アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2014年12月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2014年も「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をご愛読いただき、ありがとうございました

2015年は12日より「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」更新を再開させていただきます

 

本年2014年も、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」をご愛読いただきまして、まことにありがとうございました。今年も、記事数もアクセス数も、アクセスユーザー数も大きく伸ばすことができました。これも読者の皆様方のご支援の賜であり、深く感謝申し上げます。

さて「アンチ日蓮正宗」管理人は、これから初詣に出かけます。東京に帰ってくるのは12日になりますので、2015年は12日より「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」更新を再開させていただきます。よろしくお願い申し上げます。

皆様も、よいお年をお迎え下さい。

アンチ日蓮正宗4
 

 

日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰に「功徳」「御利益」(ごりやく)はない

□大石寺9世日有の偽作本尊・偽作教義の宗派に帰依・供養しても善行にはならず功徳はない

 

「アンチ日蓮正宗」管理人は、直通電話や「mixi」、メールやメッセ等でこんな質問を受けます。

------------------------------------------------------

日蓮正宗や創価学会、顕正会、正信会の「日蓮正宗系」の信仰には、本当に功徳とか御利益(ごりやく)はないのでしょうか。

--------------------------------------------------------

この質問に対する答えは明快です。日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰に「功徳」「御利益」(ごりやく)はありません。「功徳」とは辞書によれば

「①よい果報を得られるような善行。普通,供養(くよう)・布施(ふせ)の類をいう。「-を施す」②以前によいことをしたために,実現したよい報い。神仏が与えるよい報い。」

と載っている。功徳とは、「前によいことをしたために,実現したよい報い。神仏が与えるよい報い」であれば、以前に「よい果報を得られるような善行」を行っていなければならないが、日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)の信仰の折伏・布教活動なるものは、善行どころか迷惑行為、悪行以外の何物でもない。迷惑行為、悪行を行っている者に神仏がよい報いを与えるわけがない。それから「供養」「布施」とも載っているが、日蓮正宗系が根本本尊と崇める大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、大石寺9世日有が偽作した板本尊である。日蓮正宗系は、宗祖・日蓮を「末法の本仏」「久遠元初の自受用身如来」などと崇めているが、この「日蓮本仏義」なる教義は、大石寺9世日有が偽作した教義である。日蓮は遺文(御書)で「かかる日蓮を用いぬるとも悪しく敬ば国亡ぶべし」と指南しているが、本仏ではない日蓮を「本仏だ」と、悪しく敬っても功徳はない。

日蓮正宗では「大石寺法主のみが日蓮大聖人からの血脈相承を受けた僧宝だ」と言うが、大石寺法主の唯授一人血脈相承なる教義も、大石寺9世日有が偽作した教義である。したがって、大石寺、日蓮正宗系には、仏、法、僧の三宝はない。そんな所に供養や布施をしても、これは善行にはならず、功徳はない。金銭を日蓮正宗系宗教団体に、むしり取られるだけである。

それから法華講員、創価学会員、顕正会員などのカルト信者の「功徳の体験発表」なるものを、鵜呑みにして、頭から信じ込むべきではない。

バクチにはまって数百万円の借金に膨れあがり、毎日のように借金の取り立てが自宅に現れ、一軒家も抵当に入ってしまい、一家全員が家から追い出される寸前までなってしまった創価学会員が、夫人の親族による代払いで、巨額の借金を全て返済。これを「女房が創価学会活動に励んだ功徳で全ての借金を返すことができた」などと創価学会の活動の功徳の体験だと言い、自分の創価学会活動の原点になったということで、東京戸田記念講堂で行われた創価学会の大きな会合の席で、会長、副会長ら幹部が居並ぶ前で、「功徳の体験発表」なるものをしている。

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(8)~代替法要で創価学会、池田大作を「大いに必要な団体であり人物である」と絶賛した大石寺67世阿部日顕

□池田大作に賞与本尊を授与し居士衣を授与し法華講総講頭に任命した大石寺67世阿部日顕

 

