アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年06月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(27)~「本山は大石寺・他は末寺」体制の確立には大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

■検証27・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない27

 

「本山は大石寺・他は末寺」体制の確立には大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

 

大石寺9世日有は、大石寺を身延山久遠寺、北山本門寺をも凌ぐ日蓮一門の総本山にしようと企てていた。日蓮一門の総本山を自称するためには、どうしても大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が必要だった。だから大石寺9世は、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのである。ではどうして、大石寺を身延山久遠寺、北山本門寺をも凌ぐ日蓮一門の総本山を自称するために、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が必要なのか。それは日蓮宗のみならず、各仏教宗派の祖山、総本山とよばれている寺院には、その宗派の宗祖・祖師の正墓、遺骨を納めた正墓ないしは廟が存在するからである。

高野山真言宗総本山・高野山金剛峯寺の奥の院には、宗祖・弘法大師空海が入定したと伝承する御廟がある。

奥の院14


奥の院17


高野山1
 

(高野山真言宗総本山・高野山金剛峯寺の奥の院・灯籠堂・弘法大師御廟)

天台宗総本山・比叡山延暦寺の浄土院には、宗祖・伝教大師最澄の御廟がある。

浄土院6


浄土院3


浄土院2
 

(天台宗総本山・比叡山延暦寺の浄土院・伝教大師最澄御廟)

浄土宗総本山・京都知恩院には、宗祖・法然の御廟がある。

法然御廟11


法然御廟8


法然御廟5


法然御廟2
 

(浄土宗総本山・京都知恩院・法然の御廟)

道元禅師が開山した曹洞宗大本山・福井永平寺には開祖・道元禅師の御廟・承陽殿があり、道元禅師の霊骨が祀られている。

永平寺52承陽殿


永平寺51承陽殿


永平寺50承陽殿


永平寺49承陽殿
 

(曹洞宗大本山・福井永平寺・道元禅師の御廟・承陽殿)

日本ではじめて戒壇を建立して聖武天皇に授戒した鑑真和上が開山した奈良・唐招提寺には、開祖・鑑真和上の正墓がある。

鑑真廟2


鑑真廟3


鑑真廟7


戒壇跡1


戒壇跡3
 

(奈良・唐招提寺・鑑真和上の正墓)

その他、臨済宗建仁寺派大本山・京都建仁寺開山堂は、開祖・栄西禅師の正墓がある。ただしここは普段は非公開になっている。安土桃山時代から江戸時代に開山した浄土真宗本山の西本願寺は西大谷、東本願寺は東大谷という親鸞の廟を持っている。このように各仏教宗派の祖山、総本山とよばれている寺院には、その宗派の宗祖・祖師の正墓、遺骨を納めた正墓ないしは廟が存在するのは、当たり前の常識になっている。であるが故に大石寺9世日有は、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのである。

9世日有4(諸記録)
 

(能勢順道氏の著書『諸記録』に載っている大石寺9世日有の肖像画)

三師塔2
 

(大石寺の自称「日蓮廟墓」)

 

 

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(26)~大石寺9世日有の「日蓮の墓」偽作の動機1・大石寺を日蓮一門の総本山にするため1

■検証26・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない26

 

大石寺9世日有の「日蓮の墓」偽作の動機1・大石寺を日蓮一門の総本山にするため1

 

なぜ大石寺9世日有は、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのか。大石寺9世日有は大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作して、何をしようとしたのか。それは大石寺を身延山久遠寺、北山本門寺をも凌ぐ日蓮一門の総本山にするためである。日蓮一門の総本山を自称するためには、どうしても大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が必要だった。だから大石寺9世は、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのである。大石寺9世日有が、大石寺を身延山久遠寺、北山本門寺をも凌ぐ日蓮一門の総本山にしようとしていた壮大な野心は、すでに文献に見ることが出来る。

大石寺と同じ富士門流本山寺院である保田妙本寺・小泉久遠寺11代貫首(住職)日要が、かつて大石寺9世日有から聞いていた説法を、弟子たちに語っていた内容を日果という僧侶が筆録した「新池抄聞書」という文書には、次のような大石寺9世日有の言葉が書きとどめられている。

