アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年09月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

資料整理と旅行のため9月30日まで「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を休みます

皆様には、いつも「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を御覧いただきまして、まことにありがとうございます。

この9月からは、新たに「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と「仏教宗学研究会のブログ」にメッセージ機能を追加しまして、皆様方からのご意見を拝聴させていただいております。メッセージ機能につきましては、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」のみならず、「アンチ日蓮正宗公式ツイッター」「仏教宗学研究会公式ツイッター」「facebookページ・アンチ日蓮正宗」「facebookページ・仏教宗学研究会」にも付いておりますので、そちらからでも、送っていただくことが可能でございます。

さて「アンチ日蓮正宗」管理人は、今週は旅行に出かけます。東京に帰ってからも資料整理等がございます故に、930日まで「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新・新たな記事のUPをお休みさせていただきます。101日以降、再開させていただきます。

ただし、お休みさせていただくのは、あくまでも「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新・新たな記事のUPをお休みさせていただくものであり、御相談等のご用件がお有りの方は、今まで通り、メッセージを送って頂くことや、お電話をしていただいてもOKでございます。

(ただし、当たり前のことですが、スパムメッセージ、スパムメールや迷惑電話はお断りです。)

よろしくお願いします。

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルツイート

https://twitter.com/anti_nichiren

■アンチ日蓮正宗・facebookページ

https://www.facebook.com/pages/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%81%E6%97%A5%E8%93%AE%E6%AD%A3%E5%AE%97/584363118282254

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

■仏教宗学研究会・オフィシャルツイート

https://twitter.com/bukkyoshugaku

■仏教宗学研究会・facebookページ

https://www.facebook.com/bukkyoushugakukenkyukai

■管理人連絡先

090-8104-2605

アンチ日蓮正宗4
 

二箇相承は9世日有の偽作だ(67)~左京日教の「日叶」名の碑建立による日有門下1481(文明13)年以降帰伏説は誤り

■検証67・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである6

 

左京日教の「日叶」名の碑建立による日有門下1481(文明13)年以降帰伏説は誤り

 

1481(文明13)年、本是院日叶(左京阿闍梨日教)は京都・鳥辺山に日蓮の碑を建立しているが、このとき、名前を大石寺9世日有門下の「左京阿闍梨日教」を使わず、京都・日尊門流の時の名前「本是院日叶」を使っているから、日蓮宗系・日蓮正宗系の学者・研究者では「本是院日叶(左京阿闍梨日教)が日有の門下に帰伏したのは、1481(文明13)年以降である」という説が定説になっているようである。最近では犀角独歩氏が、この説に相当な執着心を見せており、かつて犀角独歩氏は、こんな説を唱えていた。

-------------------------------------------------------------

(犀角独歩氏の妄説)

文明13(1481)7月 日教は住本寺日叶として鳥辺山に日蓮碑を建立。

文明1314年頃、大石寺に帰伏。その後、日教と改名。

文明149月、日有は寂。

となると、日叶が大石寺に上がったのは、137月から翌年9月の14ヶ月の間ということになります。…日有の統率する大石寺には帰伏した。しかし、会うこともできなかった可能性すらあります。(かつて犀角独歩氏がGREE「アンチ日蓮正宗」掲示板に書いた書き込み)

------------------------------------------------------------

この犀角独歩氏の説をはじめとする「本是院日叶(左京阿闍梨日教)が大石寺9世日有の門下に帰伏したのは、1481(文明13)年以降である」という説は、誤った説である。

以前から詳述しているように、大石寺9世日有の代以前から、日蓮正宗大石寺門流と日尊門流は、同じ「富士門流」として相互交流があったわけだから、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が大石寺9世日有の門下に帰伏したからといって、改名する必要など、あろうはずがない。

本是院日叶が左京阿闍梨日教と改名したのは大石寺9世日有の門下帰伏が理由ではない、ということが明らかになれば、「本是院日叶(左京阿闍梨日教)が日有の門下に帰伏したのは、1481(文明13)年以降である」という説も、必然的に誤りである、ということになる。

この当時の仏教界、すなわち平安・鎌倉・室町・戦国・安土桃山時代の仏教界には、今のように信者名簿や寺檀制度が整備されていたわけではなく、僧侶や信者で「二重信仰」「三重信仰」していた人は、それこそたくさんいた。又、富士門流内においては、京都・日尊門流、大石寺門流、西山本門寺、北山本門寺、保田妙本寺、小泉久遠寺等は、相互に交流があったわけだから、この富士門流の中で、例えば大石寺と日尊門流、北山本門寺と日尊門流、あるいは北山本門寺、小泉久遠寺、日尊門流といった風に「二重信仰」「三重信仰」の「かけもち信仰」をしていた僧侶・信者は、ごく当たり前のように存在していた。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(66)~本是院日叶の左京阿闍梨日教への改名は大石寺9世日有門下帰伏が理由ではない

