アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年02月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(195)~創価学会幹部からもらったチケットを片手に行った有名歌手の安普請なコンサート

□創価学会幹部からもらったチケットを片手に行った有名歌手の安普請なコンサート

 

さて「隣の学会員・法華講員」シリーズの話しを再び「鍋宴会」の話しに戻したい。

劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、自宅で鍋宴会を主宰する小矢木隆(仮名)は、創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名) 三丁目公園地区(仮名)の地区幹事。自宅の隣接地に劇団の稽古場を構え、劇団の稽古がある日は、必ず自宅で「鍋宴会」。小矢木隆(仮名)は、鍋宴会では意気軒昂。数人集めて鍋をグツグツ煮込み、そこに酒が入ると弁舌滑らかで、一人で喋りまくっている。その小矢木隆(仮名)が得意としている話しは、バクチで膨れあがった莫大な借金を返済したという「体験談」。小矢木隆(仮名)は盛んに「功徳の体験」と言っていたが、実際は先に創価学会に入信していた夫人の親族の借金代払いであった。しかし小矢木隆(仮名)は、決して夫人の親族の代払いであるとは言わず、これは「功徳」だと盛んに鍋宴会で喋るのである。

小矢木隆(仮名)は弁舌が乗ってくると「まあキミも1回ぐらいは創価学会の座談会に来いよ」などと言う。しかし私はすでに福寿荘(仮名)、喫茶店・コンパウンド(仮名)、溝口工務店(仮名)、溝口個人会館(仮名)の関連で創価学会の座談会に出ていたし、これは何度出ても中身は同じ。私は進んで出る気はしなかったが、「太陽作戦」に転換したわけだから、無碍に断るわけにいかない。しかし小矢木隆(仮名)が誘った座談会というのが、地区部長・井畑徳三(仮名)がセクハラをしていた高畑美枝子(仮名)の自宅・個人会館で行われていた座談会。女子部部長・田室美智子(仮名)のヒステリックな堕地獄論を聞かされた座談会であった。「また、あれか」と思ったが、「太陽作戦」に転換したわけだから仕方がない。ここでも小矢木隆(仮名)は、夫人の親族の代払いの借金返済を、代払いのことは隠して、これは「功徳」だと盛んに喋りまくっていた。創価学会の座談会は、何度出席しても、得るものはほとんどなかった。「小矢木さん、こういうのは勘弁してくださいよ」と言うと、「それならこれに行ってきたら」と小矢木隆(仮名)が出してきたのが、研ナオコ・コンサートのチケットである。これには最初「えっ」と思ったが、これにも裏があった。あの当時、歌手・研ナオコは創価学会に入信しており、小矢木隆(仮名)が出してきたチケットは、創価学会の外郭団体・民音が出しているチケット。あの当時、「民音」の名前すら知らなかったくらいで、小矢木隆(仮名)が劇団のオーナーだからこんなチケットを持っているのかな、ぐらいに思っていたのだったが、後になってから、民音が創価学会の外郭団体だと知った。研ナオコが麻薬事件のあと、創価学会に入信したという話しは、福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部の信徒から聞いてはいた。ではなぜ研ナオコが創価学会に入信したのか、という話になると、福寿荘(仮名)の創価学会男子学生部の李達明(仮名)らは、「創価学会はいい人ばかりいるから」(と研ナオコが体験を話していた)などと平気で言う。本当に研ナオコが体験発表して、そんなことを言ったかどうかは疑問だが、こんな厚かましいことを平気で言う創価学会員の体質には呆れてしまった。

 

続きを読む

ふと思ったこと(4)~時代の変遷、寝台特急「あけぼの」廃止に思う

□今は科学も教育も医療も発達せず庶民が宗教にすがらざるを得なかった時代とは異なる

 

JR東日本は2014315日のダイヤ改定にて、上野―青森間を1日1往復している寝台特急「あけぼの」の定期運行廃止をすでに決めている。車両の老朽化と利用客の減少が廃止の理由。1970年に運行が始まり、13往復した時期もあったが、「ブルートレイン」客車は製造から約40年が経った。秋田新幹線は全列車を新型車両「E6系」にして最高速度を時速320キロに引き上げ、東京―秋田間を最速3時間37分で結ぶ。私も十年くらい前に、秋田に行った時に「あけぼの」を利用したことがあったが、上野駅を2145分に発車して、秋田駅到着が翌朝630分。

