彫刻・漆金箔加工説を大石寺法主自ら否定している

8 「戒壇の大本尊」は身延の草庵に安置できない

9日法は「戒壇の大本尊」を彫刻していない

10干支が記されていない「弘安二年十月十二日」は日蓮の筆ではない

 

この10の証拠について徹底検証を加えている。

 

「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」PART1(1)


戒壇本尊1


「アンチ日蓮正宗」の大石寺「戒壇の大本尊」偽作追及は

「大石寺の「戒壇の大本尊」は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」

「大石寺の「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有の偽作だ」の二段になっています。ここの「大石寺の「戒壇の大本尊」は日蓮真筆ではない。後世の偽作だ」

は、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は日蓮の真筆・真造ではなく、後世の偽作であることを明らかにするトピックです。

 

日蓮正宗や創価学会、顕正会をはじめ、その分派の者に至るまで、自分たちこそ唯一正当な宗教団体であると主張してやまない。そして返す刀で、キリスト教や他の仏教・宗教はもちろん、同じ系列の日蓮宗や富士門流各派すらも徹底的に「邪教」と攻撃・排斥する。

 こうした極端な原理主義・独善的・閉鎖的な思想の根幹にあるのが、現在、日蓮正宗総本山大石寺の奉安堂にある「戒壇の大本尊」なる板本尊や、「二箇相承書」「日興跡条条事」や「百六箇抄」「本因妙抄」等々といった「相伝書」と呼ばれている文書だ。

日蓮正宗では、大石寺奉安堂に鎮座している「戒壇の大本尊」こそが日蓮の出世の本懐であり、日蓮入滅後の日蓮の当体そのものであり、この「戒壇の大本尊」に信伏随従しない一切の他宗派・他宗教を「邪教」「邪宗」「無間地獄行き」と非難・攻撃する。大石寺から破門された創価学会、顕正会、正信会・・・といった分派団体も、現在でも大石寺の「戒壇の大本尊」への絶対的な信仰は続けており、自分達こそが、日蓮正宗の正統であると主張している。・・・・・

 日蓮正宗大石寺も創価学会も顕正会も・・・この本尊を楯にとって自分達を正当化し、そればかりか毎年のように、数千億円ともいわれる大金を信者から集めているのである。

 日蓮正宗と創価学会の『宗創和合時代』は、昭和40(1965)年の正本堂供養で360億円を集めたことはあまりにも有名で、さらに創価学会や法華講の団体登山会・個人登山が毎日のようにおこなわれており、昭和40年代前半は年間300万人、500万人、800万人が登山していた。

昭和47(1972)年の正本堂落慶のときは1000万人登山が行われている。一人1000円の御開扉供養だけでなんと100億円の大金が大石寺に転がり込んでいた。昭和47年当時の100億円は、総務省の消費者物価指数の統計から計算すると315億円、昭和47年当時の360億円は、今の1132億円に相当する金額である。

さらに昭和五十二年路線以降においても、年間で200万人の登山者がいたので、供養金が2000円に値上がりになって一人2000円の御開扉供養で40億円の収入が大石寺に転がり込んできていた。

日蓮正宗は、平成3(1991)年の宗創戦争以降も、平成6(1994)年の広布坊供養で6億円、平成10(1998)年の客殿供養で41億円、平成14(2002)年の奉安堂供養で168億円以上の特別供養金を集め、さらに2009年の「日蓮・立正安国論750年」では50万総登山を行い、一人2000円の御開扉供養を取っているので、これだけで10億円。これらと別途に特別供養金として90億円にものぼる金集めを行っている。

さらに創価学会が毎年行っている財務や広布基金、特別財務と称するカネ集め。毎年恒例の財務は一度に1500億円を越えるカネを集めていると言われている。

顕正会でも広布御供養と称するカネ集めを毎年12月に行っていて、こちらも莫大な額を集めている。

つまり日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の金集めの中心には、この「戒壇の大本尊」なる板本尊がいるのである。

 

対日蓮正宗、対創価学会、対顕正会の言論戦こそ必要だ!!

