アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年11月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(242)~大正4年11月・由井一乗氏の出版本「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真

■検証242・大正411月・由井一乗氏の出版本「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真

 

□インターネットや美濃周人本の「戒壇の大本尊」写真は由井一乗本写真のトリミング・引き伸ばし

 

熊田葦城氏に「戒壇の大本尊」の写真を提供した由井一乗氏は、自ら大正4(1915)11月に本名・由井幸吉の名前で「日蓮大聖人」という本を出版していて、その中に戒壇の大本尊」の写真を載せているのである。

由井本・大正4年日蓮大聖人表紙1





 

歴史上はじめて「戒壇の大本尊」の写真を載せた熊田葦城氏が著書「日蓮上人」を出版した明治44(1911)11月から数えて、ちょうど4年後になる。

この「日蓮大聖人」という本の中表紙を開くと、当時の日蓮正宗大石寺大学頭・日柱による「立正安国」と書いた揮毫が載っている。


由井本・大正4年日蓮大聖人揮毫1


 

大学頭とは、次期法主に内定している人物のこと。日柱とは後に大石寺58世法主として登座する土屋日柱で、この人は法主に登座してからわずか2年後に、日蓮正宗宗会・評議員会から不信任を突きつけられて、その後の管長候補者選挙でも落選し、法主から退かざるを得なくなった大石寺クーデター事件で、あまりにも有名な人物である。

つまり大石寺大学頭の揮毫が載っている由井幸吉の著書「日蓮大聖人」は、由井が勝手に出版したのではなく、この本も大石寺公認のもとに出版された本であるということに他ならない。

その大正411月出版・由井幸吉「日蓮大聖人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真がこれである。

戒壇大本尊2大正4年由井本2 


この写真も、大石寺宝蔵ではなく、御影堂で行われていた「戒壇の大本尊」御開扉の写真である。

明治44(1911)Iに熊田葦城氏が刊行した「日蓮上人」に載っている「戒壇の大本尊」の写真が、右斜め前方から撮影された写真であるのに対して、この写真は、ほぼ真正面から「戒壇の大本尊」を撮影したものである。

大正411月・由井幸吉「日蓮大聖人」という本は、所蔵している国立国会図書館でマイクロフィルム化されていて、「戒壇の大本尊」が映り込んでいる箇所が黒ずんで見える。

この由井幸吉「日蓮大聖人」の「戒壇の大本尊」が映り込んでいる箇所を拡大した写真がこれである。

戒壇大本尊3


 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(241)~熊田葦城氏に「戒壇の大本尊」の写真を寄贈した日蓮正宗大講頭・由井一乗氏

■検証241・熊田葦城氏に「戒壇の大本尊」の写真を寄贈した日蓮正宗大講頭・由井一乗氏

 

□熊田葦城本の「戒壇の大本尊」御開扉写真とよく似た御開扉写真が載っている由井一乗氏の本

 

熊田葦城氏は、明治44年刊行の著書「日蓮上人」の中で、「戒壇の大本尊」の写真を入手した経緯について

「これ日蓮上人より日興上人に伝えられたる本門戒壇の大本尊なり。丈四尺六寸余、幅二尺一寸余の楠材にして日蓮上人の真筆に係り日法上人之を彫刻す。今、冨士大石寺に宝蔵す。由井一乗居士、特に寄贈せらる」(日蓮上人p375)

と書いていて、自身の折伏親である由井一乗氏から寄贈されたとしている。

由井一乗とは雅号であって、本名は由井幸吉という。

由井一乗という人物は、大正元年(1912)10月、東京独一本門講が出版した『総本山大石寺真景』という写真集に、日蓮正宗大講頭の肩書で叙言を書いている。よって熊田葦城氏に「戒壇の大本尊」の写真を渡した当時、すでに由井一乗氏は日蓮正宗大講頭の地位にあったと考えられる。

さらに由井一乗氏は、昭和4(1929)513日、日蓮正宗大石寺60世阿部日開法主より日蓮正宗法華講総講頭に任命されている。そのとき、阿部日開より由井一乗に「賞与大漫荼羅」(賞与本尊)と賞状が与えられた。阿部日開自筆の賞状には、由井を称えて、

