アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年11月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(118)~日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章氏が館長を務める石川県輪島漆芸美術館を訪ねる2

■検証118・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか3

 

□日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章氏が館長を務める石川県輪島漆芸美術館を訪ねる

 

東京からJRを利用して金沢へ行くルートは他にもあり、東海道新幹線+米原で特急しらさぎ号に乗り換えるルートもある。こちらの所要時間は約4時間20分前後ぐらいで、上越新幹線・特急はくたか号乗り継ぎルートよりも余計に時間がかかる。これは、東海道新幹線を利用した場合、乗り換え駅が米原駅になるため、ひかり号になる。のぞみ号は、米原駅を通過するためである。米原停車タイプのひかり号は、新横浜と名古屋の間で、1駅停車する他、名古屋以西は各駅停車になる。これで余計に時間がかかる。それとこのルートでは、JRの北陸フリーきっぷ、北陸フリー乗車券は使えない。JTBの金沢、高岡、富山宿泊のビジネスパックは使えるが、やや割り増しになる。

日中、東京駅からひかり号に乗ると、割と空席があるのが見えるが、米原駅で特急しらさぎ号に乗り換えると、それこそ8090%ぐらいの席が埋まっている。そして福井県、石川県の停車駅で少しずつ乗客が降りていく。逆に金沢発米原行きの特急しらさぎ号に乗ると、金沢駅では空席だらけだが、石川県、福井県の停車駅でどんどん乗客が乗ってきて、敦賀駅を発車するころには、ほぼ満席に近いくらいに席が埋まる。これもなかなか人気がある列車である。

特急しらさぎ号には、金沢~米原を運行するものの他に、名古屋~米原~金沢~富山を運行する列車もあるが、名古屋駅で、のぞみ号との乗り換えは設定されておらず、全て米原駅で、ひかり号との乗り換えになっている。

航空機利用の場合は、羽田空港~小松空港便を利用するのが、金沢に着くのが一番早い。東京駅から金沢駅までの所要時間だけを見ると、小松空港便の航空機利用の場合は約2時間半。フライト時間だけを見れば、羽田空港~小松空港は約45分だが、空港までの交通に時間がかかる。航空機利用の場合もJTBの金沢、高岡、富山宿泊のビジネスパックは使えるが、こちらも、やや割り増しになる。ただし航空チケットのスーパー旅割は、45日以前に購入しないと適用されないが、航空機利用のJTBビジネスパックは、7日前までなら予約できる。それで往復航空代金+金沢、高岡、富山宿泊の1泊のホテル代金込みで250003万円で利用できるのだから、JTBビジネスパックのほうが、便利ではないかと思う。羽田空港から航空機に乗ると、日本アルプスの山岳地帯の上空を通過し、白山の上空近くを通過して小松空港に行くのだが、白山から石川県上空にさしかかったころ、シートベルト着用ランプが点灯し、「これから飛行機がゆれてまいります」「揺れましても、飛行には影響ありませんので、ご安心下さい」との客室乗務員のアナウンスが流れる。白山から石川県上空付近に乱気流があると思われ、一度、激しく揺れたこともあった。それでも羽田・小松便は土曜・日曜・祝日になると、満席に近いほど席が埋まる。乱気流があっても、「時はカネなり」ということだろうか。しかし2015年に北陸新幹線が開業すると、航空機利用も新幹線利用も、所要時間は大して変わらなくなる。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(117)~日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章氏が館長を務める石川県輪島漆芸美術館を訪ねる1

■検証117・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか2

 

□日本でも漆研究の第一人者・四柳嘉章氏が館長を務める石川県輪島漆芸美術館

 

私も日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊の偽作説を研究・執筆していく中において、その中に「漆」の問題があり、その「漆」についての資料をいろいろと調査していく中において、ある筋の情報から、四柳嘉章氏の存在を知ることとなった。その情報に依れば、石川県輪島漆芸美術館に「漆」研究に関する第一人者の学者が居て、その人の研究の中には、漆の物理的な研究にとどまらず、文化的価値や歴史的な経済的価値等々の研究に至るまで、実に幅広い研究を手がけているということであった。そこで石川県輪島漆芸美術館に四柳嘉章氏を訪ねて話を聞こうと、石川県輪島市に行ったのだが、ここまでの道のりが実に遠かった。

