アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年04月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

隣の学会員・法華講員(260)~「ゆりかごから墓場まで」収奪システムが完璧に整備されている「政治団体」創価学会・公明党

□創価学会とは伝統仏教(大石寺・宗教団体)の仮面をかぶった実質的な政治団体である5

 

創価学会とは、伝統仏教の仮面、大石寺の仮面、宗教団体の仮面をかぶった実質的な政治団体である。創価学会の内部構造を検証していくと、他の政治団体よりも、他のどこの政党よりも、巧妙で、ほぼ完璧に近い政党・政治団体としてのシステムが整備され尽くしていることがわかる。

例えば、長く日本の政治の中枢で政治権力を握ってきた自民党(自由民主党)を例にとると、一般党員が納める党費、機関紙の売り上げによる機関紙収入、日本政府が交付している政党交付金の他に、企業が自民党支部に献金する企業献金がある。この企業献金が、政党交付金ができる以前は、自民党の大きな財源になっていたのだったが、この企業献金は、全ての企業が一律に自民党に献金しているわけではなく、献金している企業もあれば、献金していない企業もある。

かつて労働組合が、組合員からカンパを集めて社会党や民主党に献金する団体献金というものがあったが、全ての組合員がカンパを出しているわけではなく、カンパを出していない組合員もいた。自民党を支持する企業・団体の役員は、全員が自民党員になっているわけではなく、自民党員ではない人もいる。あるいは社会党や民主党支持の労働組合でも、組合員全員が党員だったわけではない。自民党と企業・団体、社会党・民主党と労働組合の関係は、かなりファジィーが部分があった。ところが、創価学会・公明党の場合、その経済的基盤は、他の政党、政治団体と比較して、はるかに強固であり、安定している。

創価学会に入信した新入信者は、入信の儀式として授戒・本尊下附があるが、宗創和合時代は日蓮正宗寺院に納めていた授戒料・本尊下附料の3000円は、1990年代以降は創価学会の懐の中に入っている。次に曼荼羅本尊を収納する仏壇を買い、シキミ、ローソク、線香を買わなくてはならないが、これは創価学会専門の仏壇屋で買わせる。次は、新入信者の創価学会員に、聖教新聞を買わせ、大白蓮華を買わせ、グラフSGIを買わせ、日蓮の御書全集、創価学会が出している御書講義、池田大作が書いた書籍、小説「人間革命」「新人間革命」等々を買わせる。これらを取り扱っているのは、聖教新聞取次店であり、創価学会の組織であり、聖教新聞本社。聖教新聞本社とは、法人になっておらず、創価学会の新聞・雑誌・書籍の販売部門のことで、これらは全て創価学会の収益になっている。極めつけは墓所で、創価学会は全国各地に創価学会員専門の巨大墓苑を経営しており、創価学会員はここに墓所を買わされる。これら巨大墓苑の収益も、全て創価学会の懐の中に入っていく。さらに創価学会の大規模巨大会館や講堂で行われる創価学会の本部幹部会や会合に出ると、入り口前に備えられた受付に、女子部員や婦人部員が待ち構えていて、白い袋の中に「広布基金」の名目で、献金を出させられる。この受付を素通りすることも不可能ではないが、創価学会幹部が目を光らせており、受付を素通りする創価学会員はほとんど皆無である。毎年12月になると、創価学会恒例の「財務」の募金があり、創価学会員は半ば半強制的に、財務の募金を強要される。さらに聖教新聞取次店では、公明党機関紙「公明新聞」や月刊「公明」等も取り扱っていて、これらを購読しているのもほとんどが創価学会員。こちらの購読料金は、公明党の懐に入っていく。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(21)~日蓮火葬のときに天目が手を突っ込んで持ってきた灰骨を格蔵すると伝承する佐野妙顕寺

■検証21・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない21

 

□日蓮火葬のときに天目が手を突っ込んで持ってきた灰骨を格蔵すると伝承する佐野妙顕寺

 

日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第六に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・佐野妙顕寺である。佐野妙顕寺とは、栃木県佐野市堀米町にある、日蓮宗の本山・由緒寺院で、正式名は開本山妙顕寺。ここは1294年(永仁2年)に日蓮の中老僧・天目が開創した寺院として有名である。日蓮宗本山に格付けされている。天目(12561337・延元2年)は、勤行の時に法華経方便品を読誦すべきか、するべきでないかという方便品読不読論争で、方便品不読を主張したことで有名。