「多年爲法外護ノ勳功ニ依リ大漫荼羅ヲ賞與シ之ヲ表彰ス、昭和四年五月十三日 總本山日開在判」

とある。つまり、こういう日蓮正宗の中で枢要な地位にある人物が、熊田葦城氏に渡した「戒壇の大本尊」なる板本尊の写真とは、隠し撮りや盗撮によって撮影されたものではなく、日蓮正宗大石寺の正式許可のもとに撮影され、熊田葦城氏の著書「日蓮上人」に掲載されたということである。

1911(明治44)年当時の写真技術からして、御影堂の「御開扉」のときに、「戒壇の大本尊」なる板本尊を隠し撮りないしは盗撮するなどということは、絶対に不可能であると同時に、いくら大講頭や総講頭の地位にある人物といえども、由井一乗が勝手に大石寺御影堂の中に入って「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉の時に、堂々と御影堂に写真機(今で言うカメラ)を構えて、撮影するなどということも不可能である、ということである。

この「戒壇の大本尊」なる板本尊の写真撮影と熊田葦城氏の著書「日蓮上人」への掲載が、日蓮正宗大石寺の正式許可のもとに行われたことは、日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達が著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の中で認めているところである。

 

さて由井一乗が日蓮正宗大講頭の肩書で叙言を書いている大正元年(1912)10月、東京独一本門講が出版した『総本山大石寺真景』という写真集に、

「御堂の寶殿・戒壇の大御本尊御開扉の霊況」

と題する写真が載っている。

御堂御開扉3大石寺真景 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」が8万pvを突破

今年の2月からスタートさせた「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」ですが、1120日に8pvを突破しました。

ありがとうございました。

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

 

ブログとして発足してからは、ヤフー、ライブドア、グーグル、アットサーチ等の検索エンジンにヒットしていますので、これが大きいと思います。

Twitter(ツイッター)に、「アンチ日蓮正宗」公式アカウントである「アンチ日蓮正宗オフィシャルツイート」を設立しましたが、こちらの効果はまだ、未知数です。

今のところ、「アンチ日蓮正宗オフィシャルツイート」設立以降、「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」のアクセス数が伸びたかどうかは、何とも言えません。

 

おかげさまで「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」の設立から9ヶ月で8pvを超えることが出来ましたが、気がついたら30509pvの「日蓮法華の掲示板」、6286pvの「富士門ネット」を、いつのまにやら、追い越していました。

 

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

アンチ日蓮正宗1 

隣の学会員・法華講員(77)~創価学会員の融資、就職、結婚、市営住宅入居等の世話焼きをしていた公明党議員

■創価学会員の融資、就職、結婚、市営住宅入居等の世話焼きをしていた公明党議員

 

1983(昭和58)の統一地方選挙の選挙期間中、「裏選対」だった溝口工務店(仮名)事務所に、公明党K市議会議員候補・中原浩司(仮名)が何度も現れ、溝口達夫(仮名)本部長と中原浩司(仮名)議員まの関係、創価学会と公明党の関係について、まざまざと見せつけられる体験をした。

溝口達夫(仮名)は創価学会地域組織の本部長で、創価学会員からさまざまな相談事を受け付けている。それらの中で、自分たち創価学会の中で解決できないものは、公明党市会議員・中原浩司(仮名)のみとに持って行く。それで、どんな内容の相談を議員に持って行っていたのか。

まずは借金の問題。1983(昭和58)当時といえば、高金利、過剰融資、苛酷な取り立ての「サラ金三悪」で有名だった第1次サラ金ブームの時代。高金利といっても今の年利18%どころではなく、日歩30銭・年利109%が合法だった時代のこと。

それで某創価学会員Aの場合は、あっちこっちのサラ金から借金を重ねて首が回らなくなり、新しい融資先を世話して欲しいという相談。こんな話しを溝口達夫(仮名)本部長が中原浩司(仮名)議員に取り次いでいる。中原浩司(仮名)のほうは、県や市で一般市民の小口融資部門があるから、とりあってみるとの返答。

