アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年02月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

『日蓮正宗系批判』『カルト宗教批判』は宗教全体・日蓮宗全体を批判ターゲットにすべきではない

□仏教否定・宗教否定路線は何ら生産的なものは生まずカルト宗教問題解決をむずかしくする

 

特定のカルト宗教の事件や問題が起こり、あるいは過激な暴力主義に走るカルト宗教、カルト・テロ集団の問題が起こると、必ずと言っていいほど、宗教全体を批判し、カルトやテロと無関係な宗教者までも敵対視し、嫌がらせをしようとする者が出る。現今のイスラム過激派によるテロ事件・殺戮事件が起きると、イスラム教徒全体を敵対視し、テロ事件と全く無関係のイスラム教徒、テロ事件に反対する良識派のイスラム教徒まで、嫌がらせをする者が出ている。日本でも、カルト宗教問題が沸き上がると、宗教全体を規制すべきだとか、宗教全体を敵対視し、弾圧しようと主張する反宗教の過激派が出現してくる。「mixi」や「GREE」など大手SNSにも、「宗教が嫌い」とか「宗教からカネを取れ」といったような反宗教的なコミュニティがいくつも存在している。

私は2005年から正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」の活動をしてきているが、これまでの活動の途上において、例えば「mixi」の「アンチ日蓮正宗」コミュニティには、「日蓮正宗系」カルトに対してのみならず、日蓮を宗祖とする宗派全体、日蓮宗全体を敵対視する文言を織り交ぜたメール、コミュ参加申請を「アンチ日蓮正宗」管理人に送ってきた人が何人もいた。かつて、創価学会、日蓮正宗法華講、顕正会、正信会などの「日蓮正宗系」カルト教団を転々とした人が、最後に全ての宗教、全ての宗教への信仰心を捨て去り、日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的無宗教になる人が少なからずいることは事実である。私は、その人その人、個々の人11人が日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想、考えになるのは、自由であると思うし、私も日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想を否定する気は全くない。こういう思想があってもいいと思うし、こういう思想の人がいてもいいと思う。

しかし、「日蓮正宗系」カルト問題、カルト宗教問題にどう対処していくのか、「日蓮正宗系」カルト問題、カルト宗教問題をどう解決していくのか、日本、日本人の安全や世界平和の脅威になっているカルト宗教にどう対処していくのかという社会全体の問題、政治的な問題、国際社会全体の問題として考えたとき、仏教否定、宗教否定路線が是か非かとの問題とは、全く話しが別である。

「アンチ日蓮正宗」としては、日蓮否定、仏教否定、宗教否定の反宗教的思想、あるいはそういう思想の人がいるのは、思想信条の自由であり、個人個人の自由であると考えるが、カルト問題に対処する路線問題として考えると、「アンチ日蓮正宗」は日蓮否定、仏教否定、宗教否定の路線はとっていないし、こういう路線はとるべきではないと考える。『日蓮正宗系批判』は日蓮宗全体を批判ターゲットにすべきではない。『カルト宗教批判』は仏教全体、宗教全体を批判ターゲットにすべきではない。カルト宗教の問題が発生したからといって、宗教全体を否定し、宗教全体を敵に回すような政策・路線は、適切な政策・路線ではなく、正しい政策・路線でもない。反仏教・反宗教・仏教否定、宗教否定の路線は、何ら生産的なものは生まず、かえってカルト宗教問題の解決を複雑化し、むずかしくしてしまう。カルト宗教問題があるからといって、宗教全体を敵視する政策・路線は全く賢明とは言えない。カルト宗教問題をむずかしくするばかりか、カルト宗教をかえって利するだけの結果を招く愚かな路線・政策である。

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO3

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO3

 

「同級生から折伏を受けました。学生時代、新聞奨学生をやめ、心に大きな傷を抱えていた時、学生時代のクラスメイトの一人が近づいてきて、いろいろと自分の悩み、新聞奨学生に受けた虐待の傷を話し、その後の仕事も何をやってもうまくいかなかったことを話し、後日彼の家のある秦野に単発の仕事で行くことになった。仕事の後、彼は「仏教の場所に行こうよ」と誘ってくれたのが全ての発端だった。私はてっきり秦野の寺院でお坊さんの説法、それこそ瀬戸内寂聴さんみたいな人に会いに行くのかなと思ってたら、連れていかれた先は創価学会の会館だった。そこでは池田大作の衛星中継を見せられ、スピーチを聞かされた。「諸君!~は勝ちました!!

