アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年08月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(94)~大石寺客殿の東向きの大導師席は奈良・唐招提寺の化儀のパクリである

■検証94大石寺9世法主日有が他宗仏教寺院から輸入した化儀・東向き大導師席

 

□仏教寺院の東向きになっている堂宇・伽藍・導師席はインド「君子東面」の慣習に由来する

 

大石寺の客殿については、大石寺9世日有が京都・奈良の仏教寺院から輸入したと思われる奈良の法隆寺西園院客殿、天台寺門宗総本山・三井寺(勧学院客殿・光浄院客殿)、法隆寺西園院(貫首の住居)客殿、教王護国寺(東寺)客殿、…というものがあること。そして大石寺9世日有は、客殿と勅使門の配置を京都妙顕寺のものをパクった可能性が高いこと。そして今の大石寺客殿が浄土真宗の本山・東西本願寺の御影堂、阿弥陀堂とそっくりの堂宇であり、現在の大石寺客殿とは浄土真宗東西本願寺御影堂に対抗して建てたパクリ建築であるということを論究してきた。大石寺客殿については、もうひとつ、正面の須弥壇に向かって横向き、方向で言えば東向きに設置されている法主が着座する大導師席について、論究しなければならない。大石寺客殿の東向きの大導師席について、大石寺66世細井日達法主は、こんなことを書いている。

「法事の時は、必ず定まった座にて御本尊に向かわないで御経を読んで、追善供養をするのであります。それは仏界(御本尊---能化)から、九界に(精霊---所化)利益を施すものであります。これも十界互具を表したのであります。…これらの儀式は、現在の本山(大石寺)の儀式を拝すればわかります。御堂においては、法主は御本尊様に向かって読経唱題しますが、客殿は檀信徒の法要回向等の法事を行う場合でありますから、法主は横向きで直接九界に向かって読経唱題するのであります」(日有化儀抄略解p43)

大石寺66世細井日達法主によれば、東向きになっている大石寺客殿の大導師席は、いかにも仏界から九界を利益する姿であり、いかにも歴代の大石寺法主のみに秘伝されてきた特別な化儀であるかのような言い方だが、これが全くのウソ、細井日達の単なるこじつけ教学に過ぎない。

まずは仏教寺院の向きだが、基本的に南面して建てられており、これは大石寺の堂宇、奉安堂、奉安殿、御影堂、客殿、塔中坊等も同じで、全て南面して建てられている。これは中国の慣習である「君子南面」によるものであるとする説が有力である。これに対して、一部の仏教寺院では、地形等の問題でどうしても南面して堂宇を建てられない場合、東面して建てられている寺院・堂宇がある。例えば京都・天龍寺は寺院・堂宇は東面して建てられている。これは天龍寺が嵐山の山肌に面していることが理由ではないかと考えられる。浄土真宗仏光寺派本山・仏光寺は、京都洛中の平地にあるが、堂宇は東面して建てられている。中山法華経寺は、鬼子母神堂は南面しているが、祖師堂は東面して建てられている。堂宇を「東面」して建てる意義は、インドの慣習である「君子東面」によるものとする説が有力である。又、東面でも南面でもない仏教寺院・堂宇も存在しており、京都・南禅寺、京都・妙伝寺、京都・本能寺、二条寺町時代の京都・要法寺祖師堂がこれに該当する。大石寺の堂宇でも、例外的に五重塔が西面して建てられている。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(223)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証8(便宜供与・結婚の世話3)

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動2

 

仮に創価学会員の独身女子が全員、創価学会独身男子会員と結婚したとしても、創価学会独身男子会員全体の半数は、あぶれてしまい、創価学会の勢力は衰退してしまう上に、恋愛結婚で創価学会員と未入信者の結婚が激増し、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまうケースが多発してしまったら、創価学会の勢力衰退に拍車がかかる。したがって「創価学会でメシを食う」幹部集団から見ると、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士を無難に結婚させることが死活問題になる。さらに加えて、創価学会内部にはこんな裏事情がある。

