アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2015年12月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(32)~大石寺9世日有以前の大石寺に「日蓮本仏義」は存在していなかった2(五人所破抄見聞)

■検証32・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない32

 

□大石寺9日有以前の大石寺に「日蓮本仏義」は存在していなかった2(五人所破抄見聞)

 

日蓮の遷化(死去)から約百年後の1380(康暦2)年に富士門流本山寺院・富士妙蓮寺(現・日蓮正宗本山・富士山妙蓮寺)の五代貫首・日眼が書いたと伝えられる「五人所破抄見聞」という書物に

「威音王仏と釈迦牟尼とは迹仏也、不軽と日蓮とは本仏也。威音王仏と釈迦仏とは三十二相八十種好の無常の仏陀、不軽と上行とは唯名字初信の常住の本仏也」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p1)

不軽と日蓮とは本仏也
 

と「日蓮本仏義」が説かれており、さらに

「日興も寂を示し玉ひ次第に譲り玉ひて、当時末代の法主の処に帰り集る処の法華経なれば法頭にて在す也」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p9)

末代の法主の処に帰り集る処の法華経なれば法頭
 

と、法主信仰的な表現の文が見られることから、これを証拠に日蓮正宗側では、「日有上人以前の上古の時代から日蓮本仏義はあった」と主張する。しかし、この「五人所破抄見聞」なる文書は、富士妙蓮寺5代貫首・日眼の著書ではなく、妙蓮寺5代日眼よりも後世の者の文書である。

「五人所破抄見聞」は、富士妙蓮寺五代貫首・日眼の真筆文書は存在せず、松岡幹夫氏の説によれば『富士宗学要集』4巻に「五人所破抄見聞」を収録した大石寺59世堀日亨は、古来から伝わる「五人所破抄見聞」写本と称するものには、通読しがたいほどの錯誤や誤りが多数あり、現行の『富士宗学要集』に収録されている「五人所破抄見聞」は、堀日亨が大胆に編集・編纂したものであると言っているという。 したがって『富士宗学要集』4巻に収録されている「五人所破抄見聞」の文そのものを、そのまま14世紀後半の富士門流の文と解釈することはできない。

宮崎英修氏の説によると、「五人所破抄見聞」の内容からして、明らかに1470(文明4)年以降でなければ書けない記述があり、日眼の著書説に対して、重大な疑問を投げかけている。

興風談所・池田令道氏の説によると、「五人所破抄見聞」では、従来からの日蓮正宗を含めた富士門流の所伝と異なる日昭・日朗・日興・日頂・日持の五人の身延離山説を唱えていること、この五人離山説の発祥は、京都要法寺の日尊門流であって、日尊門流出身の大石寺僧侶・左京阿闍梨日教の著書「百五十箇条」にも見られることなどからして、「五人所破抄見聞」は左京阿闍梨日教の「百五十箇条」の成立以降に書かれたものではないか、としている。

さらに決定的な証拠なのは、この「五人所破抄見聞」の末尾の文に次のようにあることだ。

「伝写本云 康暦二庚申年六月四日書畢 本化末弟日眼 在御判」

(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』4p26)

康暦二庚申年六月四日書畢 本化日眼
 

この「康暦二」と「年」の間に「庚申」という干支を書き入れるような用法は、戦国時代から江戸時代にかけて一般的に定着していく、というのが古文書学説上における定説なのであり、それからすると1380(康暦2)年に、「康暦二庚申年六月四日」といった書き方はされない。したがって、この「五人所破抄見聞」の末文は、1384(至徳1)年に死去している富士妙蓮寺五代貫首・日眼の筆ではなく、後世の時代の人の筆ということになる。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(31)~大石寺9世日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった1(日道の本仏感)

■検証30・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない31

 

□大石寺9日有以前の大石寺には「日蓮本仏義」は存在していなかった1(日道の本仏感)

 

日蓮在世の時代はもちろんのこと、大石寺二祖日興以降、大石寺9世日有以前の大石寺門流に、「日蓮本仏義」は存在しなかった。これには明確な証拠がある。大石寺二祖日興の新六僧の一人で、大石寺4世法主の座に登座したとされる日道が、1332(元徳4)112日に筆録した「日興上人御遺告」を、自らの著書「三師御伝土代」に記している。「御遺告」とは、日興の遺言ということであるが、それを見ると、次のように記してある。

