アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年10月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(204)~日蓮の一大秘法は南無妙法蓮華経の題目であり「戒壇の大本尊」ではない

■検証204・日蓮の一大秘法は南無妙法蓮華経の題目であり「戒壇の大本尊」ではない

 

□三大秘法の中心は本尊・戒壇ではなく南無妙法蓮華経の題目である

-------------------------------------------------------

(法華講員・黒川和雄の妄説)

大石寺の「本門戒壇の大御本尊」がニセ本尊ならば、日蓮大聖人の一大秘法はどうなるのか。「本門戒壇の大御本尊」が一大秘法でないとすれば、何が一大秘法なのか。

(黒川和雄のmixi日記より)

---------------------------------------------------------

一大秘法という言葉そのものが、日蓮正宗や創価学会、顕正会が好む言葉なので、好きではないのだが、これが日蓮が説き明かした終窮究竟の極説という意味ならば、それは「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の七文字であり、これを口唱することに尽きる。

日蓮は、数多く残した遺文(御書)の中で、「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の七文字を口に唱えることによって、有智・無智、上根・中根・下根、貴賤道俗の隔てなく、一切衆生が成仏すると説いている。これが日蓮の仏法であり、日蓮が説き明かした一切衆生皆成仏道の仏法である。つまり、「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の七文字こそが、日蓮仏法の極説であり、これが一大秘法である。

よって日蓮宗等では、「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の七文字を玄題と呼んでいる。玄題とは、奥深い題目の意。幽玄な原理を説いた経典のことで、日蓮宗でいう妙法蓮華経の五字または南無を加えた「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の七字をさす。 ...

 

そもそも当該の法華講員のように、「戒壇の大本尊がニセモノならば、何が゜一大秘法なのか」という質問は、日蓮の三大秘法を誤って認識していることから発生しているものと考えられる。

日蓮が説く三大秘法の中心は、終窮究竟の極説・玄題たる「南無妙法蓮華経」(なむみょうほうれんげきょう)の題目である。

ところが日蓮正宗では

「いくら題目を唱えても、日蓮正宗大石寺の御法主上人猊下の御本尊を拝んで唱える題目でなければ功徳はない」

「いくら御本尊様を受持しても、『事の戒壇』である大石寺の『本門戒壇の大御本尊』に参詣しなければ成仏できない」

などと、題目よりも本尊、本尊よりも戒壇が三大秘法の中心であるかのように説いているが、これは大石寺9世日有が偽作した教義である。こういう教義は、日蓮は全く説いておらず、日蓮とは全く無関係の教義である。

日蓮1


続きを読む

隣の学会員・法華講員(67)~会合の席で自ら勤行を全くやっていないことを暴露した創価学会女子部員

■会合の席で自ら勤行を全くやっていないことを暴露した創価学会女子部員

 

溝口工務店(仮名)に隣接する溝口個人会館(仮名)では、連日連夜、大勢の創価学会員が詰めかけて、何らかの会合が行われていた。この個人会館の仏間はひときわ広く、満員になると、おそらく100人以上は入ったのではないかと思われる。

1983(昭和58)2月ころから、統一地方選挙の選挙戦がヒートアップしてくると、大広間では、個人会館にも入りきれないほどの大勢の創価学会員がすし詰め状態になっていた。なので、個人会館の玄関はとても広く、くつ箱(ゲタ箱)がそれこそ数段・数列にも造られていた。

私は溝口工務店(仮名)の仕事の帰り、ホコリまみれになって現場から帰り、工務店・社長宅の風呂に入る。風呂上がりの頃、ぞくぞくと個人会館に創価学会員がやってくる。会合は夜830分ころに終わって、一般の創価学会員は帰宅するが、幹部が個人会館に居残って、何事か話しをしている。個人会館には、大広間以外にも、いく部屋も別室があり、その別室の中で、何やら相談をしていた。

さらに準備がいいことに、個人会館の大広間には、会合用の演壇、マイク、スピーカーまでセットされていたので、まさに本格的。選挙の投票日が近づいてくるにつれ、個人会館での創価学会会合にも、公明党議員、公明党候補者が顔を出す。私は、創価学会の会合に、公明党議員・候補者が出てきて、頭を下げている光景を何度も目撃している。

創価学会の会合の名目は「○○本部総決起大会」とか「○○ゾーン()総決起大会」とか、そういう名目だったと思う。会合の名目や式次第等にも、公明党議員が出席するとは一切書いていないし、公明党の文字もどこにもない。会合が盛り上がってきたころに、途中から飛び入りで参加するように、公明党議員が会合に入ってきて、創価学会員の前であいさつをする。

総決起大会というのは、はっきり言って、公明党議員支援大会のようなものである。

 

