アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年03月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(132)~「三大秘法抄」の戒壇に祀る本尊も「弘安二年の大御本尊」も存在していない

■検証132・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞26

 

□「三大秘法抄」の戒壇に祀る本尊も「弘安二年の大御本尊」も存在していない

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

・もし、大御本尊が偽物であるならば、「一閻浮提の人・懺悔滅罪の戒法のみならず大梵天王・帝釈等も来下して蹋(ふみ)給うべき戒壇」(『三大秘法禀承事』)に安置すべき御本尊は、一体何処にあるのか。

・「日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊は、日目に之を相伝す。本門寺に懸け奉るべし。」(『日興跡条々事』)という「弘安二年の大御本尊」は何処にあるのか。

(日蓮正宗信者が法華講員専用掲示板に書いた書き込み)

--------------------------------------------------------

「三大秘法抄」という名前の遺文は、疑義がある文献であり、今でも「三大秘法抄」は、後世の偽書であるとする見解をもっている人も多数いることを付け加えておくが、一応ここでは日蓮の真書と仮定して話しを進める。

日蓮は、「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した。したがって、「一閻浮提の人・懺悔滅罪の戒法のみならず大梵天王・帝釈等も来下して蹋給うべき戒壇」に祀る本尊というものは、明確な「本尊」としては、地球上のどこにも存在していない。そういう本尊は「ない」のである。

日蓮の仏法・教説の根本は「南無妙法蓮華経を唱えれば、貴賤道俗の差別なく万民が成仏できる」というものであり、これが三大秘法である題目・本尊・戒壇の根本たる一大秘法・玄題である。

三大秘法の中心・根本は、「南無妙法蓮華経」の玄題(題目)なのであり、本尊でも戒壇でもない。

それを日蓮正宗信者のように、三大秘法の中心を本尊であるとか、戒壇であるというふうに解釈すること自体が誤った解釈なのである。よって「『一閻浮提の人・懺悔滅罪の戒法のみならず大梵天王・帝釈等も来下して蹋(ふみ)給うべき戒壇』に安置すべき御本尊は、一体何処にあるのか」などという日蓮正宗信者の設問は、見当違いも甚だしい。

それから「日興跡条々事」という名前の文書は、これは大石寺9世日有の偽作文書である。

□「大石寺の『日興跡条条事』は大石寺9世日有の偽作だ」

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_193002.html

日興跡条条事2
 

 (昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(131)~日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した2

■検証131・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞25

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

(「観心本尊抄」の「一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし」の文を引いて)

これは大聖人様が、唯一の本懐の御本尊として本門戒壇の大御本尊を未来にお顕しになるための予言なのです。故に未来の一言として「立つべし」と仰せられている。大聖人様は決してこの約束を反故にされていません。そこのところをよく拝さなければならないわけです。

(日蓮正宗大石寺67世法主阿部日顕・夏期講習会2000H127.27講義)

--------------------------------------------------------

 

□日蓮の「日本は滅亡する」との予言は外れたが故に「一閻浮提第一の本尊」の建立はなかった

 

日蓮正宗は、日蓮の遺文(御書)「観心本尊抄」の

「此の釈に『闘諍の時』云々。今の自界叛逆・西海浸逼の二難を指すなり。此の時地涌千界出現して、本門の釈尊の脇士と為る一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし。月支・震旦に未だ此の本尊有さず」(観心本尊抄・御書全集p661)

一閻浮提第一の本尊此国に立つべし
 

の文にこじつけて、この「一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし」と日蓮が予言した本尊が「戒壇の大本尊」なる板本尊だと言うのだが、ここに日蓮正宗独特の欺瞞的なカラクリがある。つまりこの大石寺67世阿部日顕の説法の中にもあるように、日蓮正宗側の妄説を見ていると、日蓮が「一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし」と言ったことは、絶対に実現されているのだ、という決めつけを以て「観心本尊抄」の文を読み、その「一閻浮提第一の本尊とは『戒壇の大本尊』なのだ」という結論をもってくる。しかも日蓮正宗は、「一閻浮提第一の本尊とは『戒壇の大本尊』なのかどうか」について、歴史的な検証もしなければ、科学的な検証も一切何もしない。つまり日蓮正宗の論法は、「日蓮の予言は絶対に外れていない」という、勝手な決めつけだけの上に成り立っていると言える。日蓮は、その「文永の役」以降の遺文(御書)の中で次のように述べている。

