アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年10月

■検証204・日蓮の一大秘法は南無妙法蓮華経の題目であり「戒壇の大本尊」ではない   □三大秘法の中心は本尊・戒壇ではなく南無妙法蓮華経の題目である ------------------------------------------------------- (法華講員・黒川和雄の妄説) 大石寺の「本門戒壇の ...

■会合の席で自ら勤行を全くやっていないことを暴露した創価学会女子部員   溝口工務店(仮名)に隣接する溝口個人会館(仮名)では、連日連夜、大勢の創価学会員が詰めかけて、何らかの会合が行われていた。この個人会館の仏間はひときわ広く、満員になると、おそらく100人 ...

□広間・部屋の造りが創価学会の会館の広間とそっくりになっている総一坊・総二坊の広間   日蓮正宗大石寺の広大な境内の、黒門から入った先には、総一坊、総二坊という二つの総坊が建っている。大石寺黒門から清貫洞・三門までの間の境内は「広布の広場」と呼ばれてい ...

□大石寺常唱堂や御影堂、客殿等で長時間唱題行に励む日蓮正宗信者たちの異様な光景   大石寺塔中坊の中には、日蓮正宗大石寺26世法主日寛が建てたと言われている宿坊・石之坊があり、そこの本堂を「常唱堂」という名前で呼ばれている。常唱堂の須弥壇中央に祀られてい ...

■検証203・仏滅後二千二百二十余年の文を「デタラメ」とウソをついた細井日達の詭弁 --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の妄説) 次に安永君は板御本尊(「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊のこと)の下方に仏滅 ...

■日蓮正宗・創価学会の信仰が信者に定着するかどうかの第一関門は結婚である   さて一方の創価学会男子部のほうは、というと、確かに20才台前半くらいで結婚するケースもあることはある。こういうケースというのは、中学・高校卒業後、どこかの会社に就職し、何らかの ...

□下条妙蓮寺客殿の須弥壇に祀られている謎の日蓮曼荼羅模写彫刻の板本尊   下条妙蓮寺客殿に入っていくと、客殿のほうもなかなか古風な造りになっていた。記録によると下条妙蓮寺は江戸時代中頃の1780(安永9)年11月28日に火災で大庫裏、客殿、書院、隠居所、蓮蔵坊、久 ...

□1950年の下条妙蓮寺の日蓮正宗合同・併呑から十年後に行われた帰一入仏式   さて昭和二十年代から三十年代にかけて、富士門流本山が日蓮正宗に合同・併呑されてしまうということが起こっている。 □1946(昭和21)年 讃岐本門寺35代・相馬日鳳貫首の主導で讃岐本門寺 ...

□下条妙蓮寺門流出身の僧侶としては異例の出世をした妙蓮寺住職・漆畑行雄海外部長   下条妙蓮寺とは、静岡県富士宮市下条にある日蓮正宗本山寺院のひとつで、日興・本六僧のひとりである日華が開基した寺院。もともとは大石寺の開基檀那である南条時光の屋敷を寺院に ...

■創価学会男子部ではなく一般男性と結婚するケースが多い創価学会女子部・独身女子   創価学会は、男子部幹部、女子部幹部に「お見合い結婚」の世話をしているが、全ての創価学会独身信者に、普遍的に「お見合い結婚」の面倒を見ているのではない。あくまでも幹部だけ ...

□創価学会折伏大進撃で日蓮正宗に合同した歴史の真実を隠蔽する日向定善寺   創価学会・池田大作が大いなる屈辱を被った有名な寺院・日向定善寺へは、私はJR日向駅からタクシーで向かった。定善寺は、日向市内の小高い山のてっぺんにあり、タクシーで坂道を登って行っ ...

□定善寺の日蓮正宗合同反対運動・大日蓮宗の独立まで発展した日蓮正宗合同紛争   日向定善寺32代・小原日悦貫首が日蓮正宗へ合同を決定しても、定善寺檀家の多くが反対し、なかなかまとまらなかったが、小原日悦貫首が檀家を一軒一軒歩いて廻って説得し、ようやくのこ ...

□創価学会折伏大進撃で日蓮正宗に合同した歴史の真実を隠蔽する日蓮正宗   日向定善寺とは、九州の宮崎県日向市大字財光寺にある日蓮正宗の本山寺院のひとつで、正式な名前は、日知屋山定善寺という。 定善寺は、もともとは大石寺門流ではなく、日郷門流の本山寺院で ...

今年の2月からスタートさせた「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」ですが、10月19日に6万pvを突破しました。 ありがとうございました。 ■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/   ブログとして発足してからは、ヤフー、ライ ...

■極秘裏に男子部・女子部幹部のお見合いを斡旋していた創価学会壮年部・婦人部幹部   創価学会員・下山伸三(仮名)・佐倉安代(仮名)の二人の自由恋愛をボロクソに非難罵倒していた創価学会壮年部・婦人部・男子部幹部だったが、その一方で、創価学会壮年部・婦人部は創 ...