総決起大会のボルテージを上げるためなのか、演壇には壮年部、婦人部、男子部、女子部、学生部、未来部など、いろんな部の代表者が出てきて、いろいろ喋っていた。私は、溝口工務店(仮名)の空き部屋からこの様子を見ていたが、私が印象に残ったのは、次から次へと登壇者が出てきて喋る中、女子部の登壇者が出た時。

こういう大きな会合で、登壇して喋るのは、一般会員ではなく、幹部だと聞いていたので、この女子部登壇者も、創価学会幹部の一人だと思われる。

たしか、この時のテーマは「日々、自分を盛り上げていくためには、どうしているのか」ということを壇上で喋る、というような内容だったと記憶している。

この時は、次から次へと登壇して、いろんなことを喋り、総決起大会の場がかなり盛り上がった勢いもあったと思うが、登壇した女子部がこんなことを言ったのである。

「私は、日々自分を盛り上げていくためには、朝ぎりぎりまで寝ていて、5分でお化粧して、5分で着替えて、会社に出勤して行っています」

創価学会本部1

 

続きを読む

創価学会会館そっくりの総坊で行われている創価学会そっくりの法華講指導会・座談会

□広間・部屋の造りが創価学会の会館の広間とそっくりになっている総一坊・総二坊の広間

 

日蓮正宗大石寺の広大な境内の、黒門から入った先には、総一坊、総二坊という二つの総坊が建っている。大石寺黒門から清貫洞・三門までの間の境内は「広布の広場」と呼ばれていて、総一坊、総二坊、法華講事務所(旧登山センター)、常来坊、常灯坊といった堂宇が立ち並んでいる。

こりあたりは、1950年代以降の創価学会折伏大進撃による日蓮正宗信徒激増期に整備された所で、もともとは正本堂建立慶祝六百万総登山会の準備態勢として、1966(昭和41)7月に一之坊、三之坊が完成。1967(昭和42)10月に二之坊、四之坊が完成。1971(昭和46)12月に五之坊が完成。かつてはここに一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊という五つの鉄筋コンクリート造りの坊が建っていた。

これが日蓮正宗大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)年の「大石寺開創七百年」記念事業として一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊は全て取り壊され、総一坊、総二坊が建てられた。あの当時は宗創戦争前の日蓮正宗・創価学会の宗創和合時代のことで、総一坊、総二坊も創価学会の寄進によって建てられた総坊である。

日蓮正宗では、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、創価学会の寄進・供養によって建てられた堂宇である大客殿、正本堂、総門、常来坊、常灯坊、常来坊等を取り壊し、新しい堂宇に建て替えているが、総一坊、総二坊は、今でも創価学会が寄進・供養した堂宇のままである。

 

総一坊も総二坊も、一階、二階にいくつもの部屋や広間、大広間があり、それそれの広間、部屋に板曼荼羅本尊が祀られている。当初、これらの板曼荼羅本尊の脇書には、「願主 法華講総講頭 池田大作」の文字が入っていた。

その総一坊、総二坊の広間・部屋の造りだが、これが創価学会の会館の広間の造りにそっくり。全く瓜二つなのである。

総一坊、総二坊の外観は、そんなにそっくりでもないが、総一坊、総二坊の中に入り、仏間の仕切り、襖の戸、室内の造りは、全く創価学会の会館そのものといった感じ。というか、創価学会の会館をそっくりそのまま大石寺に移築したのではないかとすら思えたくらいである。

もっとも、総一坊、総二坊も創価学会の寄進・供養で建てられたのだから、創価学会の会館そっくりの造りになっていて当たり前と言えば、当たり前なのかもしれないが。

 

法華講連合会の月例登山会があった時、総一坊、総二坊の大広間で指導会、座談会が行われていた。総登山会や夏季講習会登山では、登山信者が休息する休息坊。ないしは宿坊になることもある。

大石寺総一坊2 

続きを読む

日蓮正宗信者の1日2時間・3時間もの長時間の「唱題行」は大いなる時間の浪費である

□大石寺常唱堂や御影堂、客殿等で長時間唱題行に励む日蓮正宗信者たちの異様な光景

 

大石寺塔中坊の中には、日蓮正宗大石寺26世法主日寛が建てたと言われている宿坊・石之坊があり、そこの本堂を「常唱堂」という名前で呼ばれている。常唱堂の須弥壇中央に祀られている板本尊は、私の記憶ではたしか大石寺26日寛が書写した板本尊であった。

元々は、常唱堂と石之坊は別々の堂宇だったようなのだが、大正14年(1925年)106日、大石寺58世土屋日柱により大石寺常唱堂を石之坊に移転し、改築落成式並びに日寛上人第200遠忌が行われている。つまり土屋日柱法主以前は、常唱堂と石之坊は別々の場所にあった、ということである。

