アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年03月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会の悪弊・弊害(21)~自己保身・自己利益の為に何でも飛びつき何でもパクろうとする

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」団体

 

これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっちの「日蓮正宗系」団体や富士門流寺院、「富士門流執着軍団」にカルトサーフィンする人に見られる傾向である。

「日蓮正宗系」団体は、1970年代から日蓮正宗・創価学会vs妙信講(顕正会)、日蓮正宗・創価学会vs正信会、日蓮正宗vs創価学会等々の分裂、内紛を繰り返してきているが、自己を正当化するために、他の「日蓮正宗」団体による批判に平気で飛びつき、パクるという特異体質をもっている。妙信講(顕正会)は、国立戒壇義に固執し、正本堂は三大秘法抄の戒壇ではないとして、大石寺66世細井日達法主の訓諭に異議と唱えて破門された。

正信会は、創価学会「昭和五十二年路線」の第1次宗創紛争による1979(昭和54)年の「53」以降の宗創和合路線に反発。大石寺66世細井日達から大石寺67世阿部日顕への血脈の相承を否定して、日蓮正宗から破門された。

1990(平成2)12月に宗創戦争が勃発すると、創価学会との紛争を有利に運びたい大石寺67世阿部日顕法主は、「正本堂は三大秘法抄の戒壇ではない」として、大石寺66世細井日達法主の訓諭を実質的に改訂。さらに国立戒壇義のほとんどパクリである「国主立戒壇」義を唱え、「戒壇の大本尊」を正本堂から奉安殿に遷座。正本堂を取り壊した。これら一連の大石寺67世阿部日顕法主の路線は、かつて日蓮正宗が破門した顕正会の義のパクリである。

その顕正会は、正本堂取り壊し、「戒壇の大本尊」の奉安殿遷座で、日蓮正宗との対立点がほとんどなくなってしまうと、今度は「大石寺67世阿部日顕は大石寺66世細井日達から相承を受けていない」などと言い出した。顕正会・浅井昭衛は、日蓮正宗からの破門以降も、198090年代までは、「大石寺法主の血脈は断絶しない」と言っていたものが、突然、正信会のパクリで血脈断絶を言い出したというわけである。

創価学会は創価学会で、対立する大石寺67世阿部日顕法主を批判するために、対立する正信会や顕正会と全く同じように「大石寺67世阿部日顕は大石寺66世細井日達から相承を受けていない」などと言い出し、大石寺67世阿部日顕法主を「ニセ法主」と呼んだ。これも、創価学会と対立する正信会のパクリである。かつて創価学会は、1980年代には血脈断絶を言う正信会を「大謗法の輩」などと非難していたが、自分たちが日蓮正宗と決裂すると、今度は正信会の日蓮正宗批判ネタをパクってくる。自己保身・自己利益のためには何でも利用できるものは利用する。自己正当化の為なら、昨日の宿敵の批判ネタだろうが何だろうが、平気でパクってくる。

このような無節操な特異極まる異常体質は、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体としての体質に限らず、信徒個人の体質としても存在する。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(19)~日蓮・日興に「惣貫首」「貫首」思想はなかった

■検証19・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ13

 

□身延山久遠寺二祖貫首が決定したのは1288(正応元年)「日蓮七回忌」の年である

 

史実を徹底検証していくならば、「百六箇抄」の

「但し直授結要付属は一人なり。白蓮阿闍梨日興を以て惣貫首と為して、日蓮が正義悉く以て毛頭程も之れを残さず、悉く付属せしめ畢ぬ。上首已下並に末弟等異論無く、尽未来際に至るまで予が存日の如く、日興嫡嫡付法の上人を以て惣貫首と仰ぐべき者なり」

の文が、史実に全く反していることが明らかになる。もし本当に日興が日蓮から血脈付法の「惣貫首」であると指名されたならば、

1 「定」の序列を「不次第」とする必要はなく最上位に置かねばならないはずである。にもかかわらず、それがなされていない。

2 日蓮の葬送の列で、日興が大導師を勤めていたはずであり、大導師・日昭と副導師・日朗で日蓮葬送の儀を執り行うはずがない。

3 学頭・日向と地頭・波木井実長が四箇の謗法を犯したからといって、日興が身延離山するはずがない。日興が「惣貫首」なら、身延山久遠寺から出て行かなくてはならないのは、「貫首」であったはずの日興ではなく、「学頭」の佐渡阿闍梨日向のほうである。

