アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年07月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(88)~北山本門寺では6代貫首・日浄の代から「戒壇の大本尊」日有偽作説が常識だった

■検証88・「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)4

 

□なぜ北山本門寺日浄記の原本が北山本門寺にないのか2

 

「その時代の常識、当たり前だったことは、記録されていない」

 

歴史学者・井沢元彦氏はベストセラーになった著書「逆説の日本史」の中で、かく言っている。

逆説の日本史7


井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」から、端的な事例を出してみましょう。今の歴史学で、一番わからなくなっていることは、その時代、時代における「庶民生活の実態」だという。つまり庶民がどんなものを食べ、どんな家に住み、どんな衣服を着て、トイレがどうだったのか、風呂はどうだったのか、といったようなことが、最もわからないことなのである。

こういった庶民生活の実態というものは、当時の時代の人たちにとっては、常識であり、当たり前のことであった。そして、誰もが知っていたことだ。しかし、史料として記録がほとんど残されていないために、今は、そういったものが、わからなくなってしまっている。

 

何らかの史料に「記録する」とか「メモする」ということは、書き留めておかないと忘れ去られてしまうという危険を除去するという意味がある。又、記録する立場にある人が、「これは是非とも記録に残しておくべきだ」という価値を認めていなければ、記録に残るはずがない。

ところが、その時代、時代において、誰もが「常識」「当たり前のこと」として知っていたことは、誰一人として「忘れてしまうのではないか」という不安を抱くことがない。したがって、誰も史料に記録していないということになるのである。

こういったものは、「庶民生活の実態」だけではない。政治・経済・外交・宗教・文化といった問題にもある。 本来、歴史史料というものは、こういうものだということだろう。

現代では、わざわざ「常識」「当たり前のこと」を事細かに書いた本も出版されてはいる。しかし、江戸時代以前において、そんな「常識」「当たり前のこと」を事細かに書いた本は、ほとんどない。

 

その時代において「誰もが知っていること」「常識」「当たり前のこと」だから、記録に残しておく必要性を誰も感じなかったということだ。そして史料に書いてあることは、「常識」ではない、「特殊」なこと、「記録に残しておく必要性があると当時の人が感じたこと」が、史料に記録されて残っているということだ。したがって、史料に残されていることだけを金科玉条のように取り扱って、「これ以外に事実はない」としては、ならないことは当然のことです。

つまり、史料の背後にある、その時代の「常識」「当たり前のこと」を復元することこそが大切なのだ、ということである。

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(87)~史料絶対主義の落とし穴に嵌り込んでいる大木道惠氏の妄説は誤りである

■検証87・「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)3

 

□なぜ北山本門寺日浄記の原本が北山本門寺にないのか1

 

--------------------------------------------------------------------------

(自称・宗教ジャーナリスト・大木道惠氏の妄説)

板本尊偽作論の濫觴と思われている重須日浄記について。不思議なことに、この日浄記、原本の所在が全く不明です。また、初出は玉野日志だったかと朧に記憶していますが、これも引用だけ。

後に飯能本門社から刊行された『大石寺明細誌批判』だかには、原本を複写したものを入手したと言いつつ、玉野日志の引用箇所とほぼ同じものしか、引用されていませんでした。しかも、両者を比較してみますと、語句などにかなりの相違がありました。小生としては、この重須日浄記については、真偽未決もしくは創作文書ではないかという疑問をいだいております。

(「冨士門流信徒の掲示板」での大木道惠氏の書き込み)

-----------------------------------------------------------------------------

□「史料絶対主義」の落とし穴にはまり込んでいる大木道惠氏の妄説は誤りである

 

一見してもっともらしく見える大木道惠氏の妄説だが、大きな誤りがいくつもある。

 

(1)   大木道惠氏は「原本の所在がわからない」=「真偽未決もしくは創作文書」などといっているが、大きな誤りである。

原本(正本)が不明で写本のみが存在するというのは、日蓮遺文をはじめ、日本全国各地にある、あらゆる古文書に多数ある事例である。原本(正本)が不明であることが、「真偽未決もしくは創作文書」である証拠ではない。

