アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年05月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(21)~葬儀・葬列・法要は法席・僧階が最上位の僧侶が大導師を勤めるのが仏教界の通例

■検証21「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興4

 

□葬儀・葬列・法要は法席・僧階が最上位の僧侶が大導師を勤めるのが仏教界の通例

 

---------------------------------------------------------

(法華講員・辻野けんゆう2gの妄説)

大聖人の御葬儀において、葬列で前陣の朗師が読経唱題の際に副導師を勤め、葬列で後陣の昭師が読経唱題の際に大導師を勤めたという証拠は一体何ですか?

(かつてGREE「アンチ日蓮正宗」に居た日蓮正宗信者が掲示板に書いた書き込み)

-----------------------------------------------------------

 

たとえばひとつの例を示すと、日蓮正宗の僧侶社会の僧階がどうなっているかを調べるには、日蓮正宗大石寺での大きな法要における僧侶の「法席」の順序を見ればほぼわかる。

僧侶の「法席」というのは、法要における僧侶が着席する席順と言うこと。つまりこれはほぼ「僧階」=「法席」になっている。

現在、日蓮正宗では教師の僧階が13階級、所化の僧階が4階級設けられていますが、同じ階級に何十人という僧侶がいて、同じ階級の中でも順序が付けられている。つまり大僧都に三十人いたとすれば、その三十人にも順序がある。

では同じ僧階の中での順序はどうやって決めるかというと、まずその僧階に任じられた順番。それも同じなら「法臘」。僧階も「法臘」も同じだったら年齢とか。そんな感じで、全てに順序が決められていて、しかもその「僧階」の順序は、絶対的な身分差として、存在している。

法席のトップは、もちろん法主であり、大導師ということになるが、これはすなわち「僧階最上位」の人物ということになり、日蓮正宗では「僧階最上位」とは大僧正、つまり法主ということです。

僧侶社会では「法席のトップ=大導師=僧階最上位」というのは当然、ということだ。

 

では、僧侶社会の僧階は一体誰が決めるのか、ということですが、日蓮正宗では、当然のことながら、法主(管長)の意向で宗務院が決める。では同じ僧階の中の順序は、僧侶社会の常識として「任じられた順番」「法臘」ということで決められる。

ひるがえって、日蓮一門の僧階は、誰が決めるのか、といえば、日蓮が元気に生きていた時代であれば、それは当然、日蓮が決めるということになる。その日蓮はどこまでを決めたかというと、「御遷化記録」の「定」にあるとおり、弘安5(1282)108日に「六老僧」を決めたということだ。

さらにもうひとつあって、その「六老僧」の中に、阿闍梨号がある人とない人がいる。ということは、阿闍梨号を持っている日昭、日朗、日興、日持の四老僧は、阿闍梨号のない日向、日頂よりも上ということになる。

2祖日興1 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(135)~遊びに狂って借金地獄・経済破綻して失踪した創価学会員と逃げられた創価学会員

■遊びに狂って借金地獄・経済破綻して失踪した創価学会員と逃げられた創価学会員

 

病的なソープランド遊びに狂っていた中本幸一(仮名)は、夫人との結婚生活も早々に破綻。自分で数千万円で買った東京都内の一軒家を夫人に明け渡して、ポンタツ(仮名)社員寮に転がり込んできた。しかし中本幸一(仮名)は、一軒家を住宅ローンで購入していたため、社員寮に住んでいても、住宅ローンの支払いは残った。いわゆる慰謝料替わりということになるが、しかしこの住宅ローンの支払いだけで、毎月十数万円あった。

さらに前夫人との間に生まれた中本幸一(仮名)の実子が1人いて、その子の養育費が毎月数万円のこった。いくら社員寮で生活しているとは言っても、これだけでかなりの経済的負担になる。

しかも中本幸一(仮名)は、社会人になってからはじめたソープランド遊びが、どうしてもやめられない。中本幸一(仮名)は、ルックスは、当時のアイドル歌手・郷ひろみ氏と、歌手・小柳ルミ子の元夫でダンサー・大澄賢也氏をたして二で割ったような感じの、なかなかの男前。喋り口も、なかなかソフトで、甘い喋り口。そして笑顔がなかなかよく似合う男。いかにも若い女性に、もてそうな感じに見える。

加えて中本幸一(仮名)は、中学校の頃から、野球、陸上競技をやっていたスポーツマンで、筋肉ムキムキ。とは言っても、ボディビルやレスラー、関取のような太った筋肉質ではなく、野球選手やマラソン選手のような、やせ型でハリがねのような、引き締まった筋肉質。中本幸一(仮名)は、よほどこれが自慢なのか、社員旅行で部屋が同じだった私や下村康夫(仮名)の前で、酒の勢いも手伝って、上半身裸になり、ハリがね筋肉質の肉体を見せびらかしている。私も下村も唖然。

さらに酒の勢いで、「オレの○○○は巨根だ」とか「頭髪と眉毛以外の体毛を全部剃り落とした」などという自慢話まではじめ、さらに私も下村も唖然。

つまり、中本幸一(仮名)は、「自分は女性にモテモテなのだ」ということを自慢しているわけで、もちろん、離婚後も、ソープランド遊び・ソープ嬢との店外デートも、やめられない。

