アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年06月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(147)~池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判2

■池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判2

 

1981(昭和56)416日、最高裁第1小法廷(団藤重光裁判長)で月刊ペン裁判上告審判決が出た。判決では次のような判断が下った。

 

「同会長(池田大作)は、同会(創価学会)において、その教義を身をもって実践すべき信仰上のほぼ絶対的な指導者であって、公私を問わずその言動が信徒の精神生活等に影響を与える立場にあったばかりでなく、右宗教上の地位を背景とした直接・間接の政治活動等を通じ、社会一般に対しても少なからぬ影響を及ぼ していたこと、同会長(池田大作)の醜聞の相手方とされる女性2名(多田時子と渡辺通子)も、同会婦人部の幹部で元国会議員という有力な会員であったことなどの事実が明らかである。このような本件の事実関係を前提として検証すると、被告人によって摘示された池田会長らの前記のような行状は、刑法230条ノ2第1項にいう『公共ノ利害ニ関スル事実』にあたると解するのが相当であって、これを一宗教団体内部における単なる私的な出来ごとであるということはできない」

 

すなわち、「社会的に大きな影響力を持つ創価学会会長(池田大作)は公人であり、池田会長の私生活上の事実といえども公共の利害とのかかわりを持つ」との判断を示し、記事には公共性がないとして名誉毀損罪の成立を認めた1審、2審判決を破棄、東京地裁に審理のやり直しを命じる判決を言い渡したのであった。

1981(昭和56)99日、東京地裁刑事15部(秋山規雄裁判長)で月刊ペン裁判差し戻し審初公判行われ、ようやくここにきて〃目的の公益性〃〃内容の真実性〃が審理の争点となる。すなわち初めて女性関係の事実審理が行なわれることとなった。

差し戻し公判では「内容の真実性」を争って、検察側、被告側ともそうそうたる証人を動員させた。

小沢ヨネ(元学会員)、飯野なみ(元学会員)、原島嵩(元創価学会教学部長)、山崎正友(元創価学会顧問弁護士)、内藤国夫(元毎日新聞記者)、羽柴増穂(元継命編集長)、高橋正雄(東北学院大学教授)、高橋芳夫(元学会員)、松島淑(渡辺通子の実兄)、上田雅一(創価学会副会長)、桐ケ谷章(学会顧問弁護士)、戸田哲夫(週刊新潮記者)、稲垣和雄(元学会員)、持永俊之(創価学会神奈川県長)、福永修(元『週刊新潮』記者)、・・・・さらに渡辺通子公明党参議院議員、池田大作名誉会長ら当事者も証人として出廷した。

1982(昭和57)1015日、名誉会長・池田大作氏がこの月刊ペン事件裁判に証人として出廷し、数々の疑惑について、ことごとく否定する証言を行った。この日の当日、創価学会青年部が傍聴券を求めて早朝から裁判所前に長蛇の行列をつくっていた。これは創価学会本部の号令による傍聴券取りの組織的動員であろうと推測される。

学会本部別館3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(146)~池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判1

■池田大作が史上はじめて東京地方裁判所に証人出廷した「月刊ペン事件」裁判1

 

国会では、かつて創価学会の最高指導者・池田大作の証人喚問ないしは参考人招致が訴状に登ったことが三度あったが、いずれも実現せずに終わった。三度とは1970(昭和45)年の言論出版妨害事件のとき。1980(昭和55)年の第1次宗創紛争のとき。そして1995(平成7)年の宗教法人法改正問題のときである。国会では池田大作の証人喚問は実現しなかったが、しかし裁判の法廷闘争の場に池田大作は証人として出廷し、さまざまな証言を行っている。

その裁判とは1982(昭和57)年から1983(昭和58)年にかけて行われた「月刊ペン事件」裁判と、山崎正友氏による創価学会恐喝事件の裁判である。

まず「月刊ペン事件」とは、どういう事件なのか。これは、日本の雑誌『月刊ペン』が1976年(昭和51年)3月号に掲載した「四重五重の大罪犯す創価学会」、4月号に掲載した「極悪の大罪犯す創価学会の実相」という記事が名誉毀損罪(刑法230条ノ2)にあたるとして、編集長の隈部大蔵が告訴され有罪となった事件。

1976(昭和51)年、「月刊ペン」編集長・隈部大蔵氏が3月号で『連続特集・崩壊する創価学会 四重五重の大罪を犯す創価学会』のタイトルで、過激な創価学会批判記事を執筆した。

「池田大作の金脈もさることながら、特に女性関係において、彼がきわめてはなやかで、しかも、その雑多な関係が病的であり、色情狂でさえある という情報が有力消息筋からしつように流れてくるのは、いったい全体、 どういうことか、ということである。こうした池田大作の女性関係は、なんども疑ってみたけれども、どうも事実のようである」(88~89頁)

