アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年05月

■検証178・日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない2   □大石寺66世細井日達の「大石寺本堂に戒壇大本尊があった」との説法は全くの詭弁   日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の影も形 ...

■検証177・日蓮正宗大石寺9世法主日有以前には「本門戒壇の大御本尊」の影も形も何の形跡もない   日蓮正宗大石寺9世法主日有が大石寺に「御宝蔵」なる建物を創建する以前は、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊が、大石寺のどこに安置されていたのか、日蓮正宗の正式文 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

日蓮正宗が宗祖と崇める日蓮も、鎌倉時代に、「南無妙法蓮華経」と唱えれば貴賤道俗の差別なく成仏できると説いた。 この「南無妙法蓮華経と唱える」という修行法も、南無阿弥陀仏と同様にだれでも簡単にできる修行法であるため、「南無妙法蓮華経と唱えれば、一切の人が ...

私は、日蓮正宗寺院の本堂等々において、それこそ何度となく僧侶と信者が勤行をしている姿を見た。彼らは朝の勤行では約45分くらい、夕の勤行では約25分くらいにもなる時間をかけて勤行していた。 日蓮正宗や創価学会の信者たちは、表向きは毎日欠かさず勤行をしていると ...

■検証176・堀日亨は本心では「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊偽作説を支持していた3   □「日本のダビンチ・コード」とも言うべきミステリー・大石寺59世法主・堀日亨の隠れた本心   日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、本心では「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊偽 ...

■検証175・堀日亨は本心では「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊偽作説を支持していた2   □「百六箇抄」「本因妙抄」などを実質的に偽書と認めていた大石寺59世法主・堀日亨   「百六箇抄」「本因妙抄」などの「相伝書」と言われている文書の「部分後加論」も、日蓮 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

■検証174・堀日亨は本心では「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊偽作説を支持していた1   □自らの研鑽・行脚・調査で「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作だと気づいた堀日亨   それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「本門戒壇の大 ...

■検証173・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない4   □大石寺法主を経験しながら内心では「本門戒壇の大御本尊」偽作説を支持していた堀日亨   普通に考えれば、日蓮正宗大石寺59世法主である堀日亨としては、日蓮正宗大石寺の“先師”に ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主が、総本山大石寺の会合・講習会などの席で、何度も創価学会的な全体主義の理想像を説いている。 例えば、こんなことを言っている。   「狂ってはおるけれども、創価学会のような組織ぐるみの日蓮正宗に対する誹謗は、かなりまとまった ...

■検証172・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない3   ----------------------------------------------------------------- (日蓮正宗信者の妄説) 日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山のときに『本 ...

■検証171・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない2   □日興は身延離山のときに何も持ち出していないと認めている大石寺59世法主堀日亨   日蓮正宗大石寺59世法主であった堀日亨自身が、「日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

2006年7月4日付けで、日蓮正宗宗務院が宗門内外に対して「顕正会は宗門と無関係」と題する無責任きわまりない通達を発した。その中には、次のようなことが書いてある。   「最近、顕正会員が引き起こした反社会的問題が、度々マスコミで取り沙汰され、時には、同会が日 ...

以上のように明らかである。 創価学会は、以前の日蓮正宗・創価学会の和合・蜜月時代と全くかわらずに「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊も「二箇相承」も、日蓮正宗と全く同じように全面肯定しているのである。 創価学会は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を否定するど ...

「創価学会は既に、弘安2年の『本門戒壇の大御本尊』や二箇の相承、相伝書をく後世の偽作> と誹謗している」… こういう話しをブログや掲示板などで積極的に発言している日蓮正宗の信者をよく見かける。日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」の「問答記」なるものを見ても、同様に ...

■検証170・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない1   日蓮正宗や創価学会では、「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延離山のときに『本門戒壇の大御本尊』『日蓮真骨』『御肉牙』『最初仏』などのすべて ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

日蓮正宗の金集めが刑法の「詐欺罪」に当たるかどうかについては、   1一般社会通念上,相手方を錯誤に陥らせて財物ないし財産上の利益の処分させるような行為をすること(欺罔行為又は詐欺行為) 2相手方が錯誤に陥ること(錯誤) 3錯誤した相手方が、その意思に基づ ...

