アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年04月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(151)~日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった16(興津法西状2)

■検証151・日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった16(興津法西状2)

 

□蓮蔵坊紛争当時「戒壇大本尊」が実在していたら今は保田妙本寺か小泉久遠寺にあるはず

 

1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の内容は、実に注目に値するものである。

「興津法西より日伝への返付状」

「駿河国富士上方上野郷大石寺御堂坊地

先例に任せ地頭時綱寄進状、並に師匠日郷置文以下証文などにより、宮内郷阿闍梨日行の競望を止め、元の如く中納言阿闍梨日賢に返付申し候了んぬ。

仍て先例を守り勤行せらるべきの状件の如し。

貞治五年九月十七日   沙弥法西 判

大石寺別当中納言阿闍梨の所」

(「興津法西より日伝への返付状」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』9p39)

興津法西状1


興津法西状2
 

中納言阿闍梨日賢というのは、日郷一門の保田妙本寺5代貫首・日伝の改名前の名前である。この文書の中で、上野郷の地頭・興津法西が日伝ことを「大石寺別当」と呼んでいることは、まことに注目すべきことである。日蓮正宗が発行している「日蓮正宗・富士年表」によれば、当時の大石寺法主(別当)は、保田妙本寺5代貫首・日伝ではなく、大石寺5世法主の宮内卿阿闍梨日行になっている。大石寺5世日行から保田妙本寺5代日伝に大石寺法主が代替したとは書いていない。保田妙本寺5代日伝は、大石寺の歴代法主の中に名前はない。保田妙本寺5代日伝とは、当時、大石寺と対立・紛争をしていた日郷一門の小泉久遠寺・保田妙本寺5代貫首であって、歴代大石寺法主の中に名前はない。しかし、この当時の文献では、大石寺のある上野郷の地頭・興津法西は、大石寺の大石寺5世日行ではなく、日郷一門の保田妙本寺5代日伝を「大石寺別当」と呼んでいるのである。ということは、この当時、日蓮正宗が「法主」と認めていない人物が、「大石寺別当」(法主)職にあったということになる。つまりこれは、平たく言えば、当時の大石寺は、日郷一門の貫首・日伝らによって占拠されていたということに他ならない。日郷一門の保田妙本寺5代日伝が「大石寺別当」職にあったというのに、大石寺5世日行一門が「戒壇の大本尊」なる板本尊をどこかに隠し通したという言い訳は、どう考えても矛盾である。仮に「戒壇の大本尊」なる板本尊が本当に当時の大石寺に実在していたとすれば、大石寺5世日行一門がどんなにひた隠しにしても、「大石寺別当」日伝の権限で、それは蓮蔵坊か東御堂に移され、その時点で、日郷一門・保田妙本寺5代日伝の所有になってしまっていただろう。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(150)~日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった15(興津法西状1)


■検証150・日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった15(興津法西状1)

 

□大石寺日道・日行・日時一門と保田妙本寺日郷一門で所有権紛争の只中にあった大石寺

 

大石寺三祖・日目の死後、約70年間つづいた大石寺蓮蔵坊の所有権紛争(蓮蔵坊紛争)は、大石寺日道一門の手に下ったり、あるいは日郷一門の手に下ったり、二転三転したあげく、1403(応永10)年、日蓮正宗大石寺蓮蔵坊は、時の法主・大石寺6世日時の代に、日道・日行・日時一門、いわゆる今の大石寺一門のものとして最終決着している。蓮蔵坊は、1338(建武5)年、上野郷の地頭・南条時綱が日郷に寄進状を発行して日郷一門に帰したが、それでも日道一門と日郷一門の紛争は止まず、南条時綱の子・時長が地頭になって後、再び時長が日郷一門に証状を出した。

時長証状により蓮蔵坊を安堵(土地所有を公認されること)された日郷は、1345(康永4)年、上洛して京都守護職の案内を得て、念願の天奏を果たし、1353(正平8)年、61歳で死去した。

日郷の後継貫首は、南条時綱の子・日伝である。日伝は幼名を牛王丸、出家して日賢と名乗り、後に日伝と改名した。

1359(正平14)年、日郷一門の日叡が中心になって大石寺に東御堂を建てた。

1363(正平18)年、日郷一門を支えてきた上野郷の地頭・南条時長が死去し、上野郷の地頭は、河東の代官・興津法西が兼務するようになった。

1365(正平20)年、かつての日興の坊舎であった白蓮坊(西大坊)を修復して住んでいた日道の後継法主・5世日行が、日郷一門の後継貫首・日伝が安房国(千葉県)にいることを幸いに、地頭・興津法西に取り入り、日郷一門の僧侶たちは、蓮蔵坊から追放されて、5世日行一門が占拠するところとなった。この事態に驚いた日郷一門の貫首・日伝は、駿河国の領主・今川家に訴えた。

