アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年04月

■検証9・本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠4   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2   「二箇相承」の解釈に完全に行き詰まった山口範道氏が、著書『日蓮正宗史の基礎的研究』 ...

■検証8・本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠3   □本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る   「二箇相承」の矛盾に対する堀日亨や松本佐一郎の言い訳は、愚にも付かない言い訳である ...

■創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する   私も、福寿荘(仮名)での狂気の騒乱の数々、溝口工務店(仮名)や喫茶店・コンパウンド(仮名)、出刃亀四兄弟(仮名)が経営する同期電設(仮名)等々での創価学会員たちの非常識な ...

■検証7・本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠2   □本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への松本佐一郎の言い訳を斬る   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書で全文を引用している「二箇相承」と京都要法寺13祖貫首・広蔵 ...

■検証6・本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠1   □本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への堀日亨の言い訳を斬る   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚翰集私」「六 ...

■検証5・造仏読誦の要法寺貫首が書写した「二箇相承」を御書全集に載せている日蓮正宗   □造仏読誦の要法寺貫首が書写した「二箇相承」を御書全集に載せている日蓮正宗   日蓮正宗では、1556年(弘治2年)7月7日、富士門流八本山のひとつである京都要法寺13祖貫首 ...

■検証4・本是院日叶が百五十箇条で引用する二箇相承を加筆修正した日辰写本   □日蓮正宗発刊の御書全集に収録されている要法寺13祖貫首・日辰の二箇相承写本   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚翰集私」「六人 ...

■生まれて初めてソープランドに入りインポになったショックで人前から失踪した創価学会員   ぼや事件を起こした狂気の福寿荘(仮名)を退出した後、あのT大学「東洋哲学研究会」、つまり創価学会男子学生部の面々とは、ほとんど縁がなくなったのであったが、一人だけどう ...

■検証3・全く内容が正反対の「二箇相承」を書写している本是院日叶(左京阿闍梨日教)    □歴史的史実に反した記述がある本是院日叶(左京阿闍梨日教)の「二箇相承」写本   「二箇相承」の全文を載せた最古の文献は、1480(文明12年)に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著 ...

■検証2・文献の伝承の経緯からして矛盾だらけの「二箇相承」2   □複数の著書で全く正反対の内容の「二箇相承」を書いている本是院日叶(左京阿闍梨日教)   □1556年(弘治2年)7月7日 京都要法寺13祖貫首・日辰の写本 要法寺13祖貫首・日辰が北山本門寺に行き霊宝を ...

■検証1・文献の伝承の経緯からして矛盾だらけの「二箇相承」1   □1480(文明12年)本是院日叶「百五十箇条」にはじめて全文が登場する「二箇相承」   「日蓮一期弘法付嘱書」(身延相承書)と「身延山付嘱書」(池上相承書)の二通の文書からなる、この「二箇相承書 ...

□日蓮正宗大石寺の「二箇相承」は大石寺9世法主日有の偽作だ   日蓮から大石寺第二祖日興への血脈相承の文書として、日蓮正宗の僧侶・信者のみならず、創価学会員、顕正会員、正信会寺院信者までもが崇めているのが、「身延相承書」(日蓮一期弘法抄)と「池上相承書」( ...

■論破13・細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』粉砕す」の妄説を斬る3   □「一宗をかけての邪正の議論」など行わないことを前提にして詭弁を弄している細井日達   --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の ...

■論破12・細井日達の著書「悪書『板本尊偽作論』粉砕す」の妄説を斬る2   □「戒壇大本尊」写真を複写して日蓮宗が製作した偽作本尊・贋作本尊など全く聞いたことがない --------------------------------------------------------- (日蓮正宗大石寺66世法主細井日達 ...

■競輪・競馬・バクチ・酒・遊び好きで経済破綻、借金地獄で自己破産した創価学会員   さて同期電設(仮名)のもう一人の創価学会員・野々村茂男(仮名)だが、この人の場合は、長い間、創価学会員だとは、わからなかった。というのは、同期電設(仮名)の場合、名前は「電設 ...

■週五日のバイトをしていた間、全く勤行をしていなかった某大学の創価学会学内委員長   私がバイトをしていた同期電設(仮名)に、同じくバイトに来ていた池本淳(仮名)は、某大学の創価学会学内組織委員長を務めるほどの創価学会学生部幹部。しかし幹部とはいっても、こ ...

