アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年02月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(53)~大石寺歴代法主によって何度も偽作・改竄されてきた「日興跡条条事」

■検証53・大石寺歴代法主によって何度も偽作・改竄されてきた「日興跡条条事」

 

□天皇・朝廷から見て「正式官僧ではない」日目の申状を天皇に伝奏するはずがない

 

「日興跡条条事」の第二条の文である

「日興宛身所給弘安二年大御本尊□□□□□日目授與之」

の□□□□□の欠損箇所について、日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、「相傳之可奉懸本門寺」の九字を加筆した後人の意図的な削除と解釈し、元々そこには「弘安五年御下文」との記述があったという説を唱えている。

堀日亨が欠損部分を「弘安五年御下文」としたのは、草案の記述を参考にしてのことと思われる。

堀日亨は「富士宗学要集」817ページに「正本、案文(下書き)共に総本山(大石寺)に現存す」と書き残している。

さらにこの「弘安五年御下文」とは、「御下し文すなわち園城寺申状についての官辺の文書」(堀日亨の著書『富士日興上人詳伝上』p161)

と堀日亨が述べている如く、園城寺申状を呈したことによって時の後宇多天皇から下された詔書、勅書の類の文書のことだと言っている。堀日亨の推考では、1281(弘安4)年に日興が代理として天奏した「園城寺申状」に対して翌年に天皇から賜った下し文を指し、それは後に紛失したとされている。それでは、なぜこの「弘安五年御下文」の文が何者かによって削除されたのか。

というより、さまざまな学術的研究によって、日蓮も日興も日目も、その生涯において、天奏(てんそう)、つまり京都に上って天皇に面談し言上したという事実は全くなければ、時の天皇から「御下文」を下賜されたという事実も全くないことが明らかになり、「弘安五年御下文」の文を削除せざるを得なくなったものと思われる。

日興も日目も、天皇が正式に勅許した戒壇、すなわち伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある日本三大戒壇である奈良・東大寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺のいずれでも授戒・度牒した経験がなく、天皇・朝廷や京都・奈良の仏教界から見て、正式に認められた官僧ではない。

したがって仮に、本当に1281(弘安4)12月に日目が日興の代理で園城寺申状を時の天皇に奏上しに京都に上洛したとしても、天皇から見れば「正式官僧ではない」日目の申状を朝廷が天皇に伝奏する道理が全くないのである。また、1281(弘安4)12月と言えば、日興や日目の師匠である日蓮がまだ生きていた時代のことである。日蓮は、立宗宣言をする以前に、比叡山延暦寺をはじめ京都・奈良の南都六宗・八宗で修行し、授戒した僧侶である。したがって、日目が仮に申状を携えて京都に上洛したとしても、伝奏が申状を天皇に取り次がれないことは日蓮は百も承知であった。その日蓮がわざわざ日目に「園城寺申状」なる文書を持たせて、京都に上洛させるはずがない。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(52)~歴代法主によって見解がバラバラであるのは「日興跡条条事」が日興真筆ではない証拠

■検証52・大石寺の歴代法主によって見解がバラバラになっている「日興跡条条事」

 

□歴代法主によって見解がバラバラであるのは「日興跡条条事」が日興真筆ではない証拠

 

大石寺の偽作本尊、偽作文書の特色のひとつとして、大石寺の歴代法主によって、見解がバラバラになっている、というものがある。

例えば、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書に出てくる「本門戒壇の願主」である「弥四郎国重」の人物伝は、法主によって言っていることがバラバラであり、どういう人物なのか、日蓮正宗としても特定できない、というものがある。大石寺歴代法主のみに相承されてきたと自称する「戒壇の大本尊」の「本門戒壇の願主」である「弥四郎国重」の人物伝が、歴代の法主によって見解がバラバラになっているということは、明らかな矛盾である。もし本当に「戒壇の大本尊」なる板本尊が、大石寺歴代法主によって血脈相承されてきたとするならば、「弥四郎国重」の人物伝が、歴代の法主によって見解がバラバラになるはずがない。つまりこれは、「戒壇の大本尊」なる板本尊が、日蓮の造立ではない、後世の偽作である馬脚が現れている、ということである。

