アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年08月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(141)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない5

■検証141・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない5

 

□犀角独歩氏ら日精偽作説者が陥っている「歴史的事実の立証方法」に関する誤謬2

 

ということは、犀角独歩氏があたかも「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説の証拠であるかのようにあげている、大石寺御影堂に日蓮正宗大石寺17世法主日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札を掲げたこと、御影堂の厨子にある日蓮御影像の背に大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀ったことは、歴史的な事実ではあるが、ただしそれは、大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した証拠ではないということである。

もし仮に、大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した上で、大石寺御影堂に日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札を掲げ、御影堂の厨子にある日蓮御影像の背に大石寺17世日精が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を祀ったとしよう。

それは、あからさまに大石寺17世日精が自ら「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したことを天下に宣言するようなものである。「戒壇の大本尊」なる板本尊を、日蓮真筆であることを詐称することを前提とした上で偽作した「偽作法主」が、自ら偽作したことを宣言するようなことをするはずがないではないか。

自らが「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立したことを宣言するようなことをしてしまえば、それは「偽作」ではなくなってしまうのである。それは公式に大石寺17世日精が造立した板本尊ということになってしまい、日蓮が造立したことを詐称することができなくなってしまうではないか。

 

□「戒壇の大本尊」を偽作した法主は絶対に自ら偽作・造立を宣言したりはしない

 

つまり「戒壇の大本尊」大石寺17世日精造立説をまとめると、こういうことになる。

大石寺御影堂に大石寺17世日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札を掲げ、御影堂の厨子にある日蓮御影像の背に日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀ったことは史実であることは間違いない。

しかしそれは、大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したという証拠などではないということである。

御影堂4


したがって、犀角独歩氏をはじめとする一部の「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作論者が論じている証拠の立て方そのものが、根本的に誤っていると言わざるをえない。

誤った証拠の立て方から出発している説であるからして、それらの「証拠」と称するものは証拠として成立しておらず、証拠が成立していない「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説そのものが成立していないということである。

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(140)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない4

■検証140・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない4

 

□犀角独歩氏ら日精偽作説者が陥っている「歴史的事実の立証方法」に関する誤謬

---------------------------------------------------------------

(「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説者・犀角独歩氏の妄説)

大石寺御影堂を日精が自筆で「本門戒壇堂」と記していること、そしてこの御影堂の厨子にある日蓮御影像の背に当初置かれたのが戒壇本尊という彫刻板本尊であったことが、日精が「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊を偽作した証拠ではないか。

(GREE「アンチ日蓮正宗」にかつて犀角独歩氏が書いた書き込み)

-----------------------------------------------------------------

犀角独歩氏は、日蓮正宗大石寺17世法主・日精が当初、大石寺御影堂の厨子にある日蓮御影像の背に「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀って、御影堂に大石寺17世日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札を掲げたことが、あたかも「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作の証拠であるかのようなことを書いているが、この犀角独歩氏の説は根本的に誤っていると言わざるを得ない。

 

この犀角独歩氏の説では、大石寺17世日精はあたかも「戒壇の大本尊」なる板本尊を自ら偽作したことを宣言したも同然ということになるが、一体、何処の世界に、ニセモノを偽作して、それを自慢して人に見せびらかす者がいるというのか。

犀角独歩氏の説の誤謬は、検証131で論証した「大石寺9世日有が自分で『戒壇の大本尊』を偽作したならば、これを信徒だけではなく、他人には見せないのは考えにくい」などと言っている洗脳法華講員・龍神ひろしの誤謬と全く同じであり、まことに笑止千万。西山本門寺の一門に入って僧名を名乗る身である犀角独歩氏の説としては、お粗末極まりないものである。

 

「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した大石寺法主は、他に見せびらかすどころか、逆に自ら偽作したことを隠蔽するために、その証拠となるものを極力、隠滅しようとするだろうし、アリバイ工作や偽装工作をする。それは当然のことである。

「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作した法主は、「戒壇の大本尊」なる板本尊が「宗祖日蓮大聖人が御図顕した」と詐称しているわけだから、アリバイ工作や偽装工作をして当たり前だ。間違っても、大石寺17世日精は「戒壇の大本尊」なる板本尊を自らが偽作したことを宣言するかのような証拠を残すはずがない。