日向天目問答や日仙日代問答における方便品読不読論争を、本迹勝劣論争と混同している論調が一部にあるが、これは誤りである。日向天目問答や日仙日代問答における方便品読不読論争とは、あくまでも勤行の時に方便品を読誦すべきかどうかの論争であって、本迹に勝劣があるかどうかの論争ではない。歴史上はじめて「本迹勝劣」を説いたのは、法華宗陣門流の門祖・日陣(13391419)1396(応永3)年に著した「選要略記」であり、1406(応永13)年、日陣が京都・四条堀川に本禅寺を創建したことで、京都で本迹論争が約8年間にわたって起きたのが、歴史上最初の本迹勝劣論争、いわゆる本迹論争である。天目は、佐野妙顕寺の他に、鎌倉本興寺・品川妙国寺・小勝本門寺などを創建。常陸国笠間にて寂し小勝本門寺に葬られた。著書に『円極実義抄』・『本迹問答七重義』などがある。小勝本門寺とは、茨城県東茨城郡城里町小勝857にある寺院で、現在は修多羅寺と改名している。正安2年(1300年)開山。徳川光圀の時、寺領5石の朱印が与えられ、毘沙門天が寄進され、寺号を修多羅寺と改名。水戸家武運長久の祈願所となった寺院である。私が佐野妙顕寺に着目した理由は、天目開山ということもあるが、現貫首である佐野妙顕寺49世斉藤日軌猊下の著書「日蓮宗の戒壇」という本である。戒壇とは、もちろん、日蓮の「三大秘法」のひとつ、戒壇である。なぜ「日蓮宗の戒壇」という本に着目したのか、というと、まず日蓮宗の正式見解として、日蓮が説いた戒壇については、「題目を唱える人の住処が戒壇」とは言うが、はっきりとした見解を出していない。何がはっきりしていないのかというと、「三大秘法抄」に説かれる戒壇とは、一体どういう戒壇なのか。ということ。そういったようなことがあり、斉藤日軌猊下に「日蓮宗の戒壇」についての見解を聞いてみたかったこと。二番目には、佐野妙顕寺公式ウェブサイトに「日蓮大聖人御真骨奉安」と出ていたため、佐野妙顕寺が格蔵する日蓮真骨についての見解を聞きたかったこと。とっかかりは、佐野妙顕寺に電話をしたことから、はじまりました。「貫首猊下の著書『日蓮宗の戒壇』は、そちらで売っていますか」と聞くと、寺院の受付にて販売しているとのこと。それで電話の応対に出た若い僧侶に、斉藤日軌猊下の著書『日蓮宗の戒壇』についての見解を尋ねると「私はその本をよく読んでいないので、直接、貫首猊下にお聞きになって下さい」との返事。「貫首猊下にお会いできるのなら、明日お伺いさせていただいても、よろしいですか」という話しになり、約束がまとまって、早速、支度を調えました。こうして佐野妙顕寺への訪問記がはじまりました。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(20)~室町時代に身延山久遠寺から日蓮真骨を分骨された「東身延」鎌倉・本覚寺

■検証20・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない20

 

□日蓮宗が発行している正式文献で公式に認めている本覚寺への日蓮真骨の分骨の史実

 

日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第五に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・鎌倉本覚寺である。京都妙伝寺が「西之身延」とか「関西身延」と呼ばれているのに対して、「東身延」「東之身延」と呼ばれているのが、日蓮宗本山・鎌倉本覚寺。鎌倉本覚寺とは、佐渡流罪を赦免になった日蓮が、身延山に旅発つまでの間、約40日間留まっていた所として伝承されている寺院。日蓮宗新聞社発刊の「日蓮宗本山めぐり」によれば、日蓮は文永11(1274)326日、陸路にて鎌倉に到着。日蓮が滞在したのは、源頼朝が鎌倉幕府を開いた時、守護神を祀った「夷堂」(えびすどう)で、これが本覚寺の前身。日蓮は48日、鎌倉幕府・評定所に召喚され平頼綱と対面。第三の国諫を行ったが聞き入れられず、「三度諫むるに用いずは山林に交われ」との故事にしたがって、512日に鎌倉を出発。身延山へと向かった。

