アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年11月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

二箇相承は9世日有の偽作だ(100)~二箇相承「大石寺本」の流転本である「重須本」の真偽を論じて自滅した日蓮正宗カルト信者2

■検証100二箇相承「重須本」は大石寺9世日有の二箇相承「大石寺本」の流転本である3

 

二箇相承「大石寺本」の流転本である「重須本」の真偽を論じて自滅した日蓮正宗カルト信者2

 

本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、「類聚翰集私」「六人立義破立抄私記」で引用・書写した「二箇相承」の内容が、まるっきり正反対になっている。

本是院日叶(左京阿闍梨日教)が、「百五十箇条」で引用・書写した「二箇相承」と、1556(弘治2)77日 京都要法寺13祖貫首・日辰が北山本門寺に行き霊宝を拝し、北山本門寺8世貫首・日耀をして臨写させたとされる「二箇相承」の写本の内容がほとんど同じ。

違っているのは、身延相承の日付が「百五十箇条」引用本が「弘安五年九月十三日」なのに対して、日辰写本は「弘安五年九月日」。「百五十箇条」引用本にある「甲斐国波木井山中に於て之を写す」が日辰写本では省かれている。

それから日辰写本にある「日蓮在御判」が「百五十箇条」引用本にはない。

日蓮が常陸国(茨城県)で湯治治療を受けるために身延山を出発したのが98日。913日は、まさに湯治に向かう旅の途中にあり、日蓮は身延山の波木井郷にはいなかった。

間違った記述がある文書は、説得性に全く欠ける。よって1556(弘治2)77日 京都要法寺13祖貫首・日辰が北山本門寺に行き霊宝を拝し、北山本門寺8世貫首・日耀をして臨写させたとされる「二箇相承」の写本には、「弘安五年九月十三日」が「弘安五年九月日」なり、「甲斐国波木井山中に於て之を写す」が全く削除されている。

よって北山本門寺が格蔵していたとされる「二箇相承」は、1480(文明12)に本是院日叶(左京阿闍梨日教)が著書「百五十箇条」で引用している「二箇相承」を加筆・修正した「二箇相承」であることが明らかである。

これは二つの文献を並べて比較してみれば、一目瞭然でわかることである。

1480(文明12)  本是院日叶(左京阿闍梨日教)「百五十箇条」

「身延相承書 日蓮一期の弘法、白蓮阿闍梨日興に之を付属す、本門弘通の大導師為るべきなり、国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ・事の戒法と謂ふは是なり、中ん就く我門弟等此状を守るべきなり

弘安五年壬午九月十三日、血脈の次第・日蓮・日興、甲斐国波木井山中に於て之を写す」

「池上相承 釈尊五十年の説法、白蓮阿闍梨日興に相承す、身延山久遠寺の別当為るべし、背く在家出家共の輩は非法の衆為るべきなり

弘安五年壬午十月十三日、日蓮御判、武州池上」

(日蓮正宗大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p183184)

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(99)~二箇相承「大石寺本」の流転本である「重須本」の真偽を論じて自滅した日蓮正宗カルト信者

■検証99二箇相承「重須本」は大石寺9世日有の二箇相承「大石寺本」の流転本である2

 

二箇相承「大石寺本」の流転本である「重須本」の真偽を論じて自滅した日蓮正宗カルト信者

 

-----------------------------------------------------

(「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの妄言)

