アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年04月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(77)~大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した法隆寺の本坊(貫首の居所)・西園院客殿

■検証77・日蓮正宗大石寺9世法主日有が京都仏教寺院から輸入した伽藍・客殿1

 

□大石寺9世日有が京都天奏の折に輸入した法隆寺の本坊(貫首の居所)・西園院客殿

 

大石寺9世日有の京都天奏により、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院から輸入したもの、パクリと思われるものが、寺位牌や秘仏、勅使門、六万坊以外にも存在している。大石寺の伽藍・建築物を見ると、京都の仏教寺院の影響もしくは京都仏教寺院から採り入れたもの・輸入したものと思われるものがいくつかある。これらのものも、甲州・湯之奥金山の金による大石寺9世日有の莫大な経済力と京都天奏の産物として特筆すべきものであるが、大石寺を代表する伽藍・堂宇である客殿もそのひとつである。大石寺の客殿は、1465(寛正6)3月、日蓮正宗大石寺9世日有がはじめて建立・創建した伽藍である。大石寺9世日有が大石寺客殿を創建したとする見解は、日蓮正宗・大石寺の公式見解である。

この客殿という伽藍は、京都・貴族の屋敷や寺院などで、客を応対するために造った殿舎で、いわば京都・奈良の貴族文化を象徴するもの。寺院では、世界最古の木像建築・法隆寺の塔頭・西園院に客殿という名前の堂宇が存在する。大石寺9世日有が京都・奈良の仏教寺院から輸入したと思われる客殿は天台寺門宗総本山・三井寺(勧学院客殿・光浄院客殿)、法隆寺西園院(貫首の住居)客殿、教王護国寺(東寺)客殿、東寺観智院客殿、真言宗大覚寺派・西明寺客殿、…である。

この中で、まず真っ先に挙げなくてはならないのが、奈良の法隆寺西園院客殿である。

西園院は法隆寺の本坊(住職の居所)であり、南大門を入って左側、築地塀の内側にある。

園城寺勧学院客殿は、慶長5(1600)の建立。桃山時代の書院造建築の代表作とされる。

光浄院客殿は、勧学院客殿より1年後の慶長6(1601)建立で、規模、意匠など勧学院客殿と似ている。妙心寺霊雲院客殿は、1688-04年の元禄期とされている。教王護国寺の観智院客殿 は、慶長11年(1606年)の建立。西明寺客殿は、本堂より古く、江戸時代前期に移築された。当時は食堂と称し、僧侶の生活や戒律の道場として使用された。臨川寺 客殿は、1620(元和5年)の建立。大覚寺客殿は、1596-15年の慶長期のこととされている。

これに対して、日蓮正宗大石寺の客殿は、1465(寛正6)3月に大石寺9世日有が建立したわけだから、大石寺の客殿のほうが、京都仏教寺院の客殿より先に建立されたことになる。この中で、法隆寺の西園院客殿に注目したのは、

1 法隆寺がこれらの寺院の中でもっとも創建が古いこと。

2 その法隆寺の塔頭院の中に「客殿」という名前の堂宇があること

である。そこで法隆寺の西園院客殿がいつ創建されたかをしろうと思い、法隆寺の案内役員に聞いたところ、「聖徳宗の宗務院へ行って聞いてくれ」と言われたので、早速、法隆寺境内にある宗務院へと足を運んだ。宗務院は、その西園院のとなりにある。

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」へのご意見・ご要望・ご叱声等にお答えしますPART2

201312月から20142月に何度か10日前後ほど休止したのは地方出張に出た為です

 

---------------------------------------------------

最近休みとブレイクタイムが多いぞアンチ日蓮正宗。ネタ切れかwww

日蓮本仏論の批判でもやればいいのに絶対にやらないな。教学力が全くないからやりたくても出来ない無能hidewwwww名無しさん@お腹いっぱい。 ID:BvaoQsoU 2014/02/17 20:44

アンチ日蓮正宗まだ更新無し。罰が当たって死んだんじゃないの?