今川家は、さっそく真偽のほどを正せと興津法西に厳命。これに驚いた興津法西が厳密に調査したところ、日伝側には確かに南条時綱、南条時長の寄進状や日郷の置き文などの証状があるが、大石寺5世日行側には何の証状もない。そこでこれは明らかに大石寺5世日行側の我欲による陰謀と断定して、興津法西は大石寺5世日行を叱責するとともに、彼に与えた証状をとり上げて、日伝に詫び、蓮蔵坊は再び、日伝側に戻ることになった。この時に、興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の内容は、注目に値する。

 

続きを読む

日蓮正宗が日常的に信者から徴収する金集めの実態を斬る2

日蓮正宗が日常的に行っている信者からの金集め代表的なもののひとつに大石寺「登山」に関するものがある。

日蓮正宗の信者は、一年に何度か日蓮正宗総本山大石寺に参詣して、奉安堂にある「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊に参拝するが、これを「登山」(とざん)と呼び、大石寺の奉安堂に参拝して、根本本尊である「本門戒壇の大御本尊」なる名前の板本尊に内拝することを「御開扉」(ごかいひ)とよんでいる。

大石寺・正本堂御開扉3


大石寺登山には、奉安堂にある「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の御開扉に参拝して日帰りで帰宅する日帰り登山と、御開扉のあと大石寺の宿坊に宿泊して、深夜に客殿で行われている法主の「丑寅勤行」(うしとらごんぎょう)に参詣する一泊登山がある。日蓮正宗では、「大石寺登山」が信者が参加すべき最も重要な行事であると宣伝しており、この登山に関する金集めが、日蓮正宗の金集めの中心的位置を占めている。

日蓮正宗の信者は、1年のうちで、法華講連合会が主催している新年の初登山会、3月末の春季総登山会、6月~7月に行われている夏季講習会登山、、それから各末寺法華講が主催している支部総登山会の4回は最低でも登山する。

さらに幹部などだけによる登山会である特別登山会として、4月の霊宝虫払い法会、8月の寛師会、11月の御大会の3回の登山会が行われている。

この他に、法華講連合会が主催する総登山会、特別登山会が行われていない月には、法華講連合会の月例登山会が行われている。

さらにこういった信者団体が主催している登山会の他に、末寺寺院の受付窓口で、大石寺参拝の住職の同意書である「添書」(てんしょ)をもらって、個人単位で大石寺参拝する「添書登山」という登山のパターンもある。この添書登山は、毎月、受付をしている。

 

これだけ頻繁に「登山会」の行事が行われていると、大石寺近郊の信者のみならず、首都圏、関西圏、名古屋圏、東海、北陸、甲信越地方に住む信者には、毎月、大石寺に登山参詣している信者が大勢いる。

 

この御開扉の供養金として、大石寺は信者ひとりあたり、2000円均一で金集めをしている。

そうすると、この「大石寺登山」という行事だけで、大石寺はどれくらいの金集めをしているのだろうか。

大石寺に登山参詣した信者数を、初登山会、春季総登山、夏季講習会登山、支部総登山の合計50万の他に、3回の特別登山会各1万で合計3万、、月例登山会7万、添書登山10万で合計70万人と推計すると、これだけで1年で14億円もの金集めをしていることになる。

続きを読む

法華講総講頭・法華講連合会4代委員長・柳沢喜惣次氏が死去

昨日、とつぜん、ニュースが私の元に飛び込んで来ました。
日蓮正宗の信者のトップが座る職である法華講総講頭で、法華講連合会4代委員長であった柳沢喜惣次氏が4月27日に死去したとのことです。
柳沢喜惣次4

享年は 何歳か不明ですが、この人は、日蓮正宗大石寺67世法主・阿部日顕とそんなに違わない年齢と聞いているので、優に80才は超えているものと思われます。
28日に通夜、29日に葬儀が本行寺にて営まれるとのこと。

柳沢喜惣次氏は、東京・向島の日蓮正宗古刹寺院・常泉寺の向かいにある日蓮正宗寺院・本行寺の信者で、大石寺67世阿部日顕が本行寺住職だった当時、本行寺法華講の講頭になった。
昭和30年代に常泉寺信者・平沢益吉氏の主導で法華講連合会が結成された時には、平沢益吉初代委員長の下で、連合会総務部長に就いていた。
ところが、昭和40年代において、平沢益吉初代委員長をはじめとする連合会執行部と柳沢喜惣次氏、島崎満氏ら本行寺法華講幹部が衝突。
柳沢喜惣次氏は、法華講連合会総務部長を辞任する。
昭和50年代に入り、創価学会の昭和52年路線、池田大作総講頭辞任、大石寺66世細井日達法主の死去を経て、67世法主にかつて本行寺住職だっ た阿部日顕が登座すると、阿部日顕の肝いりで、法華講連合会に対して、柳沢喜惣次氏を幹事として入れるよう、宗務院から圧力がかかる。ところが法華講連合 会執行部と確執が多かった柳沢喜惣次氏を連合会幹事として受け容れることに、佐藤悦三郎2代委員長以下が猛反対し、この紛争が結局、委員長、理事、幹事の 総辞職事件にまで発展する。
1980(昭和55)年、阿部唯七郎3代委員長の下で、柳沢喜惣次氏は正式に連合会総務部長に復職。その後、副委員長に昇格し、阿部唯七郎委員長が退任した後、法華講連合会4代委員長に就任。
1998(平成10)年3月、池田大作が願主になって建てられた大客殿を取り壊した後に建てられた、客殿新築落慶の折りには、阿部日顕法主から法華講総講頭に任命されている。
総講頭任命状1

