アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年03月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(258)~創価学会の広宣流布とは日本の政治・経済・文化全てが創価学会に牛耳られる世界のことだ3

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か8

 

創価学会が「広宣流布」された日本の国家社会の姿に最も近いと考えられるのは、20世紀の社会主義国であるソ連、東欧諸国、中国、北朝鮮等々の国々である。ソ連では、共産党員が政治のみならず、警察、検察、裁判所、企業、組合等、ありとあらゆる所に浸透して、共産党が国家の全てを支配する体制だった。ソ連の国家元首・最高会議幹部会議長や首相がいても、ソ連共産党が国の実権を握っていたため、ソ連の最高指導者とは、ソ連共産党ナンバーワンの地位にあった第一書記ないしは書記長だった。日本の内閣総理大臣が、創価学会の政治的道具、創価学会の政治的傀儡である公明党から選出されるとなると、実際に日本の政治の実権を握るのは、創価学会の会長ないしは創価学会の最高指導者ということになり、公明党の首相は、創価学会の傀儡同然になる。そうなると、日本国憲法のもとでの議会制民主政治そのものが機能不全になり、実質的な創価学会会長ないしは創価学会の最高指導者の独裁政治になってしまう。

1980年代のころはまだアメリカとソ連の二大超大国による米ソ冷戦時代であり、創価学会の広宣流布された日本の国家社会の姿、創価学会が理想とする国家社会像について、いろいろ論争したことがあったが、創価学会の幹部は、当時のソ連・東欧の社会主義国家が、創価学会が理想とする国家社会像に近いことは認めていた。創価学会本部の内部文書である1972(昭和47)615日付け「第61回社長会記録」に載っている池田大作の発言に

「今、世の中は個人主義、自由主義になっているが、本当は全体主義は一番理想の形態だ」

(1972(昭和47)615日付け・於・日本図書株式会社「第61回社長会記録」)

というものがある。全体主義というと、ソ連東欧型の社会主義国家の他に、ナチドイツやファシズム等も含まれるが、この池田大作の「全体主義は一番理想の形態だ」との池田大作発言は、創価学会が「広宣流布」された日本の国家社会の姿に最も近いと考えられるのは、20世紀の社会主義国であるソ連、東欧諸国等々の国々であることを裏付けていると言えよう。

ここで問題になるのは、創価学会・公明党の体質である。創価学会・公明党の体質は、ソ連、東欧諸国等々の共産党、ナチドイツやファシズムとそっくりだということである。もっと具体的に言おう。

第一次世界大戦後、ドイツには「世界一民主的」と称賛されたワイマール憲法があった。ところがワイマール共和制の選挙で政権を取ったナチ党は、国会で「全権委任法」を可決。ワイマール憲法をそのままにしたまま、あっという間にヒトラー独裁体制を造り上げた。ロシア革命後のソ連でも、ソ連が「世界一民主的」と自画自賛したスターリン憲法があった。スターリン憲法でも、基本的人権、言論・出版・移転・職業選択・思想信条・結社・信教の自由が保障され、民主的な選挙が保障されていたが、実際はソ連共産党一党独裁であり、どういうプロセスで決まったのか、全く不透明なソ連共産党ナンバーワンの地位にあった第一書記ないしは書記長がソ連の最高指導者になる、独裁政治だった。問題は憲法や法律に何が書いてあるのか、機関紙でどういう思想を説いているのかではなく、その政党・団体・指導者の体質が問題なのである。

 

続きを読む

宗創「同じ穴の狢」の真実(11)~池田大作会長就任の創価学会第22回本部総会に臨席した大石寺66世細井日達法主

□開目抄の一節を池田大作に送って「折伏大進撃」を督励した大石寺66世細井日達法主

 

下記の写真は、昭和35(1960)53日、東京・両国の日大講堂で行われた創価学会第22回本部総会のもようを報道する昭和35(1960)56日付け聖教新聞である。昭和35(1960)53日の創価学会第22回本部総会とは、池田大作が創価学会第三代会長に就任した本部総会である。第二次世界大戦直後のころから大石寺法主は、創価学会総会ないしは創価学会本部総会に欠かさず臨席して特別講演をしているが、この昭和35(1960)53日の創価学会第22回本部総会にも、大石寺66世細井日達法主が、宗務院役員や高僧を引き連れて臨席している。

