アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年07月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

ブレイクタイム(11)~久しぶりに箱根湯本温泉の温泉湯に浸かって休養しウナギ料理を食べる

□日蓮正宗系・富士門流執着軍団に温泉で休養しウナギを食べてリフレッシュすることを勧告する

 

先日、久しぶりに休養をとり、小田急ロマンスカーに乗って箱根湯元温泉へ。十数年前から行っている箱根湯本温泉でもかなり有名で、私の“お気に入り”の温泉湯に浸かってゆっくり休養。ゆっくり汗を流した後、土用の丑ということで、ウナギ料理を食べた。最近は、関東でも猛暑日がつづき、自宅で風呂に入って汗を流しても流しても、後から汗が出てくる。そこで気分転換も兼ねて、箱根湯元温泉へと直行。ゆっくり休養するには、温泉湯に浸かるのが一番である。

ウナギといえば、国際自然保護連合(IUCN)が、日本人の食文化に定着しているニホンウナギを、712日に発表した「レッドリスト」の最新版で、絶滅危惧種として掲載したというニュースが飛び込んで来ている。ウナギは養殖したものを食べているものだとばかり思っていて、このニュースに「えっ」と驚いたのは、私一人ではないのではなかろうか。ウナギに限らず、魚の養殖をしている所は、あっちこっちに見かける。例えば、福井県勝山市のイワナ料理店「いわなや」さんは、店の敷地内で、川魚のイワナを養殖し、その養殖したイワナをイワナ料理として出している。ウナギも養殖するなどして、後々、ウナギを食することができなくなってしまう日が来るのは、是非とも避けてもらいたいものである。

ところで、この日、食べたウナギ料理はまさに絶品のおいしさ。値段は高いが、味はまさに格別。ウナギの香ばしい味が実に私の舌になじむ。ゆっくり温泉湯に浸かった後に、ウナギ料理を食べれば、普段の疲れも瞬く間に吹っ飛んでしまうというものだ。

普段からインターネットにへばりついて、インチキ情報やデタラメ情報ばかりを垂れ流している、元「日蓮正宗系」団体の信者で未だに「日蓮正宗系」の悪弊・弊害が抜けきらない「富士門流執着軍団」の面々や2ちゃんねらーの面々、おっと忘れていました創価学会、日蓮正宗、法華講、顕正会等の「日蓮正宗系」団体の信者の面々たちは、たまには温泉湯に浸かって休養し、絶品のウナギ料理を食べて、頭の中をリフレッシュしたらどうなのだろうか。そうすればその極端に閉ざされた閉鎖的な視野も、少しは開かれるだろう。

ところで前回、彼らにたまには名古屋駅の「きしめん」の店に入って、名古屋コーチン入りのきしめんを食べて、頭の中をリフレッシュしてみては、どうだろうかと勧告しているのだが、彼らは名古屋の「きしめん」を食べたのだろうか。

土用2


きしめん店1


きしめん店2
 

 

隣の学会員・法華講員(215)~池田大作の寵愛を受けて出世した総区長・総区婦人部長夫婦と池田大作に干された区本部長

□池田大作の寵愛を受けて出世した総区長・総区婦人部長夫婦と池田大作に干された区本部長

 

池田大作を頂点とした創価学会内部の権力構造を知る上で、象徴的な事例がいくつかある。そのひとつが1984(昭和む59)年末に起こった東京N区最高幹部の人事である。創価学会・東京N区の中心拠点は、N文化会館。東京N区の組織は、第一N区、第二N区、第三N区の三つに分かれ、それぞれの区の下に、地域本部支部地区ブロックが編成されていた。この第一N区、第二N区、第三N区を統括するのがN区本部。N区本部長は印旛沼男(仮名)で、この人はN区にある日蓮正宗K寺の総代を兼任していた。N区本部の副区本部長が大島国太郎(仮名)。婦人部は、N区本部婦人部区本部長は、大島国太郎(仮名)夫人の大島泰子(仮名)。もともと東京N区は、第一N区、第二N区、第三N区の三つに分かれる以前は、大島国太郎(仮名)N区長だった。