「このような俗界にも珍しいほどの女性関係をとり結ぶ、日蓮大聖人の生まれかわり(!)、末法の本仏(!)といわれる〃池田本仏〃が、煩悩に 満ちた現実の人生から、理想の人生への変革を説く清浄にして神聖な仏教を語り、指導する資格は、絶対にない、ということだ」(89頁)、

「池田大作の女性関係は、その数も多いが、まさに病的であるということ。創価学会の実体は、調査すればするほど日本版『マフィア』という以外に表現のいたしようがない存在であるが、ことさら池田大作自身によって代表される非常に病的な邪教の実体には、ただただあきれるばかりである」(80頁)

池田大作3 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(31)~「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書

■検証31・日蓮は「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」と遺言していない1

 

□「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書

 

身延離山や「二箇相承」のことになると、必ずといっていいほど日蓮正宗や創価学会の信者が持ち出してくる文書が1284(弘安7)1018日に日興が書いたとする「美作房御返事」という文書である。日蓮正宗や創価学会の信者が、この文書を持ち出してくる目的は、身延離山や身延山久遠寺の重宝類を日興が持ち出したということを正統化するためである。(実際、日興は身延離山の時は、何も持ち出さなかったのだが)日蓮正宗や創価学会の信者が、重宝がっているのは「美作房御返事」の中にある次の一文である。

「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由、御遺言には承り候えども不法の色も見えず候。」

----地頭の波木井実長が仏法に反したことをしたときは「私、日蓮の魂は身延山には住まないだろう」という日蓮の遺言を私はうかがっていたが、地頭には仏法に反したことをする様子もなかった------

 

つまり日蓮正宗や創価学会の信者は、日興が、波木井実長の謗法行為によって日蓮の遺言のとおりに身延を離山したと言いたいわけだが、この「美作房御返事」は後世の偽作文書である。

「美作房御返事」が後世の偽作文書である第一の証拠は、この文書の中の次の一文である。

「何事よりも身延沢の御墓の荒はて候て鹿かせきの蹄の親り懸らせ給候事、目も当てられぬ事に候」

-----何事よりも、身延山久遠寺の日蓮のお墓は荒れ果てていて、鹿のひづめの跡がついていて、目も当てられぬ状態であります。------

 

日興は、弘安七年(1284)当時、身延山久遠寺の日蓮の墓が荒れ果てていたというのである。しかし、歴史的事実を重ね合わせると、このころに、身延山久遠寺の日蓮の墓が目も当てられぬ状態になるまで荒れ果てていたなどということは、絶対にありえない。どこをどうつついても、そんなことは絶対にあり得ない話しなのである。

そこで、1282(弘安5)10月の日昭、日朗、日興、日持の四老僧の身延山久遠寺帰山から「美作房御返事」が書かれたとされる1284(弘安7)10月までの約二年間の歴史的出来事を時系列で追っていくと次のようになる。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(2)~日蓮正宗系信者だけが仏教を修学していると錯覚・うぬぼれている

□うぬぼれているだけで御書全集も富士宗学要集も読了していない日蓮正宗・創価学会等の信者

 

これは、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会が永年にわたって信者を洗脳教育している重要な要素である。つまり日蓮正宗だけが仏教を修学している。創価学会の会員だけが仏教を修学している。顕正会だけが仏教を修学している。正信会だけが仏教を修学している。他宗派・他門流は、何一つ仏教を修学していなければ、何一つ修行していない。葬式や法事のみを行う葬式仏教と化している。…。日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会は、こんなバカげた洗脳教育を、御講、御会式、折伏座談会、御書学習会等の席で、信者にこれでもかこれでもかと吹聴する。

それで、ガチ信者や行事に参加する信者、他宗派・他門流を全く知らない子どもの頃から日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の庭の中で育った信者ほど、この洗脳に染まりきっている。

全くもってひどすぎる体質である。これは日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の現役信者のみならず、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会から離檀・脱会した人の中にも、いまだにこの洗脳から抜けきれない人もいるくらい。

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の信者たちは、他宗派、他門流でも広く仏教を修学・研鑽して、仏教学の学者がたくさんいることを知らないのだろうか。

日蓮宗には立正大学、身延山大学があり、曹洞宗には駒澤大学、鶴見大学、東北福祉大学、愛知学院大学があり、浄土真宗大谷派には大谷大学、京都光華女子大学、浄土真宗本願寺派には龍谷大学、臨済宗には花園大学、真言宗には高野山大学、天台宗・新義真言宗(智山派・豊山派)・浄土宗の大学や専門学校を包摂する大正大学等があり、数多くの学者がいて、研究機関もあり、研究者や学生もたくさんいて、さまざまな仏教研究の雑誌や定期刊行物、著書もある。