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:YTegduqO 2014/02/21 05:10

アンチ日蓮正宗更新無し。敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:xDfJ6Y+O 2014/02/20 13:15

アンチ日蓮正宗が休止。アンチ日蓮正宗のhideとうとう敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:P8nmX8Ag 2014/02/13 15:42

アンチ日蓮正宗27日になっても更新がない。敗走したか。アンチ日蓮正宗のhideは「逃亡者」

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:uIAgicm4 2014/01/27 14:20

アンチ日蓮正宗休止。とうとう敗走したかwwwww

名無しさん@お腹いっぱい。 ID:+sv3VdDS 2014/01/19 18:36

-----------------------------------------------------

201312月から20142月にかけて、何度か10日前後ほど地方出張に出かけたため、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の更新を休止したことがあったのですが、更新を休止している間、上記のようなご意見がわき上がりました。常日頃から、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を読んで頂いているのですねえ。ありがとうございます。

いずれの更新休止の時も、更新休止の前に事前告知しているのですが、これは地方出張があったため、いつも東京で行っているブログの更新ができずに更新休止になったものであり、これはネタ切れではありません。ましてや敗走でも逃亡でもなく、罰が当たって死んだわけでもありません。ちゃんと生きております()。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」は、私が生きている限りつづいていきますので、これからもお読み頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

それから「日蓮本仏義偽作説を早くやれ」というご要望のようですが、「mixi」の「アンチ日蓮正宗」コミュでは、とっくの昔に、日蓮正宗系の「日蓮本仏義」は大石寺9世日有の偽作である、との見解を検証50にわたって載せております。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」ではなぜ載せていないのか、ということですが、これは偽作説を載せる順番が単に後になっただけのことです。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」に偽作説を載せた順番は、「戒壇の大本尊は日蓮の造立ではない」「戒壇の大本尊は大石寺9世日有の偽作」「二箇相承は大石寺9世日有の偽作」「日興跡条条事は大石寺9世日有の偽作」「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作」が先になり、「日蓮本仏義は大石寺9世日有の偽作」はこのあとになっているだけのことです。したがって「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作だ」が終われば、「日蓮本仏義は大石寺9世日有の偽作だ」がスタートします。また「百六箇抄は大石寺9世日有の偽作」の中でも、これの関連で日蓮本仏義偽作説が登場します。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(25)~本当に「百六箇抄」があったら上野地頭が保田妙本寺日賢を「大石寺別当」と呼ぶはずがない

■検証25・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ19

 

□本当に「百六箇抄」があったら上野地頭が保田妙本寺日賢を「大石寺別当」と呼ぶはずがない

 

蓮蔵坊七十年紛争の真っ只中の1366(貞治5)に、上野郷の地頭・興津法西が日郷一門の法主・日伝に与えた書状—「興津法西より日伝への返付状」の内容は、注目に値する。

「興津法西より日伝への返付状」

「駿河国富士上方上野郷大石寺御堂坊地

先例に任せ地頭時綱寄進状、並に師匠日郷置文以下証文などにより、宮内郷阿闍梨日行の競望を止め、元の如く中納言阿闍梨日賢に返付申し候了んぬ。

仍て先例を守り勤行せらるべきの状件の如し。

貞治五年九月十七日 沙弥法西 判

大石寺別当中納言阿闍梨の所」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂『富士宗学要集』9p39)

 

中納言阿闍梨日賢というのは、日郷一門(保田妙本寺・小泉久遠寺の一門)の保田妙本寺貫首・日伝の改名前の名前である。この文書の中で、上野郷の地頭・興津法西が日伝のことを「大石寺別当」と呼んでいることは、まことに注目すべきことである。 日蓮正宗が発行している「日蓮正宗・富士年表」によれば、当時の大石寺法主(別当)は、日伝ではなく、大石寺5世の宮内卿阿闍梨日行になっている。日行から日伝に大石寺法主が代替したとは書いていない。日伝は、大石寺の歴代法主の中に名前はない。日伝とは、当時、大石寺と対立・紛争をしていた日郷一門の小泉久遠寺・保田妙本寺5代貫首であって、歴代大石寺法主の中に名前はない。

