アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年05月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(178)~日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない2

■検証178日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない2

 

□大石寺66世細井日達の「大石寺本堂に戒壇大本尊があった」との説法は全くの詭弁

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の影も形も何の形跡も全くない。これでは日蓮正宗大石寺にとっては、都合が悪いと思ったのか、かつて日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達は、次のような説法をしていた。

 

「身延の日興上人御在住の時の十間四面の堂には、『日興が身に宛て給はる所の弘安二年の大御本尊』即ち戒壇の大御本尊を安置してあったことは明らかであります。その大御本尊を日興上人が大石寺の本堂に安置され、大聖人生身の御影は御影堂に安置せられましたが、その後、本山の陵夷により本堂御影堂が一堂となり、戒壇の大御本尊は御影とともに安置されてあったようであります。しかしその後、御宝蔵が大きく造立せられてから、大御本尊は御宝蔵にお移し申し、御影堂には日精上人の板本尊が安置せられたと思われます」(昭和471月号『大白蓮華』に寄せた指南)

66世日達1

 

細井日達は、あたかも日興が身延山久遠寺から離山して大石寺を開創したと同時に、大石寺に本堂と御影堂を建てて、本堂に「本門戒壇の大御本尊」を安置し、日蓮の像(御影)を御影堂に安置したかのように言っているが、だいたいからしてそんな事実は全くない。

そんなことを書いてある文献は、堀日亨の書籍・文献はおろか、日蓮正宗大石寺の歴代法主の書物にも全くないもので、これは全く細井日達の空想の文にすぎない。

日興が開創して日有以前の大石寺には、日興が開創した大坊(六壺)と、弟子たちが創建したいくつかの宿坊しかなかった。

日興が開創したのは本堂ではなく大坊(六壺)であり、日蓮正宗の正式文献の「大石寺案内」にも、

「六壺は、二祖日興上人の開創で、総本山発祥の霊域である。はじめ六室に分かれていたのでこの名があると伝えられ、その一壷を持仏堂とした」と記載されている。

しかもその持仏堂に安置されていたのは、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊などではなく、1303(嘉元1)813日に「富士大石寺持仏堂安置本尊也」と脇書きに記した、自ら書写した大漫荼羅本尊である。

また「日蓮正宗富士年表」によると、栃木県の日蓮正宗寺院・信行寺には、1306(徳治1)48日に日興が「白蓮持仏堂安置本尊也」と脇書きに記した、自ら書写した大漫荼羅本尊が格蔵されているという。

以上のことからして、日興は自ら開創した大坊(六壺)には、自らが書写した大漫荼羅本尊を祀っていたと考えられるのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(177)~日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない

■検証177日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が大石寺に「御宝蔵」なる建物を創建する以前は、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が、大石寺のどこに安置されていたのか、日蓮正宗の正式文献のどこにも説明がない。

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、著書「富士日興上人詳伝・下」p12において、日興が身延を離山した直後のようすについて、次のように記している。

 

「…日目・日華等の徒および時光・信綱の信士一挙して大御坊の経営成る。正応三年の十月なり。高弟にしてかつ常侍せる日目は、その正東面に蓮蔵坊を、日禅は大坊の南隣りに少輔坊(南之坊)を、日秀・日仙・日華次第に理境坊・上蓮坊(北の坊後に百貫坊)寂日坊を建てて大坊を護り、戒壇本尊その他霊宝厳守・大法弘宣の根本道場として離延山・祖法護持の地盤ここに速やかに成る」

-----日興の弟子である日目、日華などの僧侶や南条時光、新田信綱らの有力信者が一致して大石が原に寺院を建設し、ついに日興の大坊が完成した。正応三年十月のことだ。

日興の高弟で常に日興の傍で給仕して侍っていた日目は、日興の大坊の正面東側に蓮蔵坊を建てた。日禅は大坊の南隣りに少輔坊を建てて、日秀は理境坊を、日仙は上蓮坊を、日華は寂日坊を建てて大坊日興の大坊を護り、「本門戒壇の大御本尊」をはじめとするその他の霊宝を厳守し、日蓮の仏法を広め、身延離山・仏法護持の根本道場としての地盤が、ここにようやく完成をみたのだ------

 

59世日亨2


日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、「本門戒壇の大御本尊」については、他の歴代法主と同様、日蓮造立説であるが、しかし日興一門の大石寺開創によって「本門戒壇の大御本尊」をどこに安置したのかについては、何も述べていない。

日蓮正宗の歴史文書について、あれだけの研究・研鑽を重ね、数々の書籍を残した堀日亨ですら、日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」がどこに安置されていたのかなど、具体的な事柄については、何も言っていないのである。

 

