アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年05月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

在特会の失敗に学ぶ(2)~デモ行進は必ずしも適切な政治的手段とは言えないPART2

□「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」「どういう時にデモが起きるのか」

 

「なぜデモをやらないのか」「なぜデモが起きないのか」ということを検証するには、「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」という検証も必要なのではないだろうか。

それでは「どういう時にデモが起きるのか」「どういう時に革命が起きるのか」

 

□民主政治が行われていない独裁政治の国家・専政政治の国家でデモ・革命は起きる

 

民主政治が完全ではなかった13世紀から17世紀のイギリスでの革命。18世紀のフランス王政を打倒した革命。1911年の辛亥革命、1917年のロシア革命、ドイツ革命、1960年の韓国・学生革命、1987年の民主化革命、1989年のルーマニア革命、チェコのビロード革命、21世紀のアラブの春と呼ばれる民主化革命等々、これに該当する事例はそれこそ数多くある。また独裁国家、専政国家での民衆蜂起のデモが失敗に終わった事例もたくさんある。1976年の第一次天安門事件、1989年の第二次天安門事件は中国軍に鎮圧された。1956年のハンガリー暴動、1968年のチェコ・プラハの春はソ連軍に鎮圧された。

 

□選挙で意見が反映されにくい国民の少数派、少数意見集団、少数民族が起こすデモ・民衆蜂起

 

デモ、民衆蜂起が起きるのは民主政治が行われていない独裁国家・専政国家だけではない。複数政党、複数立候補、秘密投票が保障された自由・公平な選挙による国民の意思表示が可能な民主国家でも起きる。例えば195060年代のアメリカでは、黒人、有色人種への人種差別反対デモがせ起こり、公民権法が成立した。あるいはベトナム戦争に反対するベトナム反戦デモが沸き起こり、1973年のベトナム和平協定に繋がった。自由で公平な選挙が行われているアメリカで、なぜデモや民衆蜂起が起きたのか。1960年代のアメリカでは、総人口の約90%近くが白人ないしは白人系で、黒人が総人口に占める割合は10%足らずだった。アメリカで人種差別を行っていたのは、多数派の白人であり、選挙を行っても少数派の黒人の意見はなかなか政治に反映されることはなく、アメリカでは人種差別がつづいていた。つまり選挙を行っても、意見が反映されにくい少数派、少数民族が自分たちの要求・意見を通すためにデモ・集会といった民衆蜂起の行動に出る。196070年代にかけて、日本では「安保闘争」とよばれるデモ・集会・示威行為・民衆運動があった。この時代、国会で多数派だったのは日米同盟・日米安保を推進する自民党であり、安保反対派の社会党、共産党は国会では少数派だった。

 

続きを読む

在特会の失敗に学ぶ(1)~デモ行進は必ずしも適切な政治的手段とは言えないPART1

□デモ、集会、アジ演説等によって政府がかわり世の中がかわり時代が変革した20世紀の時代

 

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」に時折、「なぜデモ行進をやらないのか」との質問を寄せてくる人がいる。近代にはいってから、米欧先進国のみならず、日本でも19世紀から20世紀にかけて、政治的主張を行う手段として、デモ行進や集会といったことが行われてきたことは事実である。それによりさまざまな政治的成果があったこともまた事実である。しかし21世紀に入り、時代が移り変わったからなのか、デモ行進や集会が必ずしも政治的要求、主義主張を行う手段として、プラスに作用しないケースが発生することが判明した。その最大のものは、在特会が行っていたヘイトスピーチ、差別発言によるデモ、集会、アジテーション演説である。在特会のヘイトスピーチに対して、201412月、最高裁が判決を下し、在特会の人種や国籍で差別するヘイトスピーチの違法性を認めた判断により、半径200メートル以内での街宣活動の禁止と、約1200万円の損害賠償を命じた一、二審判決が確定した。それだけではない。これらの在特会のヘイトスピーチのデモ、集会、アジ演説等によって、数多くの在特会批判勢力が生まれ、在特会や在特会指導者たちがレイシスト(差別主義者)であるとの評価が多方面で下されている。在特会とは、「在日特権を許さない市民の会」の名称で、在日韓国人・朝鮮人の特別永住者制度の廃止をめざしている団体だと聞く。であるならば、在特会がヘイトスピーチを繰り返して最高裁からヘイトスピーチの違法性を認めた判断を下されたり、批判勢力から「レイシスト」だと評価を下されることは、在特会の運動にとってプラスになるはずがなく、大いにマイナスに作用しているはずだ。誤解のないように断っておくが、私はここで在特会そのものに対する賛否、在特会の政策に対する賛否を表明しているのではない。