これと同じ事が、「日興跡条条事」にも言える。

「日興跡条条事」第二条の

「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」

については、日蓮正宗大石寺法主によって解釈が異なっている。これはどう考えても矛盾である。

日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨は、実質的に「相傳之可奉懸本門寺」の九字を後加文としているが、日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳は「相傳之可奉懸本門寺」の九字の後加文が他人の筆ではなく、「日興上人が直々なされたことである」と言っている。(日淳上人全集p1462)

堀米日淳の見解によれば「相傳之可奉懸本門寺」の九字を後加したのも日興自身ということになるが、これはいささか説得力に欠ける。

「日興跡条条事」の「正本」をもし日興が清書したものであったならば、その日興が清書した文書に重書きするというのは、どう考えてもおかしい。それでは「正本」ではなく「草案」(下書き)ということになってしまう。

さらに奇妙なのは、どう考えてもおかしい日蓮正宗大石寺65世法主堀米日淳の見解を66世法主細井日達や67世法主阿部日顕が踏襲し、1972年版「歴代法主全書」1巻、1982年版「日興上人日目上人正伝」、1994(平成6)年版「平成新編御書全集」に、「相傳之可奉懸本門寺」の九字を後加した「日興跡条条事」を「正本」として、そのまま掲載している。

この時点で、大石寺59世堀日亨と、大石寺65世堀米日淳、大石寺66世細井日達、大石寺67世阿部日顕の見解が異なっていることが明らかである。

日興跡条条事2 

(昭和5549日付け聖教新聞に掲載されている『日興跡条条事』)

 

続きを読む

『慧妙』を斬る(9)~都合が悪くなると本尊紛失を楯に言い逃れを謀る身勝手極まりない日蓮正宗の欺瞞

■論破9「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない2(三師御伝土代2)

 

都合が悪くなると本尊紛失を楯に言い逃れを謀る身勝手極まりない日蓮正宗の欺瞞

 

日蓮正宗大石寺四世法主・日道の著書「三師御伝土代」の文について、さまざまな人物から、散々、追及を受けてきた日蓮正宗が、最近、日蓮正宗大石寺に直属の謀略機関紙「慧妙」を使って、次のような反論を掲載している。

------------------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

「だが、そのような説は、大聖人が『日興上人』と認(したた)められたという御本尊を提示してから言うべきであろう。そんな御本尊が存在したという事実も、記録も、何1つない上、大聖人の御書の中にも『日興上人』と認(したた)められたものはないのである」

((『慧妙』平成19111日号)

-------------------------------------------------------------------

これは、現存している日蓮真筆の大漫荼羅本尊に「日興上人」と、日蓮自らが脇書きに書した本尊が残っていないことにつけ込んだ詭弁であり、議論そのものを煙にまこうとする欺瞞である。

逆に尋ねるが、日蓮正宗では日蓮真筆の本尊は、すべて一体も漏らさずに、今の時代に現存しているという見解なのか??

1309年(延慶2年)、日興の命により、新六僧の一人で、日興が開創した重須本門寺の学頭(法主・住職に次ぐナンバー2の職)にあった寂仙房日澄が起草した「富士一跡門徒存知事」には、次のように、日蓮正宗側が、日蓮真筆の本尊紛失を非難している文がある

「五人一同に云く、本尊に於いては釈迦如来を崇め奉るべしとて既に立てたり。随って弟子檀那の中にも造立供養の御書之れ在り云々。而る間、盛んに堂舎を造りて、或いは一体を安置と、或いは普賢文殊を脇士とす。仍って聖人御筆の本尊に於ては、彼の仏像の後面に懸け奉り、又、堂舎の廊に之を捨て置く。……

