アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年07月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

『慧妙』を斬る(17)~鎌倉時代の身延山が「小氷期」だったことを裏付ける日蓮遺文について反論不能の「慧妙」2

■論破17・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である7

 

□日蓮遺文「五尺の雪」「紅蓮・大紅蓮のごとし」酒は凍りて石のごとし」は小氷期だった証拠だ

 

1970(昭和45)年に発刊された身延町の正式文献「身延町誌」の中に、明治34~昭和25年にかけての身延町をはじめ、山梨県各地の平均気温と降水量が載っている。

http://www.town.minobu.lg.jp/chosei/choushi/minobu/T02_C02_S01_1.htm

それによると、次のようになっている。

月      1   2   3   4   5    6   7    8    9   10   11  12  全年

身 延 ℃ 3.5  3.4  7.9  13.0  17.4  21.8  25.9  26.6  23.1  16.7  11.3  5.7  14.7 

㎜  58  63  106  158  124  275  170   244   236  307  138  65  1,944

 

そして、この平均気温について、次のようなコメントをつけている。

「年平均気温についてみると、山中より5.8度高く、小淵沢よりも4.0度高いが、甲府と比較してみると意外にも0.5度高いだけである。これは大陸性気候のため夏期に盆地の気温が急上昇し、峡南地区よりもかえって高温となるためであり、身延町の年平均14.7度という数字は、主として冬期の温暖によるところが大きい。」(身延町誌)

又、「国土交通省「UJIターン支援サイト」ふるさとサーチ」の「山梨県身延町・自然・気象」によれば

http://www.mlit.go.jp/crd/chisei/ujisearch/spec/19/19365_02.html

気候の特徴 山梨県でも比較的温暖で温暖多雨地帯である。  

   年平均気温  14.4   最高月平均気温  26.8

  最低月平均気温  1.9   降水日数  125

  年間降水量  2737mm   最大積雪深  10cm

  積雪日数  3     

 

となっている。これらの公式データと比較しても、日蓮の遺文(御書)の文

「雪かたくなる事金剛のごとし。今に消ゆる事なし。昼も夜も寒く冷たく候事、法にすぎて候。酒は凍りて石のごとし。」・・・・(御書全集p1294)

「其の身の色、紅蓮・大紅蓮のごとし。声は波々大波々地獄にことならず。手足寒じて切れさけ人死ぬことかぎりなし」 (御書全集p1295)

「・・・五尺の雪ふりて本よりも通わぬ山道ふさがり、訪いくる人もなし。・・・」(御書全集p1437)

これらは、日蓮在世の時代の身延山の冬は、現代よりも、はるかに気温が低かったことを物語っている。

雪の上越線1 

続きを読む

『慧妙』を斬る(16)~鎌倉時代の身延山が「小氷期」だったことを裏付ける日蓮遺文について反論不能の「慧妙」

■論破16・大石寺の「戒壇大本尊」は日蓮真造ではなく大石寺9世日有の偽作である6

 

□物理学の世界的な権威のある学者の「鎌倉期小氷期説」を「素人の疑難」と誹謗する「慧妙」

 

日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、鎌倉時代の日本が「小氷期」であることを、躍起になって否定しようとしている。鎌倉時代の日本が「小氷期」であることを認めてしまうと、鎌倉時代の身延山には、枯木の楠木しかなかったことがあきらかになり、そうなると日蓮は楠木を素材にした「戒壇の大本尊」なる板本尊は造立できなかったことが明白になる。

だから「慧妙」は「(小氷期説は)所詮は素人の“ためにする”疑難にすぎず」などと見出しを付けて、「鎌倉時代小氷期説」を否定しようとする。しかし鎌倉時代の日本が小氷期であると最初に言ったのは、日本の宇宙物理学者。太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威で、早稲田大学理工学部総合研究センター客員顧問研究員。神奈川大学名誉教授。ユトレヒト大学、インド・ターター基礎科学研究所、中国科学院の客員教授、理学博士の桜井邦朋氏。「桜井邦朋」

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%9C%E4%BA%95%E9%82%A6%E6%9C%8B

桜井邦朋氏が鎌倉時代の日本が小氷期であったとする説を唱えた「太陽黒点が語る文明史 「小氷河期」と近代の成立」という本は、桜井邦朋氏が19877月に書き上げた著書である。