それだけではない。日興・日目の死去の後、日蓮正宗大石寺4世法主日道と日目の弟子の日郷一門との間に、蓮蔵坊の所有権についての紛争が約七十年にわたって続いているが、当時の大石寺・保田妙本寺などの文献には、「本門戒壇の大御本尊」のことなど一言も出てこない。というか、「本門戒壇の大御本尊」の影も形も見受けられないのである。何ひとつ、形跡すら全くない。

あれだけの大きな紛争というか、大石寺と保田妙本寺の間で戦争が起こっていながら、それだけ大事な「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が存在していたとすれば、何かしら文献に残っているはずである。誰かしらが、何らかの形で、文献に書きとどめるはずである。

それがこんなにも、影も形もない、何の形跡もないということは、「本門戒壇の大御本尊」が日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には、大石寺に存在していなかったということにほかならないではないか。

 

 

 

日蓮正宗に関する苦情7・日蓮正宗は何の力も無いド腐れ宗教

200511月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。

日蓮正宗は、自らの活動によって、苦情を多発させているという現実を深く認識して、率直に反省すべきである。ここでは、「アンチ日蓮正宗」に寄せられた、日蓮正宗に関する苦情の一端を紹介し、日蓮正宗が巻き起こしている宗教被害というものがいかに甚大であるかということを、明らかにしていくものです。もちろん、苦情・相談を寄せられた方の個人名や、個人を特定できる情報は絶対に明かしません。

 

■日蓮正宗に関する苦情・相談720095月 アンチ日蓮正宗に寄せられた苦情

 

「先日、法華講員だった伯父が死んだ。末期の肺癌でだ。

ホントに俺の周りの日蓮正宗信者は癌に命を奪われる人が多い。信仰の薄いいい加減な人間だったら、納得もするのだが、伯父はそれはそれは物凄くあつく深い信心をしている人だった。

そんな信心が人生の基盤になってると言うような伯父が、何故肺癌なんて非業の死を遂げたのか…それはやはり、日蓮正宗と言う宗教がとんでもないド腐れ宗教だからとしか言いようがない。

事故や病気、天寿を全うせずに命絶える事は、御書の中にある『法華経の行者なり 非業の死にはあるべからず』に反してはいないか。

あんなに強情な信心をしていた人までも殺してしまうような日蓮正宗…

本当に一生懸命願い縋っても、何の力も持っていない、オウム真理教並みのインチキ腐れ宗教だと言う事がよくわかった。

言い換えれば伯父は日蓮正宗なんかにハマって腐れ本尊なんか命懸けで拝んだせいで、日蓮正宗から殺されたようなもんだ。

伯父も生前、信心をしていて癌なんかに犯されるような人に対して「信心がズレている」なんて事を言っていた。日蓮正宗とは信心がズレていたら癌のような大病に苦しまなければならないような宗教なのか。それがそもそもおかしくはないか。バカじゃねぇ~の。日蓮正宗。

癌や脳梗塞や心筋梗塞で非業の死を遂げた日蓮正宗信者の葬式に何回か参列した事があるが、必ず日蓮正宗信者の烏合の衆の馬鹿共が口々に「いい死相してるね」とよく言ってる。

事故や病気で志半ばにして苦しみながら命絶えた者の死相がいいわきゃねえだろボケが。現に先日日蓮正宗に殺された伯父は、よほど無念だったのだろうか、息を引き取る最後に涙を流したらしい」

苦情7ド腐れ宗教 

 

続きを読む

日蓮正宗はキリスト教や既成仏教のような大衆に根付く宗教ではない2

日蓮正宗が宗祖と崇める日蓮も、鎌倉時代に、「南無妙法蓮華経」と唱えれば貴賤道俗の差別なく成仏できると説いた。

この「南無妙法蓮華経と唱える」という修行法も、南無阿弥陀仏と同様にだれでも簡単にできる修行法であるため、「南無妙法蓮華経と唱えれば、一切の人が成仏できる」という日蓮の教えが、一般庶民の間に急激に広まったわけである。特に鎌倉時代から室町時代にかけて日朗門流、日朗の弟子の日像門流、さらに日像門流から別れた日隆門流が急激に各地に弘まっている。

 

日蓮宗で有名な行事といえば、毎年101213日にかけて行われるお会式があまりにも有名である。全国各地の日蓮宗寺院では、お会式が行われるが、中でも身延山久遠寺や池上本門寺のお会式は、多くの参詣者を集める巨大な儀式として地域社会に定着している。池上本門寺のお会式は、老若男女が万灯練り供養に参加し、約30万人の参詣があるほどの巨大行事になっている。この30万人の参詣というのは、池上本門寺が参詣目標を掲げて組織的動員を行っているわけでもなく、お会式という行事が地域社会に完全に定着していることによる、自発的な参詣である。

