アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2013年12月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(186)~「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会2

 

創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか。それは、日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されないからである。だからこそ創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわしたからである。

戸田城聖が創価学会二代会長に就任した1951(昭和26)年以降、「折伏大進撃」の行進がはじまり創価学会員が激増していく。195070年代の聖教新聞、大白蓮華、聖教グラフ等の創価学会の公式文献を見ると、全てが「創価学会は日蓮正宗の信徒団体」「創価学会員は日蓮正宗の信徒」と公式に位置付けているばかりではない。創価学会が宣揚・擁護するのは池田大作でも創価学会会長でもなく、「日蓮正宗」そのもの。日蓮正宗を唯一絶対に正しい宗教として宣揚する。

195070年代の創価学会の教学理論誌「大白蓮華」を見ると、日蓮正宗僧侶が執筆した教学論文がズラリと並んでいる。199012月に勃発した日蓮正宗と創価学会の「宗創戦争」以降、「法華講は宗門七百年来の信徒団体だ」などと大ホラを吹いて、日蓮正宗宗門僧と法華講の緊密さを強調したがるが、195070年代の聖教新聞、大白蓮華の日蓮正宗宣揚の度合いは、「宗創戦争」以降の法華講連合会機関紙「大白法」のそれを、はるかに上回っていると言っても過言ではない。

195070年代は毎年、行われていた創価学会本部総会や本部幹部会には、大石寺法主をはじめ宗務院役僧や宗門高僧が参列して特別講演を行っていた。御書全集や富士宗学要集等を編纂した大石寺59世堀日亨が在世だったころは、堀日亨も創価学会本部総会に臨席していた。

創価学会の「折伏大進撃」の勢いで創価学会員が増加するにつれて、創価学会は毎年、数十ヶ寺の日蓮正宗寺院を宗門に寄進していた。大石寺にも奉安殿、大講堂、六壺、大坊、総門、大客殿、大化城、正本堂、総坊等を寄進していた。創価学会は毎年、月例登山会で150万人以上の創価学会員を大石寺に登山させ、大客殿落慶で300万登山、正本堂落慶で1000万登山を行っている。創価学会員を大石寺に輸送する臨時団体列車が、毎日のように富士宮駅を発着していた。

195070年代の日蓮正宗と創価学会の関係は、今の日蓮正宗宗門と法華講の関係以上に緊密で、まさに「日蓮正宗=創価学会」だったと言っても過言ではないと思われる。その「日蓮正宗=創価学会」の緊密さは、立正佼成会も霊友会も仏所護念会も身延山久遠寺団体参拝や七面山団体参拝、池上本門寺御会式や大坊本行寺入山会の万灯練り供養の行列参加の比ではない。

それだけ緊密だったからこそ、創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわすことができたのである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(185)~「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会

□「伝統仏教の仮面」をかぶり「伝統仏教の権威」で日本最大の宗教団体に膨張した創価学会

 

20139月号「一個人」の保存版特集「日本の新宗教入門」p19に、文化庁編「平成24年版・宗教年鑑」および各教団の公称人数を元にした「全宗教法人信者数ランキング」が載っている。これによれば上位20位は、以下のようになっている。

----------------------------------------------

1 神社本庁 9125万人 □2 幸福の科学 1100万人 □3 創価学会 827(世帯)

4 真宗本願寺派 694万人 □5 浄土宗 602万人 □6 日蓮宗 389万人

7 高野山真言宗 388万人 □8 真宗大谷派 327万人 □9 立正佼成会 323万人

10 曹洞宗 155万人 □11 天台宗 153万人 □12 顕正会 150万人

13 霊友会 141万人 □14 仏所護念会 127万人 □15 出雲大社教 126万人

16 真言宗豊山派 121万人 □17 天理教 120万人 □18 PL教団 95万人

19 真如苑 90万人 □20 世界救世教 83万人

(20139月号「一個人」・「全宗教法人信者数ランキング」)