柿沼広澄(日明)総監や早瀬道応(日慈)教学部長(後の総監。重役。現・大石寺68世早瀬日如法主の父親)ら日蓮正宗宗務院役員の姿が見える。

その大石寺66世細井日達法主は、創価学会第22回本部総会の「法主特別講演」で

「宗祖大聖人様は開目抄に『詮ずるところは天もすて給え諸難にもあえ身命を期とせん』と仰せられております。この言葉こそ、今日、推戴式を行われた創価学会三代会長・池田大作先生におくるものであります。今日、学会の発展にともなって、ますます諸難がくるのでありまして、この諸難を打ち破っていかなければならないのが、学会の使命であります。いな、学会は向こうからくる諸難を待っておるのではなく、むしろこちらから諸難をつくっていって、その諸難を打破していかなければならないのであります」

「大聖人様は『いえば諸難重なりきたる、いわなければ地獄の責めをいかんせん。いまの諸難は今生の小苦なればなげかしからず、後生には大楽をうくべければ大に悦ばし』と仰せあって、一難あるごとに、さらに折伏をすすめていったのでございます。いまの学会こそ、その(日蓮の)あとをつぐ人びとであります。学会はその指標にたつ、会長はその指標にたつところの人でありますから、私は会長のこの使命を期待して、待っておるのでございます」

「どうぞ今後、いろいろな謗法の寺、謗法の僧侶に、頭を下げることをなさらず、りっぱに大王の戦争をなし、新会長のもとに堂々と折伏を現じていただきたいと思います」

(昭和35(1960)56日付け聖教新聞)

と、こう言っている。新しく創価学会会長になった池田大作に開目抄の一節を送り、創価学会の折伏大進撃を「大王の戦争」と言い、創価学会に対して、さらなる折伏の進撃を督励する大石寺66世細井日達法主。まさに日蓮正宗と創価学会は、ほとんど二人三脚のような「同じ穴の狢」だった。

66世日達16・1960創価学会本部総会


1960創価学会本部総会1


 1960創価学会本部総会2

03-2


03-3

(昭和35(1960)56日付け聖教新聞)

 

 

隣の学会員・法華講員(257)~創価学会の広宣流布とは日本の政治・経済・文化全てが創価学会に牛耳られる世界のことだ2

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か7

 

仮に創価学会が広宣流布され、創価学会が理想とする王仏冥合が実現し、「舎衛の三億」で創価学会員が3分の1、公明党支持者が3分の1、合計で3分の2になる社会になってしまったら、どうなってしまうのか。どこからどう考えても、国会でも都道府県議会でも特別区・市町村議会でも過半数以上、3分の2近くが創価学会員、公明党議員で占められてしまう。日本の総理大臣も閣僚も官庁の官僚も、都道府県知事も、特別区・市町村長も創価学会員か公明党支持者になり、警察、検察から最高裁判所、高等・地方・家庭の各裁判所判事といった司法も、創価学会員か公明党支持者が過半数以上を占める。政界や官界、司法、経済界、財界、法曹界、教育界、芸能界、マスコミ、言論界等々、過半数以上が全て創価学会員か公明党支持者になる。これは、日本の政治、経済、文化等の全てが創価学会のコントロール下になり、創価学会によって牛耳られることを意味する。これはまるで共産党が国の政治、経済、文化等の全てを握って独裁政権を握っていたソ連、東欧諸国、中国、北朝鮮のような国家社会そのもの。ソ連、東欧諸国、中国、北朝鮮の国家社会で独裁政権を握っていた共産党を、そっくりそのまま創価学会・公明党に置き換え、創価学会・公明党が独裁政権を握る社会が誕生することを意味する。

こういうことを言うと、創価学会員や創価学会シンパの者は、「そんなことはありませんよ」と、ことさら、批判をはぐらかそうとするが、これは創価学会員や創価学会シンパの者たちの「ごまかし」である。なぜならそれは、創価学会・公明党の体質を見れば、明らかなことである。