東京から行くには、上越新幹線に乗って越後湯沢で、金沢行き特急はくたか号に乗り換えて、金沢へ行く。あるいは東海道新幹線ひかり号に乗って米原で、金沢行き特急しらさぎ号に乗り換えて金沢に行く。空路だったら羽田空港から小松空港行きか、能登空港行きの航空機に乗る。

小松空港から金沢駅へは、直通特急バスに乗るか、小松空港からJR小松駅まで、路線バスかタクシーで移動し、小松駅からは特急サンダーバード号か、ないしは、しらさぎ号に乗って金沢駅へ行く。金沢以西の北陸線の特急は、1520分間隔ぐらいで、かなり頻繁に走っているので、小松空港から直通バスで行くのも、路線バス・タクシーと特急電車を乗り継いで行くのも、時間的にそんなにかわらない。能登空港は、輪島市に隣接する穴水町にあるので、東京から直接、輪島市に行くには、これが時間的に早そうなのだが、いかんせん、羽田と能登空港を結ぶ航空便が一日2往復しか運行されていない。現実的なところで言えば、せっかく石川県・北陸に行くのだから、東京から石川県輪島漆芸美術館に行って、すぐに東京へ帰るというのは考えにくい。金沢を中心に輪島も含めて、石川県や北陸各地を観光巡りをするのが普通ではなかろうか。

では所要時間はどれくらいかというと、単純に東京駅から金沢駅までの所要時間を比較すると、上越新幹線・特急はくたか号乗り継ぎで約4時間。東海道新幹線ひかり号・特急しらさぎ号乗り継ぎで約4時間20分くらい。小松空港便の航空機利用で約2時間30分くらいである。では金沢駅から輪島への交通機関は、というと、金沢駅東口から輪島駅行きの高速バスが1時間~1時間半に1本のペースで運行されている。かつて国鉄時代は、七尾線が輪島駅までつながっていて、急行能登路号が金沢~輪島を運行されていた。が、非電化区間の気動車急行列車だったため、金沢~輪島が約2時間半もかかっていた。今は能登海浜道路(能登里山道路)経由の高速バスで金沢~輪島が約2時間。金沢駅から和倉温泉行きの特急サンダーバード号に乗って七尾駅で、のと鉄道列車乗り換えで穴水駅に行き、穴水駅から輪島駅までバスで行くと、約3時間もかかる。だから高速バスで輪島に行くのが、一番早いということになるが、スピード化の時代なのに、昔と比べて、そんなに時間短縮になったという印象はない。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(116)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」に漆加工を施したのか

■検証116・いかにして大石寺9世日有は漆を入手し「戒壇大本尊」に漆加工を施したのか1

 

平安・鎌倉・室町時代の長期保存のための木材防腐加工とは漆加工・金箔加工だった

 

それではなぜ大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊に、高価な漆加工を施したのか。それはまず第一に、平安・鎌倉・室町時代の長期保存のための木材防腐加工とは漆加工・金箔加工だったこと。第二に、漆加工を施すことに依る、末法万年に保存・格蔵していく必要性から。第三に、漆加工を施すことに依る、権威付けのためということができる。

これらのことを証明するためには、歴史的事実をもって論証される。中国における漆器の製作は、およそ六千年前と言われ、中国の殷(いん)(紀元前1600年頃 - 紀元前1046年)の遺跡から漆器の一部が発掘されている。日本では、北海道垣ノ島B遺跡で、約9000年前(縄文時代早期)のものとみとめられる腕輪などの漆製品が発見されている。島根県夫手遺跡(それていせき)では、6800年前という縄文時代前期初めとみられる土器の底に付着した漆が発見されている。