本当は大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」を「日蓮真筆だ」と詐称して金集めをする日蓮正宗を詐欺罪で追及せよ、という声が上がっている。 そこで、まずは日蓮正宗の金集めに詐欺の疑いがあるかどうかを検証する前に、刑法の「詐欺罪」というものについて、これがど ...

■検証169・日仙は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を背負って身延離山していない2   実際に1972(昭和47)年10月や1998(平成10)年4月に行われた「本門戒壇の大御本尊」遷座の写真を見ると、「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を蓮台に乗せて、十人前後の僧侶が蓮台を担い ...

■検証168・日仙は「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を背負って身延離山していない1   日蓮正宗では、1289(正応2)年春、日興が身延離山した時、日興の弟子の日仙が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を一人で背負って担ぎ上げ、身延山久遠寺から山道を下って富士・上野の ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの活 ...

年の初めの元日になると、大石寺をはじめ日蓮正宗末寺寺院でも元朝勤行を行う所が多い。元朝勤行とは、1月1日の午前0時、ないしは6時半とか7時から行う勤行のことである。この勤行には、近隣の日蓮正宗の信者が多数詰めかけている。特に1991年の宗創戦争勃発以前の宗創和合 ...

さらに、日蓮正宗の233億円、創価学会の4372億円、顕正会の451億円の機関紙収入やら金集めには、もうひとつ別の問題がある。 それは、日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会…らは、いずれも日蓮から相伝したと日蓮正宗が自称し、大石寺に格蔵している「本門戒壇の大御本尊 ...

■検証167・日蓮在世の時代に「法華講」はなかった   日蓮正宗大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の授与書には「法華講衆等敬白」とあると、日蓮正宗の正式文献の中に記載されている。 日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が編纂した「富士宗学要集」第8巻の「漫荼羅脇 ...

2005年11月に設立した「アンチ日蓮正宗」は、最初の約6年間を主にmixiとGREEで活動してきたのだが、この間、日蓮正宗、創価学会、顕正会に関する苦情が「アンチ日蓮正宗」に殺到しています。 中でも、一番多いのが、日蓮正宗に関する苦情・相談です。 日蓮正宗は、自らの ...

私がまだ池袋近郊に住んでいた学生のころ、池袋駅へ行くついでや、バイト先との往復のついでに常在寺住職・早瀬義孔氏とはどんな人物か見ようと、常在寺本堂を覗いてみたのだが、勤行の時に早瀬義孔氏を見かけたのはたったの一度だけ。しかも早瀬義孔氏は、その時はかなり ...

私は何も財団法人、社団法人、宗教法人、学校法人などの公益法人の優遇税制の存在そのものを否定しているわけではない。 多くの公益法人は、社会的に非常に有意義かつ有益な活動をしている団体が多い。こういった団体は営利を第一義としていないため、財政的に苦しい団体 ...

■検証166・「願主弥四郎国重」の説が法主によってバラバラなのは「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠だ5   □「本門戒壇の願主」が架空の人物になっていることが「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠2   「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の授与 ...

■検証165・「願主弥四郎国重」の説が法主によってバラバラなのは「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠だ4   □「本門戒壇の願主」が架空の人物になっていることが「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠   「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊の授与 ...

いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。 戦前、創価学会会長・牧口常三郎と理事長・戸田城聖が、日蓮正宗中野教会(現昭倫寺)主管・堀米泰栄氏(後の ...

日蓮正宗で200億、創価学会で3000億、顕正会で400億という試算は、単純にこれらの教団が行っている、毎年の金集めの金額を試算したものである。 この他にこれらの教団には、機関紙の販売などの収益事業や墓苑販売などの公益事業の収入がある。 公益事業の収入は、信者か ...