なぜ鎌倉本覚寺が「東身延」とよばれているのかというと、室町時代に身延山久遠寺から日蓮真骨がここに分骨されて、今日に至るまで格蔵されていることによる。本覚寺に身延山久遠寺の日蓮真骨が分骨されたことは、「日蓮宗本山めぐり」や日蓮宗宗務院発行「創価学会批判」といった日蓮宗の正式文献に載っている。ではなぜ本覚寺に日蓮真骨が分骨されることになったのか、ということですが、日蓮宗新聞社発刊の「日蓮宗本山めぐり」によれば、次のように書いてある。

(本覚寺の)創立は1436(永享8)年。身延門流の日出上人は伊豆の三島開教の後、同年に鎌倉の天台宗宝戒寺・心海と法論して勝った。(永享問答)しかしときの鎌倉御所・足利持氏の怒りを買い、法難の危機に瀕したが、逆に帰依を得て当地を拝領。本覚寺を創建した。

二世日朝上人は1461(寛正2)年に身延山11世となって祖山を大復興。当山(本覚寺)に日蓮聖人のご分骨を奉安。以来、『東身延』と称されるようになった。日朝上人は眼病救護の誓願を立てられたので、後に霊験あらたな『日朝さま』とよばれ、信仰を集めるようになった」(p32)

つまり本覚寺2世日朝が、のちに身延山久遠寺11世法主として晋山したため、本覚寺に日蓮真骨が分骨された、ということである。本覚寺は日蓮宗本山ということだが、私がこの寺院を訪れた感じとしては、そんなに広くない印象を持ちました。寺院の受付では僧侶がお守りやお札を売っていました。本覚寺の本堂は十軒四面の堂宇で、大正12(1923)の落成となっている。

本覚寺の堂宇は、本堂の他に、ご分骨堂、客殿、庫裡等がある。

日蓮宗寺院の堂宇は、本尊である釈迦如来像を祀る本堂と日蓮祖師像を祀る祖師堂の二堂あるのが通例ですが、ここ本覚寺には祖師堂の名前の堂宇がない。

祖師堂はありませんが、そのかわりに「御分骨堂」があるわけで、ここが祖師堂のかわりの役目を果たしている、ということなのだろうか。

しかし「御分骨堂」は、普段は入り口の扉が堅く閉められていて、中に入ることが出来ない。

本覚寺5分骨堂


本覚寺6分骨堂
 

(日蓮宗本山・鎌倉本覚寺)

 

 

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(19)~室町時代に身延山久遠寺から日蓮真骨を分骨された「西之身延」京都・妙伝寺

■検証19・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない19

 

□日蓮宗が発行している正式文献で公式に認めている妙伝寺への日蓮真骨の分骨の史実

 

日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第四に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・京都妙伝寺である。日蓮宗本山の京都・妙伝寺は、京都府京都市左京区にある、日蓮宗の本山(由緒寺院)で正式名は法鏡山妙伝寺。開創は文明9(1477)で、開山は身延山久遠寺11世行学院日朝の弟子・円教院日意。日蓮宗新聞社刊行「日蓮宗本山めぐり」によれば、日意は、はじめ天台宗に属して比叡山延暦寺の学頭であった。

ところが身延山久遠寺11世法主・行学院日朝にまみえて三昼夜、法義を談じた後、日朝の弟子になって帰依した。そして文明9(1477)、日意は身延山久遠寺の参詣が遠い関西以遠の檀信徒のために、身延山久遠寺を彷彿とさせるような寺院として妙伝寺を開創した。日意は師・日朝が身延山久遠寺11世法主であったため、師と図って身延山久遠寺から日蓮真筆大曼荼羅本尊と日蓮真骨の一部を分骨されて妙伝寺に持ち帰り奉安した。さらに本堂には、身延山の七面大明神と同じ木を使い、姿・形も同じに造った七面大明神像を祭っている。

こうして身延山久遠寺参詣が困難であった室町時代に、関西以遠の遠隔地の信徒に日蓮真骨・七面大明神参詣の便を開いた。又、妙伝寺本堂の須弥壇中央に祀られているのは、一塔(南無妙法蓮華経)両尊(釈迦如来像・多宝如来像)四菩薩(上行・無辺行・浄行・安立行)四天王(時国・増長・毘沙門・広目)諸尊と日蓮像が祀られている。つまりこれは、日蓮の大曼荼羅の相を立体像化したもので、身延山久遠寺本堂に祀られている本尊とほぼ同じである。こう見てみると、妙伝寺は、「京都のミニ身延山」を醸し出しているように見える。そのため、妙伝寺は「西之身延」とか「関西身延」と呼ばれている。妙伝寺にも「西之身延」の扁額が掲げられている。

