アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年03月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」が15万pvを突破

20122月からスタートさせた「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」ですが、2013324日に15pvを突破しました。

ありがとうございました。

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

 

□大石寺の『日興跡条条事』は大石寺9世日有の偽作だ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_193002.html

現在、このシリーズを執筆中ですが、『日興跡条条事』が大石寺9世日有の偽作である証拠に論究していく段階に入って、少しアクセスのペースが上がりました。

□『日興跡条条事』が大石寺9世日有の偽作である証拠

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690865.html

 

そもそも「日興跡条条事」を偽作とした説を唱えた人物は、極めて少ない。

北山本門寺34代貫首・玉野日志氏や日蓮宗僧侶・安永弁哲氏は「日興跡条条事」偽作説を唱えていますが、具体的に「誰が何の目的で『日興跡条条事』を偽作したのか」という点については、全く触れていない。

日蓮正宗・創価学会の元信徒・美濃周人氏は著書「虚構の大教団」の中で「日興跡条条事」偽作説を唱えているが、内容に誤りが多く、偽作者についても、小泉久遠寺・日義説という、間違った説を唱えている。

「アンチ日蓮正宗」は、「日興跡条条事」大石寺9世日有偽作説であるが、これを唱えた人物は、過去に一人もいない。「アンチ日蓮正宗」がはじめてである。

なぜ「日興跡条条事」が大石寺9世日有の偽作なのか、については、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の「『日興跡条条事』が大石寺9世日有の偽作である証拠」を御覧ください。

アンチ日蓮正宗1 

 

日興跡条条事は9世日有の偽作だ(79)~本是院日叶「百五十箇条」が大石寺9世日有帰伏前の著書説は誤りである

■検証79左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである5

 

□本是院日叶「百五十箇条」が大石寺9世日有帰伏前の著書説は誤りである

 

左京阿闍梨日教が、いつ日蓮正宗大石寺9世法主日有の門に帰伏したのか、という点について、さまざまな人が、さまざまな説を唱えている。

現在の所、通説になっているのは、1481(文明13)1482(文明14)年ころ、日叶(左京阿闍梨日教)は日尊門流から日蓮正宗大石寺9世法主日有の門に帰伏したとする説である。

この根拠は、本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」の文の中の次の記述である。

 

「大石寺住上人 日有仰せの事には…」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2P184)

 

つまり本是院日叶(左京阿闍梨日教)は、「百五十箇条」の中で、京都・日尊門流の本山寺院・住本寺の開祖・日大については「日大上人」と尊称を付けているのに、大石寺9世日有については何ら尊称を付けていない。

これに対して、左京阿闍梨日教は、1487(長享1)年に記した「四信五品抄見聞」には

「日有上人云く」」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』4P61)

と尊称を付けているから、1480(文明12)年記述の「百五十箇条」は、大石寺9世日有の門帰伏前の著書である、とする説である。よって本是院日叶(左京阿闍梨日教)が大石寺9世日有に帰伏したのは、1480(文明12)年記述の「百五十箇条」以降のことで、大石寺9世日有が遷化(死去)する前の1481(文明13)1482(文明14)年ころだとするものである。

これは日蓮宗系・日蓮正宗系の学者・研究者たちの大半が言っていることであり、近年では、東佑介氏や犀角独歩氏あたりも、口をそろえて言っていることである。

しかし、この「百五十箇条」の文中の「大石寺住上人 日有仰せの事」を根拠にした、本是院日叶・1481(文明13)1482(文明14)年帰伏説は誤りである。

まず第一に、本是院日叶(左京阿闍梨日教)は、たしかに「百五十箇条」の中で、「日大上人」と尊称を付けている箇所もあるが、同時に「百五十箇条」に

「日大仰せに云く」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』2P183)

と「上人」の尊称を付けていない箇所もあり、京都要法寺5祖・日大だけに尊称を付けていたとは断言できないこと。

要法寺17表門 

続きを読む

龍神ひろしを斬る(81)~日蓮正宗・平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された

■論破81平井信行寺の応永十九年板本尊は大石寺9世日有の代に彫刻造立された

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

日蓮正宗に伝わる板御本尊のうち、戒壇の大御本尊を除いて最も古いものは、栃木県信行寺に伝わる8世日影上人造立の板御本尊である。この御本尊は、総本山に所蔵される弘安3年の大聖人御真筆御本尊を謹刻されたものであるが、このような化儀を日影上人が独創するとは考えられず、大石寺門流の伝統を踏まえ、造立された御本尊であることが明白である。したがって、板御本尊造立の始まりが日有上人からである、とする疑難は崩壊しているのである。

