アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年07月

■論破17・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である7   □日蓮遺文「五尺の雪」「紅蓮・大紅蓮のごとし」「酒は凍りて石のごとし」は小氷期だった証拠だ   1970(昭和45)年に発刊された身延町の正式文献「身延町誌」の中に、明治34~昭和2 ...

■論破16・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である6   □物理学の世界的な権威のある学者の「鎌倉期小氷期説」を「素人の疑難」と誹謗する「慧妙」   日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、鎌倉時代の日本が「小氷期」であることを、躍起にな ...

□「アンチ日蓮正宗」の活動の主軸・軸足をmixi・GREEからオフィシャルブログに移転いたします   2012年2月に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」を開設して以来、「アンチ日蓮正宗」管理人mixi日記の過去ログを加筆・訂正して「アンチ日 ...

■検証46・大石寺9世日有の代に歴史上初めて文献に登場する「二箇相承」   □大石寺法主の相承・相承書が公にせず秘密のままにしていたということは絶対にあり得ない   「二箇相承」が、いつ、誰によって、何のために偽作されたのか、という謎を解明していく上で、大 ...

■自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員   新たに同じ東京N区に大邸宅と稽古場を新築した小矢木隆(仮名)は、それまで自分が住んでいた旧宅は、家賃を取って他人に貸す借家にしてしまった。小矢木隆(仮名)は、この一軒家の他に ...

■新聞雑誌輸送会社を経営する傍ら小劇団のオーナー兼プロデューサーをしていた創価学会員   私は福寿荘(仮名)、溝口工務店(仮名)、同期電設(仮名)の創価学会員がらみの騒動の後、たとえ少しずつでも演劇活動を再開しようと、知人の学生俳優の紹介で、東京N区に拠点を置 ...

□日蓮正宗、創価学会、顕正会の日蓮正宗系のカルト対策を望む人が68%を占めている   第二次世界大戦後、日本の経済復興、高度経済成長の時代、日本経済が世界第二位の経済大国に成長したが、同時に、日蓮正宗・創価学会、立正佼成会、霊友会、天理教、生長の家、パー ...

■論破15・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である5   □枯木・細木・幹が根本から大枝に分かれている楠木から「戒壇の大本尊」造立は不可能である   日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、大石寺の「戒壇の大本尊」の素材は楠木であるからと ...

■論破14・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である4   □小氷期で枯れたクスノキの大木からは「戒壇の大本尊」なる板本尊は造立できない(爆)   鎌倉時代の日本は「小氷期」だったとする学説に衝撃を受けてしどろもどろになった日蓮正宗 ...

■論破13・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である3   □寒冷な気候の東アジアは温暖な気候の西ヨーロッパよりも小氷期入りが時期的に早かったのだ   平成25年(2013)3月16日付け日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は「第15回ネットに蔓延る邪義 ...

2012年2月に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」を開設して以来、「アンチ日蓮正宗」管理人mixi日記の過去ログを加筆・訂正して「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」に移設する作業を行ってきました。 又、同 ...

■検証45・美濃周人氏の「日蓮は弘安五年十月十三日に身延山付嘱書を書けなかった」説は誤りである   □日蓮は身延山付嘱書を書けなくても代筆の仮説が成り立つので美濃周人説は誤りである   美濃周人氏は著書「虚構の大教団」の中で、「日蓮は弘安五年十月十三日に ...

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」創価学会女子部長・佐野由美子氏   ジャーナリスト・内藤国夫氏は、創価学会全国女子部長だった佐野由美子氏について、著書「スキャンダルウオッチング」の中で次のように報じているので、ここに引用してみたい。 ...

□非常識な堕地獄論を説く日蓮正宗系のカルト信者には「死」を語る資格すらないと言うべき   これも昔から言われていることですが、日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の極めてひどい悪弊・弊害のひとつ。それも日蓮正宗は日蓮正宗の僧俗だけが成仏して他は全て堕地獄 ...

■検証44・美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである2   □堀日亨の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説の弁解も誤りである   「二箇相承」の「富士山本門寺戒壇可被建立也」文の矛盾を説明するために、美濃周人氏はこの矛盾点につい ...

■検証43・美濃周人氏の『富士山本門寺戒壇可被建立也』文法ミス説は誤りである1   □「富士山本門寺戒壇可被建立也」の訳文を改変して読む日蓮正宗・創価学会   元創価学会員・元日蓮正宗信者である文筆家・美濃周人氏は、著書「虚構の大教団」の中で 「二箇相承」 ...

