アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年01月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(41)~大石寺門流にはじめて「本堂」「客殿」を京都・奈良から輸入した大石寺9世日有

■検証41・大石寺「本堂」「客殿」は大石寺9世日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍である3

 

□大石寺門流にはじめて「本堂」「客殿」を京都・奈良から輸入した大石寺9世日有

 

日蓮正宗大石寺9世法主日有がイメージした「本堂」とは、日有が偽作した文書「百六箇抄」に書いている「富士山本門寺本堂」であり、そこには日有が「日蓮真筆」を詐称して偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀ることを想定している。つまり大石寺9世日有が偽作した「百六箇抄」では

「下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり…五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

と書いており、同じく大石寺9世日有が偽作した「日興跡条条事」第二条には

「日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」

と書いている。「日興跡条条事」で「弘安二年の大御本尊」を本門寺に懸け奉る場所とは、「百六箇抄」で言う、「富士山本門寺本堂」であり、大石寺9世日有が偽作した「弘安二年の大御本尊」を「富士山本門寺本堂」の正本尊として祀るという意味である。そして日有は、

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」

(『新池抄聞書』/日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「富士日興上人詳伝・下」p84)

と、「戒壇の大本尊」を祀る堂宇・本堂こそが「事の戒壇」であると言った。「戒壇の大本尊」を祀る堂宇・「事の戒壇」がある大石寺こそが、日蓮一門の総本山であると言ったのである。

そして、これはどういうことになったかというと、日蓮正宗大石寺の末寺の曼荼羅本尊、大石寺法主が書写して末寺に下附する曼荼羅本尊は、板本尊だろうが紙幅の本尊だろうが、全てが日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊の分身ということになった。

つまり「本門寺の本堂に懸け奉る『戒壇の大本尊』なる板本尊の分身」を祀るということが、日蓮正宗大石寺の末寺に本堂が勃興する起源になったのである。

これは末寺の場合だが、大石寺には大石寺12世日鎮がはじめて御影堂を造立し、大石寺17世日精が現在の御影堂を再建しているが、「本堂」と称する堂宇はなかった。大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」は大石寺宝蔵の中に深く格蔵され、昭和の創価学会折伏大進撃の信者激増によって、ようやく宝蔵から奉安殿、そして正本堂へと祀られた。

大石寺ではじめて「本堂」と称する堂宇は、1972(昭和47)10月に落慶した正本堂だが、これも1998(平成10)年に取り壊され、わずか26年で消滅している。

大客殿3 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(40)~大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった2

■検証40・大石寺「本堂」「客殿」は大石寺9世日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍である2

 

□大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった2

 

それでは「本堂」という堂宇は、そもそもどういう堂宇・伽藍なのだろうか。

日本に仏教が伝来した当初の飛鳥・奈良時代の寺院の金堂(仏殿)は、その寺院の中心本尊・根本本尊を祀るための堂宇であったので、金堂(仏殿)の建物の内部は、仏像本尊を安置する壇(須弥壇)がほとんどのスペースを占めている。

これは飛鳥・奈良・平安時代においては、仏教を信仰していたのは、天皇・皇族・貴族・公家ほんの一部の上流階級・支配階級のみであり、この当時の寺院も、ほとんどが天皇・皇族・貴族・公家の財力・経済力で建てられた官寺であった。

この時代において、仏教を信仰していたのは、僧侶と皇族・公家・貴族といった上流階級のみであり、まだ仏教は一般庶民まで広く流布していなかった。金堂(仏殿)の建物に、たくさんの人を収容するスペースは不要だったのである。

これは、飛鳥・奈良・平安時代に建てられた東大寺、唐招提寺、興福寺、薬師寺の金堂、法隆寺の金堂、夢殿、平等院鳳凰堂の中は、皆そのようになっている。

東大寺の大仏殿(金堂)も、中に祀られている大仏は巨大であるが、大仏殿の前に参詣者が入るスペースはほとんどない。平安時代の堂宇がそのまま今日に遺っている平等院鳳凰堂も同じ。平等院鳳凰堂の中も、ほとんどが本尊・阿弥陀如来像が祀られているスペースになっていて、僧侶や参拝者が座るスペースがほとんどない。

何とも不便な堂宇を造ったものだと思いがちだが、藤原頼通が創建した当時は、こういう造りのほうが都合が良かったということである。この平等院も江戸時代までは、ほとんど藤原氏丸抱えのような寺院で、ほとんど藤原氏の供養のみによって成り立っていたのであり、一般庶民とはほとんど無縁だったのである。

これが鎌倉時代に入って、鎌倉仏教が興出して仏教が武家から農民、職人、商人、一般庶民まで幅広く流布され、寺院にも参詣者が増えるようになった。そうなってくると、飛鳥・奈良・平安時代に建てられた寺院の金堂のように、参詣者が入るスペースがほとんどない建物では、参詣者を建物の中に収容しきれない、ということになる。

