アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年04月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(9)~本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2

■検証9本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠4

 

本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る2

 

「二箇相承」の解釈に完全に行き詰まった山口範道氏が、著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、こんなことを書いている。

--------------------------------------------

(日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏の妄説)

一つの事跡に対して数通の異説古文献があって、その中より一つの事実を証拠立てようとする場合、その原本の形状を留める文献が一通しかない場合は立証価値が弱く、証拠文献が二通あるものは立証が強くなるものであると考える。

この二箇相承の場合、重須(北山本門寺)の伝承本と大石寺の伝承本(或いは正本か)と、他の反系に流れていた伝承本との三系統があったものと推測されるのである。

これを証明するに足りる理由は、次の文献より窺えるのである。

すなわち、真蹟か写本かの区別はわからないが、大石寺と重須と小泉に、それぞれ伝承本が一本ずつあったということは、会津実成寺の宝物記録に左の如き日辰の記がある。

「血脈相承三幅 二幅は裏に『弘治二(1556)丙辰年七月七日 日優宗純寂円幸次等於駿州富士郡重須本門寺令拝見之畢今欲趣泉州故記之干時永禄三庚申八月十三日 又永禄二巳未年正月十二日奉拝見之日辰』と書し。一幅には

『永禄二巳未年正月十八日於小泉久遠寺書之重須日出上人寺僧本行坊日輝丹後讃岐民部卿京主日玉等熟披見此書写者也。此外大石寺有一紙御付嘱状是廣格異耳 要法寺日辰』と書す。共に華押あり(新編会津風土記巻之15-216)

右記によれば、大石寺と重須と小泉に伝承本があったことを日辰は証明していると云えるのである。其の他にもう一つの伝承系があったということは、日教と越後本成寺日現は両相承書の配列次第と日付は同じであるが、日教と日現のものは先掲の如く文字の異同が余りにも多い。

これだけの僅か八十字位の短文の二紙の中でそれぞれ十二ヶ処も異なっているということは、日教と日現は同一系統の伝承本を見て書写したのではなく、全く別系統であると考えられるのである。小泉のは転写本もないのでここで取り上げられないが、日廣・日耀(日辰本)は共に同一の重須にあったものを書写したのであるから、重須系であり、日教は大石寺系であり、日現は反系伝承で別系である。したがって両相承書は、大石寺系()と重須要山系()と反系の三系統となるが、日付の系統から分けると二系統となるのである。…

御正本は大石寺創立当時には現存し、これが上代から日有上人の頃の書き物の中に引用され、それがたまたまの日教の書き物の中に、その原文が写されて残ったのであろうということが考えられる。

…重須本のことであるが、日廣や日耀が写したものや、駿府城に奉持したという重須の伝承本は正本ではなくて、花押まで模写したところの古写本であったのではと思うのである。

(山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p4043)

------------------------------------------------

二箇相承3 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(8)~本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る

■検証8本是院日叶本・日教本・日辰本の内容の矛盾は「二箇相承」が偽書である証拠3

 

本是院日叶本・左京阿闍梨日教本・日辰本の内容の矛盾への山口範道の言い訳を斬る

 

「二箇相承」の矛盾に対する堀日亨や松本佐一郎の言い訳は、愚にも付かない言い訳であるが、そういう中で、日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長山口範道氏が著書『日蓮正宗史の基礎的研究』の中で、面白い見解を発表している。

日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏は、こんなことを書いている。

--------------------------------------------

(日蓮正宗僧侶・大石寺富士学林図書館長・山口範道氏の妄説)

古来このように両書(身延相承と池上相承の二書。二箇相承のこと)に二通りの伝承経路があるので、本論は仮に両系(正系と傍系)考察という題名を以て論考するものである。

結論的に云って、伝承の日付に異なりがあるということは、何れかが何時の時代かにおいて間違ったのであるということであって、御正本は二種類あったというものではない。

したがって、この日付の異なりは、後世における大聖人の法義の食い違いから起こったものか、或いは書写の誤りから生じたものか、或いは故意的に間違えたものかということである。

 (山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p34)

------------------------------------------------

山口範道氏は、日付等の記載が異なる複数の「二箇相承」の写本が存在することについて

「後世における大聖人の法義の食い違いから起こったものか、或いは書写の誤りから生じたものか、或いは故意的に間違えたものか」

などと、煙に巻いたことを言いつつ、

「御正本は二種類あったというものではない」

などと強弁する。しかしこれほど強気に記載が異なる複数の「二箇相承」の写本が存在することについて強弁しようとする山口範道氏が「二箇相承」の伝承の経緯について、ごまかしがある。

それは、1480(文明12) の本是院日叶(左京阿闍梨日教)の著書「百五十箇条」の中で「二箇相承」の全文を引用していることについて、これを本是院日叶(左京阿闍梨日教)の直記とせずに