このように日本でも、かなり古い段階から漆工芸の技術を習得していたことがわかる。

漆には光沢や防水性や粘着性があるため、縄文時代晩期(1000~前300)になると土器・弓・装身具(→装身具の「日本」)などに塗料としてもちいられた。なかでも晩期を代表する東北地方の亀ヶ岡文化圏では赤色・黒色の漆をぬった土器・飾り刀(たち)・弓・耳飾り・櫛(くし)・腕輪・竹をつかった籃胎漆器(らんたいしっき)などが多数出土している。青森県是川(これかわ)中居遺跡では漆をつめた土器や、漆の色彩料として赤色顔料のベンガラ(酸化第二鉄)をつめた土器などもみつかり、かなり大規模に漆工芸がおこなわれていたことがわかる。

奈良時代の正倉院宝物には、漆絵、平文(ひょうもん)、漆皮(しっぴ)、螺鈿、密陀絵(みつだえ)など、さまざまな漆技法をつかった楽器や調度品が残っており、唐代の漆芸技法が日本に伝わったことを示している。国内でも、当麻寺の「当麻曼荼羅厨子」に金銀泥絵を施し、金平文による飛天文があらわされた例がみえる。また乾漆による仏像や器物も盛んに造られた。 漆塗り加工が成されている正倉院宝物は、全く腐食劣化せずに、今日、当時のままの姿で残されている。

奈良時代になると、蒔絵技法がおこり、貴族の生活調度や経箱などをやまと絵風の文様でかざるようになった。中尊寺金色堂の内陣や須弥壇は、黒漆塗に金銀、螺鈿、蒔絵で名高い。鎌倉時代になると、浮彫彫刻に漆をかけた鎌倉彫が考案され、また、平蒔絵、高蒔絵など、蒔絵の基本的な技法が完成した。一方、朱漆に黒漆をかけた根来(ねごろ)塗、透漆(すきうるし:透明度の高い精製漆)の春慶塗などの無文漆器や、沈金もこのころ生まれた。

蒔絵(まきえ)とは、蒔絵筆によって漆で模様を描き、その漆が乾かないうちに金粉や銀粉をまき、研ぎ出しや磨きを行うことで模様を作り上げる。平蒔絵、研出蒔絵、高蒔絵などの技法がある。

 

続きを読む

2021年・日蓮生誕八百年にいくらの供養金集めをして何を建て替えるのか、日蓮正宗大石寺

□いまだ大石寺の残る創価学会寄進の堂宇・大坊・内事部・総一坊・総二坊・大講堂・奉安殿

 

先頃の日蓮正宗・臨時宗会で、日蓮生誕八百年慶祝局が正式に発足した。これは過去における日蓮七百遠忌の遠忌局等々と同じもので、今後はこの慶祝局を軸に、供養金集めや堂宇建て替え、大法要の段取り、協議等が進められていくことになると思われる。

今のところ、堂宇の修復予定が発表されているのは、大石寺三門と五重塔の修復である。五重塔は戦後になってから、大石寺64世水谷日昇法主の代に戸田城聖・創価学会の寄進で、大石寺66世細井日達法主の代に、池田大作・創価学会の寄進で修復が施されている。日蓮正宗は、1990年の三万総会、1994年の六万総会、2002年・日蓮立宗750年の奉安堂供養と30万登山、2009年・日蓮立正安国論750年の120億円供養と50万総登山等々、何かの記念行事にかこつけて、信者から大規模なカネ集め・人集めを行ってきている。日蓮正宗は2021年の日蓮生誕八百年に、「法華講80万達成」を目標にしているが、カネ集めの名目づくりに、大石寺三門と五重塔の修復をぶち上げている、大石寺の黒い魂胆がミエミエである。2021年といえば、あと7年後。日蓮生誕800年の記念事業が、大石寺三門と五重塔の修復だけで終わるとは、到底思えない。

2021年・日蓮生誕八百年の前年の2020年は、日蓮龍口法難750年に当たり、2年つづけて慶事がつづく。よって日蓮生誕八百年の堂宇建て替え、それに伴う供養金集めも、かつてないものになるのではないかと予想される。