上の如く一同に此の本尊を忽諸(こっしょ)し奉るの間、或いは漫荼羅なりと云ひて死人を覆ふて葬る輩も有り、或いは又沽却する族も有り。此くの如く軽賎(きょうせん)する間、多分は以て失せおわんぬ」

―――――日昭、日朗、日向、日頂、日持の五老僧の門流の者達は、みんな次のように言っている。日蓮門下の本尊は、釈迦如来の木像を崇め奉るべきであると言って、すでに釈迦牟尼の仏像を自分達の堂舎の中に立てている。日蓮がまだ生きていたころにも、日蓮門下の弟子や信者が釈迦牟尼の仏像を造立し供養したという日蓮の遺文(御書)が残っているではないか、と言っている。それゆえに、盛んに堂舎を造っては、釈迦牟尼の仏像を安置したり、或いは普賢菩薩や文殊菩薩を釈迦牟尼の脇士に立てて拝んでいる。その一方で、日蓮聖人が自ら図顕した大漫荼羅本尊は、彼らが立てた仏像の後に懸けたり、或いは渡り廊下に捨ててしまっている。…

このように五老僧の門流の者たちがみんなで、日蓮聖人が自ら図顕した大漫荼羅本尊を軽んじ、なおざりにしてしまったばかりか、中には「これは漫荼羅だ」と言って、葬儀の時に死人と一緒に棺桶に入れて火葬にしてしまったり、或いは売り払ってしまった者もいる。このように、彼らが漫荼羅本尊を軽んじ、卑しめていたたため、日蓮聖人が自ら図顕した大漫荼羅本尊の大部分は、なくなってしまった。―――――――

慧妙4 

続きを読む

大石寺66世日達を斬る(8)~「御本尊に遊ばす」を「日興上人と御本尊を遊ばす」とねじ曲げる細井日達

■論破8「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない1(三師御伝土代1)

 

「御本尊に遊ばす」を「日興上人と御本尊を遊ばす」とねじ曲げる細井日達

---------------------------------------------------------

(日蓮正宗大石寺66世法主・細井日達の妄説)

日蓮門下における最も古い歴史である日道上人の御伝草案によれば、大聖人は熱原の法難に御感あって日興上人と共に御本尊を建立し給いしことを記しておられる。而してこの法難の出来事が弘安二年の十月であることは御書によって証明せられるところである。

(細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」p1617)

----------------------------------------------------------

細井日達が「日道上人の御伝草案によれば、大聖人は熱原の法難に御感あって日興上人と共に御本尊を建立し給いしことを記しておられる」と書いているが、これは全くのウソ。大石寺4日道は、「三師御伝土代」において、そんなことは記していない。大石寺四世日道が書いた「三師御伝土代」の先の文を正確に現代語に訳すと、こんな感じになる。

「さて熱原の法華宗二人は頸を切られおわんぬ。その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばすのみならず、日興の弟子、日秀、日弁二人、上人号し給ふ」(日蓮正宗59世法主・堀日亨編纂『富士宗学要集』5巻宗史部・日道著「三師御伝土代」p8)

------さて熱原の法華衆の二人は、首を切られてしまった。その時、日蓮大聖人は、何かお感じになるところがあって、日興上人と、上人号をつけて、授与の御本尊にお書きになったのみならず、日興上人の弟子の日秀、日弁の二人にも、上人号をつけられた-----

 

つまり細井日達は、「三師御伝土代」の文「その時大聖人御感有て日興上人と御本尊に遊ばすのみならず」を「日興上人と共に大御本尊を建立された」と読む。問題の箇所は「日興上人と御本尊に遊ばす」という箇所で、これを細井日達は「日興上人と御本尊を遊ばす」と、文をねじ曲げて読んでいるわけである。

かし「三師御伝土代」の原文は、読みくだしの古文で書かれていて、あくまでも「御本尊に」となっており、「御本尊を」とは書かれていない。さらに「遊ばす」との語の意味だが、古語辞典によると「いろいろな動作を尊敬して言う場合の代用語。~なさる」とある。