■論破12・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である2   □12世紀から17世紀ころまで日本、中国、モンゴル等の東アジアは小氷期だった   日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、「アンチ日蓮正宗」の「1200~1900年 の約700年間は『鎌倉・江戸小氷 ...

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」平塚貞子氏・松岡資夫妻   ジャーナリスト・内藤国夫氏は、創価学会全国副婦人部長だった平塚貞子氏について、著書「スキャンダルウオッチング」の中で次のように報じているので、ここに引用してみたい。 「平塚 ...

□都合が悪いことは「ウソだ」「証拠がない」「2ちゃんねるだ」と誹謗・連呼する日蓮正宗系の信者   これも日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会に長くいた信者に見られる典型的な悪弊・弊害である。「アンチ日蓮正宗」が大石寺の「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条 ...

■検証42・付法蔵、中国・日本の天台宗の事例、「譲座本尊」は二箇相承の証明にはならない   □付法蔵、中国天台宗・日本天台宗の事例は二箇相承の証明にはならない   ------------------------------------------------------------------------------- (日蓮正宗 ...

■論破11・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である1   □「アンチ日蓮正宗」を閲覧して日蓮正宗の信者が洗脳から目が覚めることを怖れる「慧妙」   最近、「アンチ日蓮正宗」管理人の元に「日蓮正宗の謀略機関紙『慧妙』が『アンチ日蓮 ...

■内藤国夫氏が報じる「もうひとつの池田スキャンダル」大島光明夫妻・上田雅一夫妻   創価学会の最高指導者・最高支配者である池田大作の女性スキャンダルは、何も「月刊ペン事件」で報じられた多田時子氏、渡部通子氏だけではない。ジャーナリスト・内藤国夫氏は、大 ...

■検証41・身延山久遠寺を「身遠山久遠寺」と記載されている身延山相承書の怪   □「点画少しも違わず書写」したはずの「二箇相承」日辰写本に存在する「身遠山」の誤記   「二箇相承」にまつわる矛盾は、他にもたくさんある。 「日辰上人、正筆御拝覧の時、点画少 ...

■検証40・「二箇相承」大石寺本を偽書と断罪した越後本成寺8世日現   □本是院日叶がはじめて全文引用した「二箇相承」大石寺本を実見して偽書と断定した日現   戦国時代のころ、「二箇相承」を書写して、これが後世の偽作文書であると弾劾した人物がいる。それは法 ...

□宗教界は「正しい宗教」「間違った宗教」で成り立っていると錯覚している日蓮正宗系の信者   日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会の悪弊・弊害の第一番目に「無宗教を知らない」という項目を挙げた。これて行くと「じゃあ日蓮正宗系の信者は宗教は知っているのか」と ...

■A 「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」に参加し続けている限り、反論は1日後でも、3日後でも、1週間後でも、1ケ月後でも、6ヶ月後でも、1年後でもOKとします。 ただし、1年すぎても何の反論も反証もしない者は、議論放棄して敗北宣言したものと見なします。 ■B 下記の者は ...

この度、「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」ガイドラインを改訂することにしました。 ガイドラインとは、mixi「アンチ日蓮正宗vs日蓮正宗」コミュニティをつくったときに、ご協力をいただいた「アンチ日蓮正宗」の有志の方から、下記のご意見をいただいたことに、はじまります ...

ご相談やご意見等で、「アンチ日蓮正宗」管理人のもとに、お電話をいただくことがございます。 管理人は、極力、電話に出るように致しておりますが、どうしても電話に出ることができないことがございます。その理由としましては □1 自動車の運転中の時 □2 電車、バス ...

■検証39・「五人所破抄見聞」の筆者は富士妙蓮寺日眼ではなく戦国時代以降の文書である   □「五人所破抄見聞」は大石寺9世日有以前に「二箇相承」が存在した証明ではない   二つめの文献は、1380(康暦2)年に富士門流の本山寺院・富士妙蓮寺(現・日蓮正宗本山妙蓮寺 ...

□他宗や未入信者を「謗法の連中」「身延派」「念仏宗」等と下す洗脳をしている日蓮正宗系団体   これは「日蓮正宗系信者だけが仏教を修学していると錯覚・うぬぼれている」という悪弊・弊害とよく似た、関連性がある悪弊・弊害である。これは、日蓮正宗・創価学会・顕 ...