下記の写真は1980(昭和55)46日、例年、大石寺で行われる霊宝虫払い大法会と並行して行われた大石寺67世阿部日顕法主代替奉告法要を報道する1980(昭和55)47日付け聖教新聞である。大石寺御影堂の新法主の挨拶で、大石寺67世阿部日顕はこんなことを言った。

「これらの一切を鑑み、当時の責任者であった池田名誉会長は、特に今月2日の聖教新聞に『恩師の二十三回忌に思う』と題する所感を投じ、過去の種々の面を総合的に含み、かつ要点を括って根本的な反省をいたされております。私はこれをまことに誠意と勇気に満ちた、また深い信心を根本とする仏祖三宝への懺悔と受け止めるものであります」…

「思うに創価学会のあくまで御本尊を中心根本とする信心や体験、組織等の在り方、そして池田名誉会長の過去における780万世帯までの未曾有の折伏を果たされた指導性、平和文化に関する世界的な実績等を考える時、将来の世界にわたる広宣流布のため、大いに必要な団体であり、人物であると私は信ずるのであります」(1980(昭和55)47日付け聖教新聞)

と、「(創価学会は)大いに必要な団体であり、(池田名誉会長も大いに必要な)人物である」と言って、池田大作と創価学会を激賞し、最大限に持ちあげた。その後、阿部日顕は池田大作に賞与本尊を授与し、居士衣を授与し、法華講総講頭に任命した。そして事ある毎に池田大作と創価学会を絶賛していたのである。1991年の宗創戦争の後の1992329日の法華講連合会壮年部大会で、今度は阿部日顕はこんなことを言っている。

「三代の池田会長は、戸田氏が命懸けで作られた組織と、その流れの上に乗ったに過ぎないのであります。戸田氏は、本当に命懸けで、指揮をとりましたが、広布七十五万世帯の時点でお亡くなりになりましたので、そのあとを受けた後、たしかに数としては増えているようでありますが、すでにその時には、そののち発展する内容は戸田氏によってできあがっていたと、私ははっきり見抜いておるものであります。したがって、八百万世帯にいたる大折伏は、戸田氏の清浄な、正法を護る気持ちの中から行なわれたところであり、その中から皆様方が現われてきたのであるということをはっきりと見定めるところに、創価学会に縁のある方々が、創価学会の存在理由とその経過、すなわち正しい仏法の流れを正しく知る所以(ゆえん)があると思うのであります。」

(平成四年三月二十九日・法華講連合会壮年部大会お言葉)

池田会長は、戸田氏が命懸けで作られた組織と、その流れの上に乗ったに過ぎない」のであれば、なぜそんな人物を「大いに必要な人物」と持ちあげ、賞与本尊を授与し、居士衣を授与し、法華講総講頭に任命したのか。全く支離滅裂、自語相違も甚だしい阿部日顕の説法である。自語相違なことを平気で言う点でも、阿部日顕と池田大作は「同じ穴の狢」である。

06-1


06-2
 

(法主代替奉告法要・1980(昭和55)47日付け聖教新聞)

67世日顕22
 

(創価学会、池田大作を「大いに必要な団体であり人物である」と絶賛した大石寺67世阿部日顕・TBSテレビの映像より)

 

 

御相談は全て「アンチ日蓮正宗」管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします

□大阪府吹田市から無言電話、謀略電話、怪電話をしてきている者に即時中止を命ずる

 

かつて「mixi」や「GREE」の「アンチ日蓮正宗」コミュの掲示板にて、宗教問題、信仰問題、「日蓮正宗系」団体からの離檀・脱会等に関する御相談を受け付けていた時期がありました。

ところが「mixi」コミュニティで相談を受け付けていた所、間違った知識に基づく回答を為す者がいたり、不適当な回答を為す者がいたり、それらが元で「アンチ日蓮正宗」管理人の元に苦情が寄せられたり、さまざまな問題が発生しました。

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」を開設して、「アンチ日蓮正宗」活動のメインをコミュニティからブログに移設して以来、「mixi」コミュニティでの相談受付を実質的に停止しております。

宗教問題、信仰問題、「日蓮正宗系」団体からの離檀・脱会等に関する御相談は全て、「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」のトップページに記載しております、「アンチ日蓮正宗」管理人直通電話にて受け付けております。御相談がおありの方は、「アンチ日蓮正宗」管理人直通電話にお電話していただくようお願い申し上げます。

