アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2016年06月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

大歓寺を斬る(2)~昼から庫裡で酒を呑み宗内有数の無気力僧侶に凋落していった大歓寺初代住職・須賀法重氏

■特異な“お荷物寺院”大歓寺と法華講大歓寺支部の非常識極まりない体質・素顔を暴く2

 

□創価学会員・法華講員の「信徒教導」に全く消極的な僧侶だった大歓寺初代住職・須賀法重氏

 

大歓寺と言われても、「大歓寺って何?」「何それ?」と思う人が大半なのではないだろうか。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」で取り上げる大歓寺とは、神奈川県横浜市旭区万騎が原にある日蓮正宗寺院で、正式には心生山(しんしょうさん)大歓寺という。この寺院は1968年(昭和43年)65日に創価学会の寄進によって建立された寺院で、落慶入仏法要には日蓮正宗大石寺第66世法主日達が下向して営まれた。初代住職に任命されたのは須賀法重氏(19181999)。この人は1918(大正7)年生まれ。出自は旧来の信徒、つまり先祖代々の法華講員宅で1929(昭和4)年に11才で出家得度。師僧は大石寺60世阿部日開法主。須賀法重氏は大石寺67世阿部日顕の兄弟弟子である。1951(昭和26)年に33才で新説免許。住職歴は1946(昭和21)年に滋賀県・妙静寺住職。1953(昭和28)年に大阪・広宣寺住職。1968(昭和43)年に大歓寺初代住職に任命された。

須賀法重氏が住職になった時代は、日蓮正宗と創価学会が和合協調していた宗創和合時代だが、須賀法重氏が滋賀県・妙静寺住職になったころは、太平洋戦争終戦直後で、なおかつ戸田城聖が創価学会会長に就任する以前のこと。妙静寺には旧来の檀家(今で言う法華講員)7軒しかなかったと、須賀法重氏自身が御講の席で述懐している。つまり檀家の供養だけではとても住職の生活は成り立たなかったわけで、須賀法重氏の「カネのためなら、何でもやる」体質は、この時代に出来上がったのではないかと考えられる。大阪・広宣寺住職時代は、創価学会が強引・執拗な折伏・布教活動で急激に信者数を伸ばしていた「創価学会・折伏大進撃」の時代だが、大阪・広宣寺には旧来からの信徒講中、つまり法華講もあった寺院。つまり大阪・広宣寺では、この当時の東京常泉寺、本行寺、法道院、常在寺、妙光寺と同じように、所属信徒は法華講と創価学会の、いわゆる「二本立て」だった。このころの法華講はほとんど惰眠状態だった法華講が多く、これに対して創価学会は「折伏大進撃」による信者急増で、住職は夜中にたたき起こされて、本堂で授戒をしていたころのこと。須賀法重氏が大歓寺住職になった1968(昭和43)年も、まさに「折伏大進撃」による創価学会全盛時代。創価学会が建立寄進した大歓寺の開創当初は、法華講員はゼロ。所属信徒は創価学会員のみ。大歓寺に創価学会員以外の信徒ができるのは、いわゆる創価学会「昭和52年路線」による日蓮正宗と創価学会の第1次紛争で、創価学会を脱会して寺院直属の信徒になった、いわゆる「檀徒」ができてからのことだ。須賀法重氏の役職歴は、大阪・広宣寺住職時代の1964(昭和39)12月から第11布教区宗務支院長を2期。大歓寺住職になってからの1980(昭和55)年から神奈川布教区宗務支院長を4期勤めている。ちょうど日蓮正宗vs正信会紛争の直後のことで、当時、過激な正信覚醒運動を行っていた妙寿寺住職・佐藤正英氏が神奈川布教区宗務支院長を罷免され、その後を受けてのこと。須賀法重氏が神奈川布教区宗務支院長に抜擢されたのは、大石寺67世阿部日顕の兄弟弟子であることが大きかったと言われている。しかし須賀法重氏は、日蓮正宗宗務院部長、副部長の経験はない。教師昇級は1975(昭和50)3月に大僧都に叙されてから死去するまでずっと大僧都。能化にはなっていない。

 

続きを読む

黒川和雄を斬る(14)~「相違無きの条一通」の全文を出せずに大ウソをついて逃亡した黒川和雄の醜態を糾す(笑)