これで明らかである。日蓮の思想・教義の中に、「惣貫首」「貫首」というものは存在しない。日蓮は自らが書き残した遺文(御書)の中で、「惣貫首」「貫首」という単語をどこにも使っていない。日蓮は「貫首」思想というものを持っていなかった。したがって「百六箇抄」の

「但し直授結要付属は一人なり。白蓮阿闍梨日興を以て惣貫首と為して、日蓮が正義悉く以て毛頭程も之れを残さず、悉く付属せしめ畢ぬ。上首已下並に末弟等異論無く、尽未来際に至るまで予が存日の如く、日興嫡嫡付法の上人を以て惣貫首と仰ぐべき者なり」

の文は、全く史実に反しているということになり、したがってこの文も「百六箇抄」が後世の偽作である証拠ということになるのである。

日蓮滅後の身延山は、輪番給仕によって成り立っていたが、日昭は鎌倉浜土の妙法華寺、日朗は鎌倉比企ヶ谷の妙本寺、日興は身延山林蔵坊、日向は藻原の妙光寺(藻原寺)、日頂は真間・弘法寺、日持は松野・永精寺に、それぞれ居を構えて布教活動を行っていた。

尚、身延山には、各宿坊に月番が置かれていた。

日昭 南之坊不軽院  日朗 竹之坊正法院  日興 林蔵坊常在院

日向 樋沢坊安立院  日頂 山本坊本国院  日持 窪之坊本応院

日蓮の遺骨が遺命によって身延山久遠寺に送られ、西谷の地に遺骨が葬られて日蓮の正墓が築かれた。これが今の御廟所の墓塔であり、これを守護する順番が弟子たちによって決められた。六老僧をはじめとする弟子たちは、各地で布教をしていたので、交替で身延山に登山参詣し、日蓮の墓塔に仕える「守塔輪番制」が決められた。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(18)~日蓮は滅後の導師・戒壇・授戒・ビジョンを弟子たちに何一つ明示しないまま入滅した

■検証18・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ12

 

□日蓮は滅後の導師・戒壇・授戒・ビジョンを弟子たちに何一つ明示しないまま入滅した

 

日蓮正宗や創価学会の「百六箇抄」「二箇相承」の議論は、「日蓮は絶対に誰かを第二祖として血脈相承をした」という前提になっているが、そもそもこの前提が間違っている。

日蓮は最後の最後まで自分の滅後のビジョンを弟子たちの前ではっきり明示しなかった。

日蓮は「南無妙法蓮華経を唱える」という唱題行で一切衆生皆成仏道を説いたが、しかし佐渡流罪・身延山入山以降は、唱題、本尊、戒壇の三大秘法を説いた。しかし日蓮は、三大秘法の詳細や滅後の大導師について、ついに最後の最後まではっきりと明示しなかったのである。日蓮は、観心本尊抄、報恩抄で本門の本尊とは、釈迦如来仏像、ないしは十界の立体本尊であると説いた。そして観心本尊抄では、自界叛逆難・他国侵逼難の二難が到来した後、「一閻浮提第一の本尊」が立つとした。この時の日蓮の頭の中には、自分の在世中に蒙古が襲来して日本が滅亡し、然る後に日蓮が説き明かした仏法が弘まる、との基本認識があった。

そもそも日蓮は、立正安国論の諫言を聞き入れない鎌倉幕府・日本国は蒙古襲来で滅亡し、その後に日本国中に南無妙法蓮華経が弘まると考えていた。つまり日蓮は自分の在世中に南無妙法蓮華経の仏法が日本一国に広宣流布すると考えていた。しかし1281(弘安4)の、いわゆる「弘安の役」で、日蓮の日本滅亡の予言、日本滅亡の後に日蓮の題目が一気に広宣流布するという予言は完全に外れた。しかし二度の蒙古襲来でも日本は滅亡せず、南無妙法蓮華経も弘まらなかった。予言が外れた日蓮は、身延山の草庵で重い病に伏せる。気落ちした日蓮は、病が次第に重くなっていく。しかしこれでは日蓮に入門した弟子・信者が納得しない。