■検証100・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的4   □日蓮・日興・日目からの血脈相承を自称する大石寺法主の権威確立のため   大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した三番めの動機は、日蓮・日興・日目からの血脈相承を自称する大石寺法主を ...

■検証99・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的3   □大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日蓮一門の総本山にするため   日蓮正宗大石寺9世法主日有が「日興跡条条事」を偽作した第二の動機は、大石寺を身延山久遠寺や北山本門寺を凌ぐ日蓮一門 ...

■検証98・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的2   □大石寺9世日有自らが偽作した「戒壇の大本尊」を理論的に正統化するため   日蓮正宗大石寺9世法主日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的の第一は、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊 ...

■検証97・大石寺9世日有が「日興跡条条事」を偽作した動機・目的1   □なぜ大石寺9世日有は「日興跡条条事」を偽作したのか   「日興跡条条事」という文書は、「二箇相承」「百六箇抄」と並んで大石寺9世日有が偽作した「法主の血脈相承」の中核を成すものである。 ...

■検証96・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ6   □東佑介氏の「日興跡条条事」偽作者解明の論説は全く正鵠を得ていない   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、「日興跡条条事 ...

■普段は仲が悪いのに「反創価学会」になると全員が一致団結した社長夫婦・兄弟たち   お互いに仲の悪い出刃亀四兄弟(仮名)が経営する同期電設(仮名)の末端社員・野々村茂男(仮名)が創価学会員だったが、この男が創価学会員だとわかったのは、ずいぶん後になってからの ...

■検証95・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ5   □「日興跡条条事」偽作者は大石寺客殿で「勤行衆会」をはじめた大石寺9世日有2   日蓮正宗大石寺での丑寅勤行とは、日蓮正宗が出しているどの文献を見ても、「丑から寅の時間にかけて行われる勤 ...

■検証94・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ4   □「日興跡条条事」偽作者は大石寺客殿で「勤行衆会」をはじめた大石寺9世日有   「日興跡条条事」第三条の文 「一、大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広 ...

■検証93・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ3   □「日目再誕説」は「日興跡条条事」が大石寺9世日有によって偽作された証拠である   東佑介氏は2010年11月号「法華仏教研究」に寄せた論文「富士大石寺所蔵『日興跡条条事』の考察」の中で、日目 ...

■検証92・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ2   □大石寺の「日興跡条条事」を偽作した人物は大石寺9世日有である   □「日興跡条条事」第二条の文の「授与之」を「相伝之」と上書きしていることからして、日蓮正宗大石寺歴代法主の中でも、大石 ...

■検証91・「日興跡条条事」は日蓮正宗大石寺9世法主日有の偽作だ1   □大石寺の「戒壇大本尊」「日興跡条条事」「日蓮遺骨・日蓮墓」偽作者は同一人である1   さてそれでは、日蓮正宗大石寺にある「日興跡条条事」なる文献を偽作したのは、一体誰なのか。 これを解 ...

■お互いに仲が悪い四兄弟が経営する電設会社の社員として働いていた遊び好きの創価学会員   私は狂気の福寿荘(仮名)から出た後、東京都内に転居したのだったが、新しいバイト先も見つけなければならなくなり、同じT大学の学生の紹介で入った会社が、出刃亀(仮名)兄弟が ...

■宗創和合時代の日蓮正宗常在寺の談話スペースで見聞した創価学会員の本音と苦悩   東京池袋の日蓮正宗寺院・常在寺の入り口から入って階段を登っていくと、正面が受付で、左側に本堂入り口。須弥壇には1972(昭和47)年に大石寺66世細井日達法主が書写・造立した板本尊 ...

■自分の話しが終わるとクルリと信者に背中を向けた尊大な常在寺37代住職・細井珪道氏   創価学会出身の日蓮正宗僧の大半が、昭和50年代のころは、「正信覚醒運動」に身を投じていくなどしたことがあり、創価学会出身の日蓮正宗僧侶ほど、寺院にあって創価学会員や参詣 ...