そんなことをすれば、忽ちのうちに大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したことが、日蓮正宗大石寺一門にバレてしまい、大石寺17世日精がいくら「日蓮大聖人が弘安二年十月十二日に御図顕された」「日蓮大聖人の出世の本懐の御本尊」「日蓮大聖人の一期の御化導における終窮究竟の極説の御本尊」などと言ったところで、大石寺門流の信者や他門流を欺瞞して信用させることができなくなる。

戒壇本尊1


続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(139)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない3

■検証139・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない3

 

□大石寺17世日精の造仏読誦義が「戒壇の大本尊」日精偽作説の誤りを解明するカギ

 

日蓮正宗大石寺17世法主・日精が京都・要法寺13代貫首・広蔵院日辰流の造仏読誦論者だったことが、犀角独歩氏をはじめとする「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説の誤りを解明する大きなカギになる。具体的に言うと、日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精が、「戒壇の大本尊」なる板本尊を自ら偽作するはずがないのである。

 

それでは、大石寺17世日精自身が書き記した著書「日蓮聖人年譜」の記述を元に、日精が唱えていた広蔵院日辰流の造仏読誦論の中身をもう少し掘り下げて、検証してみたい。

日辰流の造仏読誦論で、ここで取り上げている「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説と直接関係ある箇所とは、三大秘法論、なかんずく本門の本尊論である。

大石寺17世日精が唱えていた広蔵院日辰流の造仏読誦論では、本門の本尊を総体の本尊と別体の本尊に分ける。総体の本尊とは、一幅の大漫荼羅本尊。別体の本尊とは、さらにこれを人本尊と法本尊に分ける。人本尊とは、久遠実成の釈迦如来、一尊(釈迦)四士(上行、無辺行、浄行、安立行の四菩薩)、両尊(釈迦如来と多宝如来)四菩薩とし、法本尊を法華経の題目、南無妙法蓮華経とするものである。

そして総体の本尊である大漫荼羅本尊は、三大秘法建立の時(つまり広宣流布の日)、ないしは経済的に可能である時、本門の本尊造立のための設計図であり、その本門の本尊造立の時までの仮の本尊、ないしは常途の本尊という位置付けにしている。

釈迦如来像を造立するから大漫荼羅本尊を全く排除してしまうというのではなく、大漫荼羅本尊をも総体の本尊として、三大秘法建立の時、ないしは経済的に可能である時、本門の本尊造立のための設計図として、その本門の本尊造立の時までの仮の本尊、ないしは常途の本尊として認めており、要法寺13代貫首・日辰をはじめとする要法寺歴代貫首は、造仏思想を持っている一方で、大漫荼羅本尊をも書写していた。

これと同じように、大石寺17世日精も、大漫荼羅本尊を本門の本尊造立の時までの仮の本尊、ないしは常途の本尊として漫荼羅書写を行い、板本尊の造立を行っていたというわけである。

 

こういう大石寺17世日精の広蔵院日辰流の造仏読誦教学、本尊観の中から、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するという教学的動機、目的が全くない。日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精が、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するはずがないのである。

17世日精1 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(138)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない2

■検証138・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない2

 

□京都・要法寺出身で広蔵院日辰流の造仏読誦論者だった大石寺17世日精

 

日蓮正宗大石寺17世法主・日精という人物は、京都・要法寺出身であり、要法寺13代貫首・広蔵院日辰流の造仏読誦論者だったことは、あまりにも有名である。大石寺17世日精は、造仏読誦論を展開する「随宜論」という著書があり、その中で広蔵院日辰流の造仏読誦論を展開している。その代表的な箇所を挙げると

 

「日代上人の御書に云く、仏像造立の事は本門寺建立の時なり、未だ勅裁無し、国主御帰依の時三ケの大事一度に成就せしめ給ふ可きの由御本意なり。御本尊の図は其の為なり文。此の文実録の内に興師の御義に符合す、然らば富山の立義は造らずして戒壇の勅許を待ちて而して後に三ケの大事一度に成就為す可きなり。若し此の義に依らば日尊の本門寺建立の時に先きんじて仏像を造立して給ふは一箇の相違なり。罪過に属す可しと云はば未だ本門寺建立の時到らず本門寺と号するは又一箇相違なり罪過に属す可きや。此の如きの段今の所論に非らず。願くは後来の学者二義を和会せば造不造は違する所無くして永く謗法を停止して自他共に成仏を期すのみ」