そういう世界的な宇宙物理学、太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威のある学者である桜井邦朋氏の「鎌倉期・小氷期説」を、日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は「所詮は素人の“ためにする”疑難にすぎず」などと誹謗中傷するのだから、こちらが驚いてしまう。「慧妙」はどういう資格があって、世界的な宇宙物理学、太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威のある学者である桜井邦朋氏の「鎌倉期・小氷期説」を、「素人の疑難」と誹謗中傷できるのか。世界的な宇宙物理学、太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威のある学者が「素人」であるはずが絶対にない。永年にわたって物理学者としての業績を積み重ねてこられた方であるからこそ、宇宙物理学、太陽物理学、高エネルギー宇宙物理学の世界的な権威と称されるわけである。では「慧妙」は、桜井邦朋氏の「鎌倉期・小氷期説」を、「素人の疑難」と誹謗中傷できるほどの物理学の業績をどれだけ積んできているというのか。日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、後世の偽作本尊である「戒壇の大本尊」や偽書「二箇相承」を日蓮真造などとデタラメを言って、日蓮正宗の信者を騙す業績は山のように積み重ねてきているが、真面目な物理学の業績など、皆無ではないか。「慧妙よ、うぬぼれるのもいい加減にしろ」と厳しく断罪されてしかるべき話しであろう。桜井邦朋氏の「鎌倉期・小氷期説」を、「素人の疑難」と誹謗中傷する日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、桜井邦朋氏に頭を下げて謝罪すべきであろう。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」管理人mixi日記を「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動にして全体公開に戻しました

□「アンチ日蓮正宗」の活動の主軸・軸足をmixiGREEからオフィシャルブログに移転いたします

 

20122月に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」を開設して以来、「アンチ日蓮正宗」管理人mixi日記の過去ログを加筆・訂正して「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」に移設する作業を行ってきました。

1年半にわたる作業の中で、これらの移設作業の約75%が完了しました。

これによりまして、「アンチ日蓮正宗」管理人のmixi日記を「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動にして、全体公開に戻しました。ただし全体公開に戻したのは、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動になったmixi日記のみで、ボイス、フォト、メッセージは友人限定のままです。

又、今回の変更に伴って、約1年ぶりにmixiプロフィールを加筆・訂正させていただきました。

同時にmixiGREEの「アンチ日蓮正宗」コミュニティにある「戒壇の大本尊」「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」「本尊七箇相承」「産湯相承事」「御義口伝」「日蓮墓」等が大石寺9世日有の偽作であるとする偽作論を加筆訂正して「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に移設する作業を行ってきております。

こちらは、あまりにも莫大な量であるため、1年や2年ではとても移設作業が終わりそうもありません。かなり長期的な作業になりそうです。

はっきり言って、今後は「アンチ日蓮正宗」のインターネット上の活動の主軸・軸足はGREEmixiといったSNSから、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」のブログに移転していきます。

20122月における「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」の開設以降、「アンチ日蓮正宗公式ツイッター」「仏教宗学研究会公式ツイッター」、「アンチ日蓮正宗facebookページ」「仏教宗学研究会facebookページ」を開設しました。

「アンチ日蓮正宗公式ツイッター」「アンチ日蓮正宗facebookページ」は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動。「アンチ日蓮正宗」管理人GREE日記は、従前から「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動になっています。

「仏教宗学研究会公式ツイッター」、「仏教宗学研究会facebookページ」は「仏教宗学研究会のブログ」と連動になっています。それで今回、「アンチ日蓮正宗」管理人mixi日記を、「足跡帳」等の一部のみを残して「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と連動にしました。こういったことから、「アンチ日蓮正宗」のインターネット上の活動の主軸・軸足は、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」のブログということになっていきます。

どうしてブログが「アンチ日蓮正宗」のインターネット上の活動の主軸にしていくのか、という点ですが、この最大の理由はアクセス数、アクセスユーザーの数であるUU数の爆発的な増加が挙げられます。

アンチ日蓮正宗1 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(46)~大石寺9世日有の代に歴史上初めて文献に登場する「二箇相承」

■検証46・大石寺9世日有の代に歴史上初めて文献に登場する「二箇相承」

 

□大石寺法主の相承・相承書が公にせず秘密のままにしていたということは絶対にあり得ない

 

「二箇相承」が、いつ、誰によって、何のために偽作されたのか、という謎を解明していく上で、大きなポイントになるのが、「二箇相承」が、歴史上はじめて古文書に登場するのは、いつなのか、という点である。「二箇相承」が、歴史上はじめて文献・古文書に登場するのは、1480(文明12)に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「百五十箇条」で引用している「二箇相承」である。

1480(文明12)  本是院日叶(左京阿闍梨日教)「百五十箇条」

「身延相承書 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す、本門弘通の大導師為るべきなり、国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ・事の戒法と謂ふは是なり、中ん就く我門弟等此状を守るべきなり

弘安五年壬午九月十三日、血脈の次第・日蓮・日興、甲斐国波木井山中に於て之を写す」

「池上相承 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す、身延山久遠寺の別当為るべし、背く在家出家共の輩は非法の衆為るべきなり

弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判、武州池上」

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p183184)

 