公明党議員は、衆議院議員、参議院議員、都道府県議会議員、特別区市町村議会議員もすべて、創価学会丸抱えの応援・支援で当選し、創価学会、創価学会員と一体になって政治活動をする。公明党・公明党議員は、完全な創価学会の政治的道具であり、創価学会は「公明党」を使って政治に進出しているのも同然である。しかも公明党の党首である公明党委員長・代表になった人物は、原島宏治、辻武寿、北条浩は言うに及ばず、竹入義勝、矢野絢也、石田幸四郎、太田昭宏等々、全員が創価学会理事長、副理事長、男子部長、青年部長を勤めた創価学会幹部。特に石田幸四郎、太田昭宏は、創価学会全国男子部長、全国青年部長、総合青年部長を勤めた最高幹部であった。しかも公明党は、委員長・代表を選出するにあたって、過去に一度も選挙を行ったことがない。「公党」として、これほど不透明でダーティな体質は他に無かろう。創立以来、党首を選出するにあたって一度も選挙を行ったことがない政党は、他に日本共産党があるくらいで、自民党、民主党から昔あった日本社会党、民社党等々、選挙で党首を選出することが、当たり前のようになっている。それでは、だれがどうやって、公明党の委員長・代表を選出しているのか。

公明党の委員長・代表は、選挙で選出するのではなく、創価学会の会長、最高指導者・池田大作の指名によって決まるというのが、定説になっている。否、公明党委員長・代表人事だけではない。副委員長・副代表、幹事長・書記長などの公明党中枢人事から公明党の基本政策に至るまで、創価学会の会長、最高指導者・池田大作によって決められている、というのが通説である。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(256)~創価学会の広宣流布とは日本の政治・経済・文化全てが創価学会に牛耳られる世界のことだ

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か6

 

日蓮正宗や創価学会が言う「広宣流布」や「王仏冥合」が実現されてしまうと、具体的には、どんな社会になってしまうのか。日本はどんな国に、どんな社会になってしまうのか。

池田大作・創価学会員が大石寺や日蓮正宗末寺寺院に参詣して日蓮正宗と和合路線を歩んでいた宗創和合時代の1980年代の池田大作スピーチの中にこんな下りがある。

(大石寺)64世日昇上人は、昭和23(1948)1017日、学会の第三回総会で、『本宗発展の兆(きざし)』との題で、特別講演をされている。これについては小説『人間革命』にも紹介しているが、御講演を次のように結ばれた。----

(大石寺64世水谷日昇の講演)『かくして、宗門(日蓮正宗)の檀信徒の中より、産業、財界、文学、科学、政治、教育界に人材を送り、それを国家に反映せしめ、さらに世界に押し広げ、以て永遠平和の道標に光輝あらしめねばなりません。これが、本仏宗祖日蓮大聖人の願業であり、又、吾人の大願でなければなりません。今こそ宗門(日蓮正宗)史上、一大転機を画すべき好機であります。願わくば、下種三宝尊(さんぽうそん)の御冥護(みょうご)の下、宗門(日蓮正宗)僧俗打って一丸となり、異体同心の祖訓(そくん)に徹して、一大計画を樹立し、正法弘通、立正安国に努力精進されんことを念願とする次第であります。創価学会員一堂の受賜(じゅし)寿命、息災延命を祈ります』----日昇上人のこのお言葉は、代々の御法主上人のお心でもあると拝する」

(1989年・平成元年427日付け聖教新聞・第14回全国青年部幹部会での池田大作スピーチ)

大石寺64世水谷日昇が特別講演したという昭和23(1948)1017日の創価学会第三回本部総会が行われた当時は、まだ創価学会機関紙・聖教新聞が発刊される以前のこと。又、創価学会の出版物も何もなかった時代のこと。当時の記録として大石寺64世水谷日昇の特別講演の記録は残っておらず、日蓮正宗も大石寺64世水谷日昇の講演・説法を収録した日昇全集という文献も出していない。しかしながら、この池田大作スピーチの当時は、宗創和合時代のことであり、池田大作スピーチの内容に間違いがあるならば、日蓮正宗・宗務院が創価学会に指摘していたはずである。ところが日蓮正宗・宗務院は、今日に至っても、1989年・平成元年427日付け聖教新聞に載っている第14回全国青年部幹部会での池田大作スピーチの内容、昭和23(1948)1017日の大石寺64世水谷日昇の講演の内容について、否定するコメントは全く出していない。したがって日蓮正宗としても、大石寺64世水谷日昇の講演の内容について、実質的に認めているものと言えよう。又、昭和23(1948)1017日の大石寺64世水谷日昇の講演を第14回全国青年部幹部会でのスピーチで池田大作自ら紹介し、聖教新聞にも掲載されているわけだから、これは創価学会の公式見解であり、「王仏冥合」「総体革命」の原思想は、日蓮正宗大石寺の教義であり、大石寺法主の説法にあることを認めたものである。池田大作・創価学会の天下取り・広宣流布の原思想は、大石寺教学・大石寺法主の教示であることを明確に物語っている。池田大作が「天下取り」を創価学会内部で公言することが確認できる1952年・昭和27310日付け聖教新聞)の発言から、大石寺64世水谷日昇法主の「王仏冥合」説法のほうが3年半くらい前になる。