(2)   大木道惠氏は、「語句などにかなりの相違がありました」=「真偽未決もしくは創作文書」という論を立てているが、これも誤り。

語句の相違は、単なる書写の誤りということも充分に有り得るわけで、「真偽未決もしくは創作文書」である証拠ではない。こういうことは、大木道惠氏は十二分に知悉しているはず。

(3)   大木道惠氏は、「史料絶対主義」にこだわり過ぎたあげく、北山本門寺一門では、6代貫首・日浄のころから、大石寺の「戒壇の大本尊」は日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作したという説が当たり前の常識だったという大きなポイントを見落としてしまっていること。

そして「史料絶対主義」の大きな落とし穴にはまり込んでしまっているということである。

北山本門寺39仁王門

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(86)~「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)2

■検証86・「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)2

 

□「北山本門寺日浄記」を否定しようとする犀角独歩氏の妄説は誤りである

--------------------------------------------------------------

(日蓮正宗系研究者・犀角独歩氏の妄説)

近代、板漫荼羅に関する偽作説は何度か述べられてきた。その代表的なものは作者不明の『大石寺誑惑顕本書』であろうか。有師の彫刻説というのはたぶん『大石寺誑惑顕本書』に記されるところが初出ではないでしょうか。

このなかに北山本門寺6代日浄の言として板漫荼羅彫刻の話が載っている。しかし、この原資料はどうやら当たることができず、作者不詳の作文である可能性がある。

ジャーナリストの大木道惠氏も確認できないと言っている。

ここにおける偽作論は主に彫刻に係ることで「未聞未見」の、つまりは大石寺秘蔵の紙幅漫荼羅本尊を板に貼り彫ってしまった大石寺9代日有の咎を責めるというものである。その意味では原本となった漫荼羅の真贋を問うものではなかった。

(「富士門流信徒の掲示板」・GREEの掲示板・犀角独歩氏の公式ブログより)

----------------------------------------------------------------

 

この犀角独歩氏の言い分は、全くの虚言であり誤りである。


日蓮正宗大石寺9世法主日有が「未聞未見の板本尊を彫刻」と非難する北山本門寺6代住職・日浄の言が掲載されている「大石寺誑惑顕本書」という文献は、明治維新直前の幕末のころ、北山本門寺33代住職・日信が著わした著書であり、作者不詳の作文などではない。

この「大石寺誑惑顕本書」の正筆・写本共に北山本門寺に現存しないとされているが、転写本が日蓮正宗大石寺、京都要法寺等に現存している。

自称・宗教ジャーナリスト・大木道惠氏が確認したとか、しないとかということを以て、文献の存在確認をしたことにはならない。大木道惠氏は文献確認の「物差し」ではない。

しかも大木道惠氏の説というのは、「正筆が存在せず転写本のみが存在する」という理由だけで日浄記を載せる「大石寺誑惑顕本書」の文献の存在そのものに疑義を唱えるというもので、まさに浅識・浅学の極みというべきである。こんな浅識・浅学な説が、どうして文献の存在確認をしたことになるのか。デタラメもいい加減にせよと言いたくなる。

したがって、浅識・浅学な大木道惠氏の説だけを以て、文献の存在が「確認できない」との犀角独歩氏の言は、全くの虚言であると断ずるものである。

犀角独歩13 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(85)~「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)

■検証85・「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠2(北山本門寺日浄記)

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したとする証拠として第二に挙げなくてはならないのは、「富士山本門寺文書集日浄記」である。

 

(2) 1493(明応2)年に北山本門寺六代住職・日浄(?1493)が書いた「富士山本門寺文書集日浄記」の文

 

日蓮正宗大石寺9世法主・日有が、「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊を、日蓮真筆の本懐の本尊であるなどと言って偽作したことを、公然と告発して文献に書きとどめた人物がいる。

それは大石寺と同じ日興門流・富士門流の本山寺院である、北山本門寺6代貫首・日浄で、この日浄という人物は、日有とほぼ同じ時代を生きた人物である。

 

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意也。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊則ち本門戒壇の本尊と云々』