「日蓮聖人云く本地は寂光、地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首なり。久遠実成釈尊の最初結縁令初発道心の第一の御弟子なり。本門教主は久遠実成無作三身、寿命無量阿僧企劫、常住不滅、我本行菩薩道所成寿命、今猶未尽復倍上数の本仏なり」

(「三師御伝土代」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』5p11)

日蓮聖人本地寂光2


日蓮聖人本地寂光1
 

大半が経文等の引用文であるため、精密な現代語訳は省略しますが、「日蓮聖人云く本地は寂光、地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首なり。久遠実成釈尊の最初結縁令初発道心の第一の御弟子なり」「本門教主は久遠実成無作三身、寿命無量阿僧企劫、常住不滅、我本行菩薩道所成寿命、今猶未尽復倍上数の本仏なり」と、日興は、「御遺告」していた。日蓮は自ら「日蓮は上行菩薩の再誕であり、久遠実成釈尊の第一の御弟子であること、そして久遠実成無作三身の本門教主が本仏である」と言っていたことを、日興は弟子たちに遺言していたというのである。これによれば、「本仏」は「久遠実成無作三身」の「本門教主」ということになり、日蓮はあくまでも「地涌の大士上行菩薩六万恒河沙の上首」ということになる。これは日興の本仏感であると同時に、この「日興上人御遺告」を自らの著書「三師御伝土代」に記載した大石寺4世日道の本仏感でもあるということになる。日蓮、日興、日目、日道の代に「日蓮本仏義」なる教義が本当に存在していたら、日道は「三師御伝土代」に、こんな記述をしなかったはずである。あるいは日興が日蓮を「本仏」と仰いでいたならば、こんな「御遺告」をするはずがない。日興は、日興から原弥六郎への返状「原殿書」と「五人所破抄」で、次のように言っている。

「此れのみならず日蓮聖人御出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊久遠実成の如来の画像は一二人書き奉り候へども未だ木像は誰も造り奉らず候に」

(「原殿書」/大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』8P1011)

日蓮出世の本懐南無妙法蓮華経の教主釈尊如来
 

「夫れ日蓮聖人は忝なくも上行菩薩の再誕にして本門弘通の大権なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

日蓮聖人上行再誕
 

「つらつら聖人出世の本懐を尋ぬれば、源権実已過の化導を改め、上行所伝の乗戒を弘めんが為なり。図する所の本尊は亦正像二千の間一閻浮提の内未曽有の大漫荼羅なり」

(「五人所破抄」平成新編御書全集p1879)

聖人出世の本懐
 

ここで日興ははっきりと「日蓮聖人は忝なくも上行菩薩の再誕」と言明している。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(30)~曼荼羅本尊の首題の直下に「日蓮在御判」と書くのは日蓮本仏義の証拠ではない

■検証30・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない30

 

□曼荼羅本尊の首題の直下に「日蓮在御判」と書くのは日蓮本仏義の証拠ではない

 

「日蓮本仏義は後世の偽作だ」と厳しい追及を受けている日蓮正宗は、何としてでも「日蓮本仏義」が日蓮・日興以来の教義であるかのように正統化しようと、なんでもかんでも「日蓮本仏義」にこじつけようとしている。最近では日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』がこんな笑うべき妄説を書いている。

-----------------------------------------------------

(日蓮正宗謀略機関紙『慧妙』の妄説)

さらに言えば、御歴代上人御書写の御本尊に『南無妙法蓮華経日蓮』と大書されたことにも、御歴代上人が大聖人を御本仏と拝されてきたという深義を拝することができるのである。もちろん、この大事が御歴代上人によって門下真俗に教導されてきたことは、至極当然のことである。

(平成2671日付け『慧妙』/「第24回ネットに蔓延る邪義を破す」より)

-------------------------------------------------------

この『慧妙』の説から言えば、日興、日目以来の歴代大石寺法主が書写した曼荼羅本尊は、全て『南無妙法蓮華経日蓮』と大書されていなければならないということになる。又、「日蓮本仏義」を用いていない日昭、日朗、日向、中山門流の曼荼羅本尊には、『南無妙法蓮華経日蓮』と大書した曼荼羅本尊は、ひとつもないということになるはずだ。ところが、そうはなっていないのである。