■検証90・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである16   □左京阿闍梨日教(本是院日叶)が宣揚した教学は大石寺9世日有の教学そのものだ   日蓮本仏義、事の戒壇、本迹勝劣、釈迦如来像不造仏義、血脈相承、二箇相承、百六箇抄、産湯 ...

■検証89・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである15   □「日興跡条条事」のキーパーソン・本是院日叶(左京阿闍梨日教)の正確な人物履歴   このように、さまざまな史料や証拠などから、日蓮宗系・日蓮正宗系学者・研究者、東佑介 ...

■検証88・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである14   □左京阿闍梨日教の教学は日真門流調御寺教学であるとする犀角独歩氏の説は誤りである   本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」に説かれている教学を、大石寺9世日 ...

■検証87・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである13   □東佑介氏の説は何の根拠もない仏教教学研究者にあるまじき「こじつけ」である   本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」に説かれている教学を、何としてでも日尊 ...

■論破10・「戒壇の大本尊」が本当に身延山の日蓮の大坊に存在していたならば、弟子・信者の誰も知らないはずがない   □細井日達「第1回正本堂建設委員会」説法と著書「悪書『板本尊偽作論』を粉砕す」の自己矛盾を斬る   日蓮在世の時代の身延山の草庵に「戒壇の大 ...

■創価学会員や参詣人に対して尊大な態度だった創価学会出身の日蓮正宗僧侶   昭和57(1982)年当時、東京池袋・常在寺の住職・早瀬義孔氏は病身のため、勤行や法要にはほとんど出仕せず、常在寺在勤教師・平井正道氏、小口寛道氏のどちらか、あるいは二人が本堂での勤行 ...

■論破10・「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない3(聖人御難事1)   □日蓮正宗や創価学会が唱える日蓮出世の本懐論の欺瞞を斬る   日蓮正宗や創価学会、顕正会あたりの信者が、外部から、大石寺に格蔵されている「戒壇の大本尊」なる板本尊が日蓮真作ではな ...

■日蓮正宗常在寺の創価学会お会式で創価学会教義逸脱を批判した常在寺僧・小口寛道氏   東京・池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、江戸時代初期、大石寺16世日就が創建した寺院で、約400年にわたる歴史がある古刹寺院。さらに大石寺17世日精が、法主隠退後、長く常在寺住職 ...

■検証86・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである12   □岡宮光長寺学頭が大石寺59世堀日亨に見せた「秘蔵抄」は後世の偽書である   日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書「隠れたる左京日教師」で紹介している、岡宮・光長寺の学 ...

■検証85・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである11   □岡宮光長寺に本是院日叶「秘蔵抄」なる文書は存在していない3   私としては、沼津市ないしは沼津市教育委員会のほうで、光長寺の宝物等についてかなり詳しく学術調査をして ...

■検証84・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである10   □岡宮光長寺に本是院日叶「秘蔵抄」なる文書は存在していない2   「秘蔵抄」という古文書が、本当に岡宮光長寺宝蔵の中に格蔵されているのか。まず確認する手段としては、岡 ...

■検証83・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである9   □岡宮光長寺に本是院日叶「秘蔵抄」なる文書は存在していない1   本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、著書で説いている教学は大石寺教学ではなく日尊門流の教学であるとする説、 ...

■論破9・「戒壇の大本尊」日蓮造立を証明する文証はない2(聖人御難事1)   □「聖人御難事」における日蓮正宗大石寺66世細井日達法主の欺瞞解釈を斬る   「聖人御難事」は日蓮が弘安二年十月一日の作であるから、弘安二年十月十二日の「戒壇の大本尊」の文証としての ...

■病身で所化僧に抱きかかえられるように勤行に出仕してきた常在寺住職・早瀬義孔氏   日蓮正宗では、東京池袋の常在寺は、末寺の中でも格式の高い、日蓮正宗の言い方だと「寺院等級が高い」と言っている。大石寺66世細井日達法主が、大石寺法主の座に登座する以前、長 ...

■牧口常三郎・戸田城聖時代から創価学会と深い関係だった東京池袋・日蓮正宗常在寺   いろいろ日蓮正宗や創価学会のことを研究していくと、この池袋の日蓮正宗寺院・常在寺は、古くから創価学会と深い関係のある寺院であるということがわかってきた。 戦前、創価学会 ...

↑このページのトップヘ