新幹線で約3時間半。航空機ならもっと時間短縮する時代に、約9時間近くもかかる寝台列車が廃止になるのは、必然だろうか。

今は「あけぼの」は上野駅低いホーム13番線から発車しているようだが、十年前は15番線から発車していた。私が乗ったのはA個室シングルデラックス。あの当時、東海道線を走っていた寝台特急「富士」「はやぶさ」のA個室シングルデラックスとは全然志向がちがった、かなりリッチな一室だった。A個室シングルデラックスはリッチな空間だったが、これは8両編成の1両だけ。あとはB寝台個室とゴロ寝式のB寝台列車。この車両があまりにも古ぼけすぎている。車両の表面がボロボロになっていて、所々つぎはぎだらけの、ひどい傷みが露骨に見える。まさにポンコツ車両そのもの。いくら何でも、これはひどいんじゃないかと思った。さらにこの列車、車内販売もなければ自動販売機も一切なし。弁当もお茶もビールもジュースも、全て駅の売店で買ってから乗車しなければならない。あの当時からすでにこんな列車だったが、私が乗車した日はA個室シングルデラックスは満室。B寝台個室も満室。JRが深夜バスに対抗して、ゴロ寝式のB寝台列車を寝台料金ナシで指定席料金で乗れるようにした「ゴロンとシート」「レディースゴロンとシート」も満室に近いとの車内アナウンスが流れた。十年前はまだ利用客がたくさんいたようですね。

A個室シングルデラックスの中はベッドになっていて、毛布も枕も浴衣もある。個室の中で上野駅で買った駅弁を食べていると、あっという間に大宮駅到着。

大宮駅ホームには、帰宅を急ぐサラリーマンが電車を待つ行列をつくっていたが、物珍しそうにホームに入ってきた寝台特急「あけぼの」を眺めていたのが印象に残っている。

お茶を飲んでベッドで横になっていると高崎駅到着。高崎を出ると清水トンネルを抜けるが、このあたりで眠ってしまう。「あけぼの」は上越線経由で日本海縦貫線へ。翌朝、目がさめて外の車窓を眺めてみると、朝焼けの日本海が見えた。これがなかなかの絶景。下り「あけぼの」に乗ると、個室が進行方向右側にあるため、日本海の車窓を眺めるには、一旦、個室を出て、廊下に出なければならないが、この廊下の窓が、これがまた大きな窓で、なかなか眺めがよかった。

2014315日で寝台特急「あけぼの」が廃止になると、もう朝ぼらけの日本海の絶景は見られなくなってしまう。あとは夏に、午前34時ころ日本海縦貫線を通過する上り寝台特急「トワイライトエクスプレス」に乗って日本海の絶景を眺めるしかなくなる。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(5)~30~40代の独身信者が「日蓮正宗系」の信仰を棄てる

□「信心の功徳で彼女ができる」自慰妄想に気づいて「日蓮正宗系」信仰を棄てる独身男性信者

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースがあることは、すでに記してきたことだが、これとよく似たケースとして、30代~40代の創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の独身信者で、結婚ないで独身のまま、「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、信仰を捨て去るというパターンがある。

これは創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体に共通しているが、このケースの大半は独身の男性信者である。では、具体的に、どういうケースなのか。まず若かりし頃、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」に折伏されて入信した信者、あるいは両親が「日蓮正宗系」の信者で、子どもの頃から教化されてカルト信者に成長したケース、あるいは子どもの頃は全く信仰しておらず、何らかの理由で20才前後くらいに発心してカルト信者になったケース、あるいは創価学会、顕正会で「日蓮正宗系」に折伏されて入信した後、法華講に入ってカルト信者になったケース等々、さまざまである。それで20才代のころは、ほとんど自分の仕事も省みないほど、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。創価学会では創価班、牙城会をやり、顕正会では手当たり次第に知人・友人をファミレスに連れ込んで折伏。法華講では輸送班をやり、駅前や寺院の門前で街頭折伏をやったり、創価学会員宅を訪ね歩いて折伏をする。

これらの活動のために仕事を犠牲にするばかりではない。男性信者の場合、彼女の「か」の字もないほど、「日蓮正宗系」団体の信仰活動に没頭する。

この先が特徴的なのだが、この独身男性カルト信者の場合、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」と頭から信じ込んでいることだ。なぜこんなことを信じ込んでいるのだろうか。というのは、釈迦如来が説いたとされる仏典・経典、インド、中国、日本の、いわゆる「人師・論師」の教説、日蓮の遺文、大石寺歴代法主の遺文等々に、「信心の功徳で彼女ができる」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができる」などという教説など、全く聞いたことがない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体では、幹部の仲介で独身男性信者と独身女性信者を「お見合い結婚」させているが、創価学会、法華講、顕正会等のいずれの「日蓮正宗系」団体でも、幹部の仲介による「お見合い結婚」を、「信心の功徳だ」とは宣伝していない。

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の機関紙では、信徒の体験発表なるものを賑々しく掲載しているが、それらの体験発表の中に、「信心の功徳で彼女ができた」とか「信心の功徳で最良の結婚相手ができた」といった内容は皆無である。

誤解のないように一言附言しておくが、「アンチ日蓮正宗」では、創価学会、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」の信仰の功徳そのものを否定している。そして「日蓮正宗系」の信仰は大衆文化として定着していないが故に、「日蓮正宗系」の独身信者同士の恋愛結婚は、世間の恋愛結婚に比べて極めて少ない、という見解である。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の「2ブログ」の累計総合アクセス数が52万pvを突破