「座談会は、民主的に、皆の発言を大事にすることだ。自分ばかりがべらべらと話すのはいけない。皆が楽しく意見を言い合い、和気あいあいと発表しあえる雰囲気をつくっていく。それが座談会の根本である。幹部が独りよがりの話をして、聞いているほうは「いつ終わるのか」と時計ばかり気にしている。そんな会合ならば、時間がもったいない。来てくださった方が、かわいそうだ。「もう終わったのか」「もう少し、この場にいたいのに」と言われるくらいに充実した座談会をお願いしたい」

「浅井一派(富士大石寺顕正会)は容赦なく叩き出せ!!」と池田大作の気迫あふれるスピーチが印象的だった。私はこれまでにない気迫に圧倒された。これまでの仏教感が吹っ飛んだ感じだった。

そして創価学会会館の本尊に向かって「南無妙法蓮華経」を唱えさせられた。その後、その場に残さられ、もう一人、山梨県で教師をしている人がやってきて自分に仏法対話を始めた。「君をここに連れてきたのは、君が弱っている負のオーラを出していて、それを見ていられなかったんだ」

「人間の体は頭から南・無・妙・法・蓮・華・経で構成されている。南無妙法蓮華経の題目は自分と大宇宙を一体にし、己の潜在能力と生命力を引き出すんだ」「南無妙法蓮華経を唱えると宇宙の波長と一体になる」「南無妙法蓮華経は法華経の題目だけでなく、宇宙のリズムであり,生命の本体なんだ」「南無妙法蓮華経を唱えるだけで幸せになれるんだ」「南無妙法蓮華経を唱え、正しい仏法を身に着けると相手のオーラが見えてきて、本人が不幸かどうかがわかるようになるんだ」

「創価学会には香取慎吾、滝沢秀明、萩本欽一など有名人も多いよ」「創価学会に入って自分を変えようよ」「天台宗は宗祖最澄が変死したことで、天台宗の檀家はすべて最澄の呪で変死する運命なんだ」「浄土真宗、浄土宗などの南無阿弥陀仏はあの世に救いを求める。すなわち、現世ではどうでもいいのだから生きている間悩みが尽きないんだ」と他宗批判を開始した。

折しもこの昨年祖母を亡くしたばかりで、偶然なのか祖母は変死したまま息絶えた記憶がよみがえってきた。「だから日蓮の南無妙法蓮華経は現世で成仏できるんだよ。悩みもみんななくなるんだよ」と結論付けた。さらにその教師は体験談を話した。「俺も最初この宗教を疑っていたよ。でもいざ始めてみると毎日がとても楽しいんだ。ご本尊様に向かって南無妙法蓮華経を唱えているといろんな悩みも吹っ飛んじゃう。だから君にもこの素晴らしい教えを実践してほしいんだ」と。

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO2

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO2

 

「池田大作が国会で説明すべきことを書きます。公明党の国会議員は当選したら、参議院なら600万円、衆議院なら300万円の「上納金」を党におさめなくてはならないと言われています。「上納金」の理由について。各地にある固定資産税のかからない宗教施設、創価学会の会館を拠点とした政治活動について。党として平和を標榜していながら2003年イラク特別措置法に賛成した事について。福本元参議院議員は、現役議員時代、池田大作に東京大学名誉教授の称号を取れないか依頼されたと言っているが、この件について。同議員は、同じように「四国に墓苑用のいい土地を探してこい」と言われたそうなのでその件について。同議員は離党届を提出したのに、太田議員に「公明党に離党はない。公明党の議員は一生公明党に所属するのだ」といわれ、一方的に除名された、という件。資産運用について。日本中で、環境保護団体、人権・福祉推進のボランティア団体が、数十万円程度の予算で誇りを持って仕事をし、立派な成果をあげている。創価学会は持てる資産を活用して福祉、環境、人権、平和などのボランティアとしてどのような活動をしたいのか。学会の資産は税金の優遇措置を受けている以上、国民に説明する義務がある。

など、池田大作は国会の場で説明しなくてはならないです。日本でも海外でも、公明党、創価学会のトップは池田大作であるということは周知の事実なので、池田本人が国会にくるべきです。

