アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年06月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(16)~「本門戒壇の大御本尊」日有偽作・日有の金入手を裏付けている「日蓮正宗入門」の記事

■検証16湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた日有11

(日有が湯之奥金山の金を手に入れていた証拠6)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(15)~日有が大石寺と有明寺の往復に河内路(身延道)を使うはずがない

■検証15・湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた日有10

 

□大石寺九世法主日有が大石寺と有明寺の往復に河内路(身延道)を使うはずがない

 

日蓮正宗大石寺17世法主日精は、自らの著書「富士門家中見聞」(家中抄)「日有伝」において、

「杉山(有明寺)より大石寺に詣したまふ行程百有余里なり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』5p256より)------日有は、甲州杉山(山梨県身延町杉山)の有明寺から大石寺に参詣していたが、その道のりは百有余里にものぼった-----

と述べている。辞書によると、往古の昔の距離の単位である「里」とは

「尺貫法の距離の単位。1里は36町で、3.927キロ。令制では300()をいい、6町すなわち654メートルにあたる。」(インターネット・ヤフー辞書より)

と書かれている。大石寺17世日精が言う「百有余里」に1里=36町の単位をそのまま当てはめてしまうと、大石寺から有明寺までの距離が392キロなどというとんでもない数字になってしまうが、令制の300歩・6町をあてはめると、大石寺と有明寺の距離が66キロ強ということになる。

実は、大石寺から今のJR身延線や国道52号線が通っている河内路(通称・身延道)を通って有明寺に行くと、だいたい距離にして66キロ強ぐらいになる。したがって、日蓮正宗大石寺17世法主日精は、大石寺9世日有が大石寺と有明寺を往復する為に歩いた道に、河内路(身延道)を通っていたという説を採っているようである。しかしこの大石寺17世日精の説は大いに疑問であり、大石寺9世日有が大石寺と有明寺を往復するに当たっては、河内路(身延道)を通っていくはずがないのである。なぜか。

それはまず第一に、大石寺と有明寺を往復するルートとしての河内路(身延道)のコースは、ものすごい遠回りになるからである。これについては、ごく普通の、世間の常識で考えるべきだと思う。

交通の往来に関する常識として、ある所からある所へ行くに当たって、どの道を通っていくかについては、最短コース・もっとも距離が短いコースの道を行くというのは、常識である。これは、自動車などの交通手段が発達した現代においてもそうである。況んや、徒歩や牛馬に引かれての往来が主だった、往古の昔においてをや、である。

それでは大石寺と有明寺を結ぶ最短距離のコースは、というと、有明寺(身延町杉山)~下部温泉~湯之奥~中山金山入口・毛無山~朝霧高原・大石寺(富士宮市)のルートなのであり、このコースをたどっていくと、だいたい距離にして約40キロぐらいである。すなわち、河内路(身延道)を通っていくコースの3分の2位の距離なのである。

第二に、有明寺~下部湯之奥~中山金山入口・毛無山~朝霧高原・大石寺(富士宮市)のルートは、まさに大石寺9世日有の重要な収入源であった湯之奥金山(中山金山)入口と、日有が通っていた下部温泉を通ることができるコースであること。ここを通らないで、わざわざ河内路(身延道)を通って迂回して行ったとしても、日有にとっては、何のメリットも利益もないこと。

甲斐の九路
 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(14)~大石寺~朝霧高原~中山金山入口~湯之奥~下部温泉~有明寺を結ぶルートの存在

■検証14・湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた日有9

 

□大石寺~朝霧高原~中山金山入口~湯之奥~下部温泉~有明寺を結ぶルートの存在

 

甲斐国(山梨県)内には、大小さまざまな道があり、主なものでも鎌倉街道、甲州街道といった主要な道の他、甲斐の九筋と言われる甲斐国内の地方道がある。その甲斐の九筋の中で、甲斐国(山梨県)と駿河国(静岡県)を結ぶ道が三つある。

    若彦路  芦川・大石峠~河口湖~吉原  

  中路 左右口峠~古関~本栖湖~吉原

    河内路 市川大門~富士川沿い~岩淵

さらにその他に、余り知られていない小さな三つの路がある。

    安倍道  南部町成島~峠越え~駿河安倍郡(静岡市)

    身延町大城~峠越え~駿河梅ヶ島(静岡市)

    下部湯之奥~毛無山・中山金山入口~朝霧高原・大石寺(富士宮市)

この中の、下部湯之奥~毛無山~朝霧高原・大石寺(富士宮市)のルートの存在が、まさに大石寺九世日有が、湯之奥金山の金を中山金山の金山衆から入手していた証拠になる。このルートは大石寺から朝霧高原を通って毛無山の麓付近を通り、中山金山へ行く登山道入口を通って、湯之奥集落をぬけ、下部温泉に通じる道であるが、大石寺9世日有は1467(応仁1)年、下部温泉の先、このルートの延長線上で毛無山の麓に、日蓮正宗寺院・有明寺を建立している。

