アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年11月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(233)~「富士門流執着軍団」の大石寺「戒壇大本尊」焼失・再造説は誤りである4

■検証233・「富士門流執着軍団」の大石寺「戒壇大本尊」焼失・再造説は誤りである4

 

□京都本能寺が約450年で五度の災禍を受けたのは、はたして本当に多いのか

 

本能寺の「能」の字は右側の2つの「ヒ」が「去」のような字に替えられている。これは本能寺が度重なって焼き討ちに遭い、だいたい70年に一度の割合で火災になっているため、1928(昭和3)年の第七次建立のさいに、貫首が本能寺の「能」の字にヒヒとついていることから、今度こそ火災にあうことがないようにと、現在の「去」に変えたのだという。本能寺は創建以来、地を転ずること4度、その間、他宗派によって伽藍を破脚・焼き討ちされること二度(京都妙顕寺宗徒による焼き討ちと比叡山延暦寺宗徒の焼き討ち・天文法華の乱)。戦災による類焼が二度(本能寺の変と蛤御門の変)。京都大火による類焼が一度(天明の大火)。五度も災禍を蒙っている。が、よくよく考えてみると、約450年間で、五度の災禍を受けたことは、果たして多いのか、という疑問もわく。

たとえば、天台宗総本山・比叡山延暦寺と天台寺門宗総本山・園城寺が、古くから抗争以上の戦争を繰り広げてきたことは、あまりにも有名。この延暦寺vs園城寺の戦争が、日蓮の遺文に出てくる。それは「報恩抄」と呼ばれている日蓮の遺文で、それには次のように書かれている。

「智証の門家園城寺と慈覚の門家叡山と、修羅と悪竜と合戦ひまなし。園城寺をやき叡山をやく。智証大師の本尊慈氏菩薩もやけぬ。慈覚大師の本尊、大講堂もやけぬ。現身に無間地獄を感ぜり。但中堂計りのこれり」(御書全集10171018)

 

□平安時代から中世末期までに比叡山延暦寺宗徒から50回以上も焼き討ちされた園城寺

 

園城寺という寺院は、天台寺門宗総本山で、866年に比叡山延暦寺の天台宗5世座主・円珍がここを伝法灌頂の道場とし、諸堂を整備して寺域を拡大。そして多くの高僧を輩出して、東大寺・興福寺・延暦寺とともに四箇大寺に数えられた。円珍の没後、天台宗は円珍門流(寺門派)と慈覚大師円仁門流(山門派)の対立が激化。993年に円珍門流1000人余りはついに延暦寺を下山して、園城寺に一大勢力を形成した。比叡山延暦寺の戒壇建立後、延暦寺、園城寺の諍論により、園城寺の宗徒は比叡山延暦寺の戒壇で受戒できなくなる。そこで永保元年(1081)に白河院の綸旨により園城寺に建壇されたのが三麻耶戒壇である。しかし天台宗の山門・寺門の2派に分裂して抗争により、延暦寺は園城寺の建壇を認めず、1081(永保1)年には山門(延暦寺)宗徒が園城寺に乱入し、伽藍・堂宇のほとんどを焼き払ってしまう。以後、比叡山延暦寺宗徒の園城寺焼き討ちは中世末期までに大規模なものだけで10回、小規模なものまで含めると50回にも上るという。いわば比叡山延暦寺は、既得の特権を死守しようとしたわけで、園城寺の三麻耶戒壇の建壇に猛反対したのである。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(232)~創建から幕末までの450年間に五度の災禍を蒙りながら日蓮像を守護した京都本能寺

■検証232・「富士門流執着軍団」の大石寺「戒壇大本尊」焼失・再造説は誤りである3

 

□創建から幕末までの450年間に五度の災禍を蒙りながら日蓮像を守護した京都本能寺

 

