アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年03月

□自己保身・自己利益のためには対立する団体の教義をも平気でパクる「日蓮正宗系」団体   これは、創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の中で、僧侶と信徒、信徒同士のケンカや紛争を引き起こして、自分が所属する団体を飛び出し、あっちこっちの ...

■検証19・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ13   □身延山久遠寺二祖貫首が決定したのは1288年(正応元年)「日蓮七回忌」の年である   史実を徹底検証していくならば、「百六箇抄」の 「但し直授結要付属は一人なり。白蓮阿闍梨日興を以て惣貫首と為 ...

■検証18・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ12   □日蓮は滅後の導師・戒壇・授戒・ビジョンを弟子たちに何一つ明示しないまま入滅した   日蓮正宗や創価学会の「百六箇抄」「二箇相承」の議論は、「日蓮は絶対に誰かを第二祖として血脈相承をした」 ...

■検証17・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ11   □日興が身延山久遠寺別当ならば身延離山しなければならないのは日向のほうだったはずだ   日興の「身延離山」には、もうひとつ、大きな矛盾点が存在している。 第二の矛盾点とは、波木井実長を教唆 ...

■検証16・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ10   □日興が「百六箇抄」を佐渡阿闍梨日向と南部実長に示せば「身延離山」はなかったはずだ ------------------------------------------------------------ (日蓮正宗の妄説) 日興上人は、『百六箇抄』 ...

■論破1・大石寺御影堂は日興の創建ではなく12世日鎮の創建・17世日精の再興である1          □早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大虚妄である   日蓮正宗大石寺は2013年12月に、日蓮立正安国論七百五十年記念事業のひとつである ...

■検証269・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった19   □五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない2   東京の最低気温が1度とか0度の時でも、真冬の長野の最低気温はマイナス5度とかマイナス6度くらいに ...

■検証268・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった18   □五尺の雪・1メートル50センチの積雪がある現代の豪雪地帯に自生の楠木は存在しない   私の実家は北陸地方にあるので、東京から実家に行くときは、上越新幹線と特急はくたか号のルートを ...

□ニセモノを見破れず騙されてしまう体質が変わらず「ニセhide」に簡単に騙された某人を笑う   最近、週刊誌ではニセ作曲家問題・佐村河内守氏をボロクソに批判する論調が盛んである。そもそものこの問題の発端は、聴覚障害がありながら『鬼武者』のゲーム音楽や「交響 ...

□結婚の質問に「創価学会に入ったら彼女が出来るよ」とハッタリを言った創価学会幹部   創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)男子部部長は清水谷文夫(仮名)で、副部長が瀬古口敏夫(仮名)。清水谷文夫(仮名)は酒好きで、しかも人前で自分の創価学会幹部とし ...

□池田大作が日蓮の再誕だの四条金吾の再誕だのと本気で議論していた創価学会員   小矢木隆(仮名)、井畑徳三(仮名)、高畑美枝子(仮名)らがいる創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)の地区リーダーの一人、谷本憲司(仮名)は子どもの頃から、両親が創価学会員 ...

■検証74・大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門3   □日本の臨済宗では栄西禅師によって創建された最も古い臨済宗の大本山寺院・建仁寺   建仁寺とは、臨済宗建仁寺派大本山で、境内は京都有数の繁華街・祇園に最も近い所にある。京都・祇園に ...

■検証73・大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門2   □京都天奏の旅ではじめて「勅使門」を知った日蓮正宗大石寺9世法主日有   日蓮正宗大石寺は、広宣流布・天皇帰依の時に天皇からの使者を迎え入れる「勅使門」と、固く門の扉が閉ざされている ...

■検証72・大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した化儀・勅使門1   □日蓮正宗大石寺挙げての大行事「京都天奏」の答えとして用意した大石寺・勅使門   大石寺の伽藍・建築物の中で、大石寺9世日有の京都天奏により、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院 ...

□「本物の正しい宗教を探す」とか「本物の正統門家を探す」ということは意味がないことである   創価学会、法華講、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体の信者の中には、純粋な動機、自らの求道心でコツコツと教学を学んだり、全国各地の寺院に参詣したり、さまざま ...