--------------------------------------------------

この数字は、伝統仏教の場合は檀家・信徒数。新宗教団体の場合は、名簿に記載されている信者数ということになろうが、この中の神社本庁と幸福の科学の信者数は信用できない。幸福の科学を母体とした幸福実現党は、比例区の得票数として2009年総選挙で46万票、2010年参院選で23万票、2012年総選挙で21万票、2013年参院選では19万票で供託金没収の憂き目に遭っている。したがってこの得票数から推計すると、幸福の科学の実働信者は2030万人前後ではないかと思われる。よって神社本庁と幸福の科学は、ランキングから除外するものとする。

そうすると神社本庁と幸福の科学を除外した18宗派・教団の中で、明治以降、勃興した新宗教は

3 創価学会 827(世帯) □9 立正佼成会 323万人 □12 顕正会 150万人

13 霊友会 141万人 □14 仏所護念会 127万人 □15 出雲大社教 126万人

17 天理教 120万人 □18 PL教団 95万人 □19 真如苑 90万人 

20 世界救世教 83万人

となる。創価学会では昔から信者数を個人単位ではなく、世帯数で計算する。20139月号「一個人」・「全宗教法人信者数ランキング」は、創価学会の信者数を827万人としているが、これは827(世帯)の誤りではないかと思われる。この数字は、2003年末の創価学会の公称世帯数・827万世帯とも合致する。(島田裕巳氏の著書「創価学会」より)

島田裕巳氏は著書「創価学会」の中で、創価学会の信者総数を1748万人と推計しているが、この数字を単純に比較しても、トップの創価学会の信者数は、2位の立正佼成会の約5.4倍の数字である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(184)~伝統仏教(大石寺)の仮面、一般創価学会員に言及しない創価学会批判は的を得ていない3

□牧口常三郎の時代においてすでに日蓮正宗内の最大の信徒団体になっていた創価学会

 

創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか。それは、日本では長い歴史がないと宗教として世間一般に認知されないからである。これが過去におけるさまざまな創価学会批判が、見失っている論点であり、最大のポイントである。だからこそ創価学会は「伝統仏教(大石寺)の仮面」をかぶって「創価学会は七百年以上の歴史と伝統がある日蓮正宗の信徒団体である」と言い、「伝統仏教(大石寺)の権威」によって「自分たちは新興宗教ではない」と、新興宗教批判をかわしたからである。

創価学会の布教や権力構造について、検証・分析を重ねている本としては、1980年にジャーナリスト・溝口敦氏が執筆した「池田大作 権力者の構造」が有名である。創価学会が信者数を大きく伸長させたのは、195080年代のころで、創価学会会長で言うと、まさに戸田城聖・池田大作の時代。溝口敦氏は「池田大作 権力者の構造」の中で、池田大作の権力構造を分析するに当たって、池田大作の生い立ち、池田大作の創価学会への入信と経済的困苦、創価学会運動の徒弟から大幹部へ、戸田死後の隠微な抗争、池田創価学会の急伸長について、分析と検証を重ねているが、本の題名である「池田大作 権力者の構造」とは裏腹に、どちらかというと、戸田城聖・池田大作時代の歴史の検証という印象がぬぐえない。

「創価学会だけが、なぜここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功したのか」という問いに対する答えとしては、「狂信者、戸田の指導と組織力」、そして会員を激増させた「折伏」、その会員増を支えたものとして「本尊を幸福製造機とあからさまにいうことに象徴される現世利益の讃美、奨励」(「池田大作 権力者の構造」p183)を挙げている。注目される大石寺との関係については、溝口敦氏は「池田は(昭和)37年に法華講大講頭、(昭和)394月に、戸田でさえ死後に贈られた法華講総講頭について、本仏・日蓮の宗教的権威を、日蓮正宗の法主を通じて一身に具現したが、この有徳王のはめこみによって、法主よりも上位者、創価学会・日蓮正宗内での最高権力者になった」(「池田大作 権力者の構造」p186)と分析している。

創価学会の会員激増をさせたのは、折伏だとか、あるいは現世利益論だとかという指摘は、昔から為されてきたものである。創価学会が勢力を大きく伸長させた195080年代は、日本の高度経済成長の時代と重なり、現世利益論は一般大衆にある程度はウケがあった「教義」だったと言うことができよう。しかし何度も言うようだが、これは「創価学会だけがここまで信者数を日本最大規模まで膨張させることに成功し、立正佼成会、霊友会、生長の家、天理教、オウム真理教や幸福の科学等の新興宗教は、布教が途中で頓挫し、失敗したのか」という問いに対する答えには、なっていない。