江戸時代になると、二箇の相承書のことが徳川家関係の文献に登場しています。

まず、慶長十六(一六一一・聖滅三三0)年十二月十五日、『駿府政治録』『駿国雑志』『古老茶話』によれば、家康の側近として流通経済の確立に尽力したとされる、江戸金座の頭役後藤庄三郎が、二箇の相承書を家康の面前に披露(ひろう)したことが記されています。この時、重須重宝強奪事件よりすでに三十年がたっています。…この折りに、二箇の相承書は幕府の手で筆写され、その写本を林羅山(はやしらざん)(道春)より借りて金地院崇伝(こんちいんすうでん)が日記中(本光国師日記)に記録しており、両相承書とも日辰所持本と全く同じです(「身遠山」を含めて全同。『諸記録』四巻三二)。 はたして、重須より家康に拝覧せしめた二箇の相承書は御正本か写本か。明記はなくとも、写本であればその旨書かれるはずで、家康並びに幕府側の認識では、御正本と思っていたように記録されています。…二箇の相承書を家康の台覧(たいらん)に供してから六年後、要法寺二十四代日陽が、元和(げんな)三(一六一七)年四月二十五日、重須において二箇の相承・本門寺額等を拝見、すべて御正筆であることを念記しています(『祖師伝』富要五巻六O)。 さらに妙観文庫本『興門口決(こうもんぐけつ)』には、扉の部分に、信領坊日體(にったい)(下条妙蓮寺三十九代)が、北山本門寺の御風入(かぜいれ)(虫干(むしぼ)し)の折に二箇の相承書の御真筆を拝見したことを、以下のように書き付けています。 「明治十年六月十三日北山本門寺に而()御風入之節御相承御直筆奉拝也 信領坊日體」… では、重須より持ち出された二箇の相承書は、果たして御正本であったのでしょうか。と言うもの、日殿が小泉より横滑(よこすべ)りした貫主であり、重須の重宝について認識が十分ではなく、写本であった可能性が考えられなくもありません。日殿等は武田兵と西山衆徒の強奪に驚き、甲府の奉行に返還を訴えることに熱中し、事件後に正本・写本を確かめる余裕が無かったかもしれず、もしそうであるならば、重須には当初から二箇の相承書は存在していたということになります。 では、なぜそれほど富士門流にとって重要な文書の存在を、明らかにできないのか。考えられることは、身延日蓮宗等五老僧の末流にあって、二箇の相承書が現存することは、自らの門流の正当性を否定するに等しいものです。ゆえに、近代に至って身延と合同した北山本門寺として、たとえ御正本があっても公言できないという事情が考えられます。 (20130215日の龍神ひろし・楽天『自慰』ブログの日記)

-------------------------------------------------------

龍神ひろしは「二箇相承」が日蓮真筆だと言わんとして、2013210日から15日まで、「妙教」2004年1月(第135号)に載っている「 大石寺と北山本門寺の歴史・第十四話」を完全に丸写ししている。これは龍神ひろしの得意技である「完全丸写し」「完全パクリコピー」作戦であるが、そもそもこの反論は、根本のところから、間違いだらけの論なのである。

 

続きを読む

二箇相承は9世日有の偽作だ(98)~富士門流各本山の覇権紛争の中で謀作された「戒壇の大本尊」「二箇相承」「百六箇抄」

■検証98・二箇相承「重須本」は大石寺9世日有の二箇相承「大石寺本」の流転本である1

 

□富士門流各本山の覇権紛争の中で謀作された「戒壇の大本尊」「二箇相承」「百六箇抄」

 

「二箇相承」の「正筆」といわれるものを、1581(天正9)年まで格蔵してきたとされる北山本門寺が、現在ではこの「二箇相承」を全面否定している。しかし日蓮正宗の信者等々が近年騒ぎ立てている北山本門寺格蔵の「二箇相承」とは、「正本」ではなく、大石寺9世日有が偽作した偽書・二箇相承・大石寺本の流転本であり、改訂版のようなもの。我々はこれを二箇相承「重須本」とよんでいる。二箇相承「重須本」は、二箇相承「大石寺本」の後から出現したものであり、「二箇相承」そのもののルーツではない。二箇相承の謎を説き明かすカギは、二箇相承「重須本」ではなく、二箇相承「大石寺本」である。日蓮正宗の信者は、「二箇相承」偽作説に反論しようとして、二箇相承「重須本」ばかりを取り上げているが、二箇相承・大石寺本の流転本・改訂版の二箇相承「重須本」だけを取り上げても、ことごとく的外れなものに終始しており、その姿はまことに滑稽である。

この「二箇相承」や相伝書といわれている文書や「戒壇の大本尊」なる名前の板本尊等が偽作されてきた背景を、よりわかりやすく知る手だてとして過去、数百年来にわたる日興門下の興門派・富士門流八本山の分裂抗争と覇権紛争を繰り返してきた歴史を知る必要がある。

この興門派八本山の中の富士大石寺・保田妙本寺・小泉久遠寺・京都要法寺・北山本門寺・西山本門寺のそれぞれが、日興門下(興門派・富士門流)の盟主・総本山たらんとして、開創の古より近代にいたる数百年の長きにわたって醜悪な権力紛争・覇権紛争を繰り広げ、この中から「戒壇の大本尊」や「二箇相承」「百六箇抄」といったものが謀作されて出現してきたのである。

