アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2012年12月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(5)~朝廷・天皇から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

■検証5・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない3

 

□天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

 

日蓮正宗では、「1281(弘安4)12月に日目上人が日興上人の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上した」などと言っているが、時の天皇が日興や日目の申状を受け取るはずがない。

それはなぜか。それは日興も日目も、天皇が正式に勅許した戒壇、すなわち伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺のいずれでも授戒・度牒した経験がなく、天皇・朝廷や京都・奈良の仏教界から見て、正式に認められた官僧ではないからである。

そもそも「戒壇」とは、戒律を授ける(授戒)ための場所を指すのであるが、「戒壇」で授戒を受けることで出家者が正式な僧侶・尼として認められることになる。すなわち官僧である。

日本に仏教が伝わった当時の戒律は、不完全なもので、当時、出家僧侶は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない私度僧が多くいた。

又、出家僧侶といえど修行もせず堕落した僧が多かった。そのため、唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えられ、東大寺に戒壇が築かれて授戒し、この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。

東大寺というのは、奈良市にある華厳宗大本山の寺。奈良時代(8世紀)に聖武天皇が国力を尽くして建立した寺である。「奈良の大仏」として知られる盧舎那仏を本尊とし、世界最大級の木造建築である大仏殿が有名な、あの東大寺である。

鑑真は754年、東大寺に戒壇を築き、同年4月に聖武天皇をはじめ430人に授戒を行なった。これが最初の戒壇である。その後、東大寺に戒壇院を建立し、筑紫の大宰府の観世音寺、下野国(現在の栃木県)の薬師寺に戒壇を築いた。これ以降、僧になるためには、いずれかの戒壇で授戒して戒牒を受けることが必須となり、国(国分寺)が僧を管理することになった。

すなわち、この当時の僧侶、国が管理する戒壇で授戒・戒牒を受けた僧侶の地位とは、国家資格であり、国家公認の僧、すなわち官僧である。

大和国の東大寺、法華寺は総国分寺、総国分尼寺とされ、全国の国分寺、国分尼寺の総本山と位置づけられたが、822年、伝教大師最澄の死後、比叡山延暦寺に戒壇の勅許が下され、大乗戒壇が建立された。

当時は、中国の仏教界は比叡山延暦寺の大乗戒壇を、戒壇としては認めておらず、ここで受戒した僧は、中国では僧侶として認められなかった。また、官立寺院(官寺)ではない比叡山延暦寺に戒壇設置を認められたことに東大寺をはじめとする南都(奈良)の寺院の反発を招いた。東大寺は、大石寺9世日有が在世の時代でも、日本三大戒壇のひとつであり、総国分寺であった。

東大寺28大仏殿 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(30)~七万五千総会の経費は特別供養から出すのだから御開扉供養は丸儲けだ2

■論破30・七万五千総会の経費は特別供養から出すのだから御開扉供養は丸儲けだ2

 

□御開扉供養丸儲けの実態を隠そうとして失敗した洗脳法華講員・龍神ひろし2

 

そうはいっても、この龍神ひろしのことだから、「経費の詳細を出せ」とか何とか言うであろう。そこで、せっかくだから経費の計算をしてみたい。国賊せまし(仮名)

「使用パイプ椅子52271脚、野外大型モニター20式設置、(ステージ上は14.5m×8m)

かち割氷500g×80000袋(40t)、仮設テント数28張、仮設トイレ558台。弁当代・記念品・警備員・任務者の弁当代」

と書いているので、レンタル価格等は世間の相場に依って算出してみる。こんな概算は、領収書など見ずとも、世間の相場で算出できるのである。

 

使用パイプ椅子52271脚×630(1日レンタル)=約330万円

仮設テント数28張×2万円(1日レンタル)56万円

野外大型モニター20式×250万円(1日レンタル)5000万円

かち割氷500g(300)×80000袋=2400万円

仮設トイレ558台×9000(1日レンタル)=約500万円

役員の弁当代 1000人×500円×3食=150万円

 

これらを合計しても、8500万円にしかならない。これは90億円の特別供養の中の、何と1%にも満たないのである。

週刊誌に渉外部主任が独白した記事によれば、大阪市、北九州市、札幌市、さいたま市の決起大会に5億円を支出したと言うが、これは会場のレンタル代金だけで数億円が取られることが大きいと思われる。

しかし七万五千総会は、会場をレンタルしたのではなく、大石寺で行った行事だから、会場レンタル代金は、タダである。

したがって、90億円の特別供養の中の1%にも満たない経費を七万五千総会に支出したとしても、日蓮正宗にとっては、まさに15600万円の御開扉供養の他、大石寺内事部や総一坊受付で信者が差し出していく供養金は、全く丸儲けである。