□「アンチ日蓮正宗」管理人への直通電話

080-6553-2774

尚、いたずら電話、いやがらせ、スパム目的、妨害目的の謀略電話、怪電話、無言電話、ニセ電話は、従前のとおり、禁止であります。尚、ここ数ヶ月の間、大阪府吹田市から無言電話、謀略電話をしてきている者がおりますが、この者に、「アンチ日蓮正宗」管理人への謀略電話、怪電話、無言電話、ニセ電話の即時中止を命ずるものであります。

アンチ日蓮正宗4
 

 

 

 

 

北斗星廃止でも終わらない(?)上野駅ホームでの顕正会員による悪質な非常識折伏を斬る

□アンチに撃退されても撃退されても上野駅13番線に出没しつづける顕正会カルト信者

 

先日、JR東日本とJR北海道が、2015314日のダイヤ改正を以て、19883月の青函トンネル開業以来、営業運転してきた寝台特急「北斗星」の廃止を発表した。これは2016年度に開業する北海道新幹線を見据えていること。そして旧国鉄時代に製造された客車寝台を改造した車両も老朽化が進み、ついに限界に来たものと思われる。上野駅13番線ホームからは、かつて北斗星定期2往復、臨時1往復、カシオペア1往復、あけぼの1往復、北陸1往復、そして臨時寝台特急エルム1往復が発着。16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していた。しかしエルムも、あけぼのも北陸も廃止になり、北斗星が廃止になれば、「ブルートレイン」と呼ばれる寝台列車は、上野駅から姿を消すことになる。なぜこんな話しが「アンチ日蓮正宗」と関係あるのかと不思議に思う人がいるかもしれないが、これが大いに関係がある。どこがどう関係あるのか。

カシオペア、北斗星などの寝台特急が上野駅13番線ホームから発車する時刻が近づいて来ると、寝台特急の写真や動画を撮影しようと、数多くの鉄道ファン、鉄道オタクから写真家、動画撮影家たちが集結。寝台特急に乗車する乗客と、写真や動画を撮影しようとする人たちで上野駅13番線は、たくさんの人でごった返す。その上野駅13番線に集結する人を狙って、日蓮正宗系カルト教団・顕正会への強引・執拗で非常識な折伏・勧誘を繰り返すカルト信者が、毎日のように出没している。最も数多くアンチに目撃され、アンチに撃退されつづけているのが自称「前川原某」を名乗る顕正会員である。自称・前川原というのは、当人は「前川原某」なる名前を名乗っているが、本名かどうかは不明。世間の常識で言えば、全く見ず知らずの人に、いきなり個人情報を教える人はいないが、彼らカルト信者に、世間の常識を持つ人は皆無だから、「前川原某」なる名前が本名かどうかは何とも言えない。そこでここでは通称名「前川原某」と書くことにする。

私が最初に上野駅13番線ホームで「前川原某」と遭遇したのは、今から十年前ぐらいのこと。あの当時、私は自主映画、インディーズ映画や自主映像の撮影・制作を手がけていて、上野駅13番線ホームでも写真を撮ったり、動画を撮ったりしていた。そこで遭遇したのが「前川原某」。時間帯も、これから寝台特急の発車が近づいて来るころであった。「前川原某」は無精ヒゲに、数日、顔を洗っていないかのような浅黒い顔をし、似合わないメガネをかけ、頭髪も何となく汚らしい。着ている服も、長らく洗濯していないんのような服を着ていて、おおよそ清潔感とはほど遠い格好をしていた。「前川原某」は、いきなり私に住所と名前を告げてきて、「鉄道に興味ありますか」的な話しをしてきた。あの当時はまさに上野駅13番線ホームから16時から23時台までの間に7本の寝台特急が発車していたころのこと。「前川原某」は、私を鉄道ファンの一人と勘違いして、声をかけてきたと思われる。私も最初は、この男も上野駅から発着している寝台特急に、ストーカーのようにつきまとっている鉄道ファンか鉄道オタクの一人だとばっかり思っていた。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