アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年10月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(46)~身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺、京都仏光寺の繁栄に対抗した大石寺9世日有

■検証46湯之奥金山の「金」(きん)を手に入れていた大石寺9世日有12

 

□身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺、京都仏光寺の繁栄に対抗した大石寺9世日有

 

大石寺9世日有が、湯之奥金山の金を入手して、京都天奏の旅に出かけたほか、「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作、その他の板本尊の造立、客殿の建立、宝蔵の建立など、堂宇・伽藍の整備を行い、さらに東国・奥州・越後巡教の旅に出た背景には、何があるのか。

大石寺9世日有在世の室町時代・戦国時代は、鎌倉仏教である浄土宗、浄土真宗、日蓮宗が全国に急激に弘まった時代であること。この時代に、浄土真宗で弘まったのは、京都仏光寺、高田専修寺。そして一足遅れて本願寺教団であった。本願寺教団の門徒が引き起こした一向一揆が盛んになったのは、16世紀の戦国時代だが、すでに15世紀後半から本願寺門徒が増加していた近江、越中、加賀で一向一揆は起こっていた。

日蓮宗で弘まったのは身延山久遠寺の他、龍華院日像の京都開教で弘まった京都妙顕寺の日像門流。そして教義論争で日像門流から独立した京都本能寺の日隆門流。中でも日隆門流は京都から西日本全域にかけて布教し、遠く九州種子島まで弘まっている。このことが、種子島の鉄砲伝来、織田信長の鉄砲隊編成、そして本能寺の変に結びつくことになる。

1432(永享4)年の京都天奏で、大石寺9世日有は京都仏光寺、京都妙顕寺、京都本能寺の繁栄ぶりをまざまざと見せつけられることになる。永原慶二氏の著書「日本の歴史10・下克上の時代」によると、1413(応永20)年の日蓮宗本山寺院・京都妙顕寺の再建に1900貫の建設費がかかり、そのうちの1300貫は、京都の豪商小袖屋・柳屋が寄進したものだったという。(「日本の歴史」p413より) 京都の日蓮宗大寺院は、武将や商人、豪商の帰依を受けて繁栄していた。大石寺9世日有の大石寺門流は、京都仏光寺、高田専修寺、本願寺、身延山久遠寺、京都妙顕寺、京都本能寺等の布教に比べて、大幅に遅れをとっていた。

身延山久遠寺は、日蓮の没後、門弟が諸国へ教線を拡大し、各地で独立した一門を形成していったため、次第に衰退していったが、久遠寺7世日叡の頃に中興された。1462年(寛正3年)身延山久遠寺11世法主となった行学院日朝が、大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作してから約三十年後の1474(文明6)年、日蓮在世の時代から身延山西谷にあった久遠寺の堂宇を、現在の地に移転し、新たに本堂・祖師堂・報恩閣・真骨堂といった大伽藍の他に、周辺の数々の宿坊などの堂宇を建立している。これだけ見ると、行学院日朝の新伽藍建立は、大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作の後に見えるが、身延山久遠寺は7世日叡の頃に中興し、8世日億は身延山久遠寺法主の他に池上本門寺・比企が谷妙本寺貫首を兼職して身延門流として関東に進出。9世日学の代に京都に学養寺を建立し、身延門流の京都布教の拠点をつくっている。よって11世行学院日朝の新伽藍建立は、それ以前からの身延門流の教線拡大の延長線上にあると見るのが至当ではなかろうか。

妙顕寺22三門
 

(京都妙顕寺)

本能寺31三門
 

(京都本能寺)

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(12)~ガセネタ・ウソネタを流して自己顕示欲を満たそうとする悪弊・弊害第3弾

□日蓮正宗も現役カルト信者も離檀脱会信者も染まっているガセネタ・ウソネタ体質第3

 

日蓮正宗、日蓮正宗信徒・法華講員、正信会等が垂れ流すガセネタ・ウソネタには、大石寺の「戒壇の大本尊」や「血脈相承」に関するものが多く見られる。

 

(7)「正信会は大石寺の『戒壇の大本尊』を根本本尊ではないと否定している」

これも日蓮正宗と正信会の『紛争』が起こり、正信会寺院住職・僧侶が約180名以上も擯斥(破門)に処された1982(昭和57)年ころから、さかんに日蓮正宗寺院・住職が盛んに垂れ流したガセネタである。これも1991年の「宗創戦争」以降、日蓮正宗や日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』が垂れ流した「創価学会は大石寺の『戒壇の大本尊』を後世の偽作だと否定している」とのガセネタと全く同種・同轍のものである。

正信会は今日に至るも、大石寺の「戒壇の大本尊」を否定しておらず、現在でも日蓮の『出世の本懐』の大本尊であるとしている。これは、正信会の公式見解、正信会が発行する檀徒新聞「継命」等を見れば、明らかである。198081年にかけての日蓮正宗と正信会紛争でも、正信会は日蓮正宗大石寺66世細井日達法主から大石寺67世阿部日顕法主への血脈相承は否定しているが、「戒壇の大本尊」や「唯授一人血脈相承」そのものまでは否定していない。