法華宗本門流本山・京都本能寺は、当初は「本応寺」という寺号で、室町時代の1415(応永22)、京都油小路高辻と五条坊門の間に、日隆によって建立された。これが第一次建立。日蓮宗は、日像の京都開教によって、「南無妙法蓮華経」の教えが京都町衆の中に弘まり、京都町衆の熱烈な信仰と外護を得た。日隆は妙本寺の綱紀の乱れを、伯父の日存、日道とともに綱紀粛正を願い出たが受け容れられず、妙本寺を退出して、本応寺(後の本能寺)を創建した。さらに、日隆は法華経二十八品の教えには迹門と本門に勝劣の別があること。本門が優れ迹門が劣っていることを解明して、妙本寺5世月明や妙本寺宗徒と対立した。(本能寺の正式文献『本能寺』p19)

1418(応永25)、本応寺は妙本寺5世月明や妙本寺宗徒によって焼き討ち、破脚されて、日隆は尼崎に移った。日隆は1429(永享元年)、友禅問屋の小袖屋宗句の願い出によって、京都・千本極楽付近の内野に本応寺を再建した。これが第二次建立になる。妙本寺宗徒による破脚からわずか11年後に、本応寺が再建されたわけだが、日隆・本応寺は京都の三長者(角倉・茶屋・後藤)のひとつである貿易商の茶屋一族の外護と京都町衆の支持で繁栄したという。つまり京都の豪商・町衆を基盤にした経済力を持っていた。この経済力が、本応寺再建の元手になったと考えられる。その4年後、1433(永享5)、足利直義の子、如意王丸から六角大宮の西、四条坊門に土地の寄進を受ける。ここに「大日本国平城像門再興本迹勝劣本門八品能弘之大霊場」として寺号を本能寺に改名。如意王丸を願主にして第三次建立が成る。その後、本能寺は洛中法華21ヶ寺のひとつになり、足利氏の保護も受けて、教線を拡大。京都市内に4haの敷地を有していた。本能寺の創建が1415(応永22)。第三次建立が1433(永享5)だから、これまでの間がわずか18年。これだけ短期間の間に、日隆門流は、京都から西日本にかけて大きく教線を拡大している。1536(天文5)の「天文法華の乱」にて、比叡山延暦寺僧兵・宗徒により本能寺の堂宇はことごとく焼失し、堺・顕本寺に避難した。1418(応永25)、本応寺(本能寺)は妙本寺(京都妙顕寺)5世月明や妙本寺宗徒による焼き討ちにつづく二度目の災禍である。この天文法華の乱にては、本能寺では二万人以上の本能寺宗徒が集結して、比叡山延暦寺の僧兵・山法師と対決。京都の法華21本山の中でも、比叡山延暦寺からの弾圧に最も強く抵抗したのが本能寺だったという。その後、日蓮宗、法華宗に帰洛が許されて、154748(天文1617)ころ、本能寺宗徒は京都に帰洛。伏見宮第5代邦高親王の子・日承が本能寺第8代貫首として晋山。1545(天文14)に京都四条西洞院に四町四面の広大な寺域を得て子院30ヶ坊の大伽藍を復興した。これが第四次建立である。本能寺は日隆の開山以来、尼崎・本興寺とともに山号がなく、両山一首制だった。歴代本能寺貫首は、地方に布教して、本能寺8代日承の代には末寺が近畿、北陸、瀬戸内から九州、種子島まで布教。本能寺を頂点とした法華宗本門流教団が成立していた。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(231)~「火災や戦災があったから焼失した」という「富士門流執着軍団」の説は短絡的な誤謬である

■検証231・「富士門流執着軍団」の大石寺「戒壇大本尊」焼失・再造説は誤りである2

 

□「火災や戦災があったから焼失した」という「富士門流執着軍団」の説は短絡的な誤謬である

 

実は、大石寺は1290年の創建以来の歴史の中で、何度も火災に遭遇している。記録に残っているものだけでも、これだけあるのである。

■火災

寛永81631)年1012日 大石寺諸堂焼失(大石寺文書)

文化41807)年512日 大石寺塔中理境坊焼失(大石寺理境坊棟札)

□安政51858)年525日 大石寺遠信坊・寿命坊・寶林坊・学寮四箇焼失(日霑上人伝)

□万延元(1860)年225日 大石寺石之坊より出火、富士見庵・寿命坊・遠信坊・学寮焼失(本尊裏書)

□元治21865)年228日 大石寺客殿・六壺・大坊焼失(日霑上人伝)

慶応元(1865)年1223日 大石寺蓮葉庵焼失(日霑上人伝)