 

続きを読む

隣の学会員・法華講員(255)~総信徒数が日本の総人口と等しくなる状態を想定している危険な日蓮正宗の「広宣流布」思想

□日蓮正宗・創価学会の究極の目的である広宣流布・王仏冥合の真の意味とは一体何か5

 

さて池田大作の「舎衛の三億」構想を実質的に追認した大石寺66世細井日達法主は、「広宣流布」の具体像について、次のように言及している。

「今、深くこれを思うに、日本国全人口の3分の1以上の人が本門事の戒壇の御本尊に純真な、しかも確実な信心をもって本門の題目、南無妙法蓮華経を異口同音に唱えたてまつることができたとき、そのときこそ日本国一国は広宣流布したと申し上げるべきことであると、思うのであります。その時には我が大石寺は、僧侶の指導者たち、信徒の指導者たち、相寄り相談の上、(日蓮)大聖人ご遺命の富士山本門寺と改称することもありうると信ずるのであります」(昭和49(1974)1118日付け聖教新聞・創価学会第37回本部総会の大石寺66世細井日達法主の特別講演)

(大石寺26)日寛上人は此の文を取られて三重秘伝抄に『今、仏世尊の如きも四十余年秘して説かず、豈容易く之れを聞くことを得んや、縦え在世に生まると雖も舎衛の三億の如きは尚お見ず聞かざるなり、況んや像末辺土をや』と述べられている。しかし此の舎衛三億の言葉は、今日の我が国内に当てはめて、日蓮大聖人の仏法の流布を鑑みる時は、大いに意義の深いことを我々が等しく思う所である。大智度論巻第九に『九十一劫の三劫に仏有り、余の劫は皆空にして、仏無し甚だ憐愍す可し、仏此の重罪にして見仏の善根を種えざる人の為めに説いて言く、仏世に値い難し、優曇波羅樹華の時時に一たび有るが如し。是の如き罪人三悪道に輪転す、或は人天中仏出世の時に在りても其の人は見ずと説くが如し、舎衛城中九億の家あり、三億の家は眼に仏を見る。三億の家は耳に仏有ると聞くも眼に見ず、三億の家は聞かず、見ず。仏舎衛国に在ること二十五年而も此の衆生は聞かず見ず、何に況んや遠き者をや』の文から、日寛上人は舎衛三億の意をお採りになったのである。……ここに現今の我が国の妙法流布の情況を見るに、学会の人びと或いは法華講の人びとの布教によって、全国民が大聖人の南無妙法蓮華経を聞いて居ると思う。若し日本国に於いて、人口の三分の一以上の人が清浄な、しかも純信な大聖人の信徒となれば、日本国中は大聖人の仏法が広宣流布したといえる。なんとなれば、日蓮大聖人の仏法は下種の仏法なるが故に、順逆共に成仏するのである。よって、耳聞得道とこう大聖人は仰せられているのである」

(昭和50(1975)1月号『大白蓮華』大石寺66世細井日達法主の新年あいさつ『舎衛三億』)

池田大作は、「学会員が日本の総人口の3分の1となり、さらに、信仰はしないが、公明党の支持である人たちが、つぎの3分の1(昭和40(1965)716日付け聖教新聞・『青年部最高幹部会』での池田大作会長の話し)になることが広宣流布だと言っているのに対して、大石寺66世細井日達法主は「日本国全人口の3分の1以上の人が本門事の戒壇の御本尊に純真な、しかも確実な信心をもって本門の題目、南無妙法蓮華経を異口同音に唱えたてまつる」「日本国に於いて、人口の三分の一以上の人が清浄な、しかも純信な大聖人の信徒」になれば、広宣流布だという。

両者の言及、意味、内容には微妙な違いが見て取れる。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