 

続きを読む

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(16)~「100%正しい」「100%誤り」だと決めつけようとする

□世界各国で莫大な犠牲・災難を生み続けた独裁権力集団・独裁権力者「絶対」論・「無謬」論

 

これは大石寺法主無謬、法主絶対、池田大作絶対、浅井昭衛絶対思想、堕地獄論、仏罰論に凝り固まった日蓮正宗(法華講)、創価学会、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の典型的な悪弊である。大石寺法主、創価学会会長、顕正会会長といえども、一人の人間であるわけだが、人を100%絶対視したり、あるいは逆に100%否定すると、矛盾が続出する。これがいかに間違った思想であるかを物語る、端的な事例が、かつてのソ連、東ヨーロッパ諸国、そして中国、北朝鮮、キューバ等の共産党独裁政権の国である。これらの共産党独裁政権の国は、共産党政府、共産党政府の指導者は100%正しい、欧米・日本の西側自由主義圏諸国は、100%誤りだという、全体主義思想に凝り固まっていた。北朝鮮は、今でも極端な全体主義思想に凝り固まっている。

独裁権力を握る集団ないしは指導者が100%正しいと絶対視する思想、無謬説では、独裁権力を握る集団ないしは指導者が誤った政策を行った場合、その独裁権力を握る集団ないしは指導者を仰ぐ国全体が誤ってしまうのである。もっと具体例を出そう。

かつて共産党独裁国家圏の盟主・ソ連は、スターリンを絶対視するスターリン無謬・スターリン絶対の全体主義国家であった。ところがスターリン絶対思想は、スターリン治世の30年間に、スターリンと異なる意見を持つ人、スターリンに批判的な人の「粛清」を生んだ。それこそ何百万人、何千万人という膨大な単位の人が粛清され、犠牲になった。スターリンの死後、フルシチョフの時代に、スターリン批判が行われたが、共産党独裁・指導者絶対の思想は変わらなかった。

中国では195070年代にかけて、毛沢東無謬論が、当たり前の常識の国だった。この毛沢東無謬論が195860年の大躍進政策で、推計3000万~5000万人にものぼる餓死者を生んだ。

さらに196677年の文化大革命で、大躍進政策後に中国経済を建て直した共産党幹部、反林彪派の軍長老たちは「実権派」「走資派」「修正主義者」のレッテルを付けられ、三角帽子をかぶらされ町を引き回されるなどした。徹底的な迫害の末、自殺、病死、暴行死、拷問死、獄死等々、犠牲になった人だけでも推計で数千万人と言われ、文化大革命で迫害を受けた人は1億人を超えると推計されている。日本の総人口を超える数の人が、文化大革命で人為的災難を蒙った。

19751979年にかけてカンボジアで独裁権力を握ったポルポトを指導者とするクメールルージュ(共産党)が、政治的反対者、批判者、知識階級、都市居住者、仏教僧侶等を徹底的に粛清・弾圧した。アメリカ国務省、アムネスティ・インターナショナル、イェール大学・カンボジア人大量虐殺プロジェクトの3者は、ポルポト派・クメールルージュ(共産党)によって粛清・犠牲になった人の総計は、約150200万人と推計している。

北朝鮮も建国以来、金日成無謬論が国を支配し、これが金正日・金正恩と三代世襲を生んだばかりか、世界でも他に類例を見ないほどのテロ国家、先軍政治の国になり、ラングーン爆破事件、大韓航空機爆破事件、日本人拉致事件等のテロ事件の他、核実験、ミサイル実験、休戦協定破棄等々で、周辺諸国に軍事的緊張を造り出している。

 

続きを読む

12月27日まで「アンチ日蓮正宗」ブログ更新をお休みさせていただきます

今般、所用の為、1227日まで東京を離れます。ブログの更新・UP等は東京にいる時に行っている為、1227日まで「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新・UPをお休みさせていただきます。1228日以降に「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新・UPを再開させていただきますので、よろしくお願いします。

アンチ日蓮正宗4
 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