正信会は日蓮正宗から破門された後も、日蓮正宗正信会と名乗り、顕正会と同様に「日蓮正宗」の名前を使い続けている。さらに破門以降、正信会は何度か大石寺に「抗議登山」を行っており、大石寺三門前や外周道路から、正本堂の「戒壇の大本尊」に向かって遙拝勤行をするなど、「戒壇の大本尊」信仰を持続しつづけている。正信会が行った最大規模の抗議登山は、1990(平成2)2月に行われた抗議登山だと思われるが、その時も渡辺広済議長を先頭に正本堂の「戒壇の大本尊」に向かって遙拝していた。正信会が本当に大石寺の『戒壇の大本尊』を根本本尊ではないと否定していたら、大石寺に抗議登山に来た時に「戒壇の大本尊」に遙拝するはずがない。

正信会寺院は、「破門」以前は日蓮正宗寺院として機能していた寺院であり、その寺院の須弥壇に祀られている本尊は、日蓮正宗大石寺法主が書写した常住板曼荼羅本尊。正信会寺院に所属する信徒の仏壇に祀られている本尊も、大石寺法主が書写した曼荼羅本尊。これらは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の「分身」であるとの見解であるから、正信会が「本家」「本元」の「戒壇の大本尊」なる板本尊を否定などするはずがないし、できるはずがない。そんなことをすれば、正信会寺院も信徒も信仰の存立基盤そのものが崩壊してしまう。

日蓮正宗の法華講員の中には「正信会は『戒壇の大御本尊』の『御開扉』を受けられないのだから、否定しているのと同じだ」と言う者がいるが、これは間違った見解であり、謬見である。「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けられないことと、「戒壇の大本尊」は根本本尊ではないと否定することは、意味が全く違う。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(89)~教義的理想を捨て去って現実路線に転換した大石寺9世日有以降の歴代大石寺法主

■検証89大石寺9世日有が「二箇相承」を偽作した動機・目的14

 

□大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件3

 

さてその比叡山延暦寺だが、元天台座主で還俗して将軍になった室町幕府6代将軍・足利義教と対立。永享7(1435)、足利義教の武力制圧に反発した延暦寺の僧侶が根本中堂に火を放って、比叡山延暦寺・根本中堂が灰燼に帰す事件が起こるが、その後、直ちに根本中堂は再建される。

さらに世が戦国時代に入った明応8(1499)、今度は比叡山延暦寺は、室町幕府管領・細川政元から攻撃を受けて、根本中堂を焼失する。これは管領・細川政元と対立して将軍職を廃された足利義材が幽閉先を脱出して越中へ逃れ、諸大名の軍事力を動員して京都回復・将軍復職をめざして各地で亡命生活を送る。亡命中の明応7年(1498年)に義尹と改名し、その義尹派の中に比叡山延暦寺がいたからである。この細川政元の攻撃で、比叡山延暦寺・根本中堂は史上二度目の焼失になる。

さらに元亀2(1571)、織田信長による比叡山延暦寺・全山焼き討ちによって、延暦寺の伽藍・堂塔はことごとく焼失し、多くの僧侶が戦死して壊滅的な打撃を受ける。織田信長の死後、豊臣秀吉や徳川家康が比叡山延暦寺を庇護し、根本中堂は徳川幕府3代将軍・家光によって再建されている。明治時代以降も、延暦寺の堂宇再建は続けられて、現在に至っている。

一方、日蓮正宗大石寺のほうだが、大石寺9世日有による「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作以降、京都の天皇・幕府の将軍に申状を呈する天奏そのものを、やめてしまった。大石寺9世日有以降、現在にいたるまでの歴代大石寺法主の中で、天奏を行った法主は一人もいない。これは何を意味するものなのか。

つまり大石寺9世日有をはじめとする大石寺法主が、日蓮が志した天皇・将軍に申状を上程して広宣流布を目指すという路線を完全に放棄し、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊や「二箇相承」「百六箇抄」「日興跡条条事」などの「唯授一人血脈相承」といった偽作教義の根本に据えて、「戒壇の大本尊」なる板本尊の御開扉によって大石寺門流の信者から供養金を収奪する路線に、方向転換したと言うことだ。

根本中堂4
 

(比叡山延暦寺)

二箇相承3
 

(1970年刊『仏教哲学大辞典』に載っている『二箇相承』

百六箇抄1
 

(昭和11年に堀日亨が出版した『富士宗学要集』に載っている『百六箇抄』)

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(88)~大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件2

■検証88大石寺9世日有が「二箇相承」を偽作した動機・目的13

 

□大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件2

 

ではなぜ1435(永享7)2月、室町幕府6代将軍・足利義教が率いる室町幕府軍と比叡山延暦寺衆の間で戦争が起こり、比叡山延暦寺根本中堂が焼き払われて灰塵になってしまうという大事件が起こったのか。この時代背景について井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」に詳しく載っているので、ここから要旨を引用してみよう。