■検証164・「願主弥四郎国重」の説が法主によってバラバラなのは「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠だ3   □弥四郎国重・架空人物説は日蓮一門に弥四郎国重という人物はいなかった証拠   確実に言えることは、日蓮一門の中に「弥四郎国重」という人物は ...

私がまだ池袋近郊に住んでいた学生のころ、池袋駅へ行くついでや、バイト先との往復のついでに常在寺住職・早瀬義孔氏とはどんな人物か見ようと、常在寺本堂を覗いてみたのだが、勤行の時に早瀬義孔氏を見かけたのはたったの一度だけ。しかも早瀬義孔氏は、その時はかなり ...

強引な入信勧誘、強引な金集めというのは、今やカルト宗教の代名詞になっていると同時に、日蓮正宗、創価学会、顕正会のカルト教団に共通した体質になっている。   日蓮正宗では毎年のように200億円余りの金集めを行っていることはすでに論述した通りだが、これらの金集 ...

■検証163・「願主弥四郎国重」の説が法主によってバラバラなのは「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠だ2   □日蓮正宗として公式に特定できない「本門戒壇の願主」弥四郎国重   日蓮正宗の正式文献の中で、この本門戒壇の願主弥四郎国重の人物伝に触れた ...

■検証162・「願主弥四郎国重」の説が法主によってバラバラなのは「本門戒壇の大御本尊」が後世の偽作である証拠だ1   □「本門戒壇の大御本尊」が本物なら、四条金吾・富木常忍と並ぶ大信者であるはずの「本門戒壇の願主弥四郎国重」   日蓮正宗大石寺の「本門戒壇 ...

日蓮正宗常在寺という寺院は、池袋駅東口から徒歩5~6分くらいのところにある南池袋公園のすぐ近くにある日蓮正宗の寺院で、正式には霊鷲山常在寺という。 今から30年以上前になりますが、まだ私が学生だったころ、池袋近郊に住んでいたことがあり、なおかつ、池袋東口で ...

■検証161・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない6   □「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない   --------------------------------------------- ...

■検証160・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない5   □「戒壇大本尊」が本当に身延山大坊に存在していたなら弟子・信者の誰も知らないはずがない   -------------------------------------------- ...

まず第一に問われなければならない、最大の問題点の第一は、日蓮正宗がこれだけ毎年のように約200億円以上もの、巨額の金集めを行って莫大な収益を得ているのに対して、この供養金の「寄付金」収益などが、全くの無税・非課税になっていることである。 そして出版などの収 ...

■検証159・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない4   □細井日達の「第1回正本堂建設委員会」の説法と「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」なる著書との自己矛盾   こういった日蓮が生きていた時代の身 ...

■検証158・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない3   □身延山大坊落成式には京都や鎌倉の繁華街のように賑わった身延山久遠寺の大坊   日蓮の説法の折りには、百人を超える参詣者で賑わった身延山 ...

前回、宣徳寺のことを書いたので、つづきを書いておかなくてはなりません。 そもそも私が宣徳寺の朝の勤行会に寺跡調査に行った理由は、日蓮正宗宗務院渉外部長を勤める宣徳寺住職・秋元広学氏を実見したかったからなのだが、この人、渉外部長の職のために大石寺に行って ...

日蓮正宗の信者からの金集めは、総本山大石寺参拝や末寺寺院での行事の供養金だけではない。 日蓮正宗の信者は、全員が末寺寺院の信者団体「法華講」に入っている。法華講は総本山大石寺に本部を置くという建て前になっていて、末寺寺院の法華講を「法華講支部」と呼ぶ。 ...

■検証157・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の草庵に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない2   □身延山に参詣していた人たちが「戒壇の大本尊」を知らないのは明らかな矛盾だ   日蓮は書き残した遺文(御書)の各所で、身延山の日蓮のもとに ...

■検証156・「戒壇の大本尊」が存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない1   身延山での日蓮の生活は、かなり質素なものであったようで、その住まいであった草庵も、三間四面、ないしは四間四面の小堂で、弘安4年(1281年)になってから、十間四面の御堂が ...

↑このページのトップヘ