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(「富士日興上人詳伝・下」p84)

-----かつて日有上人がこのように説法していた、と日要上人が語っていた。大石寺は例えて言えば父親のような本山寺院であり、重須の北山本門寺は、例えて言えば母親のような本山寺院である。父親の本山寺院である大石寺には、「本門戒壇の大御本尊」を安置している本尊堂があり、母親の本山寺院である北山本門寺には、日蓮大聖人の木像(御影)を安置している御影堂がある。……此の大石寺は、衆生を成仏に導く根本の寺であり、即ち、「本門戒壇の大御本尊」を安置している本尊堂がある大石寺こそ、本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なのであり、根本の寺院・道場なのである。-------

新池抄聞書1

新池抄聞書3


つまり大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」がある大石寺のほうが、開祖・日興が晩年住み、死去した北山本門寺よりも優越した根本の寺であると語っていたのである。日蓮一門の総本山は日蓮の正墓がある身延山久遠寺であるという見方が定説であり、日興門流の総本山は日興の正墓がある北山本門寺であるという見方が定説である。「新池抄聞書」には、大石寺は北山本門寺を超越する本山であることを説いている大石寺9世日有の説法が書きとどめられている。

この大石寺9世日有の「戒壇の大本尊」偽作・大石寺の総本山化への動きによって、興門派八本山の中の富士大石寺・保田妙本寺・小泉久遠寺・京都要法寺・北山本門寺・西山本門寺のそれぞれが、日興門下(興門派・富士門流)の盟主・総本山たらんとして、開創の古より近代にいたる数百年の長きにわたって繰り広げてきた醜悪な権力紛争・覇権紛争に火がついた。

信仰など全く度外視した醜悪な権力紛争・覇権紛争が繰り広げられ、それぞれの寺が唯一正統を騙らんとして、「戒壇の大本尊」なる板本尊をはじめ「二箇相承」「日興跡条条事」「百六箇抄」「本因妙抄」といった様々なものが謀作されてきたのである。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(25)~大石寺の自称「日蓮遺骨・日蓮廟墓」偽作解明の最大のポイントは動機・目的の解明である

■検証25・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない25

 

□大石寺の自称「日蓮遺骨・日蓮廟墓」偽作解明の最大のポイントは動機・目的の解明である

 

なぜ日蓮正宗大石寺9世法主日有は、「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したのか。なぜ大石寺9世日有は、大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのか。大石寺9世日有は大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作して、何をしようとしたのか。

なぜ大石寺9世日有は、「日蓮本仏義」や「唯授一人の血脈相承」なるものを偽作したのか。

大石寺9世日有を筆頭に日蓮正宗大石寺の歴代法主が行ってきた欺瞞と虚構の数々は、まさに宗教犯罪と呼ぶべきものである。犯罪を行う者には必ず動機があるというが、大石寺9世日有が自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作した動機は、一体、何であろうか?? 大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」なる板本尊や大石寺に自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作した偽作した動機・目的の解明は、大石寺9世日有による「戒壇の大本尊」偽作、自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」の偽作そのものを解明していく大きなポイントである。なぜ自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作した偽作した動機・目的の解明が大きなポイントになるのか。

それは歴史上の人物のみならず、世間一般の人でも、複数の墓がある人物、分骨がなされて、複数の墓所、複数の廟所が造られて弔われている人物は、けっこうたくさんいる。例えば、戦国武将・織田信長の墓・供養塔は、判明しているだけでも全国に21ヶ所もある。その中には、京都本能寺、高野山金剛峯寺、京都阿弥陀寺、京都大徳寺総見院が含まれている他、富士門流八本山のひとつ・西山本門寺にも織田信長の供養塔がある。豊臣秀吉の墓は、京都豊国廟、高野山金剛峯寺、広島市の不動院(安国寺)、山口市俊龍寺の4ヶ所。徳川家康の墓所は久能山東照宮と日光東照宮の二ヶ所である。法然の遺骨、親鸞の遺骨も分骨されて、複数の墓所に葬られて祀られている。複数の墓がある人物、分骨がなされて、複数の墓所、複数の廟所が造られて弔われている人物は、他にもたくさんいる。しかしそれらの人物の複数の墓所について、どれが本物でどれがニセモノだという「本物・ニセモノ論争」はほとんど聞いたことがない。では織田信長、豊臣秀吉、徳川家康、法然、親鸞等々の人物の複数の墓所・供養塔に「本物・ニセモノ論争」がないのに、どうして大石寺の自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が「偽作だ」として問題視するのか。