そこで、金堂(仏殿)の前に、参詣者を収容して仏像本尊を礼拝する建物である礼堂が建てられるようになる。さらに時代が下って金堂(仏殿)と礼堂が一つの建物として建てられるようになった。

つまり金堂(仏殿)の須弥壇の廻りの部分が内陣になり、礼堂の部分が外陣と呼ぶようになった。これが今の本堂の原型である。

大堂3 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(39)~大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった

■検証39・大石寺「本堂」「客殿」は大石寺9世日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍である1

 

□大石寺には創建当初から「本堂」「御堂」「客殿」と呼ばれる堂宇はなかった

 

日興在世当時の大石寺には、本堂も御堂も客殿も存在しておらず、そもそも大石寺「本堂」「客殿」とは、日蓮正宗大石寺9世法主日有が京都・奈良の仏教寺院から輸入した伽藍である。。

大石寺9世日有以前の大石寺、大石寺門流の寺院には「本堂」「客殿」というものがなかった。住職や僧侶の持仏堂はあったが、本堂はなかったのである。

持仏堂というのは、持仏や先祖の位牌(いはい)を安置しておく堂、または室。仏間のことで、仏壇をいうこともある。つまり住職や僧侶個人の本尊を祀っている仏間のことである。

日蓮正宗では、住職や僧侶個人授与の本尊、ないしは個人授与の本尊を祀っている仏間のことを「御内仏」と呼んでいるが、持仏堂とはまさにこの御内仏を祀る仏間ということである。

これに対して本堂とは、仏教寺院において、本尊仏を安置する建物。寺院で中心本尊を祀っている堂宇のこと。寺院の中心的な堂を指して「本堂」ということが多い。

ただし「本堂」という名称は、宗派によって名前が異なっている。

「金堂」が、南都六宗や真言宗など飛鳥時代から平安時代前半にかけての古代創建の寺院で多く使われているのに対し、「本堂」は宗派にかかわらず、古代以降も含め広く使用される。

一般的に南都六宗や真言宗など大陸より初期に渡来した系統の伽藍においては「金堂」、禅宗にあっては「仏殿」、天台宗では「根本中堂」もしくは「中堂」、日本的発展を遂げた寺院では「本堂」と称する場合が多い。室生寺や當麻寺のように「金堂」と「本堂」が別個に存在する寺院もある。

呼称は宗派によって違うが、本堂とは、寺院において、中心本尊を祀っている堂宇のことを指すわけであり、これは住職や僧侶個人の本尊を祀っている仏間である持仏堂とは区別される。

富士門流において、最初に本堂らしき伽藍が出来たのは重須本門寺(北山本門寺)の御影堂だが、大石寺の場合は、日興が持仏堂を建立し、弟子が塔中坊を建立していったが、本堂も客殿もなかった。塔中坊も今は本堂と呼んでいるが、近世になるまで「客殿」と呼んでおり、江戸時代に書かれた「富士大石寺明細誌」にも塔中坊の本堂には本堂とは書いておらず「客殿」と書いてある。

その客殿を大石寺門流で創建したのは大石寺9世日有であり、日有以前には塔中坊には客殿もなかった。大石寺で最初に御影堂を建立したのは大石寺12世日鎮であり、今の御影堂は江戸時代初期に大石寺17世日精が再建したものである。

西山本門寺も、小泉久遠寺も、保田妙本寺も、富士妙蓮寺も、最初に建立したのは「法華堂」であり、その後、大坊(庫裡)、客殿、御影堂というふうに伽藍が発展した。本堂と呼ばれる堂宇は存在していなかったのである。

しかし富士門流の場合は、大石寺の他、冨士妙蓮寺、保田妙本寺、北山本門寺、西山本門寺、小泉久遠寺、伊豆実成寺、讃岐本門寺等、祖師堂と客殿の二堂建てるのが通例になっていて、古来からの堂宇に本堂という名の堂宇はない。西山本門寺、小泉久遠寺、伊豆実成寺は、客殿として建立された堂宇を、現在、本堂と呼んでいる。

西山本門寺28客殿 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(38)~二祖日興在世の時代の大石寺には「勤行」を行う堂宇・伽藍がなかった

■検証38・日興在世当時の大石寺では丑寅勤行は行われていなかった4

 

□二祖日興在世の時代の大石寺には「勤行」を行う堂宇・伽藍がなかった

 

「日興跡条条事」第三条の文

「一、大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』8p17・『日蓮正宗聖典』p519・『御書全集』p1883より)

にある「勤行」を検証していく上で、もうひとつ大きなポイントがある。

それは、二祖日興在世の時代の大石寺には、そもそも「勤行」を行う堂宇・伽藍そのものがなかった。だから日興が日目に「日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」などと命ずるはずがないのである。