「聖滅266(1547)天文16年、要山日在、富士立義記(日叶作)を添削前後補接百五十箇条として編録二箇相承全文引用」(山口範道氏の著書『日蓮正宗史の基礎的研究』p36)

として、1547(天文16)に京都要法寺12祖貫首・日在が「添削前後補接」したものであるとしている。これは、「富士宗学要集」2巻に収録されている「百五十箇条」の末文に

「編者曰く要山本の奥書に云く

時に天文十六年丁未八月十日書写し畢りぬ。住本寺本是院日叶所談なり、十二代日在在判」

(堀日亨編纂『富士宗学要集』2p246)

とあることを根拠にしているものと思われる。

二箇相承3 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

 

続きを読む

樋田昌志を斬る(2)~大石寺56世日応以前に「聖人御難事」日蓮出世の本懐説は存在しなかった

■論破2・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない2

 

□大石寺56世日応以前に「聖人御難事」日蓮出世の本懐説は存在しなかった

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗法華講妙相寺支部・樋田昌志なる者の妄説)

戒壇の大御本尊は秘仏で日興上人ただお一人に相伝された御本尊だ。大聖人が在家に授与した「聖人御難事」に、おおっぴらに戒壇の大御本尊のことを書くわけがない。戒壇の大御本尊のことを、ほのめかしているのだ。 だから、難のことに言及された文で、戒壇の大御本尊のことをオブラートに包んだ言い方になっているだけ。だから、難に言及した部分をカットして読むべきなのだ。

文法的に言っても、そのように読める。読めないのは中学校時代の国語の成績が悪かったからだ。 (樋田昌志なる者が出している破折?DVD映像より)

------------------------------------------------------------

日蓮の遺文「聖人御難事」の中に、大石寺の「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊について「おおっぴらに?」書いてないのは、そもそも、そういった本尊が存在していないし、造立もされていないからで、日蓮がオブラートに包んだ言い方をしているからではない。

「難に言及した部分をカットして読む」などと言っているのは、「聖人御難事」の文の

「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。余は二十七年なり。其の間の大難は各々かつしろしめせり」 (大石寺版『平成新編日蓮大聖人御書』p1396

の「其の中の大難申す計りなし。先々に申すがごとし。」と「其の間の大難は各々かつしろしめせり」をカットして読むと言っているのである。 そうすることによって「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ。余は二十七年なり」というふうに、無理にでも「出世の本懐」に、こじつけて読もうとしているのである。 こんなひどい「聖人御難事」の解釈は、日蓮正宗の法主ですら言っていない。デタラメも余りあるものだ。

こういうのを見ていると、道理を無視してでも何をしてでも、何がなんでも「聖人御難事」を「本門戒壇の大御本尊」なる板本尊にこじつけようとする日蓮正宗の信者の謀略と言わざるを得なくなる。

しかもこの文は「文法的に言っても、そのように読める」「読めないのは中学校時代の国語の成績が悪かったから」などというのは、さらにひどい。こんなひどい読み方をする文法?が、一体、どこにあるのか。 こじつけを言うのもいい加減にしろ、と言いたくなる。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

樋田昌志を斬る(1)~日蓮遺文「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である

■論破1・日蓮遺文「聖人御難事」は日蓮が出世の本懐を顕す「出世の本懐抄」ではない1

 

□日蓮遺文「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である

 

------------------------------------------------------------

(日蓮正宗法華講妙相寺支部・樋田昌志なる者の妄説)

「聖人御難事」の文は「仏は四十余年、天台大師は三十余年、伝教大師は二十余年に、出世の本懐を遂げ給ふ」で一回切れているのだ。そしてこれは「余は二十七年なり」につながっている。

「余は二十七年なり」を法難にかこつけるのは他門流の定石。「聖人御難事」という題名がついてはいるが、これは本来は「出世の本懐抄」と言うべき御書だ。

(樋田昌志が出している破折DVD映像)

-------------------------------------------------------------

日蓮の遺文の中の文を勝手に切ったり、つなげたりして都合よく解釈しているのは、日蓮正宗の信者のほうである。しかも、日蓮の出世の本懐とは何の関係もない遺文を引っ張りだしてきて、名前も「出世の本懐抄」だ、などと勝手に変えようとしている?に至っては、呆れてしまう。

日蓮遺文「聖人御難事」は、日蓮の出世の本懐を顕すことを表明した遺文ではない。こういう解釈は、とんでもない誤った解釈である。「聖人御難事」と日蓮・出世の本懐は全くの無関係である。

「聖人御難事」は日蓮が弘安二年十月一日の作であるから、弘安二年十月十二日の「戒壇の大本尊」の文証としての資格は全くない。日蓮が執筆した「聖人御難事」の内容の主文は、日蓮が立宗宣言してから二十七年間の、さまざまな受難について述べているものであり、例えば次のような文がつづいている。