20世紀の時代は、たしかにデモや集会、アジテーション演説等によって政府がかわり、世の中がかわり、時代が変革していった時代だったといえる。1911年の孫文が主導した中国・辛亥革命では、清朝が打倒されて中華民国が成立した。1917年のロシア革命では、反政府デモがきっかけになって皇帝政府が打倒され、レーニンのソビエト政権が樹立された。1956年のハンガリー暴動、1968年のチェコ・プラハの春はソ連軍の戦車によって鎮圧されてしまったが、ソ連・ゴルバチョフ政権のペレストロイカにより、1989年にベルリンの壁が崩壊。ルーマニアのチャウシェスク独裁政権が、民衆蜂起によるルーマニア革命で崩壊した。1986年のフィリピンでは、ピープルズパワー革命により、マルコス独裁政権が打倒され、コラソン・アキノ政権が誕生した。20世紀の韓国では、1960年の学生革命で李承晩政権が打倒された。1987年の民主化革命では、新憲法制定、大統領直接選挙が実現した。アメリカでも1960年代では、黒人差別反対、人種差別反対デモが沸き起こり、人種差別を禁止する公民権法が1964年に成立した。21世紀に入っても、チュニジア、エジプト、アルジェリア等々でアラブの春と言われる民衆蜂起による民主化の潮流が起きた。これらの革命は、デモや集会といった民衆蜂起が成功した事例と言えよう。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(199)~2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇の大本尊」偽作570周年の年だ

■検証199・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠54

 

2015年は日興生誕770年慶祝の年ではなく大石寺「戒壇大本尊」偽作570周年の年だ

 

日蓮正宗では、すでに20153月に大石寺で行う「日興生誕770年記念法要」ならびに「法華講員50%増『偽りの達成宣言』大会」の計画を発表。2014610日に日蓮正宗宗務院が全国住職・主管宛てに発した「九者別報告書の提出について」と題する通達の中で、何と

「一、檀信徒名簿に登録した法華講員が、転居先不明となった場合、宗規第223条の除籍規定によらない限り、住職・主管の判断で檀信徒名簿から削除することはできない。…

二、宗規第220条のとおり、日蓮正宗の檀信徒は全員が法華講員である。したがって通称『墓檀家』『檀徒』も法華講員であり、当然所属檀信徒の世帯数・人数に含まれる。住職・主管の判断で、墓檀家の世帯数・人数を法華講員から除外することのないよう注意すること。但し、墓地使用者の中で、他寺院所属の信徒、及び本宗信徒以外の者は、所属檀信徒には含めない。」

と記し、実質的に日蓮正宗の信仰を放棄した人、日蓮正宗から離檀した人から日蓮正宗宗門寺院を去って正信会寺院に行った「檀徒」まで含めて、法華講員50%増達成を宣言しようという、驚くべき「裏技」を使う方針を打ち出している。「転居先不明者」などと言えば聞こえはいいが、この中に日蓮正宗の信仰を放棄して、寺院に行き先を告げずにどこかに行ってしまった人が入っているのは明らか。なぜならば、通常、法華講員が転居した場合は、所属寺院に届け出る。転居によって一時的に住所がわからなくなった場合でも、寺院に参詣している人であれば、その人が寺院に来たときに転居先を聞くので、住所が判明する。他の日蓮正宗寺院に移籍した場合は、移籍した先の寺院が、信徒の住所等を把握している。だから普通に法華講員として信仰活動をしている人で、転居先不明になるなどということはあり得ない。したがって、寺院の信徒名簿に名前が残っていながら、転居先不明になっている人とは、日蓮正宗の信仰を事実上放棄した人以外にあり得ない。さらに「檀徒」までも法華講員としてカウントするというのも全く驚きという以外にない。檀徒とは、197080年代にかけて、創価学会を脱会して日蓮正宗寺院信徒になった人たちのことだが、1970年代は、今の正信会寺院も日蓮正宗寺院として機能しており、又、日蓮正宗宗門寺院にも、多数の檀徒が所属していて、「檀徒会」という団体を組織していた。これが正信会の創価学会批判や大石寺67世阿部日顕の血脈問題による混乱で、正信会寺院から宗門寺院へ、宗門寺院から正信会寺院へ移る信徒が続出。この当時は、今のように日蓮正宗「宗規」の中で、檀信徒の条項が整備されておらず、日蓮正宗寺院信徒=法華講員でもなかった時代のこと。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(198)~大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ3

■検証198・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠53

 

□大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ3

 

日蓮正宗大石寺9世法主・日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊の他に、「御身代わり本尊」を含めた五体の板本尊を造立している。さらに大石寺9世日有は、そもそも「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作する必要性の上から、大石寺に土蔵造りの宝蔵を創建した。大石寺宝蔵の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作するに当たって、板本尊偽作を大石寺信者の目から隠蔽するために、同時に造立した板本尊として、最も可能性の高いのは「文安二年乙丑十一月六日」の日付が入っている御身代わり板本尊と呼ばれている、日蓮の紫宸殿本尊(※日蓮正宗では紫宸殿本尊のことを『師資伝』本尊と呼んでいる)を板に模写彫刻・漆塗金箔加工した本尊であろう。