明治421909)年68日 大石寺塔中百貫坊焼失(白蓮華416号)

□大正131924)年1031日 大石寺塔中本境坊焼失(院二二五)

昭和51930)年64日 大石寺塔中本境坊焼失(院257号)

昭和81933)年1023日 大石寺蓮葉庵焼失(宗報A37号)

□昭和201945)年617日 大石寺大坊(対面所・大奥・書院・六壺)・客殿等五百余坪焼失(大石寺文書)

■戦災

1569(永禄12)6月、大石寺13世日院の代に起こった、甲斐国・信濃国の戦国大名・武田信玄軍の侵攻

この中でも1865(元治2)228日に起こった火災は大惨事となった。

日蓮正宗大石寺52世法主・鈴木日霑の自伝本「霑上御自伝(霑師履歴)」によると、

 「二月廿八日ノ夜半大坊ノ下男部屋ヨリ出火シ構内一宇モ残ラズ焼亡スト 是ヲ聴キ大愕悲動(たいがくひどう)シ遽(にわか)ニ東行ヲ止メ直チニ帰山ヲ計ル」(富士学林教科書「研究教学書」)

とある。夜半に下男部屋から出火して、客殿・六壺・大坊など残らず焼失したのであった。このとき前法主の第五十二世日霑は何らかの特別な事情があって、二月初めに大石寺を出発して江戸に滞在中であったが、大火災の惨状についての報告を受けて驚き、急いで帰山したという。

この元治二年の大火災と当時の大石寺53世日盛について、大石寺66世細井日達は

「第五十三世日盛上人の代になりますと、『元治二年乙丑年二月二十八日 客殿・六壺・大坊焼失(年表)』と、せっかく今まであった大坊も全部焼けてしまったのです。そのため、日盛上人は御隠居なされたのです。それからまた、霑尊が 再び猊座へつかれた」(「総本山大石寺諸堂建立と丑寅勤行について」より一部 抜粋)

と言っているように、火災の責任をとって大石寺53世日盛が退座・隠居し、大石寺52世日霑が再び法主の座に登座している。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(230)~「富士門流執着軍団」が言う「戒壇大本尊」が焼失、盗難に遭ったという史実は確認できない

■検証230・「富士門流執着軍団」の大石寺「戒壇大本尊」焼失・再造説は誤りである1

 

□「富士門流執着軍団」が言う「戒壇大本尊」が焼失、盗難に遭ったという史実は確認できない

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作説について、自称・大石寺・富士門流研究家・図形鑑別家、実質的な「富士門流執着軍団」の者がさまざまな異説を唱えているのだが、その一つに「戒壇の大本尊・再造説」というものがある。

-------------------------------------------------------------

(大石寺・富士門流研究家・図形鑑別家の犀角独歩氏の「戒壇の大本尊・再造説」

私は、同本尊(戒壇の大本尊のこと)は何度となく再造されてきたのだろうと考える。既に拙書『必携/図解 大石寺彫刻本尊の鑑別』には記したが、この本尊見聞した記録と照らし合わせると、著しくその相貌が違っているからだ。「誤記である」と処理されてきたが、到底、そうは思えない。(2007211日の犀角独歩氏のブログ)

‘再造’とは「もう一度つくること。建て直すこと。再興。再建。」(goo 辞書「再造」)。…

再造という場合は、いったん無くなってしまったものを再び造るということだ。たとえば、火事で燃えた、盗難に遭った、古くなったなど、理由はともかくとして作り直すことを意味する。こうした仮説は、完則図や、日憲『当家諸門流継図之事』の記述といまの彫刻が違っていること、また、彫刻の幅尺について複数所伝があることなどから立ててきたものである。

 (2008122日の犀角独歩氏のブログ)

------------------------------------------------------------------

つまりこの説によれば、火事で燃えた、盗難に遭った、古くなったなどの理由によって「戒壇の大本尊」なる板本尊が、何度となく再造されてきたというのである。しかし、この犀角独歩氏の「戒壇の大本尊」再造説なるものは誤りである。

