アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年06月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

百六箇抄は9世日有の偽作だ(35)~日蓮は文永11年「万年救護の大本尊」の脇書で自ら上行菩薩の再誕であると宣言している

■検証35・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮本仏義の大ウソ5

 

□日蓮は文永11年「万年救護の大本尊」の脇書で自ら上行菩薩の再誕であると宣言している

 

日蓮は、文永十一年十二月 日に図顕した「万年救護の大本尊」の讃文に

「大覚世尊御入滅後 経歴二千二百二十余年 雖尓月漢 日三カ国之 間未有此 大本尊 或知不弘之 或不知之 我慈父 以仏智 隠留之 為末代残之 後五百歳之時 上行菩薩出現於世 始弘宣之」----「大覚世尊御入後二千二百二十余年を経歴す。雖と尓も月漢日三カ国之間、未だ此大本尊有まさず。 或は知って之を弘めず、或は之を知らず。我が慈父、仏智を以て之を隠し留め、末代の為に之を残す。後五百歳之時、上行菩薩出現世に於いて 始めて之を弘宣す」

と書き記しており、これによれば日蓮は自らが「上行菩薩」であると宣言しており、久遠元初の自受用身如来だとも、久遠元初の本仏だとも末法の本仏だとも言っていない。

そしてさらに日蓮は弘安五年四月に執筆した「三大秘法抄」では、

「此の三大秘法は二千余年の当初地涌千界の上首として日蓮慥かに教主大覚世尊より口決相承せしなり、今日蓮が所行は霊鷲山の稟承に芥爾計りの相違なき色も替らぬ寿量品の事の三大事なり」(三大秘法抄・御書全集p1595)

と言って、日蓮はあくまでも上行菩薩として霊鷲山にて教主釈尊より三大秘法を稟承・相承したと言っている。もし「此れは魂魄佐土の国にいたりて」の「魂魄」を、久遠元初の本仏としての「魂魄」ならば、日蓮は「三大秘法抄」で「此の三大秘法は二千余年の当初地涌千界の上首として日蓮慥かに教主大覚世尊より口決相承せしなり」などと「上行菩薩」の立場で書かなかったはずである。あるいは文永十一年十二月 日に図顕した「万年救護の大本尊」の讃文に「後五百歳之時、上行菩薩出現し世に於いて 始めて之を弘宣す」とは書かなかったはずである。「後五百歳之時、久遠元初の自受用身如来出現し世に於いて 始めて之を弘宣す」と書いたはずである。

したがって文永十一年十二月 日に図顕した「万年救護の大本尊」の讃文は、「日蓮正宗系」の「日蓮本仏義」を根本から否定する決定的証拠である。では文永十一年十二月 日に図顕した「万年救護の大本尊」とは、いかなる本尊なのか。

この本尊を格蔵しているのは、富士門流八本山のひとつである中谷山妙本寺。通称名を「保田妙本寺」という。1957(昭和32)年、保田妙本寺と末寺4ヶ寺(顕徳寺・本乗寺・本顕寺・遠本寺)が日蓮正宗に合同する。1995(平成7)5月、保田妙本寺が再び日蓮正宗から離脱。

万年救護の大本尊とは、文永1112月に図顕された大曼荼羅、立正安国会『御本尊集』の16番本尊の通称名。この本尊の特長は、他に類例がない長文の讃文があること。他の日蓮真筆本尊の讃文ではすべて「大曼荼羅」「大曼陀羅」となっているのに対して、ただこの本尊の讃文のみ、「大本尊」となっている。この讃文の中で、日蓮自身が、日蓮の本地が上行菩薩であることを明確に示している。さらに曼陀羅の相の中で、天照大神・八幡大菩薩の本地も示しているとされる。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(34)~日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない3

■検証34・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮本仏義の大ウソ4

 

□日蓮は日興一人だけに「日蓮本仏義」を相伝・相承するなどということは絶対にあり得ない

 

