アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年07月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(32)~日蓮正宗大石寺法要の献膳は高野山奥の院の弘法大事御廟に献ずる食膳・生身供のパクリだ

■検証32・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない32

 

□日蓮正宗大石寺法要の献膳は高野山奥の院の弘法大事御廟に献ずる食膳・生身供のパクリだ

 

日蓮正宗大石寺をはじめ末寺の御会式、寺院行事で行われる儀式「献膳」(けんぜん)は、大石寺の独創ではなく、真言宗総本山・高野山金剛峯寺奥の院の生身供のパクリである。仏教宗派の宗祖・開祖や高僧の命日・忌日に、画像・彫刻像(御影)を掲げて供養する法会のことを御影供(みえいく、みえく)と称する。特に真言宗において日本真言宗の祖である弘法大師空海の命日である21日に行われる行事を御影供、月命日の321日に行われる御影供は正御影供という。

真言宗高野山奥の院エリアの三つめの橋である御廟橋から先が、弘法大師空海御廟の霊域になる。御廟橋を渡ると、堂内いっぱいに灯籠が奉納された灯籠堂がある。その灯籠堂の奥が弘法大師空海御廟がある。灯籠堂の中は広く、お賽銭箱も三つ置かれている。

弘法大師御廟・灯籠堂は、まさに弘法大師空海がおわします霊域で、835年に入定した弘法大師空海が今もここに生きておわしますと考えられている。そして毎日、朝630分と1030分の二回、生きた人が食べる食膳である生身供がここに運ばれる。なぜ今も生きた人が食べる食膳が運ばれるのかといえば、それは今も弘法大師空海がここ弘法大師御廟・灯籠堂に生きていると考えられているからである。弘法大師空海に献膳する生身供は、奥之院エリアの御供所で調理され、御供所から僧侶が御廟まで運ぶ。これは奥の院の有名な伝統的化儀である。

ところで寺院の須弥壇中央の本尊、御影に生きた人が食べる食膳・生身の御膳を供養する化儀は、真言宗総本山・高野山奥の院以外でも見かける化儀である。あの日蓮正宗・大石寺でも須弥壇中央の大曼荼羅板本尊、日蓮御影像、日興御影像の前に、生きた人が食べる食膳・生身の御膳を並べて、法主が恭しく「献膳」の儀を執り行う。これは、高野山奥の院の弘法大師空海御廟に献膳する生身供そっくりの化儀で、まさしく生身供のパクリである。高野山の寺伝によれば、高野山奥の院の生身供は、弘法大師空海入定直後から今日まで絶え間なくつづいているという。すくなくとも、大石寺開創以前から高野山奥の院の生身供があったことは間違いないことなので、大石寺門流のほうが高野山奥の院の化儀をパクったことは、明らかであろう。

奥の院・生身供1
 

(高野山・奥の院の「生身供」を運ぶ高野山僧侶・ユーチューブの映像より)

日顕・献膳2


日顕・献膳1
 

(大石寺客殿の法要で「献膳」をする大石寺67世阿部日顕・TBSテレビの映像より)

奥の院14
 

(高野山・奥の院・御廟橋から灯籠堂)

三師塔2
 

(大石寺の自称「日蓮廟墓」)

 

 

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(31)~大石寺の日蓮・日興・日目三師塔・墓苑は真言宗総本山・高野山金剛峯寺奥の院のパクリだ

■検証31・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない31

 

□大石寺の日蓮・日興・日目三師塔・墓苑は真言宗総本山・高野山金剛峯寺奥の院のパクリだ

 

大石寺9世日有が大石寺に偽作した自称「日蓮の墓」なるもの、正確には日蓮・日興・日目の「三師塔」と「三師塔」を中心とした大石寺墓苑は、大石寺9世日有の独創ではなく、真言宗総本山・高野山金剛峯寺奥の院のパクリである。高野山(こうやさん)とは、平安時代の弘仁10年(819年)頃より弘法大師空海が修行の場として開いた高野山真言宗、ひいては比叡山と並び日本仏教における聖地で、現在は「壇上伽藍」と呼ばれる根本道場を中心とする宗教都市を形成している。山内の寺院数は117か寺に及び、その約半数が宿坊を兼ねている。

高野山で特に有名なのは、弘法大師入定(にゅうじょう)の地とされる高野山・奥の院である。何と言っても奥の院参道の最も奥まった御廟に弘法大師空海がいる。弘法大師空海は835年3月21日、この高野山において【即身成仏】した、とされている。つまり、生きたまま仏となったのである。

これを入定と呼んでいるが、入定とは国語辞典によれば「1 禅定(ぜんじょう)にはいること。精神を統一して煩悩を去り、無我の境地にはいること。⇔出定。2 高僧が死ぬこと。入滅。」とある。

大石寺9世日有が弘法大師空海の入定を知っていたとする証拠は何か、それは今も伝わる大石寺9世日有の高徳を伝える「伝説」の中に、弘法大師空海の入定のほとんどパクリ話に等しい「日有入定伝説」がある。