中本幸一(仮名)の遊びクセは、さらにエスカレートして、ソープランド遊びと同時進行で、ダンスレッスンに通い始めた。最初にこれを聞いたとき、てっきり私は「向上心」でダンスをはじめたものだとばっかり思っていたが、あとでよくよく聞いてみると、これも中本幸一(仮名)の遊び目的だった。

というのは、ダンスの世界は圧倒的に女性人口が多く、男性人口が少ない。しかもダンスでは、男性はけっこう激しい動きで女性をサポートすることが多い。中本幸一(仮名)は、運動が得意だし、大の女性好き。ダンスの世界がそういう世界だと知った中本幸一(仮名)は、あっという間にダンス教室に入った。しかしダンス教室でもレッスン代がかかる。しかもそんなに安い金額ではない。

そうすると、中本幸一(仮名)は、離婚後は、住宅ローンの返済金、養育費の支払い、ソープランド遊びの支出、ダンス教室のレッスン代がのしかかってきた。これで中本幸一(仮名)は、完全に収入よりも支出が多くなってしまう。

歌舞伎町4 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(134)~病的なソープランド遊びが祟って夫婦生活が破綻して一軒家を失った創価学会員

■病的なソープランド遊びが祟って夫婦生活が破綻して一軒家を失った創価学会員

 

1980年代とは、日本が好景気・高成長の時代で、今とは比べものにならないほど、ハローワーク(当時は職業安定所・職安と言った)や求人情報誌には、求人情報があふれかえり、それこそ労働条件のいい仕事、会社はたくさんあった時代。だからポンタツ(仮名)も、いい条件の仕事を見つけた人は退職していき、また新たに新人が入ってくる、といったふうに、かなり社員の入れ替わりがあった。

それとポンタツ(仮名)では、1年に1回、社員旅行と称して関東甲信越近辺の温泉地へ行くバス旅行があった。これには社長以下、社員全員が参加する。温泉ホテルに着くと、社員全員で大浴場に入った後、宴会場で宴会があった。ポンタツ(仮名)の宴会では、まず社長の挨拶。取締役の音頭取りで乾杯。酒好きの社員が多かったため、宴会は大盛り上がりになる。

宴会の盛り上がりが佳境に達したころ、カラオケがはじまる。1980年代前半は、まだカラオケが普及しはじめたころのことで、今のような通信カラオケではなく、その前のレーザーディスク・カラオケのもうひとつ前の時代。係員がレコード盤を手動で出し入れしていた時代で、音楽のみのカラオケ。映像はなし。今は誰でもカラオケをやっている時代だが、あの当時は、カラオケを全くやっていない人、カラオケすら知らない人もたくさんいた。

またホテルの宴会場でも、カラオケを置いている所と置いていない所があり、まだカラオケがあった宴会場は、まだ少なかったころだった。また、たとえ宴会の席でも、公衆の面前で歌を唱う人など皆無。人前で歌を唱うというのは、プロの歌手がやるものだと思っている人がたくさんいた時代のこと。それで宴会でカラオケをはじめようとしたが、歌う人が誰もいない。

それで私がトップバッターで歌ったのだったが、少しアレンジして歌ったら、これが大うけにうけた。さらにこれにはオマケがついて、翌朝、同じ宴会場で社長以下、社員全員が朝食を食べる。ここで「昨夜のカラオケがよかったから、また歌ってくれ」となり、朝食の席でカラオケ。すると今度は、宴会場に座っていた数人の社員が、何と現金を投げ入れるというハプニング。社員旅行は、カラオケで大盛り上がりで終わった。

この社員旅行の宴会で席が隣になり、宿泊の部屋も同じだったのが、中本幸一(仮名)と下村康夫(仮名)。二人とも私より数ヶ月後に入社してきた社員で、下村はあの当時、35才くらいの妻子持ち。中本は25才くらいの若手だが、こちらも妻子持ち。その時は、全く知らなかったのだが、あとで二人とも創価学会員だとわかった。

下村は、真面目で、どちらかというと、おとなしい人柄で、物静かに喋る人。中本幸一(仮名)は、まだ若かったせいか、遊び好きの派手好き。ポンタツ(仮名)は、本社は東京N区にあったが、多摩地方、神奈川県、埼玉県、千葉県、北関東地方に営業エリア拡大をはかり、新規顧客開拓専門の営業マンを雇っていて、中本幸一(仮名)はその一人。中本幸一(仮名)も遊び好き・派手好きなだけあって、アルコールドリンク類も大好き。その場の雰囲気が盛り上がれば、雰囲気に呑まれて饒舌になり、いろんなことをペラペラ喋り出した。

歌舞伎町4 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(20)~大石寺二祖日興が身延山久遠寺第二祖に晋山した史実は全く存在しない3

■検証20「本門弘通の大導師」でも「身延山久遠寺の別当」でもなかった大石寺二祖日興3

 

□法主・管長以外の僧侶が「責任者」「導師」を務める法要・行事に法主は出仕してこない

 