まず第一に、この説は、明治・大正時代に写真撮影された「戒壇の大本尊」なる板本尊の曼荼羅の相と、江戸時代に「戒壇の大本尊」の御開扉を受けた日憲が書いた『当家諸門流継図之事』の記述、江戸時代の細草檀林の学僧・完則が書き記した「戒壇の大本尊」の曼荼羅の図の記載に食い違いがあることを挙げているが、これは証拠にならない。完則図や日憲の『当家諸門流継図之事』の記載が全く間違いがないという前提がなくてはならないが、これはあり得ないことだ。

なぜなら、江戸時代と言えば、「戒壇の大本尊」が大石寺宝蔵に格蔵されていた時代であり、大石寺宝蔵で御開扉が行われていた。宝蔵というのは土蔵造りの建物だが、ふつうは土蔵の中は光が入らず、昼でも暗い所だ。しかも江戸時代といえば電気や電灯、蛍光灯もなく、ランプすらなかった時代で、灯明といえば、ロウソクの火しかなかった。こういう暗い中で、御開扉を受けた僧侶が「戒壇の大本尊」の曼荼羅の図や幅尺を正確に書けるわけがないではないか。この記述が正確だと言うほうがおかしい。

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(229)~大石寺の「戒壇の大本尊」が大石寺9世日有によって偽作されたことを証する16の証拠

■検証229・大石寺の「戒壇大本尊」が大石寺9世日有の偽作である16の証拠84

 

「戒壇の大本尊」「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」は大石寺9世日有の偽作である

 

大石寺9世日有の「本門事の戒壇」思想は「新池抄聞書」『日浄記』等の文書に出てくる。それは

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」

(「新池抄聞書」/「富士日興上人詳伝・下」p84)

新池抄聞書1

新池抄聞書3

「当山第六世日浄上人伝に云く『大石寺日有云く、重須は生御影堂正意、大石寺は本堂正意なり。故に国主本門の正法を立てらるる時は此の板本尊即ち本門戒壇の本尊と云々。』 …

是れ日浄上人は日有の時の人なり。已にそれ未聞未見の板本尊を彫刻すと云う。偽造たること白々たり。又、小泉久遠寺の日要、日我等、日有の真似をして重須は御影堂正意、久遠寺は本堂、能開所開、両寺一味などと云う」

(「日浄記」/「大石寺誑惑顕本書」p6p7)
日浄記1

これらの文に、はっきりと垣間見得るように、大石寺9世日有が言う「事の戒壇」とは「戒壇の大本尊」なる板本尊が祀られている堂宇・伽藍という意味である。「二箇相承」の「身延相承書」

「国主此の法を立てられば富士山に本門寺の戒壇を建立せらるべきなり、時を待つべきのみ」

(左京阿闍梨日教「百五十箇条」・大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』2p183184)

この「富士山本門寺の戒壇」が大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る堂宇である。「百六箇抄」の文「四十二、下種の弘通戒壇実勝の本迹、 三箇の秘法建立の勝地は富士山本門寺本堂なり」「又五人並に已外の諸僧等、日本乃至一閻浮提の外万国に之を流布せしむと雖も、日興嫡嫡相承の曼荼羅を以て本堂の正本尊と為すべきなり」

(日蓮正宗大石寺59世法主堀日亨編纂「富士宗学要集」1p1821)

百六箇抄6(富士山本門寺本堂)

百六箇抄7(日興嫡嫡相承本堂正本尊)

この中の「日興嫡嫡相承の曼荼羅」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」を指している。大石寺の「事の戒壇」とは、三大秘法の「戒壇」の根本として「戒壇の大本尊」を祀る場所という意味である。「日興跡条条事」の第二条の文「一、日興が身に充て給はる所の弘安二年の大御本尊、日目に之を相伝する。本門寺に懸け奉るべし」の中の「弘安二年の大御本尊」とは、大石寺格蔵の「戒壇の大本尊」である。すなわち、大石寺の「戒壇の大本尊」、「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」が同一人の手によって偽作されたということ。「戒壇の大本尊」「百六箇抄」「二箇相承」「日興跡条条事」を偽作したのは大石寺9世日有である。では、「戒壇の大本尊」は大石寺9世日有が偽作した証拠は何か。これは16の証拠があることを「大石寺の『戒壇大本尊』は大石寺9世日有の偽作だ」で論証している。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