ところがN区が三分割になって、N区本部が第一N区、第二N区、第三N区を統括するようになってから、大島国太郎(仮名)N区長からN区本部の副区本部長になった。

創価学会・東京N区・光村本部(仮名)田元支部(仮名)三丁目公園地区(仮名)の地区幹事で、劇団Nオーナー兼プロデューサーでもあった小矢木隆(仮名)をはじめとする一般の東京N区の創価学会員の間では、N区本部長の印旛沼男(仮名)よりも、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうがウケがいいのである。小矢木隆(仮名)らは、「鍋宴会」で、創価学会の東京N区の話題になると、やたらと「大島さんが…、大島さんが…」と、大島国太郎(仮名)の話しばかりをする。ではなぜ一般の創価学会員の間で、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうがウケがいいのか、ということになるが、それはN区本部長の印旛沼男(仮名)よりも、副区本部長の大島国太郎(仮名)のほうが、池田大作の覚えがめでたいのである。つまり池田大作の寵愛を受けているのが大島国太郎(仮名)。それを地元地域組織の創価学会幹部が見ていて、創価学会員の歓心は、印旛沼男(仮名)よりも、大島国太郎(仮名)のほうに集中する。そして地元地域組織の創価学会幹部は、大島国太郎(仮名)に取り入り、ごまをすり、気に入られようとする。

その夫婦で創価学会・東京N区最高幹部を務める大島国太郎(仮名)・大島泰子(仮名)を一度だけ直接見たことがあった。場所は小矢木隆(仮名)宅からそんなに遠くない所にあった創価学会幹部が運営する個人会館。「太陽作戦」展開中の最中、この個人会館で地域の会合があり、たまたま小矢木隆(仮名)に誘われたときに、大島国太郎(仮名)がどんな人物なのか、少しばかり関心があったので、この会合の末席に座っていたことがあった。小矢木隆(仮名)が「大島さんが…、大島さんが…」と言うので、よほど腰の低い人なのかと思っていたところ、実際に見てみると、これが全く違う人物。まずはN区本部婦人部区本部長の大島泰子(仮名)だが、これが見るからに「上から目線」で喋る人物で、いかにも自分はN区本部婦人部区本部長なんだぞと言わんばかりの喋り方。

私も偉そうな態度の創価学会幹部は、イヤと言うほど見てきたので、「またこういうタイプか」という感じ。この人の印象に残った部分は、まさに偉そうな態度だけである。

 

続きを読む

「日蓮正宗系」離檀・脱会の機縁(10)~「日蓮正宗系」団体の折伏の指導性が嫌でやめる

□「日蓮正宗も創価学会も同じカルト宗教」「もう日蓮も宗教はこりごり」と言って無宗教になった人

 

創価学会、顕正会、法華講等の「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動が嫌で離檀・脱会する人がいる一方で、「日蓮正宗系」団体の折伏・布教活動に熱心に取り組んできた人が、折伏・布教活動の指導性や信者の折伏・布教活動の振る舞いに嫌気が差して、離檀・脱会する人も続出している。創価学会でも顕正会でも法華講でも、折伏は相手が完全に納得してから成果にするだの、支部総会や座談会に何度も出た人に本尊下付するだの、社会で実証を示して信頼される人になることが先決だの、195070年代の創価学会の「折伏大進撃」は、信徒数増加だけを追い求めた折伏だから、折伏の数よりも信徒育成の内容が大事だのと、表向きはきれい事ばかりを並べている。