1290年(正応3年)身延山久遠寺を離山した二祖日興が大檀那の地頭・南条時光の領地に開創したのが今の大石寺。現在の日蓮正宗総本山である。大石寺は日興・日目没後、約七十数年にわたって蓮蔵坊相続問題で大石寺4世日道と保田妙本寺開祖日郷との間に紛争が起こり、疲弊衰退の一途をたどっていた。この大石寺が隆盛するきっかけは、大石寺9世日有が登座してからのことだ。名だたる重宝などほとんどなかった大石寺に、宝蔵ができて、「戒壇の大本尊」なる板本尊が突如として、大石寺宝蔵に出現したのも、大石寺9世日有の代のことである。

大石寺9世日有は他にも板本尊を数体造立しているが、あの金ピカで黒漆(うるし)で黒光りした「戒壇の大本尊」なる板本尊を以て、他の七本山のみならず身延山久遠寺までをも圧倒せんとしようとした。大石寺9世日有は、甲州・湯之奥金山の金の利権を手に入れ、大石寺周辺の土地を開墾して領地を広げ、客殿や御宝蔵などの寺院伽藍を整備し、信者を増加せしめ、経済力をつけていった。

9世日有4(諸記録)
 

(能勢順道氏の著書『諸記録』に載っている大石寺9世日有の肖像画)

 北山本門寺39仁王門

(北山本門寺・仁王門)

 

続きを読む

ブレイクタイム(5)~東京上野・東京国立博物館「特別展京都・洛中洛外図と障壁画の美」を見学

先日、東京・上野公園にある東京国立博物館の特別展「京都・洛中洛外図と障壁画の美」を見学・鑑賞してきました。洛中洛外図とは、京都の市街(洛中)と郊外(洛外)の景観や風俗を描いた屏風絵のこと。日本画独自の風景画と風俗画を合体した屏風絵ということもできる。

私もずいぶん昔から、「日蓮正宗系」や「仏教宗学」のことについて、いろいろと研究してきているが、こういう上古の昔の絵画、鎌倉・室町時代、安土桃山・江戸時代の絵画を鑑賞して、気がついたことがいろいろある。私の研究の場合、時代的には鎌倉時代以降のことが多いが、この洛中洛外図は、まさに室町時代、江戸時代のもの。私としては、1432(永享4)年に大石寺9世日有が京都伝奏に旅立った当時の、洛中洛外図はないかな、と思っていたのだが、洛中洛外図が描かれるようになったのは、1467(応仁元年)の応仁の乱以降のことということなので、1432(永享4)年のころの洛中洛外図というものは、なかった。

今回の特別展に出品された洛中洛外図は、室町時代の歴博甲本、歴博乙本、上杉本、江戸時代の舟木本、福岡市博本、勝興寺本、池田本。このうち、歴博乙本、上杉本、勝興寺本、池田本は前期のみの出品というひとで鑑賞できず。舟木本は、もともと東京国立博物館蔵ということで、前期・後期通しての展示。私が最も目に止まったのは、この舟木本。展示第一部の冒頭、舟木本の巨大パノラマ映像が目に飛び込んで来て、いきなり度肝を抜かれる。このパノラマ映像が、実に簡単ながらも、わかりやすい解説付き。「方広寺大仏殿」「三条大橋」「花見の人たち」「祇園祭」「京都御所」「二条城」の様子が実によくわかる。洛中洛外図に描かれた絵とは、こんなにも興味深いものだったのかなと思った。これは単にガラスケース越しに絵画を鑑賞するだけでは、わからないものではないだろうか。江戸幕府二代将軍・徳川秀忠の娘・和子が後水尾天皇の女御として入内した様子を描いた部分があったのが、とても興味深く見えた。

もうひとつ、私が興味深かったのは、二条城二の丸御殿黒書院の襖絵が展示されていたこと。私は何度も京都に行っているのですが、二条城二の丸御殿にも、何度も見学に行っています。何と言っても二条城二の丸御殿そのものが、江戸時代初期の遺構がそのまま遺っていることは、まことに貴重なことであり、その黒書院の襖絵が東京で鑑賞できるというのは、まことに喜ばしいことである。ただ残念なのは、襖絵も江戸時代のものがそのまま遺っているせいか、経年劣化や色あせがとても目立つ。江戸時代のころの襖絵が、経年劣化によって、襖絵の美そのものも劣化してしまっているように見える。そこでひとつ提案したいのだが、新しく二条城二の丸御殿の襖絵、障壁画のレプリカを造ってみてはいかがだろうか。そうすれば、江戸時代初期の頃の襖絵、障壁画の美そのものがよみがえるのではないかな、と思ったのは私だけだろうか。スポンサーが付くかどうか等々の問題は、発生するのでしょうけども。