妙伝寺開山・日意は妙伝寺にて23年間在寺した後、身延山久遠寺11世行学院日朝の後を受けて、明応8(1499)に身延山久遠寺12世法主の猊座についている。身延山にて在寺20年ののち、猊座を13世日伝に譲り永正16(1519)に遷化。日蓮宗では日朝・日意・日伝の三師を宗門中興の三師とよんでいる。

これに対して、同じく身延山久遠寺から分骨された日蓮真骨を格蔵している日蓮宗本山・鎌倉本覚寺は「東之身延」と呼ばれている。身延山久遠寺から京都妙伝寺、鎌倉本覚寺に日蓮真骨が分骨されたことは、日蓮宗が発行する公式文献「日蓮宗本山めぐり」や「創価学会批判」に載っていて、日蓮宗、身延山久遠寺としても公式に認めている史実である。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(18)~池上本門寺からの分骨か(?)日蓮宗・鎌倉妙本寺に格蔵される日蓮の真骨(頂骨5片)

■検証18・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない18

 

□池上本門寺からの分骨か(?)日蓮宗・鎌倉妙本寺に格蔵される日蓮の真骨(頂骨5片)

 

日蓮の「遺骨」「正墓」「御廟」の第三に挙げなくてはならないのは、日蓮宗本山・鎌倉妙本寺である。鎌倉妙本寺とは、神奈川県鎌倉市大町にある日蓮宗の本山(霊蹟寺院)で、鎌倉駅東口から徒歩10分ぐらいのところにある。正式名称は長興山妙本寺という。

文応元年(1260年)の創建。開基は比企能本、開山は日朗。日朗門流の本山で、長い間、池上本門寺と両山一首制になっていた。池上本門寺と鎌倉妙本寺の両山一首制は、1941(昭和16)年までつづき、江戸時代には池上本門寺に貫首が住し、鎌倉妙本寺には司務職として本行院住職が管理していた。1842(天保13)年、天保の改革で廃寺になった感応寺の厨子を移設している。

池上本門寺と妙本寺は、両山一首制で一人の住職が管理していた。江戸時代には池上本門寺に貫首がおり鎌倉妙本寺は司務職として本行院住職が代理として管理していた。両山一首制は1941年(昭和16年)まで続いたが、平成16(2004)4月に鎌倉妙本寺は由緒寺院から霊蹟寺院に昇格している。現住職は大田区本妙院より晋山した第80世早水日秀貫首で、池上法縁五本山の一つに数えられている。妙本寺の広大な境内には、本堂、祖師堂、比企一族の墓、一幡の袖塚といったものがある。総門をくぐり、境内坂道の参道を登った二天門奥の大きな瓦葺きの建物は「祖師堂」で日蓮像が祀られている。

祖師堂は十二間四方の建物で、これは、大きな寺ゆえに大勢の参拝者があるので、できるだけたくさんの人が上がってお参りできるようにという配慮からということである。

祖師堂での行事は、千部会(4月13日)と御会式(9月13日)の二回で、このときは日蓮像がご開帳される。千部会(せんぶえ)は、『阿弥陀経』、『法華経』、『般若心経』などひとつの経典を、省略せずに1000部読経することである。1人で1000部読経することもあれば、100人が10部ずつ計1000部読経することもある。

霊寶殿には、日蓮、日朗ゆかりの寺宝が納められている。霊寶殿には、日蓮真筆「臨滅度時の本尊」も格蔵されている。この曼荼羅本尊を板に模刻した板曼荼羅が池上本門寺大堂や大坊本行寺ご臨終の間に祀られている。また霊宝塔には、日蓮の真骨(頂骨5片)が納められているという。かつて両山一首制であった池上本門寺は、日蓮入滅・火葬・葬送の霊跡であり、池上本門寺の日蓮祖師像には、日蓮の灰骨が納められている。はっきりとした見解は聞いたことはありませんが、池上本門寺の日蓮灰骨の分骨である可能性が高いと言えよう。

日蓮灰骨は身延山久遠寺に格蔵されているのは、あまりにも有名ですが、日蓮宗各寺院には、いろいろと「分骨」されて、いろいろな寺院に日蓮灰骨が格蔵されている。

身延山久遠寺以外では、池上本門寺(日蓮祖師像の胎内)、大坊本行寺、鎌倉妙本寺、鎌倉本覚寺、京都妙伝寺、佐野妙顕寺、京都妙顕寺である。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