アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2016年01月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

宗創「同じ穴の狢」の真実(13)~大石寺「日興六百五十回遠忌」大法会にて仲良く歓談する大石寺67世阿部日顕と池田大作

□大法会終了後、大石寺書院で大宴会・大酒宴を開いていた日蓮正宗・創価学会首脳たち

 

日蓮正宗と創価学会が和合路線を歩んでいた「宗創和合時代」の昭和57(1982)3月に大石寺で行われた「日興六百五十遠忌慶讃大法要」で、日興の墓参が行われたことを報道する昭和57(1982)39日付け聖教新聞には、こんなことが書いてある。

「御法主上人猊下は大石寺墓苑に御出仕され、三師大塔で御廟参の儀が執り行われた。

これには藤本栄道総監、早瀬日慈重役、太田慈晁宗会議長をはじめとする各御僧侶方が列席。また名誉総講頭の池田名誉会長、大講頭の森田理事長、和泉・辻副会長、阿部唯七郎法華講連合会委員長、並びに学会、法華講の代表が参列した。

御廟参は、御法主上人の大導師のもと、まず中央大塔で読経・唱題が厳粛に進められ、列席の御僧侶方、居士衣を着した名誉会長ら参列者が相次いで焼香。ひきつづき、西大塔、東大塔で御墓参の儀が執り行われ、報恩感謝申し上げた。」

(昭和57(1982)39日付け聖教新聞)

日興650遠忌大法会祝賀宴


日興墓参1
 

「日興六百五十遠忌慶讃大法要」終了後、大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳と創価学会最高支配者・池田大作ら創価学会首脳は、例によって大石寺大書院にて「祝賀会」。つまり大宴会、大酒宴を開いて乾杯。日蓮正宗と創価学会がいかに「同じ穴の狢」「目くそ鼻くそ」の存在であるかを証明する写真と言えよう。

歓談する日顕と池田大作1


焼香する日顕と池田大作1
 

 

 

 

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(5)~「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元4年4月8日の日興曼荼羅本尊

■検証5・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興5

 

□「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元448日の日興曼荼羅本尊

 

日興は、自らが書写した本尊の中に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」と書かずに「日蓮聖人」とだけ書いたり「日蓮聖人御判」と書いただけではない。日興は、自ら書写した本尊の中央に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書かなかった本尊が、それこそ多数存在している。栃木県の日蓮正宗寺院・信行寺に格蔵されている嘉元(1306)448日・日興書写の曼荼羅本尊も、そのひとつである。この曼荼羅本尊は、「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書いていない。

「本尊七箇相承」の文中に

「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師の曰はく首題も釈迦多宝も上行無辺行等も普賢文殊等も舎利弗迦葉等も梵釈四天日月等も鬼子母神十羅刹女等も天照八幡等も悉く日蓮なりと申す心なり」

「又本尊書写の事予が顕はし奉るが如くなるべし、若し日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」

「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり」(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

と、あたかも日蓮が大漫荼羅本尊の書式を指南したかのような文があるが、もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。


嘉元4年4月8日本尊2


嘉元4年4月8日本尊3


嘉元4年4月8日本尊1
 

(嘉元(1306)448日・日興書写の曼荼羅本尊・興風談所「日興上人御本尊集」より)

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

 

 

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(4)~「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元4年3月1日の日興曼荼羅本尊

■検証4・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興4

 

□「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元431日の日興曼荼羅本尊

 

日興は、自らが書写した本尊の中に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」と書かずに「日蓮聖人」とだけ書いたり「日蓮聖人御判」と書いただけではない。日興は、自ら書写した本尊の中央に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書かなかった本尊が、それこそ多数存在している。そのひとつが青森県の日蓮正宗寺院・玄中寺に格蔵されている嘉元(1306)431日・日興書写の曼荼羅本尊である。

この曼荼羅本尊は、「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書いていない。

「本尊七箇相承」の文中に

「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師の曰はく首題も釈迦多宝も上行無辺行等も普賢文殊等も舎利弗迦葉等も梵釈四天日月等も鬼子母神十羅刹女等も天照八幡等も悉く日蓮なりと申す心なり」

「又本尊書写の事予が顕はし奉るが如くなるべし、若し日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」

「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり」(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

と、あたかも日蓮が大漫荼羅本尊の書式を指南したかのような文があるが、もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。

 

嘉元4年3月1日の本尊2


嘉元4年3月1日の本尊3


嘉元4年3月1日の本尊1
 

(嘉元(1306)431日・日興書写の曼荼羅本尊・興風談所「日興上人御本尊集」より)

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

 

 

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(3)~「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書写した正応年間・正法寺格蔵の日興曼荼羅本尊

■検証3・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興3

 

□「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書写した正応年間・正法寺格蔵の日興曼荼羅本尊

 

山梨県中巨摩郡昭和町の日蓮正宗寺院・正法寺に格蔵されている日興が書写した本尊も、中央の「南無妙法蓮華経」の直下には「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書いてあり、「在御判」ないしは「御判」の文字は書かれていない。この本尊は書写した年月日が部分的に欠損しており「正応□年□月八□」としか判別できないが、正応年間に日興が書写した本尊であることは確認できるものだ。

正応1本尊2


正応1本尊3


正応1本尊1
 

 (興風談所「日興上人御本尊集」より)

「本尊七箇相承」の指南が、本当に日蓮の「唯授一人の血脈相承」の相伝だったならば、なぜ日興は「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書いたのか。「在御判」ないしは「御判」の文字をなぜ書かなかったのか。日興が書写したこの曼荼羅本尊も、「本尊七箇相承」の「指南」の文に明白に違背した曼荼羅本尊ということになる。もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

 

続きを読む

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(2)~「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人御判」と書写した正応5年10月13日の日興曼荼羅本尊

■検証2・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興2

 

□「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人御判」と書写した正応51013日の日興曼荼羅本尊

 

「本尊七箇相承」の文中に

「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師の曰はく首題も釈迦多宝も上行無辺行等も普賢文殊等も舎利弗迦葉等も梵釈四天日月等も鬼子母神十羅刹女等も天照八幡等も悉く日蓮なりと申す心なり」

「又本尊書写の事予が顕はし奉るが如くなるべし、若し日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」

「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり」(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

と、あたかも日蓮が大漫荼羅本尊の書式を指南したかのような文があるが、日興・日目から大石寺9世日有以前の歴代大石寺法主が書写した大漫荼羅本尊には、「本尊七箇相承」の文のとおりに「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」と書かれていない曼荼羅本尊が、他にも多数ある。1292(正応5)1013日に日興が書写した本尊には、中央の「南無妙法蓮華経」の直下には「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人御判」と書いてある。この本尊は、現在、宮城県の日蓮正宗寺院・上行寺に格蔵されている。

正応5年10月13日本尊2


正応5年10月13日本尊3


正応5年10月13日本尊1
 

 (興風談所「日興上人御本尊集」より)

「本尊七箇相承」の「日蓮と御判と置き給ふ事」「日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」「日蓮在御判と嫡々代々と書くべし」との指南が、本当に日蓮の「唯授一人の血脈相承」の相伝だったならば、なぜ日興は「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」ではなく「日蓮聖人」と書いたのか。1292(正応5)1013日に日興が書写した本尊は、「本尊七箇相承」の「指南」の文に明白に違背した曼荼羅本尊ということになる。もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

 

メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