「日有上人は文明十四年九月二十九日に御入滅の相を示されたが、遷化の後も御存生の如く他宗の人々をも御利益を与えんと考えていた。故に総本山の隣国に当たる甲州八ツ代郡大杉山に予て墓所を設けられていた。その所に深く穴を掘り、九月二十九日には尊体の生きたまま穴に入り、上から厚く土をかけて埋められた。これを御入定というのである。九月二十九日は御入定の日なので、彼の大杉山では大杉大明神の御祭礼(他門の者は上人を大杉大明神と崇拝し奉った)とて、自他門の人々が近郷近在より数百人参詣して無病息災を祈るのである」(大杉山略縁起)

「御入定」という言葉が、日蓮正宗の文献に出てくることから、「入定」(にゅうじょう)というのは、てっきり日蓮正宗の教義の中にあると勘違いしてしまいそうなのだが、実際は、日蓮正宗の教義などではなく、真言密教の究極的な修行のひとつなのである。仏教の修行の中でも最も過酷なものとして知られる。「入定」とは仏教の修行に名を借りたほとんど自殺か殺人に等しいものなのだが、「日有入定伝説」の真偽は別として、この「日有入定伝説」が存在すること自体、大石寺9世日有と高野山を関連付ける重要な証拠と言えよう。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(30)~「本仏日蓮の後継者」「本仏日蓮の代官」大石寺法主の権威確立のため大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

■検証30・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない30

 

「本仏日蓮の後継者」「本仏日蓮の代官」大石寺法主の権威確立のため大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

 

大石寺9世法主日有が大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」を偽作した第四の動機・目的は、大石寺法主を「本仏・日蓮の後継者」あるいは「本仏・日蓮の代官」としての「法主の権威」を確立するためである。大石寺9世日有は、「化儀抄」において、現住の大石寺法主は、現在の日蓮、日興、日目であるという教義を繰り返し説いている。

「手続の師匠の所は三世の諸仏、高祖已来、代々上人のもぬけられたる故に、師匠の所を能く能く取り定めて信を取るべし、又我が弟子も此の如く我に信を取るべし、此の時は、何れも妙法蓮華経の色心にして全く一仏なり」(富士学林編纂『化儀抄』p25)

--------「手続(いつぎ)の師匠」とは、自ら弟子をもって薫育している師匠のことで、大石寺法主や末寺の住職のこと。その「手続の師匠」の所には過去・現在・未来の三世の総ての仏や高祖日蓮以来、歴代の大石寺の法主の心がぬけられて師匠の所に来ているのだから、その師匠をよくよく信じて信仰に励むべきである。私(日有)の弟子たちも、このように私(日有)を信じて信仰に励むべきである。-------

上記の第4条の文はその代表的なものであるが、次下の第14条、第24条の文も同じである。

「信者門徒より来る一切の酒をば、当住持始めらるべし、只、月見、二度の花見当計り児の始めらるるなり、其の故は三世の諸仏高祖開山も当住持の所にもぬけられたる所なるが故に、事に仏法の志を高祖開山日目上人の受け給う姿なり」(富士学林編纂『化儀抄』p31)

「弟子檀那の供養をば、先ず其所の住持の御目にかけて、住持の義に依って仏に申し上げ鐘を参らすべきなり、先師先師は過去して残る所は当住持計りなる故なり、住持の見たもう所が諸仏聖者の見たもう所なり。」(富士学林編纂『化儀抄』p38)

これに「日蓮大聖人は末法の本仏・久遠元初自受用報身如来の再誕である」とする「日蓮本仏義」を重ね合わせると、大石寺法主は本仏・日蓮の正統な後継者であり、代官であるという、「法主絶対思想」が出来上がるということになる。大石寺9世日有が現職の大石寺法主であった代に、京都・日尊門流から日有の門下に帰伏した左京阿闍梨日教は、自らの著書で

「釈尊より以来の唯我一人の御附嘱を糸乱れず修行有る聖人を信受し奉る所の信心成就せば師檀共に事の行成立すべし、さてこそ当家なれ」(「穆作抄」/『富士宗学要集』2p262)

「此の(大石寺)門家には日蓮聖人より以来の附法血脈一宗の法頭疑ひなきなり」(「穆作抄」/『富士宗学要集』2p274)

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(29)~大石寺を比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にするため大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

■検証29・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない29

 

大石寺を比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にするため大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

 

大石寺9世法主日有が大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」を偽作した第三の動機・目的は、大石寺を比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にするため大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だったからである。これは明確に、大石寺の「法華本門・事の戒壇」を、比叡山延暦寺の「大乗戒壇」「法華迹門の戒壇」に対抗し、大石寺の「事の戒壇」を比叡山延暦寺の「大乗戒壇」よりも優越した戒壇にするという大石寺9世日有の意図がある。なぜ「事の戒壇」と大石寺の自称「日蓮の正墓」「日蓮の遺骨」なるものが関係あるのか。