これでどうして日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会だけが仏教を修学しているなどと言えようか。うぬぼれも甚だしいと言うべきである。

洗脳法華講員・ブルーシールや龍神ひろしなどは「アンチ日蓮正宗」を見て「無宗教がこんなに仏教に詳しいのは、絶対におかしい」などということを平気で書いていた。日蓮正宗でも創価学会でも顕正会でも、仏教を修学しているのは自分たちだけで、無宗教はなにひとつ仏教を修学せずに、よほど宗教に無智だと洗脳され続けてきたのであろう。全く以てお笑い草であると同時に、うぬぼれるのもいい加減にしろ、と厳しく断罪されてしかるべき話しであろう。

日蓮正宗や創価学会の信者は、大石寺版の日蓮「御書全集」を持っている信者が多い。「自分たちだけが仏教を修学している」などと「うぬぼれ」に浸っている日蓮正宗や創価学会の信者たちは、はたして自分たちが手にしている日蓮「御書全集」を一度でも読破したことがあるのか。

「アンチ日蓮正宗」では、随所に大石寺59世堀日亨が編纂した「富士宗学要集」を引用しているが、日蓮正宗や創価学会の信者たちは、この「富士宗学要集」全10巻を一度でも読破したことがあるのか。

御書全集3 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(145)~地獄に堕ちることなく順調に事業を発展させて後進に道を譲った創価学会未入信の社長

■地獄に堕ちることなく順調に事業を発展させて後進に道を譲った創価学会未入信の社長

 

あの当時は、好景気の波に乗ってポンタツ(仮名)は、東京本社からKY営業所、GK営業所、SI営業所、TK営業所など、ぞくぞくと業務拡張。腕利きの営業マンを他社から派手に引き抜いたりもしていた。本社の田所常務(仮名)と千田営業部長(仮名)が創価学会員で、千田営業部長(仮名)に至っては、一家で会社の家族寮に住んだ上に、大声で朝から勤行をはじめ、他の社員から苦情を頻発させるほどのガチ信者。そんなガチ信者を大手商社から引き抜いて営業部長に抜擢するほどだから、最初、私はポンタツ(仮名)の梅宮社長(仮名)は、創価学会員か、創価学会関係者なのかなと思っていた。加えて梅宮社長は、朝の朝礼で「人生は一度しかない。その一度しかない人生をムダに生きてはいけない」というような話しをする。どことなく創価学会幹部の指導によく似た話しをするので「この人も創価学会員なのかな」という疑いの目のほうが強くなった。

しかしあとでわかったことなのだが、この梅宮社長(仮名)は創価学会員でも何でもない、一般の人。なぜこれがわかったのかというと、あの当時、本社の経理事務をやっていた森田弘(仮名)と仲が良く、社員旅行などで気があってから、よく話しをするようになった。あの当時、ポンタツ(仮名)の経理室は社長室のすぐ隣にあり、社長室では取締役会や営業部長会などの幹部会が開かれていた。加えて、この森田弘(仮名)は梅宮社長(仮名)のいとこにあたる人物。というわけで、森田弘(仮名)と話しをしていると、会社の内部情報がどんどん森田弘(仮名)経由で私の耳に入ってきた。

その中で、森田弘(仮名)は田所常務(仮名)と千田営業部長(仮名)は創価学会員だが、梅宮社長(仮名)は創価学会員ではないと断言していた。

私と森田弘(仮名)は、あの当時、私が所有していたポンコツ軽自動車に乗って千葉県の海に出かけたり、あるいは社用で森田弘(仮名)Y営業所に来たときや、私が社員旅行や忘年会などの行事で東京本社に行ったときなどは、二人で繁華街に呑みに行ったこともあった。

その東京の繁華街で二人で呑みに行った時のこと。さあこれから帰ろうか、ということになると、何と森田弘(仮名)が、これから梅宮社長(仮名)宅に行って、二人で泊まろうなどと言い出した。えーっ?社長宅で泊まる?これには驚いたのだが、あの当時、森田弘(仮名)は千葉県に在住。私はY市の料理屋「畑」(仮名)の二階に住んでいた。二人で東京で呑んだ帰り、タクシーで帰るとなると、ずいぶんとタクシー代がかかる。そこで森田弘(仮名)は、私と二人で呑みに行った帰りであることを全て承知の上で、一晩だけ社長宅に宿泊することを、梅宮社長(仮名)から承諾を得ているのだという。社長宅に宿泊するとなると、だれでも気が引けてしまうと思うのだが、呑みに行った帰りに森田弘(仮名)にそこまで言われては、引き返すわけにもいかない。そこでその日は森田弘(仮名)の言うとおり、社長宅に宿泊することになった。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