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部通子氏の実家・松島家   「月刊ペン事件」で渡部通子氏が池田大作のお相手とされた根拠の一つに、池田大作が会長就任以前において、渡部通子氏の実家である埼玉県大宮市(現・さいたま市)の松島家に、頻繁に ...

■検証38・日頂の書とされる「本尊抄得意抄添書」は後世の偽作文書   □歴史上はじめて「二箇相承」の全文を引用した人物は本是院日叶(左京阿闍梨日教)である   二箇相承書の全文を載せた最古の文献は、1480(文明12年)  本是院日叶(左京阿闍梨日教)が「百五十箇条」 ...

□「反日蓮正宗宗門・法華講・反創価学会・反顕正会・反正信会」が「アンチ日蓮正宗」の基本路線   「アンチ日蓮正宗」という名前を聞いて、「創価学会はどうなのか」「顕正会はどうなのか」「正信会はどうなのか」という問い合わせをする人がいる一方で、「創価学会が ...

■内藤国夫氏が報じる「月刊ペン事件」池田大作のお相手・多田省吾・多田時子夫妻   ジャーナリスト・内藤国夫氏が、暴露本「スキャンダルウオッチング」と題する著書の中で「月刊ペン事件」の池田大作のお相手とされた多田省吾・多田時子夫婦についても、書いている。 ...

□何が偽作の証拠で何が真筆の証拠なのか、まるでわからない日蓮正宗や創価学会等の信者   日蓮正宗のガチ信者たちと問答すると、いかに彼らが「道理」に暗いか、「証拠」ということが、まるでわかっていないことに驚かされてしまう。大石寺の「戒壇の大本尊」が日蓮真 ...

■内藤国夫氏が報道する「月刊ペン事件」池田大作のお相手・渡部一郎・渡部通子夫妻   1970年代から1990年代前半にかけて日蓮正宗・創価学会問題を追及し続けていたジャーナリスト・内藤国夫氏が、創価学会最高幹部等の素顔、本当の姿を暴露する暴露本「スキャンダルウ ...

■検証36・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない3   □自らの研鑽・行脚・調査で「戒壇大本尊」「二箇相承」が後世の偽作だと気づいた堀日亨   それにしても、なぜ日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨が、自らの著書の中で、「戒壇の大本尊」なる ...

■検証35・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない2   □日興は身延離山のときに何も持ち出していないと認めている大石寺59世法主堀日亨   したがって、日蓮正宗や創価学会で言っている 「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の ...

■検証34・日興は身延離山のときに、身延山久遠寺から何も持ち出していない1   □本当に日興が身延離山で重宝を持ち出していたら涅槃経を原殿に返すはずがない   日蓮正宗や創価学会では、「日興上人は本門弘通の大導師であり、身延山久遠寺の別当であったから、身延 ...

□時間とコストをかけて本気で仏教を検証・研究しようとしない日蓮正宗や創価学会の信者   仏教教学を不信や疑問の上から検証・研究して行くことを全く知らない、あるいは理解できない日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害と関連した悪弊・弊害である。 こ ...

■昭和57年に「月刊ペン裁判」に証人出廷した創価学会名誉会長・池田大作の証言   「月刊ペン事件」裁判は、歴史上はじめて池田大作が証人出廷した裁判として、世間の注目を浴びた。これは1970(昭和45)年の言論出版妨害事件、1980(昭和55)年の第一次宗創紛争のときに池 ...

■検証33・日蓮は「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」と遺言していない3   □「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書3   1366年(貞治5年)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状—「興津法西より日伝への返付状」の内 ...

■検証32・日蓮は「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」と遺言していない2   □「地頭の不法ならん時は我も住むまじき由」の「美作房御返事」は後世の偽作文書2   かつて洗脳法華講員の「やよい」なる者が、mixi「アンチ日蓮正宗」で、美作房御返事の「地頭の不法な ...

□「仏法を学す」ことは仏法への不信や疑問からスタートすることが理解できない洗脳信者たち   日蓮正宗の信者たち、特に洗脳法華講員たちは「なぜ無宗教なのに仏教に詳しいのか」「日蓮正宗を批判する者が仏教に詳しいのは、おかしい」「無宗教が仏教に精通しているの ...

2012年2月からスタートさせた「アンチ日蓮正宗オフィシャルブログ」ですが、2013年6月で20万pvを突破しました。ありがとうございました。 ■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/   もうひとつの同じく2012年2月にスタートさ ...

↑このページのトップヘ