■論破14・洗脳法華講員・『れいな』こと黒川和雄の妄説を斬る14

 

□無断複写・無断コピーの「ダサク丸写し」を認めた黒川和雄は責任を取って潔く「ペンを折れ」

 

さて「アンチ日蓮正宗」によって、またまた平気な顔をしてインチキ謀略2ちゃんねると日本語不通男・龍神ひろしの妄説丸写し文を載せている「ダサク丸写男」の醜態を暴かれたハゲカルト法華講員・黒川和雄が、完全に発狂したかのような狂乱文をブログに書いているから、これまた笑える。

-----------------------------------------------------------

(カルト法華講員・黒川和雄の妄説)

た2チャンネルで噂されている評判をアップしたことに対し、激情している様子であるが、とくにこの箇所がお気に召されなかったようだ。…さて当方がアップした破折に対し「龍神ひろしのパクリ」などと吠えているが、これは「旧・日蓮正宗立正安国論正義顕揚750年サークル」にて某法華講員が投稿した文章である。それを龍神氏を始め当方がアップしただけのことだ。現在このサークルは閉鎖されており、今はフェイスブックへ全員が移動している。「井の中の蛙 大海を知らず」と言っておこう。http://blog.livedoor.jp/sokadakkai/archives/55521094.html

------------------------------------------------------------

あれれれ、黒川和雄はここでインチキ謀略2ちゃんねると日本語不通男・龍神ひろしの妄説丸写しを明確に認めている。ところが丸写しを認めていながら、「現在このサークルは閉鎖されており、今はフェイスブックへ全員が移動している。「井の中の蛙 大海を知らず」と言っておこう」などと開き直る黒川和雄。この男、ハゲ頭が太陽光線に熱せられて、脳が逝かれてしまっているのではないか。サークルが閉鎖されようがどうしようが、丸写しは丸写しに違いないではないか。黒川和雄は、サークルやサイトが閉鎖されていれば、丸写ししてもいいと思っているらしい。とんだお笑いぐさである。この男、世間の常識というものを全く知らぬ様子である。そこで常識を知らぬ黒川和雄に、「ペンの世界」の常識を教えておこう。黒川和雄が得意技としている無断複写・無断コピーの「ダサク丸写し」は、著作権法違反の疑い濃厚であること明白である。この無断複写・無断コピーの「ダサク丸写し」を他から指摘されて、「ダサク丸写し」をした者が認めざるを得なくなった場合は、責任を取って「ペンを折る」ことが常識である。こう言っても、黒川和雄は「ペンを折る」という言葉の意味がわからないだろう。「ペンを折る」とは「文筆活動をやめる。執筆を中止する」という意味だ。「筆を捨てる」「筆を断つ」「筆を折る」も全く同義語である。無断複写・無断コピーの「ダサク丸写し」を得意技としている黒川和雄には、潔く「ペンを折る」ことを勧告するものである。

黒川和雄・丸写し認める
 

(インチキ謀略2ちゃんねると日本語不通男・龍神ひろしの妄説丸写しを明確に認めた黒川和雄)

 

□いい年こいたハゲ頭中年男・黒川和雄の龍神ひろし顔負けの自慰妄想・センズリ男ぶりを笑う

 

-----------------------------------------------------------

(カルト法華講員・黒川和雄の妄説)

http://profile.livedoor.com/hide_akihiko/フレンド:0人お気に入り:0人ファン:0人 (現在は1)笑

だとさ。」http://blog.livedoor.jp/sokadakkai/archives/55521094.html

------------------------------------------------------------

これまたお笑いぐさ。いい年こいたハゲ頭の中年男・黒川和雄は、バーチャルの世界のフレンドだの友人だのの数にずいぶんとご執心の様子()。この男、龍神ひろしも顔負けの自慰妄想のセンズリ男のようである。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」はインターネット上にある公式ブログではあるが、黒川和雄のようにバーチャルの世界で遊んでいるのではない。「アンチ日蓮正宗」のメンバーをいちいちネット上で公開するなどというバカなことは行っていないだけのことだ。こんな愚行をするほど「アンチ日蓮正宗」管理人はバカではないと言っておく。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(55)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」なる板本尊を等身大に造立したのか2