 (20130124日の楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺には、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊が格蔵されていて、この板本尊には表の右下に「右願主薗部/日重弟子小輔/阿闍梨日経造立」と書いてあり、左下には「遺弟日影代/応永十九年太歳壬辰/十月十三日」と書かれている。

これを以て龍神ひろしは、「戒壇の大本尊」は日有の偽作ではないと言いたいようだが、そもそも平井信行寺の板本尊が「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有以前から存在したとする説は、「日蓮と本尊の伝承」の著者・金原明彦氏が言い出した説であり、龍神ひろしの説は、金原明彦説のパクリであり、得意の猿まねである。

さてこの金原明彦氏の説は全くの誤りであり、同時に、猿まねをしている龍神ひろしの説も自動的に誤りということになる。

この応永十九年(1412)十月十三日の日付入りの板本尊だが、大石寺59世堀日亨が書いた「堀ノート」によると、この本尊について

「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」

と書いており、楠木の板で出来ているという。が、しかし、この板本尊は応永十九年(1412)の大石寺8世日影の代に造立された本尊とは、とても考えにくいのである。理由は以下の点である。

金正日1 

(金原明彦説の猿まねをする龍神ひろしのそっくりさん・金正日)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(107)~福寿荘(仮名)ボヤ事件でついに創価学会員たちと決別して福寿荘(仮名)を退出

■福寿荘(仮名)ボヤ事件でついに創価学会員たちと決別して福寿荘(仮名)を退出

 

私も、転居の決意を固めて、いろいろ準備をしていたところ、ある日、寝技押さえ込みの創価学会男子部幹部・真田太郎(仮名)が、李達明(仮名)と飯島義博(仮名)を引き連れて、私の自宅を訪ねてきた。そして三人で、私の前で、小さくなって正座し、「まことに、申し訳ございませんでした」

と、頭を畳みに擦りつけんばかりに土下座して謝罪してきた。

私としては、返す言葉もなかったが、福寿荘(仮名)から転居する気持ちは、変わらなかった。その創価学会員の失火による福寿荘ボヤ事件のあと、相当、頭にきていた私を、福寿荘(仮名)に住む創価学会員・李、飯島、岩本らが、懐柔しにかかってきた。

何とかして、私の怒りを解こうとしているのか、私の顔を見るたびに、「呑みにいこう」だの「食事をごちそうする」だのといって、以前とは打って変わった態度で、私に近づいてきたのである。

福寿荘ボヤ事件が朝方の事件だったので、福寿荘に住んでいない創価学会員は、この事件を知らない。そのため、これが私の口から他の創価学会員に知れるのを、恐れていたのだと思われる。いくら何でも創価学会の幹部が、ボヤを出しましたでは、上位の幹部や下級生の創価学会員に顔向けができなくなるでしょうし、下手すれば創価学会の「役職辞任」になりかねない、といったとこか?!。そういう彼らの下心がミエミエだった。

私のほうは、今まで、さんざん「だまし討ち」勧誘の被害に会ってきたので、彼らの食事の誘いを断り続けてきたが、李達明(仮名)が「何とか、お詫びさせてくれ」「ローソク攻めはしない」ということを約束してきたので、「それなら」と思い、李の部屋に行ってみることにした。

すると、李はたくさんの酒を用意し、なおかつ、たくさんの、出前の寿司やら刺身料理やらを用意していた。 その出前の寿司は、相当、高級なものであった。 あの当時、毎月50万円の仕送りを手にしていた男だから、これくらいの高級料理の出前ぐらい、朝飯前だったんだろうけども…。

気分的に私としては、乗り気ではなかったが、寿司は嫌いではなかったので、いただくことにした。

李達明(仮名)も私も酒を呑んでたが、酔っ払い始めた李が、創価学会員の「本音」を、ペラペラ喋りはじめたのである。

李の話しでは、近日中に、李の弟が、福寿荘の李宅にやってくるというところから話が始まり、李に言わせると、その弟は、まだ創価学会に入ってはいないが、必ず創価学会に入信するというのである。 どうして、「必ず創価学会に入信する」と言えるのか、私にはよくわからなかったが、李はなぜか、確信的にそう語っていた。李達明(仮名)が言うことには、李の弟の創価学会の入信によって、李達明は、創価学会の中で役職がドンドン上がって出世していくことのなるというのである。