「況滅度後の大難は竜樹・天親・天台・伝教いまだ値ひ給はず。法華経の行者ならずといわばいかでか行者にてをはせざるべき。又行者といはんとすれば仏のごとく身より血をあやされず、何に況んや仏に過ぎたる大難なし。経文むなしきがごとし。仏説すでに大虚妄となりぬ」

「而るに日蓮二十七年が間、弘長元年辛酉五月十二日には伊豆国へ流罪、文永元年甲子十一月十一日頭に傷を蒙り左の手を打ち折らる。同じき文永八年辛未九月十二日佐渡国に配流、又頭の座に望む。其の外に弟子を殺され、切られ、追ひ出され、過料等かずをしらず。仏の大難には及ぶか勝れたるか其れは知らず。竜樹・天親・天台・伝教は余に肩を並べがたし。日蓮末法に出でずば仏は大妄語の人、多宝・十方の諸仏は大虚妄の証明なり。仏滅後二千二百三十余年が間、一閻浮提の内に仏の御言を助けたる人但日蓮一人なり」(聖人御難事)

 

このように日蓮が年限を入れた受難の文々は他の遺文にもいろいろとある。 「余は二十七年なり」の前後の文脈を見ても、日蓮は、自らの受難や自分が末法に出て難を受けなかったら釈迦牟尼の経文がみな虚妄になってしまうなど、ということについて述べているのである。 したがって「聖人御難事」における「余は二十七年なり」とは、日蓮正宗がいうような「日蓮は二十七年目に出世の本懐を遂げた」という意味ではなく、 「日蓮は二十七年が間、受難の連続であった。このことはすでに各々も御存知のことである」 という意味であること明らかだ。

戒壇大本尊1大正4年由井本1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(124)~創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する

■創価学会批判・池田大作批判の先駆者の一人・ジャーナリスト・内藤国夫氏の活動を検証する

 

私も、福寿荘(仮名)での狂気の騒乱の数々、溝口工務店(仮名)や喫茶店・コンパウンド(仮名)、出刃亀四兄弟(仮名)が経営する同期電設(仮名)等々での創価学会員たちの非常識な振る舞いによる被害を受ける中で、日蓮正宗寺院等への寺跡調査とともに、もちろん反創価学会、反池田大作のジャーナリズム、週刊誌、著書等々をけっこう読みあさった。昭和50年代、60年代、さらには平成10年ころまでは、反創価学会、反池田大作のジャーナリズムがかなり元気な時代であり、あの当時は、週刊文春、週刊新潮、週刊実話が毎週のように創価学会批判の記事を執筆。

大型書店の宗教コーナーに行くと、だいたいどこも創価学会批判の書籍がズラリと並んでいた。

あの当時、さかんに創価学会批判・池田大作批判の論陣を張っていた創価学会批判のパイオニア的ジャーナリストの一人に、元毎日新聞記者・内藤国夫氏がいる。

もともと内藤国夫氏が創価学会問題に取り組んだ契機は、毎日新聞の記者時代だった1969(昭和44)年に内藤国夫氏が著書「公明党の素顔」を出版した時に、創価学会・公明党の最高幹部から卑劣な言論出版妨害を受けたことだった。

以来、約30年にわたり内藤国夫氏は創価学会・公明党問題に取り組み、毎日新聞退社後も1980年には「崩壊する創価学会」、1989年には創価学会本部最高幹部の言動を記した「創価学会・公明党スキャンダル・ウォッチング - これでもあなたは信じますか」という著書を出版。

さらに1980年代から内藤国夫氏は、月刊誌「諸君」に、創価学会批判コラム「月報・創価学会問題」を毎月執筆。1980年 月刊「現代」4月号に池田大作創価学会名誉会長へのインタビューを掲載している。つまり創価学会最高支配者・池田大作氏は、創価学会問題の著書を出版しているジャーナリスト・内藤国夫氏と直接面会し、インタビューに応じているのである。

内藤国夫氏は、1980年代の頃は、正信会や山崎正友氏、原島嵩氏らと行動をともにすることが多く、正信会系全国檀徒新聞「継命」にも、頻繁に登場している。あの当時の「継命」の創価学会批判記事の主筆ライターの一人が、原島嵩氏であった。

こういったこと等からして、1980年代のころの内藤国夫氏の創価学会批判記事の情報源は、正信会や全国檀徒新聞「継命」、山崎正友氏、原島嵩氏らだったと思われる。

内藤国夫氏は、1980年代の「継命」に、頻繁に登場しているが、内藤国夫氏自身は、「継命」に、自分の立場は中立であり、無宗教であると言っている。

内藤国夫氏の執筆記事、著書の内容は、創価学会幹部の言動や創価学会員の社会的事件、不祥事、創価学会と公明党の政教一致問題を取り上げたものが多かった。内藤国夫氏は、1990年代に入ってからは、「政治と宗教を考える会」「憲法20条を考える会」「四月会」等を通じて、戸別配布用の創価学会批判ビラを作成している。

公明党の素顔1 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