そもそも「戒壇」とは、戒律を授ける(授戒)ための場所を指すのであるが、「戒壇」で授戒を受けることで出家者が正式な僧侶・尼として認められることになる。日本に仏教が伝わった当時の戒律は、不完全なもので、当時、出家僧侶は税を免除されていたため、税を逃れるために出家して得度を受けない私度僧が多くいた。又、出家僧侶といえど修行もせず堕落した僧が多かった。そのため、唐より鑑真が招かれ、戒律が伝えら、この戒律を守れるものだけが僧として認められることとなった。そもそも日本への仏教伝来以降、飛鳥・奈良地方に建立された南都六宗である法相宗(興福寺・薬師寺・法隆寺) 、倶舎宗(東大寺・興福寺) 、三論宗(東大寺南院) 、成実宗(元興寺・大安寺) 、華厳宗(東大寺) 、律宗(唐招提寺)の寺院とは、朝廷、天皇、皇族、公家・貴族が建てた、いわゆる「官寺」であり、僧の地位は国家資格であり、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」で授戒した官寺の僧侶のみが、朝廷から僧侶として認められたのである。

その後、平安時代に、朝廷公認の仏教は、伝教大師最長が開いた天台宗と弘法大師空海が開いた真言宗の二宗が加わり、南都六宗とを加えて「八宗」と呼ばれるようになる。

当時の日本では、国家公認の僧となるための儀式を行う「戒壇」は、伝教大師最澄が朝廷の勅許で建立した大乗戒壇の比叡山延暦寺と、延暦寺以前からある奈良・東大寺、唐招提寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺をはじめとする官寺の戒壇のみ。朝廷公認の宗派とは、官寺の南都六宗に、伝教大師の天台宗と弘法大師の真言宗を加えた八宗のみである。

 

続きを読む

大石寺偽墓の欺瞞を暴く(28)~大石寺が信者から金銭を収奪していくには大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

■検証28・日蓮正宗大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」は存在しない28

 

大石寺が信者から金銭を収奪していくには大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だった

 

大石寺9世日有が大石寺に「日蓮の遺骨・日蓮の墓」を偽作した第二の動機・目的は、大石寺が信者から金銭を収奪していくには大石寺に自称「日蓮の正墓」が必要だったからである。大石寺9世日有以前の大石寺には法主や所化僧が居住する十軒四面の大坊・六壺、蓮蔵坊をはじめとする塔中の宿坊ぐらいしか伽藍がなかった。 根本本尊も定まっていなければ、大石寺に参詣する信者もほとんどおらず、大勢の信者が集って法要を行う建物もなかった。

たまに信者が参詣して、微々たる供養を置いていくだけのものでしかなかった。大石寺は1330年代から70年つづいた保田妙本寺・小泉久遠寺の日郷門流との戦争によって、大きく人的にも経済的にも疲弊していた。しかし京都天奏で上洛した折りに、京都の仏教大寺院の威容をはじめて目の当たりにした大石寺9世日有にとって、これはたいそう衝撃的なものに映ったであろう。 京都や鎌倉の大寺院は、天皇、公家、将軍、幕臣、守護大名といった有力者の帰依による供養で、莫大な経済力を保持していたが、その一方で一般庶民の参詣による供養もあった。 京都では、このころすでに貨幣経済や商工業の発達で、有徳人・町衆と呼ばれる裕福な人たちが多くいた。京都の寺院は、こういった裕福な商工業者の参詣供養によっても、かなり懐が潤っていた。京都や鎌倉の大寺院は、天皇、公家、将軍、幕臣、守護大名といった有力者の帰依による供養で、莫大な経済力を保持していたが、その一方で一般庶民の参詣による供養もあった。 京都では、このころすでに貨幣経済や商工業の発達で、有徳人・町衆と呼ばれる裕福な人たちが多くいた。京都の大寺院は、裕福な商工業者の参詣供養によって、かなり懐が潤っていた。天台宗総本山・比叡山延暦寺、園城寺、浄土宗総本山・知恩院、東寺真言宗総本山・東寺、真言宗醍醐派総本山・醍醐寺、律宗総本山・唐招提寺、華厳宗大本山・東大寺等々といった大寺院には、まず「仏」としての根本本尊が定まっていた。そして根本本尊である「仏」に、天皇、公家、将軍、幕臣、守護大名・裕福な商工業者・一般庶民が供養金を持っていくるという「金銭収奪システム」が確立されていた。

寺院が信者から供養金を集めるには「仏」が寺院にいなくてはならない。「僧」は「仏」に供養金を取り次ぐ者であって、「僧」が信者から供養金を受けるわけではない。

大石寺9世日有以前の大石寺は、宗祖を日蓮とする宗旨であっても、日蓮、日興、日目の正墓があるわけでもなく、釈迦牟尼本仏義で単に大漫荼羅を本尊とする宗旨では、信者からの供養金は入って来ないことに、大石寺9世日有は気づくのである。大石寺が信者から安定的に供養金を集めていくには、大石寺に「本仏」が必要なのであり、「本仏」を「究極の本尊」の秘仏として大石寺の堂宇に祀る必要があった。これによって、大石寺門流の信者が大石寺に登山参詣して、「戒壇の大本尊」なる板本尊=本仏に供養金を差し出し、未来永劫にわたって安定して大石寺が信者から金銭を収奪していくシステムを確立したのである

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