アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2016年03月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(7)~「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した徳治3年8月彼岸の日興曼荼羅本尊

■検証7・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興7

 

□「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した徳治38月彼岸の日興曼荼羅本尊

 

日興は、自らが書写した本尊の中に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」と書かずに「日蓮聖人」とだけ書いたり「日蓮聖人御判」と書いただけではない。日興は、自ら書写した本尊の中央に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書かなかった本尊が、それこそ多数存在している。富士門流八本山のひとつ・京都要法寺に格蔵されている徳治3(1308)8月彼岸・日興書写の曼荼羅本尊も、そのひとつである。

この曼荼羅本尊は、「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書いていない。

「本尊七箇相承」の文中に

「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師の曰はく首題も釈迦多宝も上行無辺行等も普賢文殊等も舎利弗迦葉等も梵釈四天日月等も鬼子母神十羅刹女等も天照八幡等も悉く日蓮なりと申す心なり」

「又本尊書写の事予が顕はし奉るが如くなるべし、若し日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」

「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり」(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

と、あたかも日蓮が大漫荼羅本尊の書式を指南したかのような文があるが、もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。

 


徳治3年8月彼岸本尊2


徳治3年8月彼岸本尊3


徳治3年8月彼岸本尊1
 

(徳治3(1308)8月彼岸・日興書写の曼荼羅本尊・興風談所「日興上人御本尊集」より)

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

 

本尊七箇相承は9世日有の偽作だ(6)~「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元4年4月23日の日興曼荼羅本尊

■検証6・本尊七箇相承の本尊書写指南文に違背した本尊を書写している大石寺開祖日興6

 

□「日蓮在御判」ではなく単に「日蓮」とだけ書写した嘉元4423日の日興曼荼羅本尊

 

日興は、自らが書写した本尊の中に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮在御判」と書かずに「日蓮聖人」とだけ書いたり「日蓮聖人御判」と書いただけではない。日興は、自ら書写した本尊の中央に「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書かなかった本尊が、それこそ多数存在している。富士門流八本山のひとつ・西山本門寺に格蔵されている嘉元(1306)4423日・日興書写の曼荼羅本尊も、そのひとつである。

この曼荼羅本尊は、「南無妙法蓮華経」の直下に「日蓮」とだけ書いて「日蓮在御判」あるいは「日蓮御判」とは書いていない。

「本尊七箇相承」の文中に

「日蓮と御判を置き給ふ事如何(三世印判日蓮躰具)、師の曰はく首題も釈迦多宝も上行無辺行等も普賢文殊等も舎利弗迦葉等も梵釈四天日月等も鬼子母神十羅刹女等も天照八幡等も悉く日蓮なりと申す心なり」

「又本尊書写の事予が顕はし奉るが如くなるべし、若し日蓮御判と書かずんば天神地神もよも用ひ給はざらん」

「日蓮在御判と嫡々代々と書くべしとの給ふ事如何、師の曰く深秘なり代々の聖人悉く日蓮なりと申す意なり」(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

と、あたかも日蓮が大漫荼羅本尊の書式を指南したかのような文があるが、もし本当に「本尊七箇相承」が日蓮から日興への「唯授一人の血脈相承」の相伝として存在していたならば、日興が日蓮の相伝の指南に違背する曼荼羅本尊を書写するはずがない。

 


嘉元4年4月23日本尊2


嘉元4年4月23日本尊3


嘉元4年4月23日本尊1
 

(嘉元(1306)4423日・日興書写の曼荼羅本尊・興風談所「日興上人御本尊集」より)

本尊七箇相承2
 

(「本尊七箇相承」大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』1p32)

2祖日興1
 

(日興)

 

1972-1998に大石寺に存在した正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリか

■検証96-2大石寺が代々木競技場第一体育館をパクった堂宇・正本堂

 

□正本堂の設計図完成以前にすでに落成していた代々木競技場第一体育館

 

東京都渋谷区代々木公園の中にあり、1964年(昭和39年)の東京オリンピックの開催に備えて建設され、同大会のサブ会場として使用された代々木競技場第一体育館は、かつて1972年から1998年の26年間、日蓮正宗大石寺に存在していた正本堂と外観がそっくりなのである。どちらが先にできたのかというと、代々木競技場第一体育館のほうが先だから、正本堂のほうが代々木競技場第一体育館を模して建立された堂宇、つまり正本堂のデザインは代々木競技場第一体育館のパクリである可能性が非常に高い。

代々木7


代々木1


代々木5
 

(代々木競技場第一体育館)

正本堂2(連合会写真集)


池田大作入口2


正本堂6
 

(かつて1972年から1998年の26年間、日蓮正宗大石寺に存在していた正本堂)