□ただの一日たりともテレビや酒類を手放せず、夜の生活も我慢できない?大石寺登山信者   大石寺周辺には、何軒もの民宿が点在している。これらの民宿は、法華講員か創価学会員が経営している民宿で、1991年の宗創戦争が勃発した後は、元からの法華講員か、創価学会から ...

■検証1・大石寺9世日有以前の大石寺門流に「唯授一人の血脈相承」は存在しない1(歴史的会通)   □「唯授一人血脈相承」がなかったが故に身延離山・日仙日代問答・日道日郷紛争があった   日蓮正宗では盛んに「大石寺の住持には日有上人以前から、大聖人の正統な後継 ...

■自由恋愛ができない日蓮正宗・創価学会の信仰は大衆文化として定着しない   それにしても、創価学会壮年部・婦人部・男子部幹部による下山伸三(仮名)・佐倉安代(仮名)の二人の交際に対する罵倒・誹謗は、部外者の私が聞いていても、あまりに内容がひどいものだった。 ...

□ずいぶん前から日蓮正宗未入信の謗法の供養を受け取ってきた?讃岐本門寺   讃岐本門寺という寺院は、日蓮正宗の本山という寺格を持っている寺院だけあって、境内もなかなか広く、本堂、庫裏、客殿、塔中坊といった堂宇・伽藍も、なかなかの威容を整えていた。 御影堂 ...

□外見上は大石寺とそんなに似ているように見えない讃岐本門寺境内・伽藍・堂宇   讃岐本門寺に言わせると、本来、讃岐本門寺は大石寺の末寺なのだが、江戸時代に、北山本門寺によって無理矢理、不本意ながら北山本門寺の末寺にされてしまった。そういう状態が明治・大 ...

讃岐本門寺という寺院は、四国・香川県三豊市三野町下高瀬にある日蓮正宗の本山格の寺院で、正式な名前は、高栄山本門寺という。 日蓮宗や法華宗系各派では、讃岐本門寺の他に、北山本門寺、西山本門寺、池上本門寺など、「本門寺」という寺院名が複数あり、それぞれ区別 ...

さて、私は何度か大石寺御影堂の御講に行ったことがあるのだが、一度、面白い場面に遭遇したことがあった。 大石寺の御影堂で御講が行われる日、作業服を着た大石寺従業員、とはいっても塔中坊の法華講信者らしいのだが、その人たち数人が、竹ホウキで御影堂前を枯葉や落 ...

大石寺の御影堂では、毎月7日、13日、15日の3回、法主と大石寺塔中坊住職・在勤教師・在勤所化僧が出仕して午前7時から御講が営まれる。この御講は、基本的に誰でも御影堂の中に入って参詣することができる。事前申し込み等も一切ない。 ただし4月7日の日興御講だけは、大 ...

日蓮正宗の信仰活動の根幹を成している根本教義に、「戒壇の大本尊」なる板本尊、彼らの宗祖・日蓮を釈迦牟尼如来よりも上位にある本仏であるとする「日蓮本仏義」と並んで、大石寺法主のみが日蓮・日興・日目からの血脈を相承していると自称している「唯授一人の血脈相承 ...

大石寺内移動の時は、日産プレジデントに乗り、地方に行く時はベンツに乗る阿部日顕。しかも阿部日顕が乗る日産プレジデントは、最高級グレードのロングタイプで、プレジデントもベンツもガラスはすべて防弾ガラスになっている。 こういう自分勝手な贅沢三昧な生活が批判 ...

「アンチ日蓮正宗」でも、ずいぶん前から大石寺法主や末寺住職が、庶民感覚とはおおよそかけ離れた贅沢をしていることを批判してきているが、当の日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主をはじめ、宗務員役僧、末寺住職が高級車に乗っている姿は、いろいろな人に見られているのに ...

日蓮正宗大石寺の西側の大坊裏口から大石寺外周道路にぬける出入り口がある。 ちょうど1992(平成4)年春、右翼団体の街宣が賑やかだったころ、大石寺周辺でいろいろな調査活動をしながら歩いていた私は、ちょうどこの大坊裏口の出入り口が開いている時に、偶然、阿部日顕が ...

■自由恋愛の創価学会員男女を創価学会員が非難中傷して露呈した創価学会の内部矛盾   そもそも、自由意志で恋愛関係になった22才の創価学会員男女を、創価学会の壮年部・婦人部・男子部のベテラン会員、幹部をやっている信者が、よってたかって、袋だたきにしているこ ...

■自由恋愛の男女を非難中傷して醜悪・狭量な人格を暴露した創価学会員   さて創価学会員同士の自由恋愛の関係になった下山伸三(仮名)と佐倉安代(仮名)。そして矢田敏夫(仮名)と北村美枝子(仮名)の二組だが、この二組を非難中傷する急先鋒だったのが、何と溝口達夫(仮名 ...

「アンチ日蓮正宗」の姉妹コミュニティのひとつとして、mixi「創価学会事件簿」というコミュニティがあります。 □創価学会事件簿 http://mixi.jp/view_community.pl?id=268962   このコミュニティは私が管理しているコミュニティなのですが、よく法華講員から参加申 ...