「祖師の滅後はどうしたらいいのか」「朝廷公認の僧になるにはどこで授戒したらいいのか」

日蓮は重い病の中、自分の滅後のビジョンを弟子の前に示す必要性に迫られた。

しかし自分の在世中に南無妙法蓮華経の仏法が日本一国に広宣流布すると考えていた日蓮が、重い病の中、自分の滅後のビジョンを弟子の前に示せるはずがない。

日蓮は弘安五年(1282)4月になって、ようやく「三大秘法抄」を執筆して釈迦如来本尊・王仏冥合の時の戒壇建立は示した。しかし、授戒の戒壇についてはついに示さなかった。日蓮は戒壇について、「三大秘法抄」で王仏冥合の暁の戒壇建立は説いたものの、僧侶授戒の戒壇院はどうするのか、最後の最後まで説き明かさなかった。このことが日蓮入滅後、日蓮門下が分裂していく大きな原因になる。

六老僧でも日昭は比叡山延暦寺戒壇説を採り、他の門流は日蓮門下の独自戒壇建立説を唱えたりもするが、日像の京都開教とそれに伴う日蓮門下と比叡山延暦寺の対立が起こり、比叡山延暦寺の戒壇での授戒は消え去り、「天文法華の乱」で、日蓮門下の独自戒壇建立も消えてしまう。

妙顕寺22三門
 

(京都妙顕寺)

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(17)~日興が身延山久遠寺別当ならば身延離山しなければならないのは日向のほうだったはずだ

■検証17・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ11

 

□日興が身延山久遠寺別当ならば身延離山しなければならないのは日向のほうだったはずだ

 

日興の「身延離山」には、もうひとつ、大きな矛盾点が存在している。

第二の矛盾点とは、波木井実長を教唆した佐渡阿闍梨日向と波木井実長が身延山久遠寺に残り、日蓮正宗に言わせると「血脈相承を受けた法主」であるはずの日興が身延山久遠寺から離山したという点である。 これでは、まるで話がアベコベである。

つまり日蓮正宗の見解では、今風に言うと、日興が当時、身延山久遠寺の「別当」であり、「本門弘通の大導師」である「法主」。佐渡阿闍梨日向は「学頭」で、波木井実長は身延山周辺の地頭であり、日興の檀那であった。

日蓮正宗に言わせると、「地頭・波木井実長が、六老僧の一人、日向の軟風にかぶれ、日向にそそのかされるままに四箇の謗法を犯した」ので、「法主」の日興は、「学頭」の日向を義絶(破門)にしたわけだから、日蓮一門の本山・身延山久遠寺から出て行かなくてはならないのは、「法主」の日興ではなく、日興から義絶された日向のほうのはずである。

もし本当に日興が、「百六箇抄」「二箇相承」で「血脈相承を受けた法主」であったならば、「地頭・波木井実長が、六老僧・日向の軟風にかぶれ、日向にそそのかされるままに四箇の謗法を犯した」からといって、身延山久遠寺から離山する必要など全くない。日興は「百六箇抄」「二箇相承」という「法主の権威」を示して、「これが目に入らぬか」とばかりに、日向を義絶して、日向のほうを身延山久遠寺から追い出せばいいだけの話しである。つまり身延山久遠寺から出て行かなくてはならないのは、日興ではなく、佐渡阿闍梨日向のほうだったはずである。

ところが、実際に身延山久遠寺から離山していったのは「義絶された」日向ではなく、「義絶した法主」であったはずの日興。こんな矛盾した話しはない。これでは話しがあべこべである。