---------------------------------------------------------

(法華講員・辻野けんゆう2gの妄説)

大聖人の御葬儀で日昭、日朗が前陣、後陣の責任者を務めたことは、教団における序列の上下を何ら示すものではない。

そもそも『御遷化記録』とは、いわば宗祖の葬礼についての報告書であります。世間一般においても、報告書というものは普通、現場の最高責任者が書くものではないのでしょうか。『御遷化記録』を書かれたのは日興上人ですから、まさしく日興上人こそが、前陣日朗、後陣日昭らに対して指揮命令の労を取り、御葬儀の一切を総覧されるお立場にあられたと拝せられるのです。

(かつてGREE「アンチ日蓮正宗」に居た日蓮正宗信者が掲示板に書いた書き込み)

-----------------------------------------------------------

 

もし、日蓮正宗の信者が言うように、日興が「葬儀の一切を総覧されるお立場」で、「前陣日朗、後陣日昭らに対して指揮命令の労を取」っていたならば、日興の名前は「御遷化記録」の中に、書いてないはずだ。それはつまりこういうことである。

「前陣日朗、後陣日昭」ということが「御遷化記録」に書いてあるということは、少なくとも日蓮の葬送は、日昭、日朗が仕切っていたということに他ならない。

なぜそういうふうに言えるのか。

ここで僧侶社会の序列・慣習・成り立ちが深く関わってくるのですが、法主・管長以外の僧侶が「責任者」「導師」を務める法要・行事には、法主は出仕して来ない。特にこれは、日蓮正宗においては、そうなっている。したがって、「日興・大導師」「前陣日朗、後陣日昭」だったならば、日蓮の葬送に、日興は出てこず、「御遷化記録」の中に、日興の名前はないはずなのである。

直近の例で言うと、

1959(昭和34)12月の日蓮正宗大石寺65世堀米日淳法主遷化による法主葬儀の時の葬送の行列(お練り)では、前陣・後陣は末寺住職(宗務院役僧)が務めていて、日蓮正宗大石寺66世・細井日達法主は、葬儀の式場にいて、葬送の行列(お練り)には出仕していない。

同じように、1979(昭和54)8月の日蓮正宗大石寺66世細井日達法主遷化による法主葬儀の時の葬送の行列(お練り)でも同様に、前陣・後陣は末寺住職(宗務院役僧の藤本日潤総監・菅野慈雲庶務部長)が務めていて、日蓮正宗大石寺67世・阿部日顕法主は、葬儀の式場にいて、葬送の行列(お練り)には出仕していない。こんな感じである。

日達葬儀1 

(大石寺66世細井日達法主の葬儀・昭和548月号『大白蓮華』より)

 

続きを読む

ブルーシールを斬る(13)~法華講員の「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」誹謗はただの敗走・遁走である2

■論破13・見当違いな「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティ誹謗を斬る2

 

□法華講員の「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」誹謗はただの敗走・遁走である2

 

-----------------------------------------------------------------------

(不埒な洗脳法華講員・ブルーシールの妄説)

「このコミュニティの外へここでの議論の内容を持ち出すこと」これも禁止事項でありコミュ追放にあたいするのだそうです。自分の日記等で、ちょっとでもここでの議論の内容に触れてはいけないのだそうです。それをやると「追放・敗北」なのだそうです。しかし、絶対にそういう処分となるとは限らないようです。主宰者hideに味方する人間だと、処分なしの場合もあるようです。

結局、hideの腹一つというわけです。

 (20090827日のmixi日記)

----------------------------------------------------------------------

「アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗」コミュの「バトルトークのガイドライン」の中に

「ここでバトルトークをしているのに、このコミュニティの外へここでの議論の内容を持ち出すこと。あるいは外へ持ち出すように誘引すること」

を禁止する規定があるのですが、これを見た法華講員・ブルーシールが、「コミュニティの外へここでの議論の内容を持ち出す」ことを、自分の日記で書くことを禁止した規定だと勝手に勘違いして、こんな見当外れなことを書いているわけである。コミュニティの外へここでの議論の内容を持ち出す」とは、何を指しているのかというと、何もブルーシールが、自分の日記であれこれ書くことを禁止しているのではなく、メールや私信等、第三者にわからない場に議論を持ち出すこと、他のコミュニティやブログ等に議論を誘因することを指します。

ブルーシールの日記を含め、公開されている個人の日記に単にコメントを書くだけなら、ご自由にどうぞ。個人の日記のことまで、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティは関知いたしません。これは当然のことであろう。ブルーシールが日記を書くことをわざわざ当方が禁止しなければならない道理も理由も全く存在しない。ブルーシールのまぬけ男ぶりには、全く笑ってしまう。

こんな笑止千万な勘違いを起こしているのは、ブルーシール一人だけである。ではなぜブルーシールがこんな見当違いなことを言っているのか、ということになるが、これは全体公開のコミュニティで問答をする意味が全くわかっていないとしか言いようがない。つまり全体公開の場で、しかもリアルタイムに誰でも自由に閲覧できるというのが、一番公平であるからだ。

アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗2 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