それは複数の墓所・廟所をつくった動機・目的が大きなポイントになるのである。それはどういうことなのか。純粋に故人を弔いたい、追善供養したい、報恩の念で参拝したいということであれば、墓所も廟所も供養塔もいくつあってもいいと思うし、分骨等によって「正墓」を名乗る墓所が複数あってもいいと思う。しかし大石寺の自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が造られた動機・目的は、純粋に日蓮を弔うためでもなく、追善供養や報恩の念で参拝したいということで造られたものではない。大石寺を日蓮宗、富士門流の総本山にするため、他宗派・他門流を「地獄に堕ちる」と否定するために造られたものである。だから大石寺の自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」は「偽作だ」と問題視するのである。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(24)~大石寺の自称「日蓮遺骨・日蓮廟墓」を偽作したのは大石寺9世日有である3

■検証24・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない24

 

□大石寺の自称「日蓮遺骨・日蓮廟墓」を偽作したのは大石寺9世日有である3

 

さて大石寺の自称「日蓮遺骨・日蓮廟墓」が大石寺9世日有の偽作であることを示すもうひとつの証拠がある。それは大石寺9世日有の説法をまとめたものと伝承する「日有化儀抄」の中にある下記の文である。

「一、卒都婆を立つる時は大塔中にて十如是自我偈を読みて、さて彼の仏を立つる所にて、又十如是自我偈を読むべし、是れ又事の一念三千の化儀を表するか。」(日有化儀抄p50)

この文について大石寺66世細井日達は、次のように解説を加えている。

「卒都婆とは塔婆のことで、地水火風空の五輪の塔を表す。大塔中とは、総本山歴代(法主)墓地の中央の宗祖大聖人並びに二祖(日興)及び三祖(日目)の大墓碑を指す。彼の仏を立つる所とは、塔婆建立回向する、その墓をいう。亡者の追福作善のため、塔婆を建てて回向する時は、塔婆を一度、(日蓮)大聖人の墓碑の所に建てて、方便品、(寿量品の)自我偈、唱題して、一度回向してから、その追善すべき亡者の墓へ、その塔婆を建立して、方便品、(寿量品の)自我偈、唱題して追善供養するのであります。これが師弟相対した事の一念三千の化儀を表したことになるのであります」(『日有化儀抄(略解)p5152)

これもまた注目すべき文である。「日有化儀抄37条」の「大塔中」とは、大石寺66世細井日達は、「総本山歴代(法主)墓地の中央の宗祖大聖人並びに二祖(日興)及び三祖(日目)の大墓碑を指す」と言っている。歴史上はじめて大石寺の日蓮の「墓所」があることが記載されている文献は、大石寺9世日有が偽作した「日興跡条条事」であるということは、すでに論述している。その文とは

「一、大石の寺は御堂と云ひ、墓所と云ひ、日目之を管領し修理を加え、勤行を致し広宣流布を待つべきなり」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』8p17・『御書全集』p1883より)

である。これと同じく大石寺9世日有が説いた説法を筆録した文献とされる「日有化儀抄」の「37条」に「大塔中」との言葉で、大石寺の日蓮の「墓所」が登場する。したがって、「日有化儀抄37条」の「大塔中」も、歴史上はじめて大石寺の日蓮の「墓所」があることが記載されている言葉ということになる。これらの文献からして、大石寺には、大石寺9世日有の代になって、はじめて自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が登場する。このように大石寺の自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」の偽作者を解明していっても、大石寺には大石寺9世日有の代以前に、自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」が存在しないことが明らかで、大石寺の自称「日蓮の遺骨」「日蓮の墓」を偽作したのは、日蓮正宗大石寺9世法主・日有だという結論になるのである。