「もしも本当に“日蓮本仏”ということを日蓮自身が言っていたら、日蓮を宗祖にする宗派全てが“日蓮本仏”を根幹とする教義にしているはずである。」 「日興、日目、日道ら歴代大石寺法主の文献に、“日蓮本仏”が明快に顕れているはずである。」とツッコミを入れられると、日蓮正宗の信者たちは、今度は、「“日蓮本仏”という大事な教義は、日興上人ただお一人のみにご相承された」などと言い訳してくる。しかし、これもまた大いに矛盾した話しである。

そもそも本仏(ほんぶつ)とは、無数の仏(如来)の中で、衆生が成仏するために最も根本となる仏(如来)のこと。釈迦牟尼が入滅した後、釈迦牟尼が仏になることができたのは、在世の修行のみならず、過去世における長い修行の結果であるという思想が生まれた。また釈迦牟尼の過去世には無数の仏の下で修行したこととされ、やがて、それらの仏のなかでも、成仏の一番の原因となる本仏が想定されるようになった。本仏思想は12世紀頃の天台宗に見られるが、現在の天台宗は本仏思想を説いていない。本仏思想は日蓮宗勝劣派と呼ばれる宗派のみが積極的に主張しているものであるが、しかしいずれも釈迦牟尼を本仏とするものである。「日蓮本仏義」を積極的に説いているのは、富士門流の一部だけであり、なかんずく「日蓮正宗系」に共通する教義である。

仏教において、「衆生を仏道に導く本仏が誰であるか」というのは、門下の僧俗全員に教えなくてはならない根幹の教義であり、秘密にしなければならない教義でも何でもない。秘密にするどころか、積極的に門下の僧俗に教えていかなくてはならない根本教義のはずである。

それにも関わらず、日蓮正宗の信者が言うように、日蓮が門下の僧俗には「釈迦牟尼が本仏」と言い、日興一人には「日蓮が本仏だ」と言ったとすれば、日蓮は門下の僧俗に対して「衆生を仏道に導く本仏が誰であるか」という教義について、ウソを教えたことになる。二枚舌を使って、門下の僧俗を騙したことになるではないか。日蓮を本仏と仰いでいるはずの日蓮正宗の信者は、宗祖・日蓮は「二枚舌を使って門下の僧俗を騙した」と罵っていることになる。そんなバカな話があるはずがない。日蓮が遺文「祈祷抄」等において、釈迦牟尼を主師親三徳を備えた本仏と言っているのは、日蓮の信者を騙したのではなく、日蓮の教義が「釈迦牟尼を主師親三徳を備えた本仏」とする教義だからである。だから日興は

「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候へども未だ木像は誰も造り奉らず候に」 (「原殿書」/大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』8P1011)

「日蓮聖人の御法門は、三界衆生の為には釈迦如来こそ初発心の本師にておはしまし候」(「原殿御返事」歴代法主全書2p173)

「上下万人初発心の釈迦仏を捨て進らせて、或いは阿弥陀仏、或いは大日如来、或いは薬師仏とたのみて、本師釈迦如来に背き進らせ候」(「報佐渡国講衆書」歴代法主全書2p178)

と、釈迦牟尼が本仏であると、門下の僧俗に説いたのだ。日蓮が日興一人に「日蓮が本仏だ」などと秘かに教えるはずがない。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(33)~日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない2

■検証33・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮本仏義の大ウソ3

 

□日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない

 

「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」(「聖人知三世事」御書全集p748)

これを「日蓮正宗系」では、あたかも日蓮自らが本仏宣言をしたかのように解釈しているが、この解釈は全くの誤りであり、日蓮正宗のこじつけ教学である。そもそも日蓮遺文の中に「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」とあるから「日蓮は大聖人号を自称した」と解釈するのは言い過ぎである。「一閻浮提第一の聖人」の意味は、日蓮の本仏宣言などではなく、日蓮自身が

「日蓮は日本第一のふたうの法師ただし法華経を信じ候事は一閻浮提第一の聖人なり」(妙心尼御前御返事・御書全集p901)

「我身はいうにかひなき凡夫なれども御経を持ちまいらせ候分斉は当世には日本第一の大人なりと申すなり。」(撰時抄・御書全集p869)