1305(嘉元3)91日に日興が書写した本尊は、中央の「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」の文字はなく、「南無妙法蓮華経」の「経」の文字の右側に「日蓮」の文字が書かれており「御判」の文字だけが「南無妙法蓮華経」の直下に書いてある。

嘉元3年9月1日本尊2


嘉元3年9月1日本尊3


嘉元3年9月1日本尊1
 

(興風談所「日興上人御本尊集」より)

「南無妙法蓮華経」と「日蓮」の位置関係は、千葉県の富士門流寺院・保田妙本寺に格蔵されている日蓮真筆の「万年救護本尊」のものによく似ている。この本尊は、山梨県南巨摩郡身延町の身延文庫に格蔵されている。「南無妙法蓮華経」と「日蓮」の文字の位置関係がこの本尊とほぼ同一の本尊が、新潟県佐渡市の妙照寺にも格蔵されている。この本尊は書写の年月日と日興の署名がどういうわけか削損しており、日興の花押だけがかろうじて半分ほど見えるだけになっている。

嘉元2~3年本尊2


嘉元2~3年本尊1
 

(興風談所「日興上人御本尊集」より)

この逆のケースもある。日蓮宗・池上本門寺が発行している正式文献「霊寶殿」には、池上本門寺歴代貫首が書写・臨写した曼荼羅本尊の写真がズラリと掲載されている。池上本門寺8世貫首・日調書写の曼荼羅本尊には、中央の「南無妙法蓮華経」の真下に「南無日蓮大聖人」と「大書」されている。(池上本門寺発行『霊寶殿』p22)

池上8世日調本尊1
 

池上本門寺25世日顗は、1722(享保7)年に「南無妙法蓮華経」の真下に日蓮と判形を臨写した曼荼羅本尊を書写している。(池上本門寺発行『霊寶殿』p42)

池上25世日顗本尊1
 

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(29)~大石寺68世早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大ウソである

■検証29・日蓮本仏義の大ウソ・日蓮本仏義は日蓮・日興の教義ではない29

 

大石寺68早瀬日如法主が言い出した「大石寺御影堂・日興創建説」は全くの大ウソである

 

曼荼羅本尊の前に日蓮像を祀る化儀は、日蓮本仏義の証拠でも何でもなく、大石寺独自の化儀でもない。これは身延山久遠寺、池上本門寺をはじめ、日蓮宗寺院から日蓮を宗祖とする宗派の寺院で広く行われている化儀である。ところが曼荼羅本尊の前に日蓮像を祀る化儀を日蓮本仏義にこじつける日蓮正宗は、大石寺二祖日興の代からあたかも日蓮本仏義が存在しているかのように偽装したいのか、近年はこんな歴史の捏造を行っている。日蓮正宗は201312月に、日蓮立正安国論七百五十年記念事業のひとつ「御影堂大修理落慶法要」を営んだ。ところがここで大石寺68世早瀬日如法主が、「大石寺御影堂は日興の創建」なる妄説を説き始めたのである。

------------------------------------------------------------

(大石寺68世日如の大石寺御影堂日興創建の妄説)

私共はその歓びと共に、大改修成った御影堂の偉容に負けない強盛なる信心を築いていくことが肝要であります。即ち、御影堂は古くは日興上人の創建によるものであり、その日興上人の御生誕七百七十年を愈々(いよいよ)明年に迎える本年、私共は御報恩のため、前途に如何なる障害や困難が惹(じゃっ)()しようが、法華講員五十パーセント増の誓願は、講中の総力を結集して、なんとしてでも達成しなければなりません。

(大白法・平成26年1月1日刊・新年の辞)

--------------------------------------------------------

そもそも、当山の御影堂の創建は遠く日興上人に遡(さかのぼ)りますが、このたび大改修された堂宇は、寛永91632)年、第17世日精上人の時、阿波徳島藩藩主・蜂須賀至鎮公夫人、敬台院殿の寄進により再建されたものであります。

(平成二十六年 元旦勤行・大白法・平成26年1月16日刊)