しかし、この当時の文献では、大石寺のある上野郷の地頭・興津法西は、大石寺5世日行ではなく、日郷一門の保田妙本寺貫首・日伝を「大石寺別当」と呼んでいるのである。ということは、この当時、日蓮正宗が「法主」と認めていない人物が、「大石寺別当」(法主)職にあったということになる。つまりこれは、平たく言えば、当時の大石寺は、日郷一門の法主・日伝らによって占拠されていたということに他ならない。

蓮蔵坊七十年紛争は、日郷一門が蓮蔵坊を占拠したり、日道一門が占拠したり、そうかと思うと、日郷一門が大石寺の境内地の中に東御堂を建てて、日道一門に対抗したり、両者による壮絶な紛争になっていた。

蓮蔵坊は、1338(建武5)年、上野郷の地頭・南条時綱が日郷に寄進状を発行して日郷一門に帰したが、それでも日道一門と日郷一門の紛争は止まず、南条時綱の子・時長が地頭になって後、再び時長が日郷一門に証状を出した。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(24)~本当に「百六箇抄」があったら「蓮蔵坊七十年紛争」はなかった

■検証24・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ18

 

□「百六箇抄」ではなく今川家と鎌倉管領の介入により政治的に解決した「蓮蔵坊七十年紛争」

 

1333(正慶2)年から1403(応永10)年にいたる70年の長い間、日蓮正宗大石寺4世法主日道の一門と、保田妙本寺・小泉久遠寺の開祖・日郷の一門の間で、大石寺塔中にある蓮蔵坊の帰属を巡って、紛争が起こった。1333(正慶2)年とは、日蓮正宗大石寺3祖日目が美濃国(岐阜県)垂井で死去して随行の僧侶・日郷が大石寺に帰ってからのこと。

この蓮蔵坊七十年紛争は、日郷一門が蓮蔵坊を占拠したり、日道一門が占拠したり、そうかと思うと、日郷一門が大石寺の境内地の中に東御堂を建てて、日道一門に対抗したり、両者による壮絶な紛争になっていた。

蓮蔵坊は、1338(建武5)年、上野郷の地頭・南条時綱が日郷に寄進状を発行して日郷一門に帰したが、それでも日道一門と日郷一門の紛争は止まず、南条時綱の子・時長が地頭になって後、再び時長が日郷一門に証状を出した。

時長証状により蓮蔵坊を安堵(土地所有を公認されること)された日郷は、1345(康永4)年、上洛して京都守護職の案内を得て、念願の天奏を果たし、1353(正平8)年、61歳で死去した。

日郷門流の本山・保田妙本寺の開祖・日郷の後継貫首は、南条時綱の子・日伝である。日伝は幼名を牛王丸、出家して日賢と名乗り、後に日伝と改名した。

大石寺は1339(延元4)6月、大石寺4世日道から大石寺5世日行に代替わりした。

保田妙本寺開祖・日郷は1340(興国1)年、1344(興国5)年、1347(正平2)年、度々、京都に上洛して京都・鳥辺山に葬られた日目墓所の地を買い求めている。1365(正平20)年、日郷の後継貫首・日伝(日賢)が、日郷と同じように京都・鳥辺山の日目墓所の地を買い求めている。