■検証55・「日蓮本仏義」大石寺9世日有偽作の証拠3・戒壇大本尊偽作と同一人の偽作8

 

□なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」なる板本尊を等身大に造立したのか2

 

仏典には釈迦牟尼の身長は常人の数倍と書かれているため、日本では平安時代くらいまでは立像16(4.8m) 坐像9(2.7m)を仏像の身長の基準にして「丈六」と呼んでいた。 これが鎌倉時代に入ると、仏像願主が天皇・公家から武家に移り、コスト削減のため、基準値よりも小さいサイズの仏像を求めるようになった。

こうした中、仏像や位牌を等身大に造立するということは、「丈六」の仏像が造立されていた古くから仏教界では行われていることであり、等身大に造立する意味は、その人物に見立てて造立するということに他ならない。古来からの例を挙げてみると

□北魏で高宗文成帝が等身大の仏像を造らせた

□法隆寺夢殿の秘仏本尊である救世観音像は、古来から聖徳太子の等身大の像として法隆寺に伝承されている。法隆寺夢殿の救世観音像とは、数百年間、秘仏として格蔵されていたが、1884(明治17)年夏に、フェノロサと岡倉天心が、いやがる法隆寺僧を説得して開扉せしめたことで有名な、あの像である。法隆寺の記録によれば救世観音像は高さ六尺五寸(197cm)後背共八尺(242cm)となっている。

救世観音1
 

(奈良法隆寺夢殿・救世観音像)

法隆寺4夢殿
 

(奈良法隆寺夢殿)

それから等身大ではないものの

□法隆寺金堂の薬師如来像は、聖徳太子の父・用明天皇のためにこれを造営したとあり、いわば用明天皇の位牌のような感じで、用明天皇に見立てて造立された。

□法隆寺金堂の釈迦如来像は、法隆寺の資材帳によれば王后が聖徳太子のためにこれを造ったとするので、これもまた聖徳太子の位牌のような感じで聖徳太子に見立てて造立された。

仏像を故人に見立てるというのは、位牌が日本に伝来する以前だったからである。位牌が中国から日本に伝来したのは、鎌倉時代。禅僧とともに日本に伝来したものである。

「アンチ日蓮正宗」では、長い歳月をかけて全国仏教寺院の寺跡調査を行ってきているが、皇族、公家、武家等の将軍、高官位、位の高い人物の位牌は、等身大ないしは等身大に非常に近いくらい巨大に造立された位牌を各地で発見している。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(54)~なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」なる板本尊を等身大に造立したのか

■検証54・「日蓮本仏義」大石寺9世日有偽作の証拠3・戒壇大本尊偽作と同一人の偽作7

 

□なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」なる板本尊を等身大に造立したのか

 

日蓮正宗大石寺の「戒壇の大本尊」なる板本尊は、正面から見ると人間の身長ほどもある、巨大な板本尊である。「戒壇の大本尊」御開扉のとき、お厨子の扉を開ける僧侶の身長と、「戒壇の大本尊」なる板本尊の丈はほぼ等しく見える。毎年4月には大石寺で「霊宝御虫払い大法会」が執行され、大石寺法主自らこの「戒壇の大本尊」の煤払いをするが、その写真を見ても、「戒壇の大本尊」なる板本尊の丈は、法主の身長とほぼ等しく見える。

66世日達8
 

(「原進写真集」に載っている大石寺・霊宝御虫払い大法会の大石寺法主「戒壇大本尊」煤払いの儀式の写真)

日蓮正宗総本山大石寺48世法主・日量の著書『富士大石寺明細誌』には、「戒壇の大本尊」なる板本尊の丈について「竪四尺七寸五分」(大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』5p334)とあり、つまりこれは約143センチである。

宝冊・戒壇本尊2
 

(大石寺48世日量『富士大石寺明細誌』大石寺59世堀日亨編纂『富士宗学要集』5p334)