□「被害者」の仮面を被ろうとする創価学会時代に強引な折伏活動で実績を積んだ加害者たち   日蓮正宗、法華講、創価学会、顕正会、正信会等の「日蓮正宗系」団体を離檀・脱会して、他の「日蓮正宗系」団体に移った人、「日蓮正宗系」団体を次々と、転々と「カルトサー ...

■検証15・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ9   □葬儀・葬列・法要は法席・僧階が最上位の僧侶が大導師を勤めるのが仏教界の通例   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) 大聖人の御葬儀 ...

■検証14・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ8   □法主・管長以外の僧侶が「責任者」「導師」を務める法要・行事に法主は出仕してこない   --------------------------------------------------------- (法華講員・辻野けんゆう2gの妄説) 大聖人の ...

■検証13・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ7   □日興が「身延山久遠寺惣貫首」ならば日蓮葬送の儀で日蓮棺桶の脇に列するはずがない   1282(弘安5)年10月14日の日蓮葬送の儀式がどのようなものであったか。日興が筆録した「御遷化記録」をもとにし ...

■検証12・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ6   □大石寺二祖日興は「本門弘通の大導師」「身延山久遠寺惣貫首」ではなかった1   日蓮が日興に相伝したと日蓮正宗が自称する「百六箇抄」によれば、 「但し直授結要付属は一人なり。白蓮阿闍梨日興を ...

□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」は「アンチ日蓮正宗」及び管理人とは全くの無関係である   最近、「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」のブログに、「ニセhide」が何度も出没して、アラシ行為を繰り返し、管理人が多大な迷惑を蒙り、アラシ対策として、「アンチ ...

□ヘイトスピーチ合戦・謀略策略合戦の騒乱で萎んでしまった「mixi」の創価学会批判   最近、世間巷では「ヘイトスピーチ」という言葉が流行している。ヘイトスピーチとは 「『憎悪表現』と訳される概念で、特にそうした種類の言論が”地域の平穏を乱すことをもって規 ...

■検証266・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった16   □鎌倉時代が「小氷期」だったことを裏付ける日蓮遺文について反論不能の洗脳法華講員 ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろ ...

■検証265・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった15   □物理学の世界的な権威のある学者の「鎌倉期小氷期説」を日蓮遺文が裏付けている ----------------------------------------------------- (「アンチ日蓮正宗」に降伏宣言した龍神ひろしの ...

■検証264・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった14   □身延町文化財指定の本遠寺大楠木は日蓮在世の時代から自生している証明ではない   山梨県身延町の日蓮宗寺院・大野山本遠寺の楠木に関しては、大野山本遠寺そのものが、徳川家康の側室だ ...

■検証263・鎌倉時代・小氷期の極寒地獄の身延山に自生の楠木はなかった13   □今の身延山にある楠木が七百年前の身延山の楠木自生の証明だと強弁する「慧妙」   身延山周辺には、身延周辺だけではなく、富士地方も含めて、自生の楠木は昔も今も存在していないという ...

□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・いかなる個人に対しても中立・非同盟・不偏不党です   今まで何度も何度も公言してきたことなのですが、いまだによくわかっていない人がいるようなので、再度、はっきりと明言します。 「アンチ日蓮正宗」「仏教宗学研究会」の主 ...

□初回の拝観で大石寺「板本尊」と中国伝来の位牌に関係があるのではと思った思い出の大樹寺   先日、久しぶりに愛知県岡崎市の浄土宗寺院・大樹寺に行ってきました。この大樹寺という寺院は、徳川幕府歴代将軍・初代家康から十四代家茂までの等身大の位牌が祀られてい ...

□社会人になって職を転々とする創価学会員の転職を「功徳だ」と言っていた創価学会員   小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」には、とっかえひっかえ、いろいろな創価学会員が来ていた。「鍋宴会」そのものは、元々、小矢木隆(仮名)の酒好き、鍋好きからはじまったものなのだ ...

□「太陽作戦」で判明した創価学会員同士の恋愛結婚にまつわる創価学会の内部矛盾   劇団Nのオーナー兼プロデューサーで、創価学会の東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名) 三丁目公園地区(仮名)の地区幹事でもある小矢木隆(仮名)宅の「鍋宴会」は、連日連夜、小矢木隆 ...

↑このページのトップヘ