「造仏は即ち一箇の本尊なり、誰か之を作らざる。然るに今に至るまで造仏せざることは聖人の在世に仏像を安置せざるが故なり」

「権教の意に約せば、造仏は悪趣に堕さざるの因、天上に生ずの縁なり。権経猶此の如し、況んや実大乗の法華経は小善悉く成仏す。造像の大善は言論すべからず」

「古より今に至るまで造仏は堕獄の因と称するは誤りの甚だしきなり」

「右の一巻は予法詔寺建立の翌年、仏像を造立す。茲に因つて門徒の真俗疑難を致す故、朦霧を散ぜんが為、廃忘を助けんが為に筆を染むる者なり。

寛永十戌年霜月吉旦  日精在判」(『富士宗学要集』9p68)

17世日精1

 

大石寺17世日精が「随宜論」を書いたのは寛永十年(1633)。大石寺17世日精が大石寺法主に登座したのは前年の1632(寛永9)年だから、この随宜論という書物は、日精が法主登座後に書いた書物である。

さらに大石寺17世日精は著書「日蓮聖人年譜」でも、要法寺日辰流の造仏読誦論を展開。

日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨は自らが編纂した「富士宗学要集」に日精の著書「日蓮聖人年譜」を収録し、日精の造仏読誦論を指摘する頭注を書き記している。

又、大石寺17世日精が江戸の常在寺、常泉寺、法詔寺、会津実成寺などの末寺で造仏を行ったことは史実である。

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(137)~「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない1

■検証137・「戒壇の大本尊」の偽作者は大石寺17世日精ではない1

 

□犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである

 

大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を研究している人の中には、日蓮正宗大石寺17世法主・日精が偽作したという説を唱えている人もいて、その代表格が犀角独歩氏の「戒壇の大本尊・大石寺17世日精偽作説」である。

しかし「大石寺の『戒壇の大本尊』なる板本尊は日蓮正宗大石寺17世法主日精が偽作した」とする「大石寺17世日精偽作説」は全くの誤りであり、誤謬である。

しかしその大石寺17世日精偽作説が誤りであることを論証する前に、日蓮正宗大石寺17世法主日精(16001683)という人物が、いかなる人物であるかについて、触れておかなくてはならない。

 

実は、明治以前までは、日蓮正宗大石寺の「中興の祖・二世」とは大石寺9世日有と、この大石寺17世日精の二人であった。その頃は、現代において「中興の祖二世」に立てられている大石寺26世日寛は、「中興の祖」には入っていなかった。

その後、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の研究により、大石寺26世日寛が「中興の祖二世」にたてられるに及び、大石寺17世日精が「中興の祖」から外されたのである。しかしながら、現今でも大石寺17世日精は、日蓮正宗の僧俗の間では「大石寺の復興の賢上人」とも言われるほど、存在感が大きい法主である。

なお、出生伝説では、父は後陽成天皇、母は近衛前子(中和門院)とされる。

大石寺17世日精の事跡としては、大要、以下のような感じである。

 

1600年(慶長5年)、誕生。

はじめは京都要法寺日瑤の弟子になり、後に富士大石寺に登って大石寺16世日就に従って大石寺の教義を修学し、上総国宮林檀林(僧侶の学校)に入学して修学。上総国宮林檀林とは、今の千葉県大網白里町の日蓮宗寺院・本圀寺である。

1632年(寛永9年)1月、江戸法詔寺において大石寺16世日就より相承を受ける。大石寺大坊に入り、大石寺第17世日精として登座。

1632年(寛永9年)、日興・日目両師300遠忌を奉修。大石寺に御影堂を建立。

1633年(寛永10年)、大石寺18世日盈に大石寺法主の座を付嘱した。

1633年(寛永10年)11月、造仏読誦義を宣揚する「随宜論」を著す。

17世日精1


1635年(寛永12年)106日、日興筆安国論問答を書写す。

1637年(寛永14年)春、日精が大石寺法主に再び登座。敬台院日詔の推挙により、大石寺法主が江戸城の公儀の年賀に乗輿を免許せらる。

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