■検証66・左京阿闍梨日教(本是院日叶)の経歴・事跡に関する今までの通説は誤りである5

 

本是院日叶の左京阿闍梨日教への改名は大石寺9世日有門下帰伏が理由ではない

 

左京阿闍梨日教(本是院日叶)に関する従来の通説によると、本是院日叶は日尊門流から日蓮正宗大石寺9世法主日有の門に帰伏したときに、名前を本是院日叶から左京阿闍梨日教と改名したとされていることから、左京阿闍梨日教ではなく「日叶」の名前を使っているということは、大石寺9世日有帰伏前である、とする。これによると、1480(文明12)年、著書「百五十箇条」を著したときは「日叶」の名前を使い、さらに1481(文明13)年、京都・鳥辺山に日蓮の碑を建立したときも「日叶」の名前を使っているので、少なくとも、日叶(左京阿闍梨日教)が日有に帰伏したのは、1481(文明13)年以降である、とするのである。これは近年では、犀角独歩氏あたりも唱えている。しかし、これら左京阿闍梨日教(本是院日叶)に関する従来の通説は誤りである。なぜ誤りなのか。

まず第一に、従来の通説では、大石寺門流では、他門流から帰伏した場合には改名するというのが立義になっており、その根拠として「化儀抄」の

「六人上主の門徒の事、上首帰伏の時は、元より六門徒なるが故に門徒を改めず同心すべし、さて門徒の先達未だ帰伏せざれば、衆僧檀那に於いては門徒を改むべし」(富士学林編纂『日有師化儀抄』p70)

を挙げている。しかし、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が日有帰伏前の出身門徒である、京都の日尊門流は、大石寺と同じ富士門流の一派であり、五老僧の門流ではない。したがって、先の「化儀抄」の文の改名条文に日叶は該当せず、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が大石寺9世日有に帰伏したからという理由で、名前を富士門流の名前に改名する必要はない、ということになる。

そもそも日蓮正宗大石寺と京都・日尊門流とは、大石寺9世日有の代以前から、さまざまな相互交流があったようである。大石寺59世法主堀日亨は、自らの著書の中で

「本山五世日行上人は陸前国三迫の出なれども、かつてはこの安養寺(日尊門流の寺)の住持(住職)にして、出雲より富士に晋山せられしと聞く」(『隠れたる左京阿闍師』p61)

と言い、「有師御物語聴聞抄佳跡上」には

(大石寺8)日影上人(下野平井薗部御出生、俗姓不知)(大石寺6)日時上人に随順し出家学道す。武州仙波(川越)に台家(天台宗)を学びて後、下野平井薗部に弘通し、会津実成寺に住居すの時、日時上人御遷化(死去)なり」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p222)

とある。これによれば、大石寺5世日行は、出雲国の日尊門流の大寺院・安養寺の住職であり、大石寺8世日影は、会津国の日尊門流寺院・実成寺の住職であった。

このように大石寺9世日有の代以前から、日蓮正宗大石寺門流と日尊門流は相互交流があったわけだから、本是院日叶(左京阿闍梨日教)が大石寺9世日有の門下に帰伏したからという理由で、名前を富士門流の名前に改名する必要は全くない。

 

続きを読む

ブレイクタイム(4)~東京・立川の昭和記念公園内の昭和天皇記念館を見学

JR新宿駅から中央線特別快速に乗ってJR立川駅で下車。昭和記念公園というのは、旧米軍立川基地の跡地に造られた広大な国営公園。広さは何と180haもあるという。ここを散策していると、思わず地平線が見えそうな感じまでする。それくらい広い。ここを散策していると、目の保養になりますね。東京都内でも、何か別世界に入ったような感じになります。

この昭和記念公園の「あけぼの口」から入り、「みどりの文化ゾーン」という建物の一角が「昭和天皇記念館」になっている。昭和記念公園は国営の公園ですが、「昭和天皇記念館」は財団法人・昭和聖徳記念財団が運営している。

「昭和天皇記念館」の中は、昭和天皇の写真、詔書、遺品等々が所狭しと陳列されている。あの太平洋戦争開戦の詔書、ポツダム宣言受諾・終戦の詔書もあった。又、ビデオコーナーでは、昭和天皇の生前に行われた共同記者会見の模様等が放映され、懐かしい昭和天皇の肉声を聞くことが出来た。

昭和の時代は63年つづきましたが、私も昭和の中頃より、ちょっと後の生まれ。私の20才代後半までは「昭和の時代」でした。なので、これらを見学していると、実に昔の昭和が懐かしく感じます。

あの時代は今と違って、全然、景気がよかった時代でしたですし、そっちの方面ではいいこともたくさんありましたが、その反面、創価学会をはじめとする日蓮正宗系カルト信者たちからの甚大な被害を被って、ずいぶん嫌な思いもしましたし、大変な思いもしました。