ただし大石寺宝蔵の中で、「戒壇の大本尊」なる板本尊といっしょに造立された板本尊としては、身代わり板本尊以外の他の四体の板本尊の可能性も残ってはいるし、「戒壇の大本尊」なる板本尊といっしょに他の五体の板本尊が同時に造立された可能性も残ってはいる。日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が編纂した「富士宗学要集」や大石寺塔中観行坊住職・能勢順道氏が編纂した「諸記録」といった史料を見ても、御身代わり板本尊の木の材質が何であるかが載っていない。

日蓮正宗・平井(栃木県栃木市)信行寺に格蔵されている、応永十九年(1412)十月十三日造立の日付が入っている、日蓮真筆の「紫宸殿本尊」を模写彫刻した板本尊は、日蓮正宗大石寺59世法主・堀日亨が書いた「堀ノート」によると、「本堂 楠板 宗祖御真筆 弘安三年庚申三月 宗祖在御判 応永十九年十月十三日」と書いており、楠木の板で出来ていると書いてある。

「大石寺の『戒壇大本尊』は後世の偽作だ」で詳述しているが、鎌倉・室町・江戸時代は、日本を含む北半球が、今より平均気温が摂氏2度前後低かった「小氷期」であり、身延山がある山梨県、大石寺がある静岡県富士地方をはじめ、信行寺がある栃木県栃木市には、自生の楠木はなかったと考えられること。

楠木という木は古くから「神木」として崇められてきている木であり、特に僧侶をはじめとする宗教者が簡単に伐り倒せる木ではなかったこと。

こういったこと等々から、日蓮正宗・平井・信行寺の応永十九年(1412)十月十三日の板本尊は、応永十九年(1412)に信行寺で造立されたのではなく、大石寺9世日有の代になってから大石寺で造立され、信行寺に運ばれた板本尊と断定している。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(197)~大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ2

■検証197・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠52

 

□大石寺9世日有が戒壇大本尊を偽作したのは「身代わり本尊」彫刻の1445(文安2)年だ2

 

「戒壇の大本尊」の他に存在する大石寺9世日有が造った板本尊とは、1445(文安2)116日に大石寺9世日有が、日蓮の「紫宸殿の本尊」を模写して板に彫刻し、黒漆塗りに金箔加工を施した板本尊。しかも大石寺59世堀日亨が編纂した『富士宗学要集』8p194には、昔からこの「紫宸殿の本尊」の模写彫刻の板本尊には、「戒壇の大本尊」の「御身替り本尊」との伝説があったということが記載されている。つまり「戒壇の大本尊」に万が一のことがあった時の「身替わり」になる本尊ということらしい。つまりこういうことだ。

大石寺門流において、板本尊そのものが大石寺9世日有以前の代には、全く存在していなかった。大石寺門流の信者にとっては、まさに「未聞未見」のものである。それをいきなり職人から「板御本尊をつくっています」などと聞かされては、大石寺の信者は、全く面食らってしまい、「大石寺で板御本尊をつくっている」という話しは、大石寺門流の僧侶・信者のみならず、他門流にまでアッという間に広まってしまう。「戒壇の大本尊」偽作は、大石寺9世日有にとってどうしても秘匿・隠蔽しなければならないが、どうしても大石寺の信者の目についてしまうのである。

大石寺9世日有が、「戒壇の大本尊」偽作を何がなんでも秘匿・隠蔽するためには、どうしたらよいか。それは、「戒壇の大本尊」なる板本尊の他に、もう一体の板本尊、すなわち「身代わり板本尊」を彫刻・製造すればいいわけである。そうすれば、板本尊製造のための大石寺宝蔵への職人の出入りが、仮に大石寺の信者の目に留まっても、大石寺9世日有はこれを

「『戒壇の大本尊』の御身代わり板御本尊をおつくり申し上げております」

とごまかして、「戒壇の大本尊」偽作のほうを秘匿・隠蔽することが可能になる。

つまり大石寺宝蔵の中で、本当は「戒壇の大本尊」と「御身代わり板本尊」を彫刻・製造していたにもかかわらず、「身代わり板本尊」だけを彫刻・製造していたのだと、ごまかせる。

大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を偽作したとほぼ同じころに、大石寺に格蔵していた日蓮の「紫宸殿の本尊」を模写して板に彫刻し、黒漆塗りに金箔加工を施した板本尊を造った。そして日有が造った板本尊とは「戒壇の大本尊」そのものではなく、「戒壇の大本尊」の身代わりの本尊のほうだ、と言い訳したのである。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