とあるように、あくまでも「法華経を信じ候事」「御経を持ちまいらせ候分斉」において「一閻浮提第一の聖人」「日本第一の大人」だと言っているのである。

「日蓮といゐし者は去年九月十二日子丑の時に頚はねられぬ、此れは魂魄佐土の国にいたりて返年の二月雪中にしるして有縁の弟子へをくればをそろしくてをそろしからずみん人いかにをぢぬらむ、此れは釈迦多宝十方の諸仏の未来日本国当世をうつし給う明鏡なりかたみともみるべし」

(開目抄・御書全集p563)

この文は、「日蓮正宗系」が日蓮が上行菩薩から末法の本仏として「発迹顕本」した文として持ち出してくる有名な文である。つまり大石寺26世日寛に言わせると、この中の特に「此れは魂魄佐土の国にいたりて」の文は日蓮が末法の本仏として「発迹顕本」した「現証」の文として、日蓮本仏義の重要な文に位置付けている。つまり大石寺26世日寛は、「此れは魂魄佐土の国にいたりて」の「魂魄」を、久遠元初の本仏としての「魂魄」だと解釈しているが、これは誤謬説である。なぜなら日蓮は、文永十一年十二月 日に図顕した「万年救護の大本尊」の讃文に

「大覚世尊御入滅後 経歴二千二百二十余年 雖尓月漢 日三カ国之 間未有此 大本尊 或知不弘之 或不知之 我慈父 以仏智 隠留之 為末代残之 後五百歳之時 上行菩薩出現於世 始弘宣之」----「大覚世尊御入後二千二百二十余年を経歴す。雖と尓も月漢日三カ国之間、未だ此大本尊有まさず。 或は知って之を弘めず、或は之を知らず。我が慈父、仏智を以て之を隠し留め、末代の為に之を残す。後五百歳之時、上行菩薩出現世に於いて 始めて之を弘宣す」

と書き記しており、これによれば日蓮は自らが「上行菩薩」であると宣言しており、久遠元初の自受用身如来だとも、久遠元初の本仏だとも末法の本仏だとも言っていない。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(32)~日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない

■検証32・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮本仏義の大ウソ2

 

□日蓮は生涯で書き残した全ての遺文(御書)の中でどこにも「日蓮本仏義」を説いていない

 

日蓮正宗大石寺門流では「大石寺9世日有の代以前の大石寺に『日蓮本仏義』なるものは存在しなかった」と言うと、日蓮正宗の信者は、必ずと言っていいほど、次の日蓮の遺文の文を引っ張り出してくる。

「教主釈尊より大事なる行者を、法華経の第五の巻を以て日蓮が頭を打ち…」(「下山御消息」・御書全集p1150

「日蓮は日本国の諸人にしたしき(しうし)父母」(「開目抄」・御書全集p830

「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」(「聖人知三世事」御書全集p748)

「日蓮天上天下一切衆生の主君なり、父母なり、師匠なり」(「産湯相承事」御書全集p1710

「夫一切衆生の尊敬する者三つあり。所謂、主・師・親これなり」(「開目抄」御書全集p523

「仏は人天の主、一切衆生の父母なり。而も開導の師なり」(「祈祷抄」・御書全集p628

「釈迦仏独り主・師・親の三義をかね給へり」(「祈祷抄」・御書全集p628

「日蓮といゐし者は去年九月十二日子丑の時に頚はねられぬ、此れは魂魄佐土の国にいたりて返年の二月雪中にしるして有縁の弟子へをくればをそろしくてをそろしからずみん人いかにをぢぬらむ、此れは釈迦多宝十方の諸仏の未来日本国当世をうつし給う明鏡なりかたみともみるべし」

(開目抄・御書全集p563)