創価学会も日蓮正宗・法華講も顕正会も、これらの『きれい事』は、世間からの批判をかわすための『仮面』にすぎない。ところが、人柄が真面目な信徒は、これら表向きの『きれい事』の指導・『仮面』指導を真正面から受け止め、真面目に取り組もうとする。まずは仕事を一生懸命取り組んで、実証を示そうとか、あるいは折伏に真面目に取り組んで、新たに「日蓮正宗系」団体に入信した人を、一生懸命に面倒を見ようと取り組む。そして自分自身が模範的な信徒になろうと努力しつづけて、そのうちに『自分の一生は大石寺に捧げてもいい』とか『池田大作に捧げてもいい』とか、そこまで考えて信仰活動に取り組むようになる。つまり自分で信仰活動の『理想像』を描いているわけだが、ところが現実の信仰活動の姿は全くちがう。創価学会でも日蓮正宗・法華講でも顕正会でも、組織活動の中を要領よく泳ぎ回るのがうまい信徒は、実に要領よく泳ぎ回る。こうした組織活動の中を要領よく泳ぎ回るのがうまい信徒は、両親が創価学会幹部ないしは法華講役員で、生まれたときから創価学会員ないしは法華講員として育った人が大半。折伏でも、さも大活躍しているようなふりをして、折伏した相手が入信していないのに「入信決意をした」と言って、布教実績の中に入れてしまい、組織の中の役職がどんどんエスカレーター式に上がって行く。

選挙戦になれば、要領のいい創価学会員はデタラメな水増しのF数を幹部に報告。そして幹部の覚えがめでたくなり、上の幹部へどんどん出世していく。どれだけデタラメなことをやるのかというと、F取り数を10倍、20倍に膨張させて報告したり、あるいは職場の労働組合事務所に挨拶に行って、組合員数百人分のFを取りましただのとデタラメ報告をする。あの当時、社会党支持とか民社党支持で固定化されていた労働組合の事務所に挨拶に行っただけで、そこの組合員全員が公明党に投票するわけがない。こんな露骨なデタラメ活動を平気でやっている要領のいい創価学会員。こういう姿に、真面目に折伏やF取り活動を行っている創価学会員が嫌気がさしてしまう。

あるいは聖教新聞を2部以上、あるいは10部以上も定期購読している創価学会幹部がいる。これは創価学会上部組織から、聖教新聞セールス目標に追い立てられ、実際には購読していない人を、購読しているかのように水増しして報告。その水増し分を自分で購読しているというわけである。こんなデタラメ活動が長続きするわけがない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(289)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である3

■検証289日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ10

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である4

 

「アンチ日蓮正宗」がいくら「身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である」とか「日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ」等々と論説しても、禅宗の寺位牌も板位牌も全く見たことがない日蓮正宗のカルト法華講員は、ほとんどの者が理解不能に陥ってしまう。よって禅宗の寺位牌・板位牌がいかに日蓮正宗の板本尊とそっくりのものであるかを写真で見てもらう以外にない。では日蓮正宗の板本尊とそっくりの寺位牌・板位牌がどこにあるのかというと、まずは曹洞宗大本山・永平寺の「祠堂殿」(位牌堂)である。

位牌は、もともと禅宗が中国から日本に伝承せしめたものというのが定説。曹洞宗はもともと中国の禅宗五家(曹洞、臨済、潙仰、雲門、法眼)の一派で、道元禅師が中国から日本に伝えた宗派である。日本においては禅宗(曹洞宗・日本達磨宗・臨済宗・黄檗宗・普化宗)の1つである。だから道元禅師は、日本曹洞宗の宗祖とは言えるが、曹洞宗そのものの宗祖ではない。

さてその永平寺の寺位牌、板位牌等の「位牌」なのだが、日蓮正宗や富士門流の板曼荼羅本尊に実によく似ているのである。位牌というと、個人宅の仏壇に祀られている小型の位牌を連想してしまいがちだが、永平寺にある「位牌」は、そんな小型位牌ではない。もっと大型の寺位牌である。

永平寺には位牌堂があり、ここにも寺位牌が祀られている他、おびただしい数の板位牌が収蔵されている。永平寺の位牌堂は「祠堂殿」とよばれている。祠堂殿とは全国各地の末寺寺院による壇信徒の入牌、納骨をする堂宇。特別志納の人による全国各地の位牌が祀られ、追善供養の法要も営まれる。祠堂殿の中には、二体の寺位牌が祀られていて、これは法堂の寺位牌とほぼ同じ。巨大な寺位牌の形は、日蓮正宗、富士門流寺院の板本尊によく似ている。もちろん永平寺にあるのは寺位牌だから、日蓮の曼荼羅は図顕されていないが、寺位牌の形そのものが、富士門流の板本尊に似ているのである。