法華講総講頭とは、日蓮正宗の全信者のトップ職で、かつて「戒壇の大本尊」の写真を撮影・公開したことで有名な由井一乗氏や創価学会の戸田城聖、池田大作も法華講総講頭であった。
池田大作は、1964(昭和39)年4月、大客殿落慶法要の席で大石寺66世細井日達法主から法華講総講頭に任命されている。
柳沢喜惣次氏は1998(平成10)年3月、客殿新築落慶の席で、67世阿部日顕法主から法華講総講頭に任命されているというのは、何とも皮肉な巡り合わせに見える。

それにしてもこの人の場合は、阿部日顕が本行寺住職だったときは本行寺法華講講頭、阿部日顕が大石寺法主に登座すると、法華講連合会総務部長→副委員長→委員長→総講頭というふうに出世。生涯、阿部日顕という人物をサポートしつづけた人生を送ったと言えましょう。

しかし、人生の大半を阿部日顕サポートに費やしたことについて、ご当人は、どのような思いだったのでしょうか。本心から納得していたのでしょうか??
故人の冥福を祈ります。


戒壇大本尊は後世の偽作だ(149)~日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった14(大石寺の状況)

■検証149・日蓮・日興~大石寺8世日影の代に「戒壇の大本尊」は存在していなかった14(大石寺の状況)

 

□日興在世当時の大石寺には「戒壇の大本尊」なる板本尊を格蔵する堂宇がなかった

 

日興が開創した大石寺は、日興・日目の時代には、本尊堂もなければ御影堂もなかった。あえて日興は、自分が住んでいた坊舎の一角を持仏堂としていたようだが、本尊堂や御影堂は造営しなかった。又、日蓮正宗側では、やたらと「『戒壇の大本尊』は広宣流布の日まで固く秘蔵する秘仏である」などと言うが、日興・日目の時代から大石寺8世日影の代に至るまで、「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る本尊堂どころか、「戒壇の大本尊」なる板本尊を固く秘蔵するなどという目的のための土蔵や蔵といったものも全くなかった。大石寺59世堀日亨は著書「富士日興上人詳伝」で

「本図によるに本尊堂正面にあり、御影堂西面にありしこと、開山上人より日有上人代のごとし」

(『富士日興上人詳伝()(p22)

本尊堂正面御影堂西面開山上人より日有上人代の如し
 

と、戦国時代の大石寺法主であった大石寺14世日主の代以降に造られた大石寺境内の図を根拠に、あたかも開祖日興から大石寺9世日有の時代まで、本尊堂や御影堂が、さも大石寺にあったかの如く書いているが、これは全く歴史的事実に反している。「戒壇の大本尊」なる板本尊が、開祖・日興~大石寺8世日影の代までの間、大石寺に存在しなかったことを隠蔽し、ごまかそうとする大ウソに他ならない。これに関連してのことだが、日蓮正宗では、

「大石寺という名前は、地名をとった仮の名前で、正式な寺号ではない」

「いつの日か広宣流布が達成された日には、大石寺は本門寺と改名する」

「本門寺戒壇を建立する日までの仮の弘通所という意味で正式な寺号を付けなかった」

ということを認めている。そういう「仮の寺」としての建物に、総重量が200キロを越えようという巨大な板本尊を祀ることはできない。かりそめにも大石寺には、開祖・日興~大石寺8世日影の代まで、「戒壇の大本尊」なる板本尊を格蔵する本尊堂、御影堂、土蔵、宝蔵といったものが存在しなかったのに、日興在世当時の大石寺は一体、どこに「戒壇の大本尊」なる板本尊を秘蔵していたというのか。「戒壇の大本尊」なる板本尊を秘蔵するための土蔵造りの「御宝蔵」を創建したのは、大石寺9世日有である。こういう大石寺の状況といったことなども、大石寺9世日有より以前、日蓮・日興~大石寺8世日影の代までの大石寺には「戒壇の大本尊」なる板本尊が存在していなかった証左に他ならないではないか。

御宝蔵3
 

(大石寺宝蔵)

戒壇大本尊1大正4年由井本1
 

(大石寺「戒壇の大本尊」)

2祖日興1
 

(日興)

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