別の創価学会員Bの場合は、多額の借金で首が回らなくなったため、一箇所に借金をまとめたいとの相談。これも中原浩司(仮名)は○○公庫で、できるかどうか、かけあってみるとの返答。

ところが中原浩司(仮名)云く「こういうのは税金でやっているもんだからねー」という。つまり議員がかけあっても、うまくいくかどうかわからないという言い訳に聞こえなくもない。

 

さて創価学会員Cの相談は、息子のお見合い結婚の相談。すでに年配になった親御さんが、40代になった息子のお嫁さんを探しているということだが、親御さんの希望は、20代の若い創価学会女子部がいいとのこと。

40代の独身男性と20代の独身女性のお見合いなんて、世間でもほぼ不可能に近いのでは。ましてや独身女性が独身男性の約半分しかおらず、男性のほうが活動に不熱心では、お見合いが実現する可能性は乏しい。中原浩司(仮名)云く「これは、むずかしいよなあ」。

ところが、こういうお見合い結婚の陳情は、かなりたくさんあるらしく、「こういうのは、なるべく受けないでくれ」と言っている中原浩司(仮名)

溝口達夫(仮名)本部長の長男が経営している喫茶店・コンパウンド(仮名)で行われていた創価学会員のお見合いでも、独身男子も独身女子も幹部ばかりである。しかも

□親の信仰歴が20年、30年クラスの創価学会員であること

□お見合いする独身男女のほうは、子どもの頃から創価学会組織について活動していて、男子部・女子部の幹部であること

男子部のほうは35才すぎから40才くらい。女子部のほうは30才台。

創価学会本部1 

続きを読む

大石寺52世鈴木日霑と北山本門寺34代玉野日志の霑志問答に出てくる御穴調査4

□霑志問答に出てくる御穴伝説・人穴の調査4

 

私は、車で人穴から富士宮市役所に行き、市役所の駐車場にすべり込んで車を停め、市庁舎の中に入っていきました。

入っていったのはいいのですが、さて、どの係の、誰に聞いたらいいのかさっぱりわからない。そこで、まずは玄関先にあった市庁舎の総合案内に行き、係の女性に事情を説明。

「実は、私は、人穴の調査で東京から来たのですが、実際に人穴に行ってみたところ、狭い穴らしきものはありましたが、中には入れませんでした。人穴の入り口には、富士宮市の看板が立てられていて、源頼家の富士の巻狩や富士講の千日行について、簡単に触れられていただけでした。

富士宮市の看板が立てられていたので、富士宮市の係の人に、人穴の詳しい話を聞きたいのですが…」

 

こう話すと、総合案内の女性から「少々お待ち下さい」と言われ、富士宮市役所玄関の片隅にあった椅子に座らされ、延々と2030分くらい、待たされました。

「いつまで待たされるんだろうか」と待ちくたびれはじめてきたところ、そこに何と富士宮市教育委員会に勤務する男性2名が現れ、この二人に、いろいろと話を聞くことができた。

富士宮市教育委員会に勤務する二人の男性の説明は、概略、以下のようなものでした。

「人穴とは、江戸時代に冨士信仰の修行の場になった聖地で、1558(永禄1)年ころ、富士講の開祖・長谷川角行がここに来て修行をした」

「人穴の洞窟の中には、その時代にできたとされる石仏が祀られている」

 

私も二人の男性にいろいろと質問をし、二人の男性も私の質問に対して、かなり懇切丁寧に回答してくれましたが、人穴とは、あくまでも富士講の修行の場であった、というもので、日蓮正宗大石寺の御穴伝説なるものとは、全くの無関係である、というのが結論。

富士宮市教育委員会では、富士講の関連史跡であるとして、人穴を「史跡人穴」と呼んでいるということである。

 

そうすると日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が「冨士日興上人詳伝」で書いているように、御穴伝説そのものが、デタラメ極まりない伝説だった、ということになります。堀日亨の師匠で、堀日亨より先代の大石寺52世法主鈴木日霑は、霑志問答で、「御穴は明治時代まであった」などと述べているが、その信憑性は極めて低いと言える。

まあ、大石寺の伝説なるものの正体とは、所詮、そんなものなのかもしれませんが。

 人穴3

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