-----------------------------------------------------------

しかるところ、平成二十七年の日興上人の御生誕七百七十年の佳節を明後年に控えた本年、それに先立ち昨日、日興上人の御創建による御影堂の大改修落慶大法要が、皆様方の尊い御供養と多大なる御尽力により、めでたく奉修申し上げることができましたことは、この上ない悦びであります。(平成25年大石寺御大会・大白法・平成25年12月16日刊)

---------------------------------------------------------

それにしても、日蓮正宗の歴史を歪曲した妄説を言い出したのには、全く呆れ果てて言葉も出ない。これはもはや、妄説を通り越した、早瀬日如の捏造説と言っても過言ではない。

68世日如D1
 

(大石寺68世早瀬日如法主・ユーチューブの映像より)

 

続きを読む

戒壇大本尊は9世日有の偽作だ(250)~大石寺門流を徳川幕府公認の宗派にすることが至上命題だった大石寺17世日精

■検証250「富士門流執着軍団」の「戒壇大本尊」大石寺17世日精偽作説は誤りである12

 

□大石寺が幕府公認宗派になった後、大石寺17世日精は「戒壇の大本尊」を宝蔵に戻した

 

日蓮正宗大石寺17世法主・日精が、「戒壇の大本尊」なる板本尊のことを「戒壇院の本尊」と呼び、「戒壇の大本尊」なる板本尊を御影堂の日蓮木像の後ろに祀り、御影堂に「本門戒壇堂」と自筆した棟札を掲げたということは、大石寺17世日精が「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作したということではなく、大石寺が「事の戒壇」であり、大石寺に「戒壇院」「本門戒壇堂」があるということを内外に宣言して、徳川幕府公認の宗派になることを狙ったものである。この大石寺17世日精の目論見の成功は、敬台院日詔の存在が大きかったと思われる。

敬台院日詔とは、文禄元年(1592年)に小笠原秀政の長女として産まれる。その後、徳川家康の養女となり伏見城に入る。慶長5年(1600年)、9歳のときに阿波国徳島藩主・蜂須賀至鎮に嫁いでいる。こういったことから夫・蜂須賀至鎮は関ヶ原の戦いでは、至鎮は東軍に与して関ヶ原本戦に参加。大坂の陣でも徳川方として参戦し、武功を立てている。これらの功績により、慶長20年(1615年)に、「松平」の家名を徳川将軍家より下賜され、淡路国も加増されて、257000石の所領となる。この蜂須賀至鎮の正室で徳川家康の養女・敬台院日詔が大石寺の信者で、大石寺17世日精は敬台院日詔に取り入って養子にまでなる。敬台院日詔の働きかけが功を奏して、1637(寛永14)年、大石寺17世日精は敬台院の推挙により、公儀の年賀に乗輿を免許され、1641(寛永18)628日、徳川幕府三代将軍・家光より大石寺に66石の所領の朱印状が下賜される。ここに大石寺門流は、徳川幕府公認の宗派となることに成功する。

かくして徳川幕府公認の宗派になるという当初の目的を達成した大石寺17世日精は、1679(延宝7)213日、別の日蓮の本尊を板本尊に模写彫刻して、御影堂の日蓮木像の後ろに祀り、「戒壇の大本尊」なる板本尊を御影堂から大石寺宝蔵の中に戻している。

このように日本の仏教史、戒壇の歴史、徳川時代の政治、社会、宗教情勢等々を順を追って具に検証していけば、「富士門流執着軍団」らの「戒壇の大本尊」大石寺17世日精偽作説なるものがいかに見当違いな誤謬であるかが明らかになる。「富士門流執着軍団」らは、「戒壇の大本尊」偽作説を検証していくにあたって、こういう時代背景や日本の仏教史、戒壇の歴史等の検証を大きく見落としていると言わざるを得ない。

17日精・本門戒壇本堂棟札1
 

(大石寺観行坊住職・能勢順道氏編纂『諸記録』1部に載っている大石寺御影堂に大石寺17世日精が自筆で「本門戒壇堂」と記した棟札)

17世日精1
 

(大石寺17世日精の著書「随宜論」の末文に載っている日精花押)

御影堂2
 

(大石寺17世日精が建立した大石寺御影堂/小冊子「大石寺案内」より)

御宝蔵3
 

(大石寺宝蔵)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