近年、日蓮正宗大石寺の法主は、妙信講(顕正会)、浅井甚兵衛、浅井昭衛、正信会僧侶、創価学会、池田大作を次々と「破門」しているが、大石寺から出て行ったのは、「破門された」妙信講(顕正会)、浅井甚兵衛、浅井昭衛、正信会僧侶、創価学会、池田大作のほうであって、「破門した」大石寺法主ではない。

大石寺4世日道、5世日行、6世日時の代、大石寺は保田妙本寺の日郷一門と蓮蔵坊の帰属をめぐってはげしい紛争があった。大石寺5世日行の代、大石寺がある上野郷の地頭・興津法西は、1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日伝に与えた書状「興津法西より日伝への返付状」の中で、日郷一門の日伝を「大石寺別当」(法主)と呼んでいる。これは大石寺一門、大石寺5世日行からすれば、とんでもない不法行為である。この不法は、波木井実長以上の不法であるはずである。波木井実長は日向の指導に信伏随従していたが、まだ日興を直接の師匠だと認めていた。ところが上野郷の地頭・興津法西は、日郷一門の日伝を「大石寺別当」(法主)と呼んでいる。これは、大石寺5世日行からすれば、波木井実長以上の不法であるはずである。

保田妙本寺1
 

(保田妙本寺)

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(16)~日興が「百六箇抄」を佐渡阿闍梨日向と南部実長に示せば「身延離山」はなかったはずだ

■検証16・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ10

 

□日興が「百六箇抄」を佐渡阿闍梨日向と南部実長に示せば「身延離山」はなかったはずだ

------------------------------------------------------------

(日蓮正宗の妄説)

日興上人は、『百六箇抄』『二箇相承』を以て日蓮から日興一人を唯一の後継者として血脈を相承し、身延山久遠寺の別当に任命された。しかし、やがて地頭・波木井実長が、六老僧の一人、日向の軟風にかぶれ、日向にそそのかされるままに三島神社参詣、福士の塔の供養、念仏の道場建立、釈尊の立像を本尊となす等の四箇の謗法を犯した。

日興上人は、再三にわたって波木井を制止され、正しい信心に立ち還らせんと努力なさった。

しかし波木井は、自らを教化してきてくださった初発心の師たる日興上人に対し、とうとう「我は民部阿闍梨(日向)を師匠にしたるなり」との暴言をもって師敵対した。

ここに日興上人は、「地頭の不法ならん時は我も住むまじ」との日蓮大聖人の御遺言にしたがい、謗法の混じった身延山を離山あそばされた。

------------------------------------------------------

1282(弘安5)年の日蓮の死後からわずか7年後の1289(正応1)1290(正応2)年の「身延離山・大石寺開創・日興門流の分離」に到る日蓮正宗の説明は、概ね、こんなところである。しかし日蓮正宗の「身延離山」の説明には、根本的な大きな矛盾があることに、日蓮正宗の信者は全く気づいていないようである。

もし本当に日興が、『百六箇抄』『二箇相承』を以て日蓮から日興一人を唯一の後継者として血脈を相承し、「惣貫首」「本門弘通の大導師」「身延山久遠寺の別当」に任命されていたならば、そもそもこんな「身延離山・大石寺開創」などという事件が起きるはずがないのである。

つまりこういうことだ。日興が『百六箇抄』『二箇相承』を以て唯一の後継者として血脈相承していたならば、いくら身延山の地頭・波木井実長が民部阿闍梨日向に教唆されて「四箇の謗法」を犯そうとも、日興はこの『百六箇抄』『二箇相承』を「錦の御旗」「水戸黄門の印籠」のように、「これが目に入らぬか」「頭が高い、控えよ」とばかりに、「唯授一人の血脈相承」を受けた「法主の権威」を、佐渡阿闍梨日向と波木井実長に示せば良かったわけである。

そうすれば、佐渡阿闍梨日向と波木井実長は、「先師・日蓮から血脈相承を受けた法主・日興に逆らう逆徒・大謗法の徒輩」ということになり、このような身延離山・大石寺開創・日興門流の分離独立という事態に発展することはなかったはずである。

2祖日興1
 

(日興)

日蓮・身延山草庵跡1
 

(身延山久遠寺)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