アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年05月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は後世の偽作だ(279)~「戒壇大本尊」と14世紀に造立された漆・金箔加工板本尊は全くの無関係である

■検証279・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった11

 

14世紀に造立の漆・金箔加工板本尊は土肥金山産出の金により造立された板本尊だ

 

それでは漆加工・金箔加工の板本尊とは、いつごろから日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院に存在するのか、ということになるが、これは少なくとも1300(14世紀)以降のことで、1300年代(14世紀)後半のころから、漆・金箔加工された「板本尊」が、関東・甲信越地方の日蓮宗、法華宗、冨士門流の寺院に登場する。保田妙本寺をはじめ日蓮宗・冨士門流の古文書、本尊等を研究している千葉大学大学院人文社会科学研究科教授・文学博士の佐藤博信氏の研究によれば、14世紀以降、保田妙本寺をはじめ日蓮宗・冨士門流寺院に登場する漆・金箔加工の板本尊は、以下の通りである。

1 1354(文和3)118日 龍王丸宛ての日郷曼荼羅本尊(1344年・康永381日付け)を板に模刻した曼荼羅本尊(保田妙本寺所蔵)

2 1419(応永26)88日 日蓮曼荼羅本尊(1280年・弘安34月日付け)を板に模刻した曼荼羅本尊(保田妙本寺所蔵)

3 1370(応安3)2月日付け中山法華経寺3世日祐造立の板本尊(横浜市金沢区六浦・上行寺所蔵)

4 1402(応永9)828日付け成田市小菅・妙福寺所蔵板本尊

5 1419(応永26)2月日付け八日市場市安久山円静寺所蔵板本尊

佐藤博信氏は、著書「中世東国日蓮宗寺院の研究」の中で、保田妙本寺が格蔵する1354(文和3)118日付け板本尊と1419(応永26)88日付け板本尊の写真を公開している。この写真を見る限り、二体とも黒漆・金箔加工の板本尊である。佐藤博信氏は、現存する板本尊の中では、保田妙本寺に格蔵する1354(文和3)118日付け板本尊が最も古い部類に入る板本尊であると思われるという見解を述べている。(佐藤博信氏の著書「中世東国日蓮宗寺院の研究」p446より)

さらに中山法華経寺の古文書の中に、1344(康永3)28日付け中山法華経寺3世日祐「本尊聖教録」には、「本妙寺」分の中に「板本尊 一体」と「形木本尊 二舗 三枚」が記載されている。こういったことから中山法華経寺の門流(日常門流)では、14世紀中頃には「形木本尊」と「板本尊」が伝来されていたと結論している。鎌倉時代の日本で金(きん)を入手できたのは、ほんのごく一部の権力者。莫大な経済力を持つ大寺院。あとは莫大な財力を持った商人だけだったのに、ではどうして保田妙本寺や中山法華経寺は、金を入手できたのか。どこから金を入手したのか、ということになる。ここから先は「アンチ日蓮正宗」の研究になるが、保田妙本寺や中山法華経寺は、なぜ金を入手できたのか。どこから金を入手したのか、であるが、それは14世紀ころから採掘がはじまった静岡県伊豆にある土肥金山(といきんざん)で産出した金である。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(278)~身延山久遠寺・日向造立板本尊が金箔加工の板本尊であった証拠は全く存在しない

■検証278・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった10

 

身延山久遠寺・日向造立板本尊が金箔加工の板本尊であった証拠は全く存在しない

 

「アンチ日蓮正宗」では、鎌倉時代の身延山中の日蓮の生活は、まさに極貧の生活で、弟子僧をも養えない状態だったほどだったこと。諸御書・遺文の中で、身延山中の極貧の凄惨な生活を訴える日蓮が、超高価な金(きん)を入手することは絶対に不可能だったこと。日蓮一門の僧侶・信徒が、身延山中の日蓮に砂金等もふくめて金(きん)を供養したという御書や記録は全く残っていないこと。鎌倉時代の日本はちょっとした産金国で、黄金を中国大陸に輸出していたが、日本国内の市中には金(きん)が出回るといったことは皆無だった。金(きん)を入手できたのは、ほんのごく一部の権力者。莫大な経済力を持つ大寺院。あとは莫大な財力を持った商人だけ。商人たちは、金(きん)を南宋へ輸出していた。

しかも日蓮は、立宗宣言から入滅までの30年間、鎌倉幕府をはじめ権力の側と厳しい対立関係にあった。鎌倉幕府・権力の側と親密な関係にあった禅宗や律宗の大寺院ならいざ知らず、鎌倉幕府に「立正安国論」を上程して、松葉が谷法難・伊豆流罪・小松原法難・龍口法難・佐渡流罪といった法難に遭遇した日蓮が、ほんのごく一部の権力者と莫大な経済力を持つ大寺院、莫大な財力を持った商人しか手にできない金を入手できるはずが絶対にない、として、黒漆・金箔加工が施されている大石寺の「戒壇の大本尊」は、日蓮の増量ではなく、後世の偽作である、と論破した。