大石寺は、大石寺67世阿部日顕の代になって以降、創価学会の寄進・供養による一之坊、二之坊、三之坊、四之坊、五之坊、大化城、六壺、大客殿、正本堂、登山センター(法華講事務所)、開闡会館、常灯坊、総門等を次々と取り壊し、新たに六壺、客殿前広場、客殿、不開門、奉安堂等を建設。大石寺12世日鎮建立と伝承する黒門を、大石寺総門に復帰させた。創価学会寄進・供養の堂宇の中でも、池田大作が願主ないしは建立発願主になっている堂宇の建て替えを行って、新しく大石寺で堂宇を建立してきたことは、誰の目にも明らかであろう。

日蓮正宗が公式に発表している「大日蓮」「妙教」「大白法」しか読まず、完全に日蓮正宗の洗脳教育に毒されてしまっている法華講員は、これで池田大作や創価学会が願主になって大石寺に寄進した堂宇は消滅してしまったかのように思い込んでいる者がいるようなのだが、これがとんでもない間違い。池田大作や創価学会が願主になっている堂宇は、まだ大石寺に残っている。

法主や在勤僧侶の居所である大坊、法主の住居である大奥、大石寺の寺務を司る内事部は、大石寺66世細井日達法主の代の1962(昭和37)年に、池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。それから総一坊、総二坊は、大石寺67世阿部日顕法主の代になってから、1990(平成2)・大石寺開創七百年記念事業として、これも池田大作が願主になって創価学会が寄進した堂宇。この他に、大講堂は、大石寺65世堀米日淳法主の代の1958(昭和33)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇。奉安殿は、大石寺64世水谷日昇法主の代の1955(昭和30)年に、戸田城聖が願主になって創価学会が寄進した堂宇である。

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(1)~池田大作を「偉大なる指導者」と絶賛する和歌を送った大石寺67世阿部日顕

□池田大作・創価学会批判の嵐の中、池田大作を「偉大なる指導者」と絶賛していた阿部日顕

 

1985(昭和60)2月に、東京・八王子の創価大学構内・東京会館で開催された「創価学会特別記念展」に出展された1979(昭和54)8月、大石寺67世阿部日顕が池田大作に贈った和歌。

「偉大なる 指導者ありて 広布また 道にこころし 進みゆくらむ」とある。

この和歌を紹介する聖教新聞紙上には、この和歌が大石寺67世阿部日顕から池田大作に贈られた日を「昭和548月」としているが、1979(昭和54)8月当時の聖教新聞に、この和歌が阿部日顕から池田大作に贈られたとの記事は載っていない。

1979(昭和54)8月当時といえば、世間・マスコミ、週刊誌等から創価学会・公明党の政教一致、創価学会会館の池田大作専用施設の豪奢な設備、創価学会のカネの問題批判、女性スキャンダル等で袋だたき状態の批判の嵐が吹き荒れ、さらに日蓮正宗内部にも「正信覚醒運動」(のちの正信会)と称する創価学会批判勢力があった。「正信覚醒運動」(のちの正信会)の日蓮正宗寺院住職・僧侶は、のちに擯斥(ひんせき)処分、つまり破門されていくのだが、1979(昭和54)8月当時はまだ、正信会が破門される前で、「日蓮正宗」の中に、創価学会と「正信覚醒運動」(のちの正信会)が「呉越同舟」していた。そういうこともあって、人目をはばかったのだろうか。

それにしても、そんな池田大作批判の嵐の中、池田大作に「偉大なる 指導者ありて 広布また 道にこころし 進みゆくらむ」と、池田大作を絶賛する和歌を贈っているのだから、大石寺67世阿部日顕の、池田大作との「同じ穴の狢」ぶりが、わかろうというものである。

日顕・和歌1
 

(1979(昭和54)8月、大石寺67世阿部日顕が池田大作に贈った和歌「偉大なる 指導者ありて 広布また 道にこころし 進みゆくらむ」を紹介する聖教新聞)

創価学会特別記念展1
 

(「創価学会特別記念展」オープンを報じる198521日付け聖教新聞)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