ところがその左京阿闍梨日教は、長享2年(1488年)6月に書いた『類聚翰集私』、延徳元年(1489年)11月に書いた『六人立義破立抄私記』では、全く内容が異なる「二箇相承」を書写している。

1488(長享2)610日 左京阿闍梨日教「類聚翰集私」

「身延相承 釈尊五十年の説教、白蓮日興に之を付属す身延山久遠寺の別当たるべし、背く在家出家共の輩は非法の衆たるべきなり

弘安五年九月十三日、日蓮在御判、血脈次第日蓮日興、甲斐国波木井山中に於いて之を図す」

「池上相承 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す本門弘通の大導師たるべきなり、国主此の法を立てらるれば富士山に本門寺の戒壇を建立すべきなり、時を待つべきのみ、事の戒法とは是なり、中んづく我門弟等此状を守るべきなり、

    弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判」

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p314315)

 

これが「二箇相承」なる文書が、歴史上、初めて登場する文献である。「二箇相承」なる文書が、日蓮から日興への血脈相承を証明する文書だというなら、約200年も、他の文献に見えずに、誰一人知らないというのは、大いに矛盾した話である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(156)~自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員

■自分の妻の親族の代払いによる莫大な借金返済を功徳と体験発表していた創価学会員

 

新たに同じ東京N区に大邸宅と稽古場を新築した小矢木隆(仮名)は、それまで自分が住んでいた旧宅は、家賃を取って他人に貸す借家にしてしまった。小矢木隆(仮名)は、この一軒家の他にも、数軒の一軒家を所有していて、全て借家として他人に貸している。つまり小矢木隆(仮名)は、他人に貸している一軒家から入ってくる家賃収入で、鍋宴会やタクシー代の経費を全てペイしていたというわけである。その小矢木隆(仮名)がオーナーになっている一軒家を借りている一人に長谷山義男(仮名)という人物が居て、この男も創価学会の地域組織で男子部地区リーダーを務める創価学会員。長谷山義男(仮名)は、1才年上の夫人と夫人の妹の3人暮らし。3人とももちろん創価学会員である。この長谷山義男(仮名)絡みのトラブルも後に起きることになる。

さて劇団Kの稽古が終わった後は、小矢木隆(仮名)の自宅の応接間で鍋宴会となる。小矢木隆(仮名)は、劇団のオーナー兼プロデューサーだが、稽古場の稽古にはほとんど顔を見せずに、監督(演出家)やスタッフに全てを任せている。だから稽古そのものは、全て監督(演出家)が取り仕切る。小矢木隆(仮名)は、創価学会幹部だから、夜の稽古をやっている時間帯は、創価学会活動をやっていて、これが終わってから、鍋宴会だけに出てくる。鍋宴会に出てきた小矢木隆(仮名)は、いつも上機嫌。鍋宴会では一人で喋りまくって、ビールやら日本酒を呑み、鍋料理を食べる。そしてほろ酔いかげんになってきて、顔がピンク色になってくると、小矢木隆(仮名)はタバコを吸いながら説教をはじめる。ものすごく耳に痛いことや言いにくいことでも平気で口にする小矢木隆(仮名)

監督(演出家)やスタッフ、役者らは、ただ黙って小矢木隆(仮名)の説教を聞いている。まさに小矢木隆(仮名)の独演会と化してしまう鍋宴会。しかし小矢木隆(仮名)の説教を聞いている監督(演出家)やスタッフ、役者らは、本心では小矢木隆(仮名)の説教を快く思っていない。「何だ、稽古にも出てこないで」と苦々しく思っているが、しかしタダで鍋料理を食べることができ、タダでビールや酒を呑ませてくれるわけだから、表だって小矢木隆(仮名)批判をなかなか口に出来ない。監督(演出家)やスタッフ、役者らが小矢木隆(仮名)批判を口にするのは、小矢木隆(仮名)がいない場でのことである。一見すると、小矢木隆(仮名)がカネの力で監督(演出家)やスタッフ、役者らをねじ伏せているように見えなくもない。

ではなぜ小矢木隆(仮名)は、会社を経営する傍らで劇団のオーナー兼プロデューサーができるまでになったのか。小矢木隆(仮名)は、元々は創価学会員ではなく、小矢木夫人のほうが若い頃から創価学会員だった。小矢木隆(仮名)は創価学会員の夫人と結婚しても、夫人が創価学会活動に励む一方で、創価学会に反対し、完全に創価学会には背中を向けていた。

小矢木隆(仮名)は若い頃からタクシー運転手をやっており、タクシーで稼いでカネを貯め、一軒家を購入。そして他人に貸して家賃をもらうということをはじめた。これは昭和30年代から50年代にかけてのころだから、日本が高度経済成長の時代。相当、タクシーも景気が良かったものと思われる。

学会本部別館3 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