日蓮正宗にとって、8500万円の支出など、痛くもかゆくもないだろう。

仮に15600万円の御開扉供養の中から、これらの支出したとしても、55%しか占めない。あとの7100万円は丸儲けではないか。

しかし七万五千総会の経費を、当日の御開扉供養金から支出するということはあり得ない。経費の出所は、「立正安国論750年」特別供養で日蓮正宗が集めた90億円である。

金正日3 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

 

龍神ひろしを斬る(29)~七万五千総会の経費は特別供養から出すのだから御開扉供養は丸儲けだ

■論破29・七万五千総会の経費は特別供養から出すのだから御開扉供養は丸儲けだ

 

□御開扉供養丸儲けの実態を隠そうとして失敗した洗脳法華講員・龍神ひろし

 

---------------------------------------------------------------

(洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

では、この証拠を出してください。

>>例えば「なぜ日蓮正宗がインチキなのですか」と問われて、「後世の偽作である戒壇本尊を拝ませて信者から金銭を収奪しているからです」という「結論」を以て批判するのが当然であり、

 

日蓮正宗が、御開扉で年間いくら稼いでいるのでしょうかね?その根拠となる証拠を示せないなら、これは、あなたの勝手な妄想という事ですよね?

まさか、富士宮市の市役所や税務署に確認し、その証拠となるのをあなたは、見たのでしょうか?

今年は、50万総登山です。弁当とお茶、そして宝物殿にての展示がありますが、御開扉の御供養は、二千円になります。 一円足りとも増えてません。(連合会を通す場合は、手数料あり100円)

ひでさん、では日蓮正宗富士大石寺にて、諸費(奉安堂・宝物殿の電気代・維持費・弁当代・展示品のレンタル料金(元冦絵巻等))を引いたらいくらの金儲けになりますか?きちんと細かいところをきちんと出してください。

(2009913日に龍神ひろしが送ってきたスパムメール)

去年の七万五千名大結集総会で、金儲けをした。証拠ないことを言ってました。

なるほど、78000×2000円=156000000円

では、使用パイプ椅子52271脚、野外大型モニター20式設置、(ステージ上は14.5m×8m)

かち割氷500g×80000袋(40t)、仮設テント数28張、仮設トイレ558台

他、弁当代・記念品・警備員・任務者の弁当代や暑さ対策など、後は、高熱費などを、某h氏は、計算しての発言であろうか?彼にこれについてのメール解答不能でした。

(2010103日 の楽天ブログ日記)

それと、いつになったら、七万五千名大結集総会が”金儲け”という。証拠をいつ出すのでしょうか??何にいくら使い。何にいくら、その非情に細かい計算(パイプ椅子や他レンタル代金全てを含む)を出して、証明して欲しいものです。まさか、この総会で関わった”全ての企業”から”見積書”を見たのでしょうからね??戒壇の大御本尊云々よりも、こっちのほうが、重要でしょう!!金儲けと豪語したのです!! (20101028日 の楽天ブログ日記)

----------------------------------------------------------------------

金正日3 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

続きを読む

隣の学会員・法華講員(79)~「全部私がやりました」と池田大作のような自慢話をしていた公明党市議会議員候補

■「全部私がやりました」と池田大作のような自慢話をしていた公明党市議会議員候補

 

さて昭和58(1983)の統一地方選挙・市議会議員選挙が公示されると、公明党市議会議員候補・中原浩司(仮名)の選挙カーが街中に走り出した。何でも面倒な活動を男子部・女子部に押しつけようとする創価学会の特異体質により、選挙カーの運転手には、溝口工務店(仮名)社長の次男・溝田勝久(仮名)男子部大B長がかり出され、さらに予備運転手までもが、溝口工務店(仮名)の職人がかり出されてしまった。そうすると、溝口工務店(仮名)の仕事に大きな支障が出る。

それで「予備運転手だけでも学生にしろ」ということになり、予備運転手は学生部になった。

溝口工務店(仮名)の職人は、昼食は工務店事務所に帰って食事をするのだが、同時に中原浩司(仮名)の選挙カーも「裏選対」のある溝口工務店(仮名)に来て、昼食をとる。

そうすると、昼食時には、溝口工務店(仮名)には、職人、公明党候補者をはじめとする選挙カーに乗っている人たち、昼食のおにぎり・味噌汁を造りに来ている婦人部、公明党市会議員後援会の人たち、その他、創価学会幹部が押しかけてきて、ごった返す。

これは昼休みのみならず、夕方も同じ。

私は溝口工務店(仮名)でバイトをしていたのだったが、仕事(バイト)が終わって夕方の18時ころ、溝口工務店(仮名)に帰ってくる。工務店の風呂に入って、あがってくるのが19時ころ。