--------比叡山は、その強大な権威と財力と武力を持ち、中央政府の統制に服さない独立国と言ってよかった。室町幕府の6代将軍・足利義教は、これを室町幕府の支配下に収めないかぎり、天下を掌握したとは言えず、忸怩たるものがあった。その足利義教は、かつては第153世天台座主・義円であり、還俗して室町幕府6代将軍になった人物であり、同時に比叡山延暦寺のすべてを知り尽くしていた人物でもあった。俗人ならば誰もが持っている神仏に対する畏敬の念も、足利義教は持っていない。それどころか、くじ引きで将軍になった自分は、神に選ばれた将軍だという自覚がある。自分に逆らうのは、自分を将軍に選んだ神の意志に逆らうことだというのが足利義教の信念。足利義教は、比叡山制圧の機会を虎視眈々と狙っていた。将軍就任以来、比叡山の強訴はたびたびあったが、決定的な対立には至っていなかった。1434(永享6)年、比叡山が関東公方・足利持氏と結託して、足利義教の呪詛を行っている、との情報が幕府にもたらされた。

幕府軍は圧倒的な軍事力を背景に延暦寺の領地各地に火を放ち、荘園は次々と制圧。各地で幕府軍は延暦寺「軍」を打ち破っていったのだが、延暦寺の僧兵たちは、ここで最後の切り札を出した。延暦寺の総本堂である根本中堂に立て籠もったのである。それ以前の例では、どんなに強大な権力者・武家でも、攻めるのはここまで。僧兵たちは、「将軍がいくら強気でも、根本中堂まで攻め込んでくるわけにはいくまい。これで我々の勝ちだ」と踏んでいた。実際に、足利義教があくまでも比叡山攻撃を主張したのに対し、諸大名たちは、それだけはだめだと反対した。機を見るに敏感な比叡山側では、早速使節を派遣して和議を申請した。足利義教は、はらわたが煮えくりかえるのを我慢して、和議に応じなければならなかった。諸大名がこれ以上の軍事攻撃に反対したからである。しかし足利義教は、軍事攻撃で比叡山制圧を達成できなければ、謀略で比叡山制圧を達成しようとした。

足利義教は1435(永享7)年、義教は罪を反省して降伏した者には所領を安堵するというお触れを出した。これを信じて何人かの僧侶が出頭したところ、義教は直ちに逮捕して悲田院で斬首した。

いかに天下の将軍とはいえ、僧侶をだまし討ちにかけて仏の慈悲を象徴する建物で斬首したのであるから、比叡山延暦寺衆の憤りは頂点に達した。」

逆説の日本史7
 

(井沢元彦氏の著書『逆説の日本史』)

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(87)~大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件1

■検証87大石寺9世日有が「二箇相承」を偽作した動機・目的12

 

□大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件1

 

それにしても、大石寺を、天皇が勅許した「大乗戒壇」である比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にするという日蓮正宗大石寺9世法主日有の構想は、いくらなんでも大胆すぎる発想である。

延暦25年(806年)、日本天台宗の開宗が正式に許可され、弘仁13(822)、伝教大師最澄の死後7日目にしてようやく「大乗戒壇」が許可された後、比叡山延暦寺は日本仏教史に残る数々の名僧を輩出した。主な僧を挙げてみても

円仁(慈覚大師794 - 864)、 □円珍(智証大師、814 - 891

□良源(慈恵大師、元三大師 912 - 985年)比叡山中興の祖。

□源信(恵心僧都、942 - 1016年)『往生要集』の著者。

□良忍(聖応大師、1072 - 1132年)融通念仏の唱導者。

□法然(1133 - 1212年)日本の浄土宗の開祖。

□栄西(1141 - 1215年)日本の臨済宗の開祖。

□慈円(1155 - 1225年)歴史書「愚管抄」の作者。天台座主。

□道元(1200 - 1253年)日本の曹洞宗の開祖。

□親鸞(1173 - 1262年)浄土真宗の開祖

□日蓮(1222 - 1282年)日蓮宗の開祖

日蓮宗の開祖である日蓮も、比叡山延暦寺で修行した僧侶であった。これら名僧の木像が今でも比叡山延暦寺大講堂に祀られている。

室町時代・戦国時代の比叡山延暦寺がいかに強大な軍事力・経済力・権力を持っていたか。井沢元彦氏の著書「逆説の日本史」から要旨を引用してみよう。

-----比叡山延暦寺のような大きな寺になると、まず領地として極めて多くの荘園を持っている。さらに門前町である近江国坂本などの周辺には、巨大な経済利権を持っている。たとえばこの時代の質屋つまり金融業者を土倉(どそう)というが、土倉は延暦寺の傘下であることが多かった。それから関所も、各地に設けたり、通行料を取るための利権の対象であった。もちろんそのようなことができるのは、大名や巨大寺社に限られる。それやこれやで比叡山延暦寺の財力は相当なものであった。財力は当然、富を生む。その富を守るために比叡山延暦寺も昔から武装していた。つまり僧兵である。僧兵というのは、兵士の格好をした僧侶というよりは、僧侶の格好をした兵士だ。

延暦寺僧兵は、ライバルである三井寺(園城寺)を前後七回にわたって焼き討ちしている。」

逆説の日本史7
 

(井沢元彦氏の著書『逆説の日本史』)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