そもそも日興在世当時の大石寺は、日興が建てた持仏堂、日目が建てた蓮蔵坊の他、弟子が建てた塔中坊しかなかった。現在、丑寅勤行を行っている客殿もなければ宝蔵もなく、御影堂も本堂もなかった。大石寺の根本本尊すらなく、誰も参詣していなかったのである。

こう言うと「日興上人は持仏堂を建てたではないか」と日蓮正宗の信者は言う。

しかし持仏堂というのは、持仏や先祖の位牌(いはい)を安置しておく堂、または室。仏間のことで、仏壇を祀っている部屋という意味もある。

つまり住職や僧侶個人の本尊を祀っている仏間のことである。

日蓮正宗では、貫首・住職や僧侶個人授与の本尊、ないしは個人授与の本尊を祀っている仏間のことを「御内仏」と呼んでいるが、持仏堂とはまさにこの御内仏を祀る仏間ということである。

つまり持仏堂とは、住職や僧侶個人の本尊を祀っている私的な仏間のことである。

しかし一宗一門流の本山貫首の「勤行」とは、僧侶個人授与の曼荼羅本尊を祀っている仏間で一人で寂しく行う勤行ではなく、弟子・塔中住職・僧侶を従えて参詣信徒・参拝客といっしょに大人数で一堂に集結し、貫首が大導師となって行う勤行のこと。

一宗・一門流の本山貫首ともなれば、多くの弟子がおり、師匠の貫首といっしょに起居し、貫首といっしょに勤行をする。そういう勤行だから、私的な仏間である持仏堂ではなく、大きな堂宇で勤行が行われるのが普通である。こういう法主の大導師のもとに、大勢の弟子・僧侶・参詣人で執り行う勤行のことを、特に大石寺では「勤行衆会」と呼んでいる。

だから、「日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」の「勤行」とは、私的仏間で一人で行う勤行ではなく、弟子・僧侶・大衆を従えて大人数で行う勤行、すなわち今の「勤行衆会」のことを指している。

日興在世当時の大石寺には、弟子・僧侶・大衆を従えて大人数で行う勤行を行う堂宇・伽藍がなかった。今、大石寺で丑寅勤行を行っている客殿を創建したのは大石寺9世日有である。

 丑寅勤行2

(写真集『地涌六万大総会』に載っている大石寺大客殿・丑寅勤行の写真)

 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(60)~完全崩壊した「余は二十七年なり・出世の本懐説」を証明できずに沈没した龍神ひろし2

■論破60論理破綻して反論不能に陥った龍神ひろしの妄言を笑う7

 

□完全崩壊した「余は二十七年なり・出世の本懐説」を証明できずに沈没した龍神ひろし2

 

--------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・龍神ひろしの妄説)

その板本尊を広宣流布の時に「本門寺の戒壇に安置する御本尊」と、日蓮大聖人自身が意義付けた証拠。

弘安二年十月十二日の大御本尊の脇書に「本門戒壇」と大聖人が認めておられること明白である

(『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板25に引用されている龍神ひろしの妄説)

-------------------------------------------------------------------

 

洗脳法華講員・龍神ひろしは、「道理」とか「証拠」ということを全くわかっていない人物のようである。というより、完全に論理破綻をはたして反論不能に陥った龍神ひろしが、言い訳を取り繕っているだけなのだろうが。(爆笑)

洗脳法華講員・龍神ひろしは楽天ブログの日記にて

「日有上人が、摸写したとして信徒にだけ見せて、他人には見せない。のは考えにくい。日蓮系の各宗派に自慢したがるはずですし、実際に存在したと見せて自慢したはずです。今日でも、立派な物、建築物や絵や書を発表するのは、当たり前の事です」

などと言っている。

自分でニセモノを造って、自慢して人に見せびらかしている者が世の中のどこにいるというのか。

「日蓮真筆」を詐称して「戒壇の大本尊」を偽作した大石寺9世日有が衆目の面前で自らの偽作をバラすことをするはずがない。そうなれば、日有や大石寺の信用は地に落ちてしまう。こういう簡単な道理が、龍神ひろしは、まるでわかっていない。

論理破綻した龍神ひろしが、まさに論理破綻の上に論理破綻を繰り返し、泥沼に嵌っている醜態を自分で晒しているだけである。

今回の妄説も全く同じ。

「戒壇の大本尊」そのものの真偽を問題にしているのに、「戒壇の大本尊」の「本門戒壇」と書いた脇書きが、最初から日蓮が書いたものという前提で、これを「証拠」と称している洗脳法華講員・龍神ひろしのお粗末ぶりには、全く呆れて閉口してしまう。

まさに龍神ひろしの、お粗末極まりない論理破綻。まさに大爆笑ものである。

金正日3 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