選挙カーは、公職選挙法で街宣できる時間が決められていて、街宣が終わると溝口工務店(仮名)に帰ってくる。しかし選挙カーは、表向きの選挙事務所に駐車してきて、運転手とウグイス嬢の男子部・女子部は、溝田勝久(仮名)の自家用車で溝口工務店(仮名)に帰ってくる。

ところがどういうわけか、運転手とウグイス嬢が溝口工務店(仮名)に帰ってくるときは、こっそりと目立たないように帰ってくる。選挙カーも絶対に表向きの選挙事務所の駐車場に駐車して、絶対に溝口工務店(仮名)に駐車したりしない。溝口工務店(仮名)の駐車場のほうが広かったにもかかわらずである。

溝口工務店(仮名)に「裏選対」があることを、よほど世間や一般の創価学会員に知られたくなかったのか、溝口個人会館(仮名)に公明党選挙カーのウグイス嬢が出入りしているのを隠したかったのか、そのあたりはよくわからない。

公明党市会議員候補・中原浩司(仮名)も、めったに溝口個人会館(仮名)に現れることはない。創価学会も、世間からの「政教一致」批判をずいぶんと気にしていたようで、つとめて創価学会と公明党があたかも別々に活動しているかのように偽ろうとしていたのが、よくわかった。

 

ちょうどこのころのことだったと記憶しているが、溝口工務店(仮名)で、「中原浩司(仮名)との懇談会をやるから出席せよ」と、創価学会地域組織・本部長である溝口工務店(仮名)社長・溝口達夫(仮名)が私に「命令」したことがあった。

創価学会本部1


続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(4)~大石寺三祖日目は生涯42度の国家諫暁をしていない

■検証4・日蓮・日興・日目は生涯、天奏をしていない2

 

□堀日亨が自ら「日目は生涯42度の国家諫暁をしていない」と否定している

 

よく日蓮正宗や創価学会の信者が「日目上人は生涯で42回の国家諫暁をなされた」と言う。そしてこの42回の国家諫暁からして、1281(弘安4)年の「園城寺申状」や1282(弘安5)の天皇からの下し文も有りえると反論する。そしてこれら42回の国家諫暁の根拠として、日興が日目に授与した二つの本尊の授与書(脇書き)を挙げている。

ひとつが1324(元亨4)1229日の本尊の脇書き

「最前上奏の仁卿阿闍梨日目(日道加筆)日道之を相伝し日郷宰相阿に之を授与す」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p206)

ふたつめが1332(正慶1)113日の本尊の脇書き

「最初上奏の仁、新田阿日目に之を授与す、一が中の一弟子なり、(日道加筆)日道之を相伝す」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p188)

である。

しかし日目が42度の国家諫暁をしたなどという根拠は、実際は本尊の脇書きなどではなく、大石寺9世法主日有の弟子の大石寺僧・左京阿闍梨日教、保田・妙本寺14代貫首・日我、京都・要法寺13祖日辰の記述によるものである。

□左京阿闍梨日教の著書「五段荒量」

「殊に日目上人は四十二度の御天奏・最後の時…」(『富士宗学要集』2p296)

□保田・妙本寺14代貫首・日我の著書「申状見聞」

「大聖と開山と自身との御天奏として上洛だにも四十二度也」(『富士宗学要集』4p105)

□京都・要法寺13祖日辰が大石寺13世法主日院に送った状

「高祖開山の代と為って鳳闕の奏聞鎌倉の訴状既に四十二度に及ぶ」(『富士宗学要集』9p63)

 

しかし左京阿闍梨日教、日我、日辰の記述には何の根拠も証拠もなく、日目が42回の天奏なり国家諫暁をしたなどという歴史的事実は全く確認されていない。

しかもこの日目四十二度天奏説については、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨自身が著書の中で否定しているのである。堀日亨は次のように書いている。

「日教の記および日我の記のごとき四十二度というと、いかにも想像しえられぬ。弘安四年より正慶二年にいたる五十三年の間であれば、平均一年四ヶ月に一回上洛の割合となる。往復一ヶ月の道程なるにさようのことありうべきはずがないが、それも弘安五年の時のほかはかりに伝説としても、一回もその時日を示していない。それに鎌倉への訴状ならば大いに日数も減少して万事手軽であるが、両書とも『御天奏』となっておる。『上奏』の敬語は鎌倉以後の文学暗黒時代には禁裏と柳営とに通用したりやと見ゆれども、明らかにともに『御天奏』と記し、日我はさらに『上洛』の文字すら加えているから、大いに疑わざるをえぬ」

(堀日亨の著書『富士日興上人詳伝上』p167168)

59世日亨2


続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