お会式の行事だけで30万人もの人が池上本門寺に参詣するわけだから、池上駅から池上本門寺周辺は、歩行者天国等の交通規制が敷かれ、本門寺通り等には、テキ屋の賑々しい出店が建ち並ぶ。

しかも池上徳持会館から池上本門寺まで練り歩く「万灯練り供養」は、参詣の人でぎっしり埋まった池上通り、本門寺参道を深夜遅くまで行われる。こういう巨大行事が代々受け継がれて、毎年恒例の行事として行われているわけである。

御会式37万灯池上駅前


池上本門寺の周囲はぎっしり住宅やマンションが建ち並ぶ住宅街・商店街になっているのですが、深夜までこういう巨大行事が行われても、誰も文句を言わない。この地域では、この巨大行事が、毎年恒例の行事として、定着しているわけである。そういう意味では、この日蓮宗の信仰も、地域文化として深く根付いていると言うべきであろう。

 

片や日蓮正宗はどうかというと、法主が先頭になって強引・無理な折伏目標・登山目標を掲げ、組織的な動員をかけて大石寺登山を行う。2002年の日蓮立宗750年の時は、無理な30万人総登山の目標を掲げ、いよいよ達成不可能になってきたと見るや、再び組織的大動員をかけて、一人の信者を、二回、三回、四回と登山せしめて、30万人の目標を強引な手法で達成せしめたことは、あまりにも有名である。

しかも日々の修行は、朝夕にむずかしい読経を五回三回繰り返してやり、さらに「南無妙法蓮華経」を繰り返し唱える唱題を、それこそ11時間、2時間行うという修行を強要させている。

こんなむずかしい読経・勤行を信者が毎日欠かさず行っているとは、到底信じがたいものがある。

この勤行という修行だけで、信者にとっては大変な負担になっているはずだ。

続きを読む

日蓮正宗はキリスト教や既成仏教のような大衆に根付く宗教ではない1

私は日蓮正宗寺院の本堂等々において、それこそ何度となく僧侶と信者が勤行をしている姿を見た。彼らは朝の勤行では45くらい、夕の勤行では25くらいにもなる時間をかけて勤行していた。

日蓮正宗や創価学会の信者たちは、表向きは毎日欠かさず勤行をしているというから、こりを額面通りに解釈したとしても、彼らは一日だけで1時間10分も勤行のために時間を費やしていることになる。

これが1ケ月で35時間。1年で丸17日半。70年で丸105日分そっくりそのまま勤行の時間に費やしていることになる。124時間のうち、8時間は寝たとして、起きている時間の7.3%の時間を勤行のためだけに費やしているのである。

この勤行だけで、実に膨大な時間の浪費である。

 

しかも日蓮正宗や創価学会の信者は、勤行の他に、11時間、2時間、3時間と、長時間にわたって「南無妙法蓮華経」を繰り返し唱える唱題を行っている

彼らの言っていることを聞いていると、いかに自分は長時間の唱題をしたかということを自慢して語っているので、信者たちは競って長時間の唱題をしているものと考えられる。すると、朝夕の勤行の他に、この長時間の唱題を含めた時間の浪費は、それこそ大変なものになる。

勤行の時には、法華経の方便品と寿量品の読経をしているが、朝は5回、夕は3回、繰り返して読んでいるので、1日に何と8回も繰り返して読経していることになる。

 

私が、こういう信者たちの姿を見ていて、率直に不思議に思ったのは、

こんなむずかしい読経や長時間の唱題、自宗の信者にやれと押しつけている宗教というのは、本当に万人が普遍的に信仰する、大衆の宗教なのか?

 

世界中に約20億人以上の信者がいるといわれているキリスト教と比較してみよう。

信者は毎週日曜日は教会に行くように言われるようだが、しかし信者全員が毎週欠かさず、教会に行っているわけではない。

キリスト教の主な宗教活動とは、祈祷・聖書の朗読・聖体ないし聖餐にかかわる儀式、司祭や牧師らによる説教が行われる。祈祷はしばしば歌唱を伴った聖歌や賛美歌のかたちで行われる。席上、信者からの献金が集められることが普通であるが、献金は義務ではないという。

又、キリスト教の信者が、毎日、日蓮正宗や創価学会の信者が行っているような、長時間の読経・唱題といった、むずかしい修行を行っているとは聞いたことがない。キリスト教の祈りといっても、教会で両手を握って、だまって祈っているだけである。

まあ、こういう簡単な、誰でもできる修法だから、世界中に広まったというのも、なんとなく、うなずけるものがなくもない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