そこで両者の歴史を比較してみたい。

<代々木競技場第一体育館>

1963(昭和38)2月  着工

1964(昭和39)9月  竣工

1964(昭和39)10月  東京オリンピック

<正本堂>

1964(昭和39)53日 創価学会第27回本部総会で池田大作が正本堂建立を発願

03正本堂建立発願
 

1965(昭和40)216日 大石寺で大石寺66世細井日達法主、法華講総講頭・創価学会会長・池田大作らが出席して第1回正本堂建設委員会

16第1回正本堂建設委員会
 

1965(昭和40)1012日 全国の創価学会員、法華講員から正本堂供養金を募金

12正本堂供養金募金
 

1965(昭和40)1017日 創価学会第6610月度本部幹部会の席上で、正本堂建立発願主・法華講総講頭・創価学会会長・池田大作が大石寺66世細井日達法主に355億円の供養金「目録」を奉呈する

17正本堂供養目録奉呈
 

1967(昭和42)年1012日 大石寺の正本堂建設予定地で正本堂建立発願式

12正本堂建立発願式1


12正本堂建立発願式2
 

1968(昭和43)年1012日 大石寺の正本堂建設予定地で正本堂起工・着工大法要

12正本堂着工大法要
 

 

続きを読む

今、正信会はどうなっているのか(?)1990年代以降から年々衰退して行っている正信会PART1

□正信会とは日蓮正宗内で創価学会批判の共同歩調をとった日蓮正宗寺院住職のグループ

 

「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」でどんどん日蓮正宗批判、「日蓮正宗系」批判を進行させていく中で、何人かの人から「アンチ日蓮正宗」管理人に対して、「正信会って、今、どうなっているんですか」「正信会って、今、何をしているんですか」「正信会は、どうなんですか」等々、正信会に関する質問がいくつも寄せられている。この質問は、創価学会、法華講、顕正会等「日蓮正宗系」から離檀・離宗・脱会した人のみならず、最初から「日蓮正宗系」以外の他宗派だった人、創価学会を脱会して法華講に入った信徒、「日蓮正宗系」を転々とカルトサーフィンしている人、創価学会や日蓮正宗から数多くの宗教被害を受けて来られた方々からも、寄せられている。さらに富士門流執着軍団などには、今さら正信会系全国檀徒新聞「継命」を紐解きながら、正信会や宗創関係について、コメントしている者までいる。それはあたかも、自分が世界ではじめて正信会について研究していると錯覚しているしているのではないかと思われるものすらあるくらいだ。

1990年代の第二次宗創紛争・宗創全面戦争が最も火花を散らしていたころは、法華講は創価学会との対立・紛争を有利に進めようと、「日蓮正宗大石寺と正信会は連合しないのか」「正信会は早く大石寺に帰伏しないのか」等々、そんなことを期待していたようなのだが、現在の所、正信会は日蓮正宗と連合していないし、大石寺に帰伏していない。ただし、正信会寺院住職・僧侶が日蓮正宗から破門されて以降、又1990年代の第二次宗創紛争・宗創全面戦争が勃発して以降、数人の正信会寺院住職が、日蓮正宗に帰伏している。

まず正信会とは一体何であるのか、ということだが、正本堂落慶以降、1970年代半ばにはじまる大石寺66世細井日達法主と創価学会会長・法華講総講頭・池田大作の対立に端を発した第一次宗創紛争において、堪忍袋の緒が切れた大石寺66世細井日達法主の池田大作批判・創価学会批判説法にいち早く呼応し、大石寺66世細井日達法主の創価学会批判の説法・指南を金科玉条にして創価学会批判説法等の共同歩調をとった日蓮正宗寺院住職のグループである。

第一次宗創紛争は、当初は大石寺66世細井日達と創価学会会長・法華講総講頭・池田大作、創価学会幹部との対立だったが、1974(昭和49)年、大石寺66世細井日達法主が大石寺の僧侶の会合で、創価学会批判の説法を行い、僧侶の啓発を行った。一旦は細井日達法主と池田大作は和解したのだったが、池田大作が1975(昭和50)11日に創価学会本部師弟会館で、1951(昭和26)年に大石寺64世水谷日昇が創価学会に下付した「大法弘通慈折広宣流布大願成就」「創価学会常住」の脇書が入った常住本尊を模刻した板本尊の入仏式を、池田大作の導師で強行。さらに1977(昭和52)11日の創価学会本部での新年勤行で火蓋を切った「昭和52年路線」とよばれる教義問題が発生して、再び日蓮正宗と創価学会の関係が険悪になった。