ところがこれでは「戒壇の大本尊」が後世の偽作であることが証明されてしまうため、これでは困ると考えた日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、大石寺の「戒壇の大本尊」とは全くの無関係である1300(正安2)12月に、身延山久遠寺第二祖日向が造立したとされる板本尊や、1374(文中3年・応安7)に中山法華経寺三代貫首・日祐が書いた「一期所修善根記録」を持ち出して、無理やり、「戒壇の大本尊」の金箔加工の証拠に「こじつけ」ようとして、こんなことを書いている。

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

大聖人滅後の身延山に板本尊が存在した、との事実からも、大御本尊造立が可能であったことはみてとれる。身延の古文書には『一、板本尊 本尊は祖師の御筆を写すか、下添え書きは第三祖向師(日向)の筆なり。下添え書きに云く、正安二年十二月 日 右、日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立す』(『身延山久遠寺諸堂建立記』日蓮宗宗学全書22p56)

とあり、大聖人御筆の御本尊を模写した板本尊が、民部日向によって造立されていたことが判る。

さらに中山(法華経寺)3世・日祐の『一期所修善根記録』にも

『身延山久遠寺同御影堂、大聖人御塔頭、塔頭板本尊 金箔 造営修造結縁』(日蓮宗宗学全書第一巻p446)

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(277)~大石寺の「戒壇大本尊」の漆加工と下山大工は全くの無関係である

■検証277・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった9

 

□大石寺の「戒壇大本尊」なる板本尊の漆加工と下山大工は全くの無関係である

 

「アンチ日蓮正宗」では、石川県輪島漆芸美術館の四柳嘉章館長の証言、昭和時代初期からの木工職人の証言等を元にして、「漆かぶれ等があり、素人には漆の取り扱いが非常に難しい」「大石寺の『戒壇の大本尊』の漆加工は、素人には不可能であり、漆職人でなければ不可能である」

「鎌倉時代の日蓮は、ほとんど経済力がないに等しかったため、漆職人を雇い漆加工を仕上げさせることは不可能だった」と、論破した。ところがこれでは、大石寺の「戒壇の大本尊」は後世の偽作だということが証明されてしまうため、日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』は、必死になって、「戒壇の大本尊」とは全くの無関係の下山大工まで持ち出して強引にこじつけ、こんなことを書いている。

----------------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

傍証として挙げておくが、大聖人当時、木や紙、ひいては漆や金箔を加工できる職人が、身延付近に在住していた。すなわち『富士一跡門徒存知事』に「甲斐国下山郷の地頭左衞門四郎光長は聖人の御弟子、遷化の後民部阿闍梨を師と為す帰依僧なり。而るに去ぬる永仁年中新堂を造立し、一体仏を安置するの刻み、日興が許に来臨して所立の義を難ず。聞きおわって自義と為し候処に、正安二年民部阿闍梨彼の新堂並びに一体仏を開眼供養す。爰に日澄本師民部阿闍梨と永く義絶せしめ、日興に帰伏して弟子と為る」(御書p1874)とあるが、ここに述べられる、永仁年中に新堂並びに一体仏を造立した下山光長とは、甲斐国下山郷(現在の山梨県南巨摩郡身延町下山)を領する地頭である。下山光長が新堂と一体仏を造立できたのは、この下山一門が大工の集団であったからである。下山郷に住する下山一門は、鎌倉時代初期から宮大工として活躍していた集団であり、この下山一門が古来より大工集団であったことは『吾妻鏡』のなかに

「廿七日己未。奉二為故竹御所一廻御追善一。武州被レ造二立仏像一。仏師肥後法橋云々。下山次郎入道。三沢藤次入道為二奉行一」(国史大系33吾妻鏡後編p153)と記されているように、嘉禎元年(1235)527日の鎌倉将軍頼経室である竹御所の一周忌の折に、執権北条泰時が仏像の造立を下山次郎入道(光重)らに命じていることからも知ることができる。また下山一門は、大聖人滅後、身延離山の折に日興上人に随って富士に移り、大石寺建立の一端を担っている。すなわち、大石寺創建にあたっては、大坊、塔中坊を建立し、その後も御影堂、御経蔵、三門など、江戸期の主要な堂宇は、ほぼ、下山大工が携わっているのである。このように当時、身延や富士に彫刻技術をもたらし、木材物資を提供したのが、下山大工の存在である。下山大工が大御本尊造立に携わったとの文献資料は存在しないが、下山家が日興上人の教化による有縁の信徒であることを勘案すれば、むしろ当然のことと言えよう