□「2ブログ」による「富士門流信徒の掲示板」累計アクセス数ぶち抜きがいよいよ射程に

 

皆様には、いつもブログをご愛読いただきまして、まことにありがとうございます。

20142月、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の累計アクセス数が35pvを突破。「仏教宗学研究会のブログ」の累計アクセス数が17pvを突破。「2ブログ」の総合累計アクセス数が52pvを突破しました。まことに、ありがとうございました。

■アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/

■仏教宗学研究会のブログ

http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/

どんどん「2ブログ」の総合累計アクセス数が伸びていく中で、いよいよ富士門流執着軍団の第一次公式ホームページ「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数ぶち抜きが、いよいよ射程に入ってきました。マジックナンバー点灯と言っても過言ではありますまい。

2014222日現在の「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数は、583455pv

2014222日現在の「2ブログ」の総合累計アクセス数は527126pv。あと56329pvまで迫っております。ここ1年間の「2ブログ」の月間アクセス数はだいたい25000pv3pvぐらいで推移していますので、あと数ヶ月で「2ブログ」の総合累計アクセス数が「富士門流信徒の掲示板」の累計アクセス数をぶち抜けるかと思われます。

さて「2014年、新年あけまして、おめでとうございます。」の中で、「2014年中に、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」と「仏教宗学研究会のブログ」の「2ブログ」のアクセス数累計が、「富士門流信徒の掲示板」のアクセス数累計を、ぶち抜けるかと思われます。」と書いたところ、これを見た「富士門流執着軍団」の面々が、大慌てに慌て、あれやこれやと聞き苦しい言い訳を、あちらこちらで並べるという、まことに見苦しい姿をさらしております。今回も、富士門流執着軍団の面々は、自らの恥も省みず、またも聞き苦しい言い訳を並べるのでしょうか。

まあ、こんな人たちは、ほおっておくとして、今後とも、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」の「2ブログ」を、よろしくお願い申し上げます。

アンチ日蓮正宗4
 

 

 

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(4)~「日蓮正宗系」未入信の配偶者との結婚を契機にやめる2

□なぜ女性信者が「日蓮正宗系」未入信の彼氏と結婚して「日蓮正宗系」の信仰を棄てるのか

 

「日蓮正宗系」の信者、創価学会員、法華講員、顕正会員が、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚することによって、「日蓮正宗系」の信者のほうが、信仰を棄ててしまうというケースは、創価学会、法華講、顕正会の内部事情が大きく影響している。

創価学会でも法華講でも、まず20代、30代の若い独身男女のアンバランスがある。つまり男性と女性の比率が73ないしは64で、男性のほうが数が多いのである。したがって恋愛結婚でもお見合い結婚でも、「日蓮正宗系」の信者同士で結婚すると、男性のほうがあぶれてしまう。こういったことが影響していると思われるが、創価学会でも法華講でも、30才すぎても35才すぎても、結婚もしなければ彼女もいない若い独身男性信徒がたくさんいる。そうするとそういう姿を目の当たりにした20代、30代の信者が、「長年の信仰活動で功徳を受けているはずなのに、どうして結婚しないのか」という疑問を持つようになり、創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰活動に見切りを付けて、「日蓮正宗系」に未入信の彼氏・彼女と結婚。未入信の配偶者との結婚を契機に信仰を棄てるわけである。これには下記のような裏事情がある。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の信仰そのものが独身女性に定着していない

 

創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」の主戦力は婦人部(※既婚女性のこと)だとは、よく言われる話しであるが、だから「日蓮正宗系」の信仰が女性に定着していると考えている人もいるようだが、これは全くの間違い。確かに婦人部の中には、「日蓮正宗系」の信仰に没頭している人もいるようだが、これが独身女性の女子部になると、これが全然、定着していない。勤行をしていないことを平気で公言する女子部幹部がいるくらい。だから「日蓮正宗系」団体の独身女性は、結婚相手を選ぶにあたって、相手が「日蓮正宗系」の信仰をしているのかどうかを全く問題視していない。だから平気で「日蓮正宗系」に未入信の彼氏と結婚するわけである。

 

□創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体は男性優位・男性型社会である

 

一般論として独身女性は、男性優位社会、男性型社会を魅力的に感じない。創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」団体の法主、僧侶、会長、理事長、副理事長、副会長、総講頭、大講頭、委員長、副委員長は全員男性のみ。まれに女性総代、女性講頭がいるが、これは例外中の例外。日蓮正宗寺院住職は、公然と信者の前で「女(※日蓮正宗では女性のことを一様に『女』とよぶ)は、(総代・講頭に就けるのは)ダメだ」と言うくらいである。さらに創価学会、法華講、顕正会の「日蓮正宗系」は、信者に対して「男性は外で仕事、女性は家庭に入って家事・育児に専念」というアナクロニズムな生き方を画一的に押しつけている。これも独身女性が嫌悪する一因である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