世界中から賞賛される人徳と知性の持ち主でいらっしゃるとのことですので、ぜひ、素晴らしい頭脳で、全世界の見つめるなかで質疑応答して欲しいです。また、そうすべき義務があります。」

(アンチ創価学会・SGIコミュより引用)

「創価学会員にはだまされました。苦しめられました。創価学会は嘘ばっかりですね! マルチ商法ばっかりしてるし。アシュラン化粧品とか、ハーブサウナYOSAとか、アロエベラジュートとか、カモメールのモジコとか、アムウェイとか、真珠のキュートとか。心がないです!!!”神社やお寺には魔が居るから、それでもみんな行くので不幸になる。なので、お遍路さんは不幸になっていくだけ。”みたいなことをほざいていました。”○○宗は離婚が多いと会合で言っていた” そうです。

どのうやって創価は個人情報を集めたのでしょうか!?カルトなのでしょうか?ちなみに、発言した創価の女性は親子で離婚しています。アホなんでしょうか???題目で願いが叶うとか言っていました。だったら創価の人はみんな幸福になっているはず、お金持ちにもなれるし、東大合格ですね。創価には相手を思う気持ちが欠けています。ただの新興宗教です。かってに日蓮を利用したエセ仏教です。 なので、戒律を受けたお坊さんもいませんし、仏教では無いのです。今では仏教の葬式を批判しています。 まじでカルトですね!真剣に、創価は完全に経済カルト、政治カルトだと思います。コンクリートの建物の中で、独善的衛星放送を聴いても、修行になりません。洗脳されているだけ。表向きと中身が違うよね!”創価学会は世界一で、世界中の人をSGIに改宗させるのが目的で、みんなで活動している” そうです。はっきり言ってウザキモイです!!!

”題目で祈っているから自分はいい方向になる”という、自分勝手な思考回路です。つまり南無は自分勝手にやっているんだから、幸せなんでしょうね!」

(アンチ創価学会・SGIコミュより引用)

 

続きを読む

単称「アンチ創価学会コミュ」に寄せられた創価学会・公明党に関する苦情の数々NO1

□宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質丸出しの創価学会の実態NO1

 

日蓮正宗、創価学会、顕正会、正信会等「日蓮正宗系」の中では、創価学会に関する苦情が最も多いし、インターネット上のサイトやブログ、SNSでも「アンチ創価学会」を標榜するものが最も多い。200511月の「アンチ日蓮正宗」(正式名・アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会)の設立以降、「アンチ日蓮正宗」にも創価学会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関する苦情や創価学会に関するさまざまな相談が多数寄せられている。

これらの苦情・相談を見れば、創価学会の強引・執拗な折伏・入信勧誘をはじめ、創価学会の宗教法人の本来の姿から大幅に逸脱した反社会的体質が明らかである。創価学会のひどい実態については、ご存知ない方も多数いらっしゃると思われるので、ここに「アンチ日蓮正宗」「アンチ創価学会」「アンチ創価学会系」コミュ等に寄せられた創価学会の強引・執拗な折伏・入信勧誘に関する苦情や相談を紹介し、世間一般の方々への問題啓発の一助に致したいと思う。

「日蓮は、魚・鳥を食べなかったそうなので、ベジタリアンですよね。私のイメージでは、「ビーガン」

卵由来、牛乳由来食品など動物性の食品を一切とらない主義だったのではと思います。というか、それ以前に、しょっちゅう飢餓を経験していた人でしょう。翻って池田大作は…()

日蓮は、薄墨色の衣だったけれど、池田大作夫妻は着飾って、「パンプキン」に毎月登場してました。皇族の方々とは比べ物にならない浪費とケバさ()でも、ご本人たちは「王者」だからって(爆笑)よく恥ずかしくないですね。地元の新宿にはホームレスの方々がたくさんいらっしゃるのに…

日蓮を語って日蓮並みの尊敬は手に入れておきながら、日蓮のライフスタイルは絶対やらない、その程度のまがい物なのですよね。」

(アンチ創価学会・SGIコミュより引用)

「共産党を悪魔のように罵る創価学会の大人達を見て育ちました。選挙の時にはいつも、地域の拠点幹部宅に、町内地図を拡大したものが貼り出されました。学会員宅、確F宅、某党支持者宅、その他、共産党支持者宅など、一軒一軒、カラーペンやシールなどを使って、一目で見分けられるよう、色分けしてありました。共産党支持者宅は、必ず黒く塗り潰されていました。「ご町内の悪の拠点」とでも言いたいみたいでした。私のような脱会者宅は、釘でも打たれているんでしょうか?」