創価学会の最高幹部から地域組織の壮年部・婦人部幹部は、口をそろえて一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導している。一家和楽の信心とは一家全員が創価学会員であることを意味する。そのためには、子どもに創価学会の信仰・法灯を相続させなくてはならないが、その最も近道は、創価学会の独身男子会員と独身女子会員同士が無難に結婚することである。しかし現実は、創価学会独身男子会員と独身女子会員の会員比率が独身男子2に対して独身女子が1ということもあり、かなり厳しい状態になっている。創価学会の中では、表向きは「恋愛は自由だ」と言いながら、実質的に創価学会独身男子会員と独身女子会員の恋愛を禁止しているばかりか、創価学会男子部と女子部の活動は、別々に行われており、現実に恋愛関係になることは極めて珍しい。こうした「厳しい情勢」下において、創価学会幹部は一般信徒に対して常日頃から偉そうに「一家和楽の信心」を指導している。そして創価学会員と未入信者の結婚により「夫が創価学会に入信しない」「夫が創価学会活動に反対して悩んでいる」「子どもが創価学会活動に参加しない」等々の相談を受けて、「それはあなたの宿業です」「あなたの信心が足りないからだ」等々と、これまた偉そうに指導している。ところが一般の創価学会員に対して「一家和楽の信心」を指導し、「一家和楽の信心」ができない信徒に「あなたの宿業」だの「信心が足りない」だのと指導する創価学会幹部の息子・娘が、未入信者の相手と恋愛結婚して、「創価学会」の信仰活動、法灯が消滅してしまったら、それこそ目もあてられない。親の創価学会幹部のメンツは丸つぶれである。一般の創価学会員の間で、創価学会幹部としての権威・威信は完全に失墜する。創価学会幹部は、こんな事態になることを極端に怖れている。だから、どんなことをしてでも創価学会幹部の息子・娘は、創価学会員同士で結婚させることが、創価学会幹部にとって至上命題となる。だから創価学会幹部の息子・娘の自由恋愛も恋愛結婚も禁止。親の創価学会幹部は、創価学会内部のあらゆる「ツテ」や「コネ」を総動員して創価学会内部から息子・娘の結婚相手を探してくる。それでも結婚相手が決まらなければ、顔が広い公明党議員まで使って、創価学会内部の結婚相手を探してくる。こんな感じだから、創価学会員同士の結婚で、公明党議員が仲人を務めるケースがかなりたくさんある。親の創価学会幹部からすれば、とりあえず息子・娘が創価学会員同士の結婚であれば、メンツや威信は維持できるということになる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(222)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証7(便宜供与・結婚の世話2)

□創価学会の勢力維持に重大な関わりがある「創価学会メシ集団」の「結婚相手のお世話」活動

 

創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団、公明党議員による、一般企業に勤めたり、自営業で仕事をしながら創価学会活動に励む地区幹部、支部幹部クラスの一般創価学会員に対しての、進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動の中でも、創価学会の組織維持、勢力維持に重大な関わりがある活動が、「結婚相手のお世話」活動である。これは創価学会の勢力維持・組織維持とも重大な関わりがある活動である。ただし、公明党議員をはじめとする「創価学会でメシを食う」幹部集団が「結婚相手のお世話」活動をするのは、創価学会幹部の家庭に限られる。

なぜこんな活動をするのか。まず第一に創価学会独身男子会員と独身女子会員の会員比率が独身男子2に対して独身女子が1くらい。つまり独身女子会員数は、独身男子会員数の約50%くらいしかいない。日本の人口統計は、あの当時から私も知っていたが、総人口で見ると女性のほうがわずかに多い。それは女性のほうが平均寿命が長いからだ。では18才~35才くらいの人口統計で見ると、男性のほうがわずか多くなる。これは生まれてくる赤ちゃんが、男子のほうがわずかに多いからだという。しかしその比率は21どころではない。もっと男女比は接近しており、開いていても21.9ぐらいだったはず。それが創価学会の独身男子と独身女子の会員比率が21とは、あまりに差がありすぎである。さらに面白いことに、創価学会の独身女子、つまり女子部の信者の中に、同じ創価学会男子部信者を結婚相手に選ばず、創価学会員でも、日蓮正宗信者でもない、一般男性を結婚相手に選ぶ女性が、かなりいるということ。こうなると、ますます創価学会内部の独身男子と独身女子の数のアンバランスに拍車がかかることになる。なぜこうなるのか。どうしてこんなに差があるのか。

これは創価学会という団体が、男尊女卑のアナクロニズム、非民主的な全体主義社会であること。これが第一原因と考えられる。第二に、創価学会は信者に対して、「男は外で仕事。女は家庭に入る」という、極めて古くさい封建的な生き方を押しつけていること。

創価学会をはじめとする「日蓮正宗系」団体では、寺族や女性信者に対しては、「女性は結婚して家庭に入れ」という生き方を一方的に押しつけている。男尊女卑体質は、僧侶も信者も全く同じ。法華講も創価学会も顕正会も正信会も全く同じである。だから全てにわたって男性優位の社会になっている。「働く女性」「キャリアウーマン」「専業主婦」…数多くある生き方の中から、女性が自由意志で選択して「専業主婦」になるのと、最初から「この生き方しかない」ということで、頭ごなしに専業主婦を押しつけられるのとは、意味が全く違う。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(221)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証6(便宜供与1)

□一般企業への就職が困難を極める創価大学卒業生に就職口を斡旋する公明党議員

 