「いまにしもみよ。大蒙古国数万艘の兵船をうかべて日本国をせめば、上一人より下万民にいたるまで、一切の仏寺・一切の神寺をばなげすてて、各々声をつるべて南無妙法蓮華経、南無妙法蓮華経と唱え、掌を合はせてたすけ給へ日蓮の御房、日蓮の御房とさけび候はんずるにや。・・・・今日本国の高僧等も南無日蓮聖人と唱えんとすとも、南無計りにてやあらんずらん。ふびんふびん」(建治元年『撰時抄』日蓮54才・御書全集p866867)

いまにしもみよ日蓮御房日蓮御房
 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(130)~日蓮は「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく入滅した1

■検証130・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞24

 

□日蓮の「外国が攻めてくる」予言は当たったが「日本は滅亡する」との予言は外れた

 

日蓮正宗の信者は、日蓮の予言を「戒壇の大本尊」なる板本尊に結びつけて、「戒壇の大本尊」偽作説に反論したいようなのだが、そうはいかない。そもそも日蓮の予言は簡単にいってしまうと

「邪教を捨てて法華経を信じないと、外国から侵略を受けて日本が滅びるぞ」

ということであった、しかし鎌倉幕府は、日蓮の三度の「諫暁」にも関わらず、日蓮には帰依せず、今まで帰依していた信仰も捨てなかった。それならば、日蓮の予言からすると、日本は元寇によって完全に滅亡してしまうか、それでなくても滅亡寸前の壊滅的な打撃を受けていなくてはならない。 ところが、元は「文永の役」も「弘安の役」も、二度とも暴風雨にあって敗退して行った。鎌倉幕府が、日蓮や法華経に帰依しなかったのに、「神風(?)」が吹いて日本は国難を免れたのである。日蓮の予言が正しいとか当たったというのなら、日蓮に帰依していない日本に「神風(?)」は吹いてはならず、元は敗退してはならないということになる。 つまり日蓮の予言は、「外国が攻めてくる」ところまでは確かに当たったが、「日本は滅亡する」というのは、ハズレたのである。日蓮が1273(文永10)年、52才のときに佐渡から門下の大檀那の一人であった富木常忍に与えた遺文(御書)「観心本尊抄」には、次のように書かれている。

「此の釈に『闘諍の時』云々。今の自界叛逆・西海浸逼の二難を指すなり。此の時地涌千界出現して、本門の釈尊の脇士と為る一閻浮提第一の本尊、此の国に立つべし。月支・震旦に未だ此の本尊有さず」(観心本尊抄)

一閻浮提第一の本尊此国に立つべし
 

即ち、日蓮は「観心本尊抄」という名前の遺文の中で、蒙古が日本に襲来して日本が敗北した時に、上行菩薩(日蓮)が出現して、「一閻浮提第一の本尊」(本門の本尊)を日本の国に建立するであろう、と予言しているが、ところが結局、日蓮は、自らが予言した「一閻浮提第一の本尊」を建立することなく、入滅したのである。 日蓮の予言のとおり「外国が攻めてくる」ことは攻めてきたが「日本は敗北・滅亡する」ことはなかった。したがって、日蓮は、「一閻浮提第一の本尊」を建立することはなかったのである。

 


 続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(129)~元寇まで大石寺「戒壇の大本尊」にこじつける日蓮正宗の苦しい言い訳を斬る

■検証129・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞23

 

□元寇まで大石寺「戒壇の大本尊」にこじつける日蓮正宗の苦しい言い訳を斬る

 

--------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

『観心本尊抄』は、文永10年の述作である。文永10年の時点で「一閻浮提第一の本尊」建立の時期は「立つ可し」と未来形をもって示されている。さらに具体的には「自界叛逆・西海侵逼の二難」が起こる時であると教示されている。一方、大聖人は『観心本尊抄』述作以前の文永8年10月には既に本尊を顕されている。このことから、「一閻浮提第一の本尊」とは大聖人書写の数多の曼荼羅本尊の中でも特別な(それこそ一閻浮提第一の)存在であることが分る。 他国侵逼難は文永11年と弘安4年に起こっている。これは『聖人御難事』で出世の本懐の時期を「余は二十七年」とされた年即ち弘安2年と符合している。

(日蓮正宗信者が主宰しているインターネット・サイトにおける書き込み)