これらのことを総合的に考えると、日蓮正宗や創価学会の読み方は、明らかな読み間違えであり、原文のまま「御本尊に」と読むべきである。当然のことながら、「三師御伝土代」の文は、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊とは何の関係もない文書である。

細井日達は意図的に「御本尊を」とこじつけて読み、「三師御伝土代」の文をあたかも「戒壇の大本尊」なる板本尊が存在していたかのように詐称して、何も知らない信者を欺瞞するものである。

66世日達13 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(98)~「脱会の自由」「学会批判」を弾圧し続ける創価学会はファシズム体質そのもの

■「脱会の自由」「学会批判」を弾圧し続ける創価学会はファシズム体質そのものである

 

図書館で聖教新聞を読んでいたときに気づいたのだが、聖教新聞紙上には、よく「○○の誓い」だの「創価○○会の誓い」などという文言が、頻繁に出てくる。この「誓い」というのが、「創価学会を脱会しません」とか「池田大作名誉会長を裏切りません」という意味なのか。

創価学会員は、創価学会を脱会した信者を「池田先生を裏切った」と裏切り者呼ばわりしていたが、創価学会は、新入信者に対して「絶対に創価学会を脱会しません」とか「池田名誉会長を裏切りません」という誓約書でも書かせているのか、と勘ぐりたくもなる。

そうでないとしたら、創価学会は会員に対して、何を誓わせていたのか。なぜ創価学会に入会したら、池田大作という人物に誓わなくてはならないのか。考えれば考えるほど、矛盾だらけである。

これはまさに1930年代からナチドイツで、ナチ党員やドイツ軍兵士らがヒトラーに忠誠を誓っている記録映像を思い出す。

あるいは、ソ連で、ソ連人がスターリンを絶賛して忠誠を誓っている映像、文化大革命の中国で、紅衛兵らが毛沢東に忠誠を誓うシーンがかぶって見える。20世紀の独裁者は、国民を閉鎖的な空間に押し込めて、絶対服従させていた。

私の学生の頃、1980年代はスターリンも毛沢東も死去していたが、ソ連、中国、東ヨーロッパ諸国、北朝鮮、ベトナム、ラオス、キューバ等の共産圏では、共産党の一党独裁体制になっており、アメリカを中心とする自由主義国ときびしい東西対立、冷戦がつづいていた。

これら共産圏の政治体制は、アメリカ、西ヨーロッパ諸国や日本などの自由主義・民主主義の国の政治体制とは全く相容れない。共産圏では、選挙はあるものの、複数政党も複数立候補も認められず、言論の自由、結社の自由、思想の自由、学問の自由、出版の自由は全くなし。

第二次世界大戦前のドイツ、イタリア等の全体主義、ファシズムと何らかわりがない。

この創価学会の体質もまた、戦前のドイツ、イタリア等、戦後のソ連、中国、東ヨーロッパ諸国、北朝鮮、ベトナム、ラオス、キューバ等の共産圏の全体主義、ファシズムと何らかわりがない。

その実例を挙げれば、信教の自由、不信教の自由を侵害する強引・執拗な折伏・布教活動。投票の自由を侵害する強引な公明党への投票干渉。仏罰論や堕地獄論を振りかざした脅迫的な布教活動。池田大作批判をする造反幹部、創価学会を脱会した脱会信者に対する徹底的な弾圧。

創価学会に入るのも脱退するのも、日本国憲法に照らし合わせれば自由であるはず。信教の自由、言論の自由、脱退の自由は国民固有の権利のはずである。

しかし創価学会の活動は、国民固有の権利を明らかに侵害している。

相手の権利を侵害してでも創価学会に絶対服従させようとする創価学会の体質は、全体主義の団体、ファシズムの団体だと言う以外にない。

学会本部別館3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