「日有、開山の本懐に背き、未聞未見の板本尊を彫刻し、猶己義荘厳の偽書を造る。…もし、日有の誑惑世間に流布せば、興門の道俗共に無間に堕ち、将来悲しむべし云々」

(「大石寺誑惑顕本書」p6p7

----日有は、開山・日興上人の本懐の精神に背き、今までに見たことも、聞いたこともない、板本尊を彫刻した。その上に、大石寺一門と自分の身を粉飾し、飾りたてるために、「日興跡条条事」という偽書と、「日目譲り状」という偽書を作製した。もしこの日有の誑惑(たぶらかし)が、一般世間に広まってしまうようなことになってしまったら、日興門流の僧侶や信者は、無間地獄に堕ちてしまい、将来、悲しむべきことになってしまうだろう。------

 

日浄は死の直前になって「日有は未聞未見の板本尊を彫刻・造立した」「日有は偽作した板本尊が国主が本門の正法に帰依したときの『本門戒壇の本尊』だと言っている」と厳しく非難する文書を書き残した。

開祖日興の時代以来、大石寺と北山本門寺は「刎頸の友」の蜜月関係だったのだが、日有の「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作、日浄の日有非難以来、大石寺と北山本門寺の関係は、決裂し、今日に至るまで敵対関係になっている。

北山本門寺39仁王門

 

北山本門寺6代貫首・日浄が大石寺9世日有を非難する文を載せている「大石寺誑惑顕本書」という文献は、明治維新直前の幕末のころ、北山本門寺33代貫首・日信が著わした著書とされている。

 

続きを読む

創価学会の親は日蓮正宗(13)~日蓮宗合同問題で小笠原慈聞氏を擯斥にした日蓮正宗

日蓮正宗は、辛うじて身延山久遠寺を総本山とする日蓮宗との合同を回避し、単独での宗制の認可を政府から取ったのだったが、問題の推移の中で、日蓮正宗の現役の住職の中から、“神本仏迹論”という日蓮正宗の中でも異端の教義を唱えて日蓮宗との合同を押し進めようとする者が出たことに動揺が走った。

 

その“神本仏迹論”を唱えて日蓮宗との合同を押し進めようとしていた日蓮正宗の僧侶とは、大僧都という、能化(生きながらにして日号を名乗れる高僧)の次席の僧階にあり、かつて宗会議長という日蓮正宗中枢の役職も務めた経験を持っている日蓮正宗小田原教会弘道院主管(住職)の小笠原慈聞氏であった。

小笠原慈聞1


小笠原慈聞氏は、1941(昭和16)3月の僧俗護法会議で、自らの意見が通らないと見るや、日蓮正宗62世鈴木日恭法主に書簡を送り、わざと答えにくい「仏本神迹」に関する質問をした。

つまり鈴木日恭法主が返事の中で、不敬罪に当たるような筆禍を犯させるように仕向ける小笠原慈聞氏の謀略であった。これによって小笠原慈聞氏は、鈴木日恭を法主の座から失脚させ、軍部政府の肝入りで日蓮正宗大石寺法主の座に登座しようと企んでいた。

さらに小笠原慈聞氏は、『世界之日蓮』という名の月刊誌を主宰し、この雑誌を通して日蓮正宗62世鈴木日恭法主、そして小笠原慈聞氏に訓戒し、小笠原慈聞氏と犬猿の仲となっていた隠居法主60世阿部日開に対して、ものすごい攻撃をしかけた。

 

日蓮正宗では、すでに日蓮正宗宗務院教学部長に就任していた日蓮正宗中野教会歓喜寮主管(住職)堀米泰栄氏(後の日蓮正宗大石寺65世法主日淳)が、公の場で法論対決しようとしたが、小笠原慈聞氏のほうが約束の時間に現れず、破約・流会となった。

小笠原慈聞氏は、当時の軍部の高級軍人や政治家などに気脈を通じた者も多く、これらを後ろ楯にしてさまざまな画策をつづけたのだったが、1942(昭和17)914日、日蓮正宗は小笠原慈聞氏を擯斥処分(破門)にし、日蓮正宗の宗外に追放した。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