洛中洛外図展2
洛中洛外図展2
 

(東京国立博物館で開かれている特別展「京都・洛中洛外図と障壁画の美」)

 

隣の学会員・法華講員(180)~創価学会幹部の特権に酔いしれ池田崇拝、池田教の世界にのめり込んでいく創価学会員

■創価学会幹部の特権に酔いしれ池田崇拝、池田教の世界にのめり込んでいく創価学会員

 

池田大作が本山担当・輸送担当創価班員に、大石寺で配布していた「そば券」のせいか、累計で百回以上も「戒壇の大本尊」の「御開扉」を受けていた東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の男子部部長で創価班の清水谷文夫(仮名)は、完全な池田大作心酔信者になっていた。しかし部外者の私から見れば、実に不可解な「そば券」である。池田大作は創価班に「ご苦労様」という意味合いで、「そば券」を配っているというが、私に言わせれば、そんなことをするくらいなら、夕方17時に創価学会本部集合を強要したり、1年で612日の大石寺任務の強要そのものを、やめたらどうなのか。こういう無理な任務体勢が、創価班員のウソの慶弔休暇取得という詐欺行為の温床になっている。こう言うと、創価学会の外側に居る人から見ると、「そんな無理な本部集合や大石寺任務など、とぼけて休めばいいじゃないか」という発想になるのだが、しかし創価班員からすると、そうはいかない。まず創価班任務に遅刻したり欠勤すると、後日、創価班幹部による、暴力的総括が待っている。これはかつて溝口個人会館(仮名)で見たことがあったが、ものすごい雰囲気で行われる虐待であり、いじめそのもの。実質的な実力制裁に近い。清水谷文夫(仮名)も長谷山陽一(仮名)も、この「総括」を恐れている。それで創価班・本山任務は遅刻も欠勤も許されないとなり、彼らはウソの慶弔休暇を取ろうとする詐欺行為に走る。しかも「どうしても会社を休めなければ、親兄弟を死んだことにして休めばいい」などと、創価班幹部がウソの慶弔休暇を取ろうとする詐欺行為を煽り立てていたのだから、これは組織ぐるみの犯罪行為と言うべきである。しかもこれで大石寺任務に就いたら、池田大作の「そば券」が出てくるのだから、こんな矛盾に満ちた話しはなかろう。

では創価学会は、何のために創価班に、こんな無理な活動・任務を強要しているのか。清水谷文夫(仮名)や長谷山陽一(仮名)が口をそろえて言うには、「これは訓練なのだ」と言う。訓練とは、何の訓練なのか。うっかりすると、大石寺の「戒壇の大本尊」に対する信仰でがんじがらめにする訓練なのかなと思ってしまいがちなのだが、しかしそうではない。これは、創価班員を池田大作崇拝、池田大作教で懲り固めてしまうための「訓練」ということだ。つまりウソの慶弔休暇を取ってでも創価班の任務に来るかどうかの「踏み絵」。ウソの慶弔休暇を取ってでも自分の仕事より創価班の任務を優先して来れば、創価班員として合格。その人物は、創価学会組織の中で、どんどん出世していく。大石寺に創価班任務で行くたびに、池田大作の「そば券」がもらえる。創価学会活動一本で生きて、たとえ彼女ができなくても、壮年部入り一歩寸前の年齢になれば、創価学会女子部員のお嫁さんを紹介してもらえる。たとえ失業しても、交通違反等で失態を冒しても、個人事業で失敗し多額の負債を抱え込んでも、公明党議員が出てきて面倒を見てもらえる。子どもが出来て子どもが創価学会活動に出ていれば、子どもの進学、就職で何かと面倒を見てもらえる。そういう創価学会幹部の「特権」の世界で「あなたは幹部だ。偉い人だ」と言われ、生きていく中で、その人は自然と池田大作崇拝、池田大作教で懲り固まっていく。創価班が創価学会の人材グループだと言われる所以である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