進学、就職、結婚、融資、公団・公営住宅への入居、運転免許等々、ありとあらゆる生活の面倒を見る便宜供与・あっせん活動というと、世間一般の議員活動の主な活動のひとになっているようだが、これは公明党議員の場合も何らかわらない。進学は主に創価学園、創価大学への進学だが、就職となると多岐にわたる。一般企業への就職が困難を極める創価学園や創価大学卒業生の就職から、失業して再就職先がなかなか決まらない創価学会幹部の再就職の世話など、実に幅広い。創価大学・創価学園は池田大作が創立した学校ということで創価学会員の中では神格化されており、創価学会幹部の子弟の入学希望者が殺到する。しかしせっかく創価大学に入学しても、卒業後に就職できないとなれば、これは一大事である。もっとも将来が有望視されている創価大学卒業生・創価学会学生部幹部であれば、創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りすることになる。いくら創価学会・公明党・外郭団体、外郭企業等が巨大であっても、創価大学卒業生全員が就職できる枠はない。では「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りできなかった創価大学卒業生は、一般企業に就職しなくてはならなくなるが、しかしながら、世間一般で、履歴書の学歴に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあると、採用されるケースは、ほとんど皆無である。なぜそうなるのかというと、世間一般では「創価大学卒業生=創価学会幹部の子弟、ないしは創価学会幹部」と見なしており、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあるのは、自分で「オレは創価学会員だ」と宣言しているのに等しい。そうなると会社の人事担当は、「この人物は会社内で非常識な折伏・布教活動をやるのではないか」「会社内で選挙のときに公明党支援活動をやるのではないか」「会社内で聖教新聞のセールスをやるのではないか」「創価学会活動に行くために、親が死んだ、兄弟が死んだ、親戚が死んだとウソをついて、仕事をズル休みするのではないか」等と警戒する。特に近年、警戒されるのは「創価学会活動に行くために、親が死んだ、兄弟が死んだ、親戚が死んだとウソをついて、仕事をズル休みするのではないか」である。私が経験した会社、私が知っている一般企業で、創価大学卒業生というのは皆無。私が経験した会社の人事担当も、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてある人物は不採用としていた。履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてなくても、創価学会員と判明し、創価学会活動が原因で仕事に穴を開けたり、ズル休みをした者は解雇にしていた。創価学会を退会した人でも、履歴書に「創価大学卒業」「創価高校卒業」と書いてあれば、その人は世間では創価学会員と見なされ、一般企業への就職は困難を極める。そこで公明党議員が登場するわけである。もっとも公明党議員は、創価学会を退会した人の面倒は見ないが、「創価学会でメシを食う」幹部集団に仲間入りできなかった創価大学卒業生の一般企業就職の面倒は見るわけである。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(220)~創価学会内における創価学会員支配の池田大作の独裁的権力構造の検証5(造反幹部・堕地獄論・便宜供与)

□かつて創価学会本部職員・外郭団体の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れた人々

 

世間の常識・慣習からして、履歴書に「創価学会本部職員退職」とか「公明党本部職員退職」と書いてある人物を、一般企業が採用するなどということは、まずあり得ないし、履歴書に「創価学会本部職員退職」とか「聖教新聞職員退職」と書いてある人物を、立正佼成会、霊友会、仏所護念会、国柱会、顕正会等の本部が採用するということも、まずあり得ない話しであるが、過去にこの創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れて、池田大作・創価学会に造反した人物が少なからずいた。それが元民音職員・松本勝弥氏、創価学会元顧問弁護士・山崎正友氏、創価学会元教学部長・原島嵩氏、創価学会元副会長・福島源次郎氏である。松本勝弥氏の場合は、正本堂御供養金返還訴訟による職員解雇であり、山崎正友氏の場合は、顧問弁護士だったので、いささかニュアンスがちがっている。松本勝弥氏は、その後、さまざまな変遷を経て西山本門寺50代森本日正貫首の弟子となり「松本修明」と僧名を名乗る。現在は自称「西山本門寺末寺」大津・蓮華寺住職、宗教法人無心庵代表役員、西山本門寺東京布教所主管を名のる。住職だの主管だの代表役員だのを名乗ってはいるが、実際はかなりの困窮生活を送っているとの内部情報がもたらされている。山崎正友氏は、「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れた後は、恐喝事件有罪判決、収監、出所等があり、その前後は正信会に軸足をおいて、さまざまな執筆活動や講演活動等を行っている。その後、正信会を離れて大石寺理境坊妙観講に入ったが、執筆活動や講演活動等は先細りになった。原島嵩氏は池田大作に造反、本部職員退職後、正信会系の全国檀徒新聞「継命新聞社」に就職し、定年まで在籍している。福島源次郎氏の場合は、副会長辞任後、ほとせなくして本部職員を退職し、創価学会外郭企業をはじめ、さまざまな会社を転職したことを著書で明かしている。しかしこういう人たちの例は、例外的なものである。多くの場合、「池田大作、創価学会はおかしい」と思いながらも、創価学会から離れられない、あるいは創価学会本部職員、公明党、創価大学、民音、東京富士美術館、東洋哲学研究所等々の外郭団体、外郭企業の職員等「創価学会でメシを食う」幹部集団を離れられないというケースのほうが圧倒的に多い。これは本部職員ならずとも聖教新聞販売店にまで及んでいる。それは「創価学会でメシを食う」幹部集団を一旦離れてしまうと、生活が成り立たなくなってしまうからである。

原島嵩2
 

(原島嵩氏)

山崎正友6
 

(山崎正友氏)

松本居所6
 

(西山本門寺東京布教所)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