またこの昭和の2040年代は、日本が経済復興をはたした高度成長の時代でしたが、創価学会が日蓮正宗と二人三脚で、「折伏大進撃」という名の強引・執拗な折伏・入信勧誘活動を大々的に繰り広げ、信者の数を急激に拡大した時代だった。

「昭和」の研究テーマには、いろいろなものがあるが、その中のひとつに「なぜ創価学会は急激な信徒数拡大を成し遂げたのか」ということがある。このテーマもさまざまな学者、研究者、ジャーナリスト等が取り組んでいるが、私が見る限りにおいて、正鵠を得たものは見あたらない。

「昭和とは、どういう時代だったのか」「昭和の日本人は、何を考え、何を欲していたのか」

「なぜ数千万人になんなんとするほどの人が、日蓮正宗系カルトに走ったのか」

懐かしい昭和天皇の肉声を聞きながら、改めて、そういうことを考えていました。

昭和記念公園2
 

(昭和記念公園)

昭和天皇記念館1


昭和天皇記念館2
 

(昭和天皇記念館)

 

 

隣の学会員・法華講員(168)~自らの酒乱の機嫌直しに自分の義妹をダシに『女子部エサ折伏』をしてきた創価学会員

■自らの酒乱の機嫌直しに自分の義妹をダシに『女子部エサ折伏』をしてきた創価学会員

 

長谷山陽一(仮名)は、小矢木隆(仮名)と割と仲が良く、小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会にも何度も顔を見せており、「酒乱押さえ込み事件」のあとも、長谷山陽一(仮名)は小矢木隆(仮名)宅の鍋宴会に来て、私と顔を合わせている。私は、長谷山陽一(仮名)が「酒乱」とわかってからは、なるべく長谷山陽一(仮名)を遠ざけるようにしていた。酒乱とわかったら、顔をあわせること自体が、うっとおしくなる。長谷山陽一(仮名)は、鍋宴会での雰囲気が悪くなったのを、察したのか、酒席で私の機嫌を直そうとして、こんな話しを持ち出して来た。「hideさんは独身ですか。いつまでも独身というわけには、いかないでしょう。創価学会員には、独身女子の集まりである女子部がありますから、創価学会に入れば、女子部と結婚できますよ」…。さらに長谷山陽一(仮名)は、自分の夫人の妹が、女子部地区リーダーをやっているから、創価学会に入ったら、紹介してあげてもいい、などと具体的な話しまではじめる。え……。以前に地区部長・井畑徳三(仮名)宅に無理やり連れて行かれたときも、同じように「創価学会には女子部がいる」式の「女子部エサ折伏」をしていた。まさにあれと同じ。創価学会の女子部のお嫁さん紹介をエサにした折伏である。私も福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)で、創価学会員のお見合い結婚の実態を見ているので、こんなものは単なるエサだというのは、すぐにわかった。創価学会員のお見合い結婚の実態を見ていなければ、私も「お嫁さんエサ折伏」に、コロリと騙されてしまっていたかもしれない。創価学会の「お嫁さん紹介」というのは、創価学会幹部のみの特権。しかも創価学会幹部の全てがありつけるようなものではなく、まさに両親が古くからの創価学会員で、しかも当人が男子部の上級幹部であるとか、まさに創価学会幹部の特権中の特権であり、一般信徒がその恩恵にありつけるものではない。しかも溝口工務店(仮名)で、創価学会員の名簿を見たことがあり、女子部の実数は男子部の実数の半分以下。男子部には既婚者がいることを考慮しても、それでも独身男子と独身女子の数を単純に比較すれば、圧倒的に独身女子の数は少ない。そうであるにもかかわらず、女子部の「お嫁さんエサ折伏」をやろうとするのだから、これは詐欺行為に近い。それはそうなるでしょう。

創価学会の独身男子と独身女子の数を単純に比較すれば、圧倒的に独身女子の数は少ないということは、仮に紹介でカップルができていったとしても、半分以上の創価学会の独身男子は、あぶれてしまうことになる。そうすると、あぶれないで紹介による結婚の恩恵にありつけるのは、創価学会の幹部だけということになるのは、誰が見てもわかることである。だから、仮に「お嫁さんエサ折伏」で創価学会に入信したとしても、実際には創価学会員の紹介による女子部員との結婚の恩恵にあずかれる確率など、限りなくゼロに近い。それでもなおかつ、創価学会員は「お嫁さんエサ折伏」をやろうとするのだから、これは詐欺行為に近いという話になる。

私が「アンチ日蓮正宗」を設立した後も、創価学会員、日蓮正宗法華講員による「お嫁さんエサ折伏」「色仕掛け折伏」による被害報告が多数届いている。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