三師塔2
 

(大石寺の自称「日蓮廟墓」)

大石寺奉安堂3
 

(奉安堂「戒壇の大本尊」の隣に祀られている自称「日蓮遺骨」)

9世日有4(諸記録)
 

(能勢順道氏の著書『諸記録』に載っている大石寺9世日有の肖像画)

奉安殿御開扉5
 

(創価学会『折伏大進撃』時代の大石寺奉安殿の御開扉)

戒壇大本尊3
 

(大石寺の『戒壇の大本尊』)

66世日達16・1960創価学会本部総会
 

(大石寺66世細井日達)

 

 

日神を斬る(4)~蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)

■論破4・浄土真宗の仮面をかぶる富士門流執着軍団・日神(自称・拳骨和尚)の正体を暴く4

 

□蓮華寺「副住職」(?)なのに西山本門寺に一度も行っていないことがバレた吉野日神(智応)

 

通常であれば、西山本門寺一門(法華宗興門流)の寺院の住職なり副住職は、西山本門寺一門の僧侶が任命されるはず。これは西山本門寺一門に限ったことではなく、仏教宗派に共通している。日蓮宗寺院の住職、副住職は日蓮宗僧侶が任命されるし、浄土真宗大谷派寺院住職には、浄土真宗大谷派僧侶が任命される。こういったことは仏教宗派の常識である。それなのに、西山本門寺とは別宗派の「大日蓮宗」僧侶を自称する吉野日神(智応)が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」になるというのは、どう考えても不可解であり不審である。ところが吉野日神(智応)は、滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」を自称していることに、よほど幸福感を味わっていた様子で、「hideさん、富士山蓮華寺にもぜひ『寺跡調査』にいらして下さい」「一度、hideさんとお会いしたい」とのノー天気なコメントを寄せてくるようになった。

大津蓮華寺に寺跡調査に行くのは、いつでも行くことができるが、実際に吉野日神(智応)と会う前に、晴らしておかなければならない疑問点がいくつかある。これはなぜ西山本門寺とは別宗派の「大日蓮宗」僧侶・吉野日神(智応)が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」になったのかという疑問と関連することなのだが、「大日蓮宗」も西山本門寺一門(法華宗興門流)も、同じ日蓮を宗祖とする宗派であるかもしれないが、本尊、勤行、法服等々の化儀や所作は、違っているはずである。そこで吉野日神(智応)が滋賀県大津市の富士山蓮華寺「副住職」を自称するようになってから、一度、私は仏教教学、富士門流、西山本門寺、北山本門寺の化儀について、吉野日神(智応)に質問したことがあった。私としては、吉野日神(智応)の疑問点・不審点を解明するために行った初歩的な質問で、当初は吉野日神(智応)もわけなく簡単に回答してくるものだと予想していた。ところが、きわめて初歩的な質問だったにもかかわらず、吉野日神(智応)はしどろもどろの大混乱、大パニックに陥ってしまう。しかもこの時、吉野日神(智応)が西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称しながら、西山本門寺には一度も行ったことがないことまでバレたのである。これには、さすがに「マズイ」と思ったのか、吉野日神(智応)は「今日は蓮華寺の草刈りをして疲れて吹田に帰ってきた。明日も草刈りに行かなくてはならない。体がもたない。」などと言って、私の質問から遁走してしまったのである。

都合が悪くなるとすぐに遁走するのは吉野日神(智応)の常套手段なのだが、それにしても西山本門寺に一度も言ったことがない別宗派の僧侶が、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称するとは、一体どういうことなのか。この当時においてすでに私は、西山本門寺には何度か行っていて、寺跡調査も行っていたが、西山本門寺一門(法華宗興門流)を称する富士山蓮華寺「副住職」を自称する人物が、西山本門寺には一度も行ったことがないとは、どういうことなのか。こんなバカな話しがどこにあるだろうか。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