石之坊は、江戸時代には、法主を隠退した隠居法主が住む隠居坊としての役割もあったようである。28世法主日詳、29世法主日東、30世法主日忠、33世法主日元、40世法主日任、46世法主日調が、いずれも法主隠退後に住む隠居坊として、石之坊に住んでいる。

今は石之坊にも法華講支部がある。ここはインターネットで暴れまくり、法論で敗北を繰り返している「龍神ひろし」や「大木道惠」や「犀角独歩」らと交流がある「つるまる」が所属している支部で有名。日蓮正宗の元信者で、一時、「大木道惠」や「犀角独歩」らの富士門流執着軍団に名を連ねていた木下某氏も、かつてここの支部に所属していたという。

 

常唱堂という名前の由来は、常に「南無妙法蓮華経」の題目を唱える堂という意味らしい。開門時間の間は、いつも数人から十数人の信者が、常唱堂で唱題をしている。

その光景は、東京の日蓮正宗寺院・常在寺や法道院の本堂で見かけた光景と同じである。

参詣信者の数は、宗創和合時代では創価学会、法華講の団体登山会と重なった日は、宗創戦争勃発後は、法華講の団体登山会と重なった日は、登山信者の数に比例して増えるようである。

ただ常唱堂という名前からして、あたかもここだけが常に信者が参詣できる堂宇と思われているようだが、御影堂、客殿(大客殿)、六壺にも、開門時間内には、堂宇の中に入って唱題をしている信者がいたので、何も常唱堂に限ったことではない。

 

それにしても日蓮正宗や創価学会の信者は、どうしてこんなにも「南無妙法蓮華経」を唱えることに熱心になろうとするのか?

私に言わせると、11時間~2時間といったふうに、長時間の唱題を毎日つづける生活を送ること自体が異常である。創価学会も法華講も顕正会も正信会も、この異常な唱題をする生活をしていることは、どこも同じである。

常唱堂2 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(203)~「一宗をかけての邪正の議論」を行わないことを前提に詭弁を弄する細井日達

■検証203・仏滅後二千二百二十余年の文を「デタラメ」とウソをついた細井日達の詭弁

---------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の妄説)

次に安永君は板御本尊(「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊のこと)の下方に仏滅後二千二百二十余年未曾有大漫荼羅の御文が入れてあると言うが、よくも斯様な出鱈目(でたらめ)が言えたものと唯あきれかえるばかりである。一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずるから根もないことを誠しやかに論ずることになる。

ここには御本尊の御文はかくかくだということは言わぬ。それは何の利益もないからである。一宗をかけての邪正の議論決定の時であるならば、明細に教えるのは意義がある。その時までは言わないことにする。

(細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」p1112)

----------------------------------------------------------

□「一宗をかけての邪正の議論」など行わないことを前提にして詭弁を弄している細井日達

 

細井日達は、「その時までは言わないことにする」などと、さももったいぶった言い方をしているが、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の座配は、日蓮正宗が明らかにしなくとも、とっくに判明していることである。

それは日蓮本宗要法寺の僧侶・柳沢宏道氏が、明治44年出版の熊田葦城氏の『日蓮上人』、大正4年出版の荒木清勇氏の『聖教乃正義』に掲載された「戒壇の大本尊」なる板本尊の写真を、マイクロ写真で「A0版」(1枚くらいの大きさ)まで拡大して、「戒壇の大本尊」なる板本尊の座配図を読み取り、その研究結果を著書「石山本尊の研究」(平成9年刊行)の中で発表している。

その柳沢宏道氏の研究によれば、「戒壇の大本尊」なる板本尊の向かって右側の日蓮花押と大広目天王の間に「仏滅後二千二百二十余年之間一閻浮提之内未曾有大漫荼羅也」の文字が入っていることが判明している。

したがってこれにより、「『戒壇の大本尊』なる板本尊の下方に仏滅後二千二百二十余年未曾有大漫荼羅の御文が入れてある」という安永弁哲氏の指摘は正しかったことになる。

ということは、安永弁哲氏の指摘に対して「よくも斯様な出鱈目(でたらめ)が言えたものと唯あきれかえるばかりである。一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずるから根もないことを誠しやかに論ずることになる」等々と反論した細井日達は、ここでも大ウソをついたわけである。

細井日達は「一度も拝せずして世上の余太議論の書を半囓りして論ずる」などと批判しているが、これは、「戒壇の大本尊」真偽の議論からただ逃げようとしているだけの話である。

しかも細井日達は「一宗をかけての邪正の議論決定の時であるならば、明細に教えるのは意義がある」などと言っているに至っては、この細井日達という人物のウソつきぶりには、ほとほとあきれ果ててしまう。

66世日達1


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