この143センチという数字は、「戒壇の大本尊」なる板本尊の漫荼羅の部分のものだから、台座を含めれば、160170センチということになるのだろう。つまり板本尊として日蓮正宗大石寺9世法主日有は「戒壇の大本尊」なる板本尊を人間の身長とほぼ等しい、等身大の巨大な板本尊に造立したということである。では なぜ大石寺9世日有は「戒壇の大本尊」を等身大に造立したのか。実は、これが「戒壇の大本尊」=日蓮=本仏という教義・日蓮本仏義と深い関係がある。仏像や位牌を等身大に造立するということは、古くから仏教界では行われていることであり、等身大に造立する意味は、その人物に見立てて造立するということである。では大石寺9世日有は、誰に見立てて「戒壇の大本尊」なる板本尊を造立したのか、ということになるが、それは言うまでもなく日蓮である。つまり大石寺9世日有が「戒壇の大本尊」を等身大に造立したということは、「戒壇の大本尊」=日蓮ということを表現しているということだ。大石寺9世日有は、「戒壇の大本尊」を偽作・造立する一方で、日蓮を久遠元初の本仏であるとする「日蓮本仏義」を偽作して、日蓮=本仏=「戒壇の大本尊」の教学理論を完成させようとした。

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(53)~東大寺戒壇院をモデルにして東大寺に優越する「事の戒壇」を偽作した大石寺9世日有3

■検証53・「日蓮本仏義」大石寺9世日有偽作の証拠3・戒壇大本尊偽作と同一人の偽作6

 

□東大寺戒壇院をモデルにして東大寺に優越する「事の戒壇」を偽作した大石寺9世日有

 

奈良でいろいろ有名なものはたくさんあるが、中でも最大級に有名なのが、やはり「奈良の大仏」で有名な東大寺であろう。東大寺は、正式には華厳宗大本山の寺。

難工事の末、大仏の鋳造が終了し、天竺(インド)出身の僧・菩提僊那を導師として大仏開眼会が挙行されたのは天平勝宝4年(752年)のこと。大仏鋳造が終わって、大仏殿の建設工事が始められ、大仏殿が竣工したのは天平宝字2年(758年)。ここから数えても1250年以上の歴史がある。

そういう長い歴史から、現・別当(法主)は、開山(初代別当)の良弁僧正から数えて220世・北河原公敬氏である。東大寺は、聖武天皇より、奈良時代の日本の60余か国に建立させた国分寺の中心をなす「総国分寺」と位置づけられている。

東大寺は、奈良公園の中にあるのだが、東大寺だけでも、ものすごい広さの敷地である。いろいろと資料を調べたのだが、東大寺の敷地面積の正確なデーターは、見つからなかった。

資料によれば、東大寺の境内は平城京の外京の東端を区切る東七坊大路(現国道169号)を西端とし、西南部は興福寺の境内と接していたという。又、かつては現存の堂宇以外にも多くの堂塔が存在しており、大仏殿の北には講堂と僧坊。東には食堂(じきどう)があった。僧坊は講堂の北・東・西の3面にコの字形に設けられたので「三面僧坊」と称していたという。

大仏殿の手前の東西には東塔・西塔(いずれも七重塔)があった。これらは、周囲を回廊で囲まれ、回廊の東西南北4か所に門を設けた「塔院」を形成しており、他寺に例をみない規模のものであったという。ということは、今の東大寺の敷地は、昔からは縮小されているものなのか。

それでも東大寺の境内は、広すぎるくらい広い。これだけ広い敷地に、大仏殿、戒壇堂、二月堂、法華堂、南大門等々といった堂宇が立ち並んでいるため、これらの堂宇をくまなく見て回ると、およそ1日かかってしまう。JTBの「るるぶ情報板」によれば、「じっくり拝観すれば、半日はかかる」と書いてあるが、半日では無理でしょう。丸1日は優にかかると思います。

私が「大石寺9世日有は東大寺戒壇院をモデルにして『事の戒壇』を発明した」と言っているのは、当然の如く、実際に東大寺の戒壇院に行って見学した上で言っている。もっとも、私が東大寺に行った第一の目的は、日本最初の「戒壇」を調査するためである。

東大寺の戒壇とは、出家者が正規の僧となるための戒律を授けられる儀式である「受戒」をするための施設として、天平勝宝7歳(755年)に鑑真和上を招いて創建された建物である。現在の「戒壇」の建物は江戸時代・享保18年(1733年)の再建。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