池田大作は、1977(昭和52)年夏、日蓮正宗ナンバー2の早瀬日慈総監を創価学会本部に招いて板本尊開眼法要を行ったが、日蓮正宗と創価学会の険悪な関係は収まらず、池田大作は1977(昭和52)11月、創価学会本部に大石寺66世細井日達を招き、創価学会本部師弟会館で法主の大導師で板本尊の開眼法要を行った。さらに池田大作は1977(昭和52)12月、九州宮崎県日向市の定善寺法要に出向き、公衆の面前で過去の経緯について大石寺66世細井日達に陳謝して、頭を下げた。これで日蓮正宗と創価学会の不協和音は収まるかに見えた。

第1回全国檀徒大会1
 

(大石寺大講堂での第1回全国檀徒大会に臨席して説法した大石寺66世細井日達)

 

続きを読む

“折伏目標未達成の常連寺院”の横浜・大歓寺住職・畑山法俊氏がついに実質的な“更迭”・隠居

□特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く1

 

2016(平成28)1月号「大日蓮」に、「大歓寺第三代住職入院式」と題する記事が載っている。この大歓寺とは、神奈川県横浜市旭区万騎が原にある日蓮正宗寺院。「大日蓮」の記事によれば、20151118日、大歓寺において大歓寺2代住職・畑山法俊氏から3代住職・佐藤広明氏への座替り式、3代住職・佐藤広明氏の大歓寺入院式(晋山式)が執り行われた。大歓寺入院式(晋山式)には佐藤日栄能化、漆畑行雄海外部長、水島公正教学部長、梅屋誠岳渉外部副部長(現・渉外部長)、石井栄純神奈川布教区宗務支院長ら日蓮正宗首脳が列席。式は滞りなく終了し、最後に参列者全員で記念撮影をして、その写真が「大日蓮」に掲載されている。この「大日蓮」の記事だけを見れば、何の変哲もない、日蓮正宗寺院で行われている座替り式、入院式(晋山式)の記事に見えるが、実はそうではない。横浜・大歓寺といえば、それは知る人ぞ知る“折伏目標未達成の常連寺院”として毎年名前があがってくる“お荷物”寺院。つまり通称「折伏誓願目標」と称される強引・執拗な折伏・布教目標が毎年達成できない寺院だったわけで、こんな寺院は600を超える日蓮正宗の全寺院の中でも、ほんのわずか。片手で数えるくらいしかない。そんな貴重な(?)“お荷物”寺院的な存在だった。大石寺法主、ことに大石寺67世日顕、大石寺68世日如は、日蓮正宗の僧侶・信者に対して「1990年に3万登山」「2002年に30万登山」「2009年の立正安国論750年までに地涌倍増」「2015年日興生誕770年に法華講員50%増」「2021年日蓮生誕800年に80万法華講員」というような号令を下し、末寺住職・僧侶は信者に「折伏をやれ」「成果を上げろ」と命令する。そんな大石寺68世早瀬日如法主をはじめとする日蓮正宗首脳がこういう大歓寺の現状を黙認するはずがない。というわけで、“毎年未達成”の大歓寺2代住職・畑山法俊氏の更迭は、時間の問題だった。畑山法俊氏も、「未達成」の名前が出る度に宗務院役僧から「なぜ達成できないのか」と問い詰められ、「厳しい指導」がなされ、さらに大石寺にまで呼び出されて、大石寺68世早瀬日如法主直々に「未達成」を咎める指南が下される。

畑山法俊氏は19923月に大歓寺初代・須賀法重住職の代に「副住職」として赴任。その後、須賀法重住職の隠退に伴って大歓寺2代住職に任命されたのだが、畑山法俊氏が副住職だった時代から、大歓寺2代住職になって通算24年間で、法華講大歓寺支部が「折伏誓願目標」なるものを達成した年はほとんど皆無。そのたびに畑山法俊氏は、大石寺法主、宗務院役僧から「なぜ達成できないのか」と問い詰められ、針のむしろに座っているかのような気分だったのではなかろうか。まさに“生き地獄”さながらである。この大歓寺は山号寺号を「心生山大歓寺」といい、畑山法俊2代住職は大歓寺信者に「心生山大歓寺の名前は、法華経方便品の“心生大歓喜” にちなむ名前」などと説法していたらしいが、畑山法俊2代住職にとって大歓寺とは“心生大歓喜”どころか、むしろ日蓮遺文(御書)「王舎城事」の「一火は身に留りて極楽寺焼けて地獄寺となりぬ」(御書全集p975)にちなむ“心生大歓喜転じて心生大阿鼻地獄”“大歓寺転じて大地獄寺”だったことだろう。

畑山法俊更迭1



(2016(平成28)1月号「大日蓮」に載っている、「大歓寺第三代住職入院式」と題する記事)

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