李に言わせると、創価学会学生部では、平の信者から班長へは、創価学会の会合に顔を出していればなれるが、その上のグループ長には、入信勧誘して、一人を創価学会に入信させないと、なれないという。 そして、グループ長の時に、さらに入信勧誘して一人を創価学会に入信させて、部幹部になれるというシステムになっているのだという。

学会本部別館3


続きを読む

隣の学会員・法華講員(106)~ついに創価学会員が跋扈する福寿荘でカルト創価学会員の失火によるボヤ事件が勃発

ついに創価学会員が跋扈する福寿荘でカルト創価学会員の失火によるボヤ事件が勃発

 

岩本年光(仮名)や早川洋一(仮名)たちは、懲りたようであったが、同じ創価学会員でも、李達明(仮名)や飯島義博(仮名)は、全く懲りていなかった。

ある朝、福寿荘(仮名)2Fの自宅で起きてみると、いきなり付近一面に、焦げくさい臭いが。福寿荘2Fの共同台所など、くまなく探したが、どこからも煙は出ておらず、ガスの元栓も締まっており、臭いの元がぜんぜんわからない。しかし、焦げくさい臭いは、しだいに酷くなっていっていた。

しかし、福寿荘(仮名)同玄関の戸を開けてみて私はビックリ仰天。

T大学の「東洋哲学研究会」(創価学会学生部)委員長の福寿荘1F・下山伸三(仮名)宅の窓から、ものすごい煙が、モクモクと出ていたのである。驚いた私は、階段を駆け降りて行って、下山宅をノックしたが、何の応答もなし。戸が開いていたので、中を見ると、下山宅の押入れから、ものすごい煙が出ていた。

しかし、下山宅で寝ていたのは、下山伸三(仮名)本人ではなく、どういうわけか、「東洋哲学研究会」副委員長の李達明(仮名)と、幹事の飯島義博(仮名)の二人。

二人とも前夜にものすごい深酒をして、完全に爆睡しているという感じであった。「李と飯島は酒癖が悪い」というのは、彼らと仲間のはずの創価学会員自身が言っていたことだが、押し入れから悪臭極まりない煙がもくもくと出ているのに、二人とも完全爆睡状態。

この緊急事態に私は、下山宅に入り、こんなに煙が出ているのに、気がつかないで爆睡している李と飯島を、たたき起こし、押入れから、燃えているふとんを出して火を消そうとしたが、これがなかなか消えなかった。ふとんをたたいたりするだけでは、どうしても消えず、下山宅の台所から、ホースで水を引き、ふとんに水をぶっかけて、ようやく火を消し止めた。

私がぶっかけた水で、李と飯島が頭からずぶ濡れになり、モロに焼けただれて真っ黒になった、ふとんの他、下山宅の仏壇までもろに水をかぶり、あたりは、一面びしょ濡れ。さらに焼け焦げたふとんの破片が散乱し、部屋の中はメチャメチャになった。 火を消したのは私一人で、李と飯島の二人は、最後の最後まで寝ぼけ眼でボーッとしている感じであった。

火が消えた後になって、あたりにはサイレンを鳴らしながら消防車やパトカーが到着。そこへ、ちょうど「東洋哲学研究会」委員長の下山伸三(仮名)も帰ってきた。下山も、それまでどこへ行っていたのか、朝帰りの午前様。下山伸三(仮名)も、自分の自宅で起こった、とつぜんの「ボヤ事件」に、ビックリ仰天。さすがの下山も、事ここに至っては、ついに怒り狂ったのであった。

とつぜんの「福寿荘ボヤ事件」発生に、警察や消防車が出動して福寿荘に駆けつけ、近所の人たちや地元の創価学会の壮年部、婦人部までも出てきて、騒然となり、周囲は大混乱になった。

ボヤ事件の第一発見者は私ということになり、火が消えた後に福寿荘に到着した消防署員から事情聴取されるハメに。

当然のことながら、出火現場で寝ていた李(仮名)、飯島(仮名)はも警察と消防署員に事情聴取された。二人は完全にうなだれたまま、事情聴取に応じていた。下山伸三(仮名)は、ただ発狂せんばかりに「御本尊を燃やしたら大謗法だ」とか言って、怒り狂っていた。

学会本部別館3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