永平寺65位牌堂寺位牌
 

(祠堂殿の中にある寺位牌)

それと祠堂殿(位牌堂)の中には、所狭しと板位牌が収蔵されている。寺位牌も板位牌も、黒漆塗りの金文字。板位牌のほうは寺位牌に比べて、やや小さいが、それでも形は、日蓮正宗や富士門流寺院にある板曼荼羅本尊にそっくりである。永平寺の板位牌には、もちろん曼荼羅は書いていないが、板位牌の表面に曼荼羅を書けば、そっくりそのまま日蓮正宗や富士門流寺院にある板曼荼羅本尊に早変わりしてしまうくらい。永平寺の板位牌は、祠堂殿(位牌堂)のみならず、道元禅師の霊骨を祀る承陽殿にもある。

永平寺64位牌堂板位牌


永平寺66位牌堂板位牌
 

(祠堂殿の中にある板位牌)

続きを読む

戒壇大本尊は後世の偽作だ(288)~身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である2

■検証288日向造立板本尊と「戒壇の大本尊」なる板本尊は全く無関係だ9

 

身延山久遠寺の日向造立板本尊のモデルは禅宗が中国から伝来せしめた寺位牌である3

-----------------------------------------------------------------------

(法華講員・太田魁の妄説)

「他の弟子が知らぬはずがない」という事についてですが他の弟子も知っています。

五老の一人・民部日向は日興上人身延離山後の正安二年十二月、日蓮大聖人の紙幅御本尊を模写して板本尊を造立しています。いかに日蓮大聖人の法義に暗い五老でも直弟である以上、日蓮大聖人のなさった前例なくして、まったくの新義を作り出す事はあり得ません。

これは身延山久遠寺の本堂に安置された本門戒壇大御本尊を拝していた日向が大御本尊を真似て板本尊造立に及んだと考えるほかないです。因みにこの日向造立の板本尊はそれから五十年以上、身延山久遠寺本堂の本尊として安置されていました。

 (『アンチ日蓮正宗VS日蓮正宗』掲示板103の太田魁の妄説)

----------------------------------------------------------------------

身延離山の11年後の1300(正安2)12月に、身延山久遠寺第二祖日向が造立したとされる通称「板本尊」と、大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、全くの無関係である。両者を無理矢理に結びつけようとする太田魁の妄説は、ただのこじつけの論に過ぎず、この日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を結びつける直接の証拠は何一つない。以下の点からしても、日向造立の板本尊と大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊が無関係であることは明白だ。

1 日向造立「板本尊」の脇書は「日蓮幽霊成仏得道乃至衆生平等利益の為に敬って之を造立」になっていると「日蓮宗宗学全書」に記載されている旨、日蓮正宗大石寺66世細井日達法主が言っている。が、しかし「戒壇の大本尊」なる板本尊の脇書きは

「右現当二世の為造立件の如し、本門戒壇之願主 弥四郎国重、法華講衆等敬白、弘安二年十月十二日」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」第8巻資料類聚1より)

となっており、両者の脇書が全く違っている。

2 日蓮正宗大石寺48世日量が書いた「富士大石寺明細誌」によると、「戒壇の大本尊」なる板本尊は「竪四尺七寸五分、横二尺一寸五分」(堀日亨編纂「富士宗学要集」第8p334)となっているが、日蓮正宗大石寺59堀日亨は日向造立「板本尊」について

日向の添書に『正安二年庚子十二月日。右日蓮幽霊成仏得道乃至法界衆生平等利益の為に之を造立す』とある丈二尺七寸、幅一尺八寸の大聖人の御筆を写した板本尊」(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨の著書『富士日興上人詳伝(下)』p120p121より)

と書いている。したがって「竪四尺七寸五分、横二尺一寸五分」(本門戒壇の大御本尊)と、「丈二尺七寸、幅一尺八寸(日向造立板本尊)では、大きさが全く違う。

法華講員・太田魁が言うように「日向が大御本尊を真似て板本尊造立に及んだ」のなら、脇書や大きさも、全く同じにしたはずである。がしかし、両者は全く違っている。日向造立「板本尊」なるものは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の真似でも何でもない。両者は、全くの無関係である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