「釈迦如来五百塵点劫の当初凡夫にて御坐せし時我が身は地水火風空なりと知しめして即座に悟を開き給いき、後に化他の為に世世番番に出世成道し在在処処に八相作仏し王宮に誕生し樹下に成道して始めて仏に成る様を衆生に見知らしめ四十余年に方便教を儲け衆生を誘引す、其の後方便の諸の経教を捨てて正直の妙法蓮華経の五智の如来の種子の理を説き顕して其の中に四十二年の方便の諸経を丸かし納れて一仏乗と丸し人一の法と名く一人が上の法なり」(三世諸仏総勘文教相廃立・御書全集p1419)

日蓮正宗の信者たちは、概ね、こういう遺文を出してきて「日蓮大聖人御自ら御本仏と宣言された」などと騒ぐのである。しかし、それらの解釈は全くの虚言である。

「下山御消息」の「教主釈尊より大事なる行者を、法華経の第五の巻を以て日蓮が頭を打ち…」の文で、日蓮が自らのことを「教主釈尊より大事なる行者」と言っているのは、日蓮を釈迦牟尼より上位の仏に位置づけ、日蓮を本仏とせよ、などという意味ではない。末法に法華経を弘通する法華経の行者として、予言しただけの釈迦牟尼より、実際に末法に出現して法華経を弘通し法難に遭遇している日蓮のほうが大事だという意味である。

 

続きを読む

百六箇抄は9世日有の偽作だ(31)~ストレートに日蓮本仏義が説かれている「百六箇抄」は明白な後世の偽作である

■検証31・百六箇抄が偽書である証拠・日蓮本仏義の大ウソ1

 

□ストレートに日蓮本仏義が説かれている「百六箇抄」は明白な後世の偽作である

 

「百六箇抄」という文書が、日蓮や日興とは何の関係もない偽作文書である証拠は、他にもある。

最大の証拠のひとつとして「百六箇抄」の中に「日蓮本仏義」がストレートに説かれているということを言わねばなるまい。「百六箇抄」に説かれている「日蓮本仏義」の文とは以下の文である。

「久遠名字已来本因本果の主、本地自受用報身の垂迹・上行菩薩の再誕、本門の大師日蓮」(御書全集p1685) ----久遠元初の名字即の修行以来、本因本果の仏法の主であり、本地が久遠元初自受用報身如来の垂迹である上行菩薩の再誕であり、法華経本門の大師である日蓮----

「自受用身は本、上行日蓮は迹なり。我が内証の寿量品とは脱益寿量の文底の本因妙の事なり。其の教主は某なり」------久遠元初の自受用身如来は本地の姿であり、上行菩薩の再誕日蓮の姿は垂迹の姿なのである。日蓮の内証に秘めた寿量品とは、釈迦牟尼が説いた脱益の寿量品の文の底にある本因妙の事なのであり、その本因妙の教主は日蓮なのである----

「久遠元始の天上天下唯我独尊は日蓮是なり」 (御書全集p1696)---久遠元初に天上天下唯我独尊と悟りを開いたのは、この日蓮なのである----

「百六箇抄」では、かなりストレートに「日蓮本仏義」が説かれているのだが、日蓮の遺文(御書)の中に、「日蓮が久遠元初の自受用身如来」「日蓮は久遠元初の本仏」ないしは「日蓮は末法の本仏」と書き記したものは、他に全く存在しない。よく日蓮正宗や創価学会が出してくる文献である

「日蓮は日本国の諸人にしうし(主師)父母なり」(日蓮51才の著書・開目抄)

---日蓮は日本国のあらゆる衆生にとっては、主君であり、師匠であり、父母なのである----

「日蓮は一閻浮提第一の聖人なり」(日蓮53才の著書・聖人知三世事)

---日蓮は世界第一の聖人である----

これらの文は、江戸時代の大石寺26世日寛が、“日蓮が末法の本仏という意味で述べたもの”と日寛自己流に遺文を解釈したものだ。したがって、“日蓮本仏義”“末法本仏義”というものは、日蓮本人が説いた教義ではなく、後世の大石寺門流の者たちが偽造し、デッチあげたものである。

では日蓮自身は、自ら書いた遺文(御書)の中で、本仏について、上行菩薩について、何と言っているのか。ここを検証しなければならない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