----------------------------------------------------------

日蓮正宗の信者が、「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作説に反論をはじめると、ありとあらゆる所から、「戒壇の大本尊」なる板本尊とは関係ないものを持ち出してきて、無理にでもそれらの材料を「戒壇の大本尊」なる板本尊と、こじつけようとする。上記に書いた「日蓮正宗側の言い分」も、まさにそれである。これなんかは、日蓮の遺文『観心本尊抄』のみならず、元が日本に侵攻してきた元寇「文永の役」「弘安の役」までも、「戒壇の大本尊」なる板本尊に結びつけて、言い訳しようとしているから、全く呆れてしまう。それにしても、日蓮正宗側の言い訳は、何とも苦しい?言い訳である。

「文永の役」も「弘安の役」も、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊とは何の関係もない事件である。日蓮正宗側は、『観心本尊抄』の「自界叛逆・西海侵逼の二難」が起こる時を以て、こじつけたいようだが、日蓮正宗自身が、「戒壇の大本尊」なる板本尊は、「弘安二年の熱原法難を機縁として日蓮大聖人が御図顕した」と言っているではないか。 日蓮正宗自身が「戒壇の大本尊」なる板本尊と「文永の役」や「弘安の役」との関連性など、今まで一言も公式見解で言っていない。 インターネット・サイトに書かれている日蓮正宗の信者の見解は、日蓮正宗大石寺が出している公式見解と大きく矛盾しているものである。 「戒壇の大本尊」後世偽作説でさんざん厳しい追及を受けつづけてきた日蓮正宗の信者たちが、ここへ来て、日蓮正宗の公式見解とも矛盾する「文永の役」「弘安の役」までも「戒壇の大本尊」なる板本尊にこじつけようとする論を展開しようとしているのだから、これ自体、笑ってしまうことである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(128)~弘安以後に日蓮が図顕した本尊で「弘安式」になっていない日蓮真筆本尊は多数ある

■検証128・日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞22

 

□弘安以後に日蓮が図顕した本尊で「弘安式」になっていない日蓮真筆本尊は多数ある

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を、何がなんでも日蓮の「出世の本懐」の本尊であると定義づけたい日蓮正宗は、大石寺26世日寛の「二千二百三十余年論」を、さらに拡大させて、日蓮が図顕した漫荼羅本尊の相が、文永・建治の本尊よりも弘安の本尊のほうが整っているから、弘安の本尊は、日蓮の究竟の本尊であるとする論を展開している。 日蓮正宗が日蓮七百遠忌を記念して出版した「日蓮正宗要義」という本には、次のようなことが書いてある。

------------------------------------------------------------------

「しかし弘安以前と以後の大漫荼羅の歴然たる変貌相違は、他の部位にもまさに迹門と本門のかわりめというべきものが拝せられるから、その中の一つの理由としての日寛上人の説は大聖人の聖意を拝考する上からは正確であると信ずる。即ち弘安元年の年度において二千二百三十余年と、約半数の本尊に顕示されるところに大聖人が、この時期より末法の寿量本仏の境地を確信し給う究竟の意味を拝せられるのである。次に身延期の文永より特に建治年間はほとんど例外なく、善徳仏と十方分身仏が顕示されるに対し、弘安に入ってまったく廃されている。 これは建治年間が、寿量文上の意を示し、弘安以後、消除せられた大漫荼羅は寿量文底の本仏境界を顕わされたものである。 次に御名花押が左右に隔ててあるのが、次第に歩み寄り、中央で合致するのは前に述べた如く建治二年からである。…弘安に入って御名花押の占める位置が急速に大きくなり、全体を圧する態の雄大さを拝するのである。 花押は弘安元年七月の二幅の本尊から弘安式に改められている。この判形の有無こそ非常に大事であるが、ただ弘安に入って文字の更改が明らかに認められ、そこに凡下のき視すべからざる深意のおわしますのを拝察できる。

以上大漫荼羅の化導については日寛上人の仰せの如く、大旨は弘安以後究竟ということに尽きるのである」(『日蓮正宗要義』p199200)

---------------------------------------------------------------------

つまりこれは、日蓮が図顕した本尊の相にかこつけて、「弘安の本尊究竟論」を展開して、日寛の「二千二百三十余年論」が正しいということを立証しようとしているのだが、残念ながら、日蓮が弘安以後に図顕した本尊の中に、「弘安式」になっていない本尊が多数ある。具体的に言うと、次のようなものがある。

 

  続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