(アンチ創価学会・SGIコミュより引用)

「選挙時の会館使用について。前参議院議員、高野ひろしの選挙の集まりで、UB(浦和文化会館)に行ったことがあります。やはり選挙の集まりで入間文化会館にも行きました。「UB」も「入文」も創価学会の建物です。創価学会の建物で、公明党の会合を行ってきたことについて、池田大作に国会の場で説明して欲しいです。近年、野党某党の会合に出席しましたが、大政党なのに、自前の会館がないようなのに驚いてしまいました。私は、政党というものは、地域ごとに自前の会館や講堂を持っているものだと思っていました。行ってみたら、会場は市立図書館分館二階の集会室であったり、ボロっちい公民館とかでした。贅沢な会館に慣れていたので、カルチャーショックでした。ぜひ国会で池田大作の証人喚問を実現させてもらいたいです。」

(アンチ創価学会・SGIコミュより引用)

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(254)~広宣流布の具体的な姿について経典の「舎衛の三億」に準じた姿を連想していた池田大作

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か4

 

それでは、池田大作・創価学会や日蓮正宗大石寺の法主は、「広宣流布」の具体像について、どのように語っているのだろうか。創価学会や日蓮正宗の正式文献から引用してみよう。

創価学会「折伏大進撃」で会員数が激増期にあった昭和38(1963)、創価学会は大石寺66世細井日達法主を大導師に招いて新本部を落成。その新本部落成を記念する創価学会第26回本部総会が昭和38(1963)91日、東京両国の日大講堂で2万人の代表幹部が出席して開催された。その席上、創価学会三代会長・池田大作はこんなことを言っている。

8月の夏季講習会のときに、御法主上人猊下様(※大石寺66世細井日達法主)のところにお目通りにあがりました。宗門(日蓮正宗)の将来の建物のことにつきまして、種々懇談を申し上げました。そのときに、猊下が私に対し『会長、もう広宣流布だよ。いまが広宣流布だな』と、喜んだお姿で申されたのでございます…」

「釈迦仏法の広宣流布の方程式の一面として、舎衛三億のたとえがあります。すなわち、3分の1の衆生は仏の法を聞き、そして仏を見たてまつった。次の3分の1は仏の名前だけを聞いたけれども、信心はしていない。残りの3分の1は、(仏の)名前も法も聞かない。このような方程式であります。いま日蓮正宗創価学会は、(日本の)全世帯の3分の1の入信者というわけにはいきませんが、日本全国で約2千数百万世帯と言われているなかの1.5(15%のこと)、すなわち360万世帯の現勢力でありますが、日蓮正宗創価学会の名前は、日本の国はおろか、全世界にとどろきわたっていることは厳然たる事実であると、私は確信したいのであります」

(昭和38(1963)93日付け聖教新聞・『創価学会第26回本部総会』の池田大作会長講演)

昭和38(1963)夏に大石寺66世細井日達法主が池田大作に「会長、もう広宣流布だよ。いまが広宣流布だな」と言ったとして、池田大作は経典の「舎衛の三億」(しゃえのさんおく)の話しをしている。大石寺66世細井日達法主も、この件について言及したことがあり、「今や広宣流布」と題する創価学会教学誌「大白蓮華」に寄稿した文で、こんなことを言っている。

「思えば昨年春、会長池田先生との懇話の時に、私が、『すでに広宣流布しておる』と語ったら、会長は、『そうです。舎衛三億です』と即座に答えられたので、私はその見識に内心感嘆したのである」(昭和40(1965)1月号『大白蓮華』大石寺66世細井日達法主の新年あいさつ)

大石寺66世細井日達法主も、池田大作と「会長、もう広宣流布だよ。いまが広宣流布だな」と言った話しのやりとりを実質的に認めている。細井日達法主は、この会話があった時期を「昨年春」と言っている。昭和40(1965)1月号『大白蓮華』の新年あいさつを大石寺66世細井日達法主が書いたのは1964(昭和39)年暮れのことだから、「昨年春」とは昭和38(1963)春ということになる。このやりとのから、池田大作は広宣流布の具体的な姿について、経典の「舎衛の三億」に準じた姿を連想していたことが明らかである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