日蓮正宗大石寺17世法主日精の著書「富士門家中見聞」(家中抄)によると、大石寺9世日有は法主隠退後も、大石寺で日蓮、日興、日目の御講のある七日、十三日、十五日には、必ず有明寺から大石寺に参詣していたこと、さらに大石寺9世日有は宿病があった故に、下部温泉で湯治をしていたことが書かれてある。(『富士宗学要集』5p256257「富士門家中見聞・日有伝」より)

そうなると、この下部湯之奥~毛無山~大石寺のルートで、大石寺9世日有は大石寺と有明寺の往復に、さらに下部温泉での湯治に使っていたと考えられる。そもそもこのルートが大石寺と有明寺を結ぶ最短コースであるからである。

と同時に、このルートは、大石寺と有明寺を往復する途中で、湯之奥金山の拠点である中山金山入口を通る。大石寺9世日有は、大石寺と有明寺を往復するたびに、中山金山で金を掘る金山衆と顔を合わせていたことになり、そういう時においても、大石寺9世日有は、中山金山の金山衆から金の供養を受けていたと考えられる。

日蓮正宗において、日蓮正宗の信者が大石寺法主と面会する場合においては、必ず信者は供養を包んで法主に差し出すからである。法主と面会する信者が、何の供養も包まないというのは、日蓮正宗の常識・慣習では絶対にあり得ないことだ。

甲斐の九路


 湯之奥線2

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(13)~日有の時代にもあった金山発見にともなうゴールドラッシュ

■検証13・湯之奥金山の金(きん)を手に入れていた日有8

 

□日蓮正宗大石寺九世法主日有の時代にもあった金山発見にともなうゴールドラッシュ

 

日本の歴史のみならず、世界の歴史をひもとくと、金山ないし金鉱脈・砂金が発見されると、必ずといっていいほど、ゴールドラッシュという現象が起きる。ゴールドラッシュとは、新しく金が発見された地へ、金脈を探し当てて一攫千金を狙う採掘者が殺到することである。世界各地で起こったゴールドラッシュの中でも特に有名なのが、1848年ごろにアメリカ合衆国のカリフォルニアで起きたゴールドラッシュがある。

カリフォルニアで起こったゴールドラッシュのそもそもの発端は、1848124日に農場主ジョン・サッターの使用人ジェームズ・マーシャルがアメリカン川で砂金を発見したことである。これと前後してカリフォルニアを始めとした西部領土がメキシコからアメリカに割譲されたので、文字通り新天地となったカリフォルニアには金鉱脈目当ての山師や開拓者が殺到することになった。特に1849年にカリフォルニアの人口が急増し、結果、1852年にはカリフォルニアの人口は20万人まで急増し州に昇格、西部の開拓が急進展することになった。当時の記録を見ると、農民、労働者、商人、乞食や牧師までもが、一攫千金を夢見て新大陸を目指したことが記されている。

ひるがえって、甲州・湯之奥金山が発見された当時は、ゴールドラッシュという現象はあったのだろうか。この点について、駒澤大学教授・杉山博氏は著書「日本の歴史11・戦国大名」において

「この時期はまさにわが国最初のゴールドラッシュの時代とでもいうべき時代であった」(『日本の歴史』p243)

「こんにち全国いたるところに残されている金銀山の歴史は、戦国のころにはじまったものが意外に多い。この事実から、この時代のゴールドラッシュのすさまじさを推測できるだろう」(『日本の歴史』p244)

と述べており、戦国時代の日本においても、ゴールドラッシュはあったと言っている。

室町・戦国時代といえば、室町幕府の統制力はさほど強くはなく、世の中は諸国の大名が入り乱れて戦乱に明け暮れ、庶民の生活も貧しかった時代のことである。今の静岡県富士宮市や富士市周辺に住んでいた農民たちが、一攫千金を狙ってゴールドラッシュのブームに乗って、湯之奥金山に入っていったというのは、極めて自然なことと言える。

実際に、信州大学人文学部教授・歴史学博士の笹本正治氏は1997(平成9)104日の湯之奥金山博物館第一回公開講座において

「中山(金山)の金山衆は武士ではないようです」「湯之奥金山を開発したのは地元の人たち、金山衆であって…主人公はあくまでも一般の民衆であったということです」(『金山史研究』第1集より)

と述べており、地元の庶民が湯之奥金山に入って金を掘っていったと言っている。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(12-1)~解説・谷口一夫

■谷口一夫(たにぐち・かずお・1938)

 

1938年、神奈川県横浜市生まれ。

明治大学文学部史学地理学科考古学専攻卒業。

現在、山梨県身延町の甲斐黄金村・湯之奥金山博物館長。

湯之奥金山博物館1


主な著作

「『時代区分』考・序論Ⅰ、Ⅱ」(『帝京大学山梨文化財研究所報告』第13)

「歴史学と歴史史料史学史的にみた歴史史料」(『帝京大学山梨文化財研究所報告』第5)

「『金山遺跡にみる鉱山道具』考」(『山梨県考古学論集』Ⅴ)

「武田軍団を支えた甲州金・湯之奥金山」(新泉社)

 

写真は、谷口一夫氏に直接、取材して話しを伺ったときに、私が所持していた谷口一夫氏の著書に書いていただいた谷口一夫氏自筆のサインである。

谷口サイン1 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