1359(正平14)年、日郷一門の日叡が中心になって大石寺に東御堂を建てた。

1363(正平18)年、日郷一門を支えてきた上野郷の地頭・南条時長が死去し、上野郷の地頭は、河東の代官・興津法西が兼務するようになった。

1365(正平20)年、かつての日興の坊舎であった白蓮坊(西大坊)を修復して住んでいた大石寺4世日道の後継法主・大石寺5世日行が、日郷一門の後継法主・日伝が安房国(千葉県)にいることを幸いに、地頭・興津法西に取り入り、日郷一門の僧侶たちは、蓮蔵坊から追放されて、大石寺5世日行一門が占拠するところとなった。 この事態に驚いた日郷一門の貫首・日伝は、駿河国の領主・今川家に訴えた。

今川家は、さっそく真偽のほどを正せと興津法西に厳命。これに驚いた興津法西が厳密に調査したところ、日伝側には確かに南条時綱、南条時長の寄進状や日郷の置き文などの証状があるが、大石寺5世日行側には何の証状もない。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(23)~本当に「百六箇抄」があったら日仙と日代は大石寺上蓮坊で問答する必要がなかった

■検証23・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮日興相承の大ウソ17

 

□本当に「百六箇抄」があったら日仙と日代は大石寺上蓮坊で問答する必要がなかった

 

日蓮正宗大石寺開祖・日興、三祖・日目が死去した翌年の1334(元弘4)17日、大石寺上蓮坊(百貫坊)にて、勤行のときに方便品を読むべきか、読まざるべきかという問題を巡って、日興の弟子で、上蓮坊(百貫坊)開基・日仙と、日興から北山本門寺後継住職に附嘱された日代の間で、「仙代問答」と言われる問答が起こった。この問答は、単なる問答では終わらず、富士門流の中に混乱・内紛を惹起し、最終的に日仙は、自らが開祖となった四国・讃岐本門寺に下向していった。

日代は、その後、北山本門寺檀那・石川実忠によって北山本門寺から擯出(追放)され、河合の地に移って西山本門寺を開創して開祖となった。1343(興国4)年のことである。

この「仙代問答」も、富士門流の中に、大きな分裂劇を引き起こした事件になった。

日蓮正宗に言わせると、「仙代問答」が起こった1334(元弘4)年、時の大石寺法主は、三祖・日目から血脈相承されたという大石寺4世日道であったはずである。しかし、この「仙代問答」が起こったということ自体、「唯授一人の血脈相承」や「百六箇抄」と全く矛盾しているのである。これは、どういうことか。

日蓮正宗では、相伝書である「百六箇抄」「二箇相承」や「唯授一人の血脈相承」を受けた大石寺法主は、教義について紛争が生じた場合には、教義について最終的な裁定を下す立場にある。

もし1334(元弘4)年当時において、大石寺三祖・日目から「百六箇抄」や「唯授一人の血脈相承」を受けた法主として大石寺4世日道がいたならば、勤行のときに方便品を読むべきか、読まざるべきかという問題が生じたならば、日仙と日代は問答をするのではなく、「百六箇抄」や「唯授一人の血脈相承」を受けた法主である日道に裁定を仰いでいたはずである。そしてその日道の裁定に従えばいいだけの話しで、日仙と日代は二人で問答をする必要など全くないのである。

しかし、当時の史料を繙いても、日仙と日代が、大石寺法主・日道に教義の裁定を仰いだ史実もなければ、日道が方便品の読不読問題について、日仙と日代に対して裁定したという史実もない。日蓮正宗の信者は、例によって

「日興上人御跡の人人、面面に法門を立て違へ候。(中略)唯、日道一人正義を立つる間、強敵充満候」(歴代法主全書1p287

の、大石寺4世日道の文を以て、大石寺4世日道は血脈を承継する付弟としての強い自覚を持って、先師以来の正義を厳守したなどと言い訳をするが、それならば、どうして大石寺4世日道は「日仙・日代問答」に介入して、教義の裁定をし、問答をやめさせようとしなかったのか。しかもこの問答は、大石寺4世日道のお膝元の大石寺上蓮坊で行われたものである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