さて、日蓮正宗・創価学会の信者が起こした事件・不祥事は、日蓮正宗や創価学会に責任があるのかどうか、という問題がひとつある。日蓮正宗や創価学会の現役信者は、日蓮正宗・創価学会の信者が起こした事件・不祥事は、日蓮正宗や創価学会に責任はない、と言っている。 ...

1991年の日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」開戦以来、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」が、何と日蓮正宗と創価学会の和合時代からの創価学会員・公明党が引き起こした事件、創価学会本部が引き起こした事件を、あたかも「創価学会員の事件」として取り上げ、創価学会の信者切り ...

■検証202・「戒壇大本尊」写真を複写して日蓮宗が製作した偽作本尊など全く聞いたことがない --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説) 熊田葦城氏の『日蓮上人』の初版に(「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊 ...

■創価学会員から誹謗中傷されていた自由恋愛の創価学会員男女   さて福寿荘(仮名)のほうにも、変化があった。 福寿荘一階に住み、T大学「東洋哲学研究会」委員長だった下山伸三(仮名)が、とつぜん、福寿荘を退去。かわってその後には、埼玉県上尾市出身のガチ創価学会 ...

「アンチ日蓮正宗」には、設立以来、今までいろいろな方々から、強引・執拗な勧誘などの宗教被害に関する御相談等をいただきました。 今まで寄せられた御相談の大まかな内容としては □入信勧誘が強引・執拗で困っている □勧誘を断り切れずに不本意ながら入信してしま ...

私、hideこと「アンチ日蓮正宗」管理人は、mixi、GREE、およびライブドアブログ「アンチ日蓮正宗」にて、「日蓮正宗」系団体のニセ板本尊、ニセ曼荼羅、ニセ文書、ニセ教義、ニセ墓、ニセ肉牙等の問題を追及してきておりますが、ここのところ、あっちこっちの日蓮正宗系、 ...

■検証201・日蓮正宗のカネ集めは「御賽銭稼ぎ」よりも数億倍も悪質なものだ --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達の妄説) 大石寺ではヒタ隠しにしているというが、此れは理屈にもならない議論で、大石寺に於い ...

□K市の総人口数を上回っていた公明党市議会議員候補のF取り総数   さて1983(昭和58)年は4月に統一地方選挙、7月に参議院議員選挙、そして12月には田中角栄判決解散による衆議院総選挙があった年。しかし創価学会員の選挙戦は実質的に1983(昭和58)年初頭からスタートし ...

□創価学会員経営の工務店事務所を裏選対事務所として占拠していた創価学会員   さて、当初、事務員のバイトということで入った溝口工務店(仮名)だったが、実際は事務ではなく、毎日、現場にかり出されての雑用係のバイト。 そして1983(昭和58)年の統一地方選挙が間じ ...

□山崎正友氏の創価学会批判活動は総合的に見て功績のほうが大きい   昭和50年代後半から平成10年ころまで、創価学会批判活動に活躍した山崎正友氏という人物がいる。創価学会は、山崎正友氏から批判される一方であったので、山崎正友氏への評価はボロクソであるが、創 ...

今年の2月からスタートさせた「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」ですが、9月26日に、スタートから7ヶ月で5万pvを突破しました。 ありがとうございました。 ■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/   ブログは今年の2月に ...

■検証200・日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の「戒壇の大本尊」信者に勧告する   □宗教詐欺である日蓮正宗大石寺・大石寺の「戒壇の大本尊」信仰と永久に決別すべきだ   大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が、日蓮が造立した本尊ではなく、日蓮正宗大石寺9世 ...

■検証199・日蓮正宗は数百年の永きにわたって、善良な人々の心を弄び、騙し、国民を欺瞞してきた重大な責任をとれ   □日蓮正宗による「戒壇の大本尊」偽作の欺瞞は世界宗教史上最悪の宗教詐欺である   日蓮正宗・創価学会・SGI・顕正会・正信会…に、関わりを持っ ...

■検証198・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」が日蓮正宗の教義・金集めの根本   □日蓮正宗とは大石寺9世法主・日有が実質的な宗祖・開祖の「日有宗」だ   日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊は約500年以上にわたって大石寺宝蔵 ...

■検証197・大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」は今日に現存している   □かつて御影堂で行われた御開扉に登場した「戒壇の大本尊」はレプリカ本尊の可能性が高い   さて日蓮正宗大石寺9世法主日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊と大石寺は、その後、ど ...

■他人の固定電話で電話を掛けまくり料金請求を全て踏み倒していた創価学会員   私は、大学三年生の終了までに、卒業に必要な履修単位を全て取得。大学四年の履修科目は、四年生でないと取得できない、ゼミと卒論のみ。卒論は秋に論文としてゼミの教授に提出するものな ...

最近、特に1991年の日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」開戦以来、日蓮正宗謀略機関紙「慧妙」が、何と日蓮正宗と創価学会の和合時代からの創価学会員・公明党が引き起こした事件、創価学会本部、あるいは妙信講(顕正会)が引き起こした事件を、あたかも「創価学会員の事件」 ...

↑このページのトップヘ