日蓮正宗(法華講・妙観講なども含む)、創価学会、SGI、富士大石寺顕正会、日蓮正宗正信会などの日蓮正宗系の各教団は、日蓮正宗の内紛・分裂によって勢力を弱めるどころか、逆にそれぞれが勢力を拡大してきている。
1980山口法興住職罷免1
現在の日蓮正宗の内紛の発端は1970年の創価学会VS妙信講(現在の顕正会)の紛争ですが、この当時、創価学会・公明党は全国で600万票前後くらい、妙信講(顕正会)は約5000名くらいの規模でした。
それから日蓮正宗の内紛は40年以上もつづいていますが、そういう中で創価学会・公明党は、今や約900万票弱の集票マシーンと化し、連立与党の一角を占めるまでになっています。
顕正会は今は公称100万人、実質的な会員数約50万人といわれるくらいにまで膨張しています。

日蓮正宗総本山大石寺直系の信者団体・法華講(法華講連合会)は、1970年当時は1万人にも満たなかった勢力だったのが、今や30万人を越え、50万人にもなんなんとする信者団体に成長しています。
そして2012年までに、法華講員を80万人の勢力にしようと、創価学会や顕正会に勝るとも劣らない、強引・執拗な折伏・入信勧誘を展開している有様です。

その法華講連合会の中で最大の講中が「妙観講」(正式な名は日蓮正宗法華講理境坊妙観講支部で、講頭の大草一男氏は日蓮正宗信者のナンバー2の地位 である日蓮正宗法華講大講頭)ですが、これは発足当時はそれこそ何十人でしかない規模でしたが、今や全国に5万人以上いるといわれています。
妙観講は、現在の日蓮正宗(大石寺)の信者団体の実質的中核・先兵隊を成しています。
活動内容は、強引な折伏・勧誘、過激な罰論・無間地獄論…といったように、まさに「第二の創価学会」「第二の顕正会」そのものです。

このように日蓮正宗系のカルト教団は、日蓮正宗内紛によってそれぞれが衰えるどころか、逆に勢力を拡大してきています。
つまり各教団は、日蓮正宗の本尊・教義・宗教活動・信仰内容をそのまま用いて、日蓮正宗の内紛・分裂をエネルギーにして、教線を拡大し、信者を獲得しつづけてきているということ。
こういったことが、日蓮正宗系各教団の特色といえるのではないだろうか。

だいたい万単位の信者をもつ宗教団体が、内紛や分裂によって自然消滅したものなど、歴史上、前例がありません。宗教団体というものは、自身の内紛や分裂によって、絶対に潰れたり消滅したりしないものだと定義づけられると考えられます。

こういう日蓮正宗系各教団の特色・歴史的経過からしても、反創価学会側、反日蓮正宗側、アンチ側からの厳しい創価学会批判、日蓮正宗批判、顕正会批判活動が必要と思われます。
歴史的にみても、例えば創価学会の暴走?にブレーキをかけてきたのは、反創価学会・アンチ創価学会側からの厳しい批判活動でした。
山崎正友6
1970年の言論問題における反創価学会キャンペーンでは、池田大作会長(当時)は、公式の席で行き過ぎを認め、形ながらも創価学会と公明党の政教分離を約束。国立戒壇論を白紙撤回し、戦後からずっとつづいていた創価学会の折伏大進撃にストップがかかりました。
池田大作7
1977〜80年にかけての創価学会の「昭和五十二年路線」問題においては、池田大作氏が創価学会の会長と日蓮正宗法華講総講頭を辞任、一時的ながらも創価学会の第一線から退き、雲隠れ?に追い込まれました。
そして山崎正友裁判や月刊ペン事件裁判で、池田大作氏は3回にわたって、裁判所に証人出廷を余儀なくされました。

1990年代の世間・マスコミの創価学会批判キャンペーンでは、政権奪取を狙っていた創価学会の傀儡政党・新進党が最終的に解党となり、不充分ながらも宗教法人法の改正が実現しました。


日蓮正宗大石寺の専政法主の野望を食い止めるには、創価学会、池田大作氏の野望を食い止めるには、日蓮正宗や創価学会、顕正会といったカルト宗教団体の勢力拡張を阻止していくには、こういう幅広い、自由な言論による批判活動こそが必要ではないかと考える次第です。
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