 (平成25(2013)616日付け『慧妙』/「第18回ネットに蔓延る邪義を破す」)

--------------------------------------------------------------------------

 

続きを読む

「アンチ日蓮正宗」管理人へのスパムメール・迷惑メールは厳禁です

従前から「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」の主筆である「アンチ日蓮正宗」管理人の連絡先をトップページにて公開してきております。

□管理人の連絡先

080-6553-2774

□anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp

 

ところがこれを悪用して、最近、上記メルアドにスパムメールや迷惑メールを送信してきている者がおります。迷惑メールの内容も多種多彩で、最近は、いろいろな商品のセールスメールを送ってくる者が複数人います。

当たり前のことですが、「アンチ日蓮正宗」管理人の連絡先を公開しているのは、スパムメールや迷惑メール、商品のセールスメールを送ってほしいからではありません。商品のセールスメールも、当然のことながら、スパムメール、迷惑メールとして取り扱います。

「アンチ日蓮正宗」管理人は、これらスパムメール、迷惑メールを送信してきている者に、即時中止を命じます。これを無視して、今後もスパムメール、迷惑メールの送信を止めない場合は、「アラシ・スパムリスト」に公開することを警告しておきます。

アンチ日蓮正宗4
 

戒壇大本尊は後世の偽作だ(276)~身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている「日蓮大聖人正伝」

■検証276・日蓮に「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立・漆・金箔加工する経済力はなかった8

 

身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている「日蓮大聖人正伝」

 

日蓮正宗は、1981(昭和56)年の「日蓮七百遠忌」を記念して大石寺67世阿部日顕法主の監修のもと、日蓮の生涯を解説した本「日蓮大聖人正伝」を記念出版している。その「日蓮大聖人正伝」の中で、日蓮正宗は身延山中の日蓮の生活が厳寒・極貧の生活だったことを認めている。

「日蓮大聖人正伝」の該当箇所はp287からp293にかけてだが、ポイントの箇所をここに引用してみよう。

「身延の生活

その間における生活は、決して豊かではなかった。各地の信徒たちから送られてくる御供養の品々も、衣類、食料、調味料等と種々にわたり、かなりの量にのぼるようであるが、それでも弟子たちを養うにはとても十分ではなく、実に質素きわまる生活であった。因みに当時御供養のあった食料品をみると、米・麦・粟などの穀物のほか、芋・大根・ごぼう・豆・こんにゃく・たけのこ等の野菜類、他に餅や酒、そして油・塩・みそなどの調味料などが挙げられる。大聖人は、これら食料品に限らず、すべての御供養に対して、その多少にかかわらず、一つ一つ丁寧に返事を書かれ、それぞれの信心の深化と向上のために指南をされている。

弘安元年(1278)9月の『上野殿御返事』には

「富人なくして五穀乏し、商人なくして人集まることなし。七月なんどは、塩一升を銭百、塩五合を麦一斗にかへ候しが、今は全体、塩なし。何を以てか買うべき。味噌も絶えぬ」(御書p1272)

とあり、当時一般世間においてさえ深刻な食料不足であり、まして身延の厳しい山中に在っては、当然食料は乏しく、米や麦はもちろんのこと、野菜や塩、味噌などの生活必需品すら手に入れることは困難であった。また雪も深く、冬の長い身延では、衣服敷物に至るまで、こと欠くありさまであった。『単衣抄』に

「蘇武が如く雪を食として命を継ぎ、李陵が如く蓑をきて世をすごす…鹿の皮破ぬれば裸にして三四月に及べり」(御書904)と記され、『莚三枚御書』には

「此の身延の山の石は多けれども餅なし、苔多けれどもうちしく物候はず。木の皮を剥いでしき物とす」(御書1592)

とあるように、衣服にしても敷物にしても常に乏しく、身延の厳寒に難儀された。衣類等の御供養も袈裟、衣、小袖、帷子、布など多く記されてあるが、これとて大聖人お一人で使用されたわけではなく、当然弟子達にも分け与えられているであろうから、寒さをしのぐまでには至らなかった。

また、身延の山中では油などもなかなか手に入らず、明かりをともすことも意のままにはならず、暖を取るにしても、少しばかりの薪のたくわえでは、身延の長い冬を過ごすことは不可能なことであった。大聖人の身延での九ヶ年間は、常にこの飢えと寒さとの壮絶な戦いであった」

(日蓮正宗発刊『日蓮大聖人正伝』p290292)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