アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2016年12月

□正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/29372252.html
□反日蓮正宗・反創価学会・反顕正会・反正信会路線の「アンチ日蓮正宗」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_695541.html
「仏教宗学研究会」とは「アンチ日蓮正宗」管理人が設立した会の名称。この会の中で、「日蓮正宗系」と富士門流執着軍団の批判・糾弾は正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「仏教宗学研究会のブログ」は「日蓮正宗系」以外の仏教・宗教・各宗派の調査・研究部門を直轄管轄。富士門流執着軍団批判は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄だが、「日蓮正宗系」以外の富士門流寺院の調査・研究は「仏教宗学研究会のブログ」の管轄。「仏教宗学研究会」への誹謗中傷に対する反撃・糾弾は「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」(アンチ日蓮正宗)が管轄。「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」から、カルト宗教対策、カルト宗教取締特別立法、カルト宗教拡散防止条約制定の活動部分を独立させたものが「国際カルト宗教対策委員会(Icat-Cult)」
□「アンチ日蓮正宗」「Icat-Cult」「仏教宗学研究会」は表裏一体の同体」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/archives/1655529.html
□「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」
http://international-committee-against-cult.doorblog.jp/
□「アンチ日蓮正宗」の5番目の批判ターゲットに「富士門流執着軍団」を指定
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/38818720.html
□「アンチ日蓮正宗」の基本方針・基本政策・メインテーマ
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1081721.html

□日蓮正宗とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・宗教詐欺集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1155403.html
□創価学会は伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略政治団体である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_622031.html
□冨士大石寺顕正会とは伝統仏教の仮面を被るカルト・暴力集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496386.html
□妙観講とは伝統仏教の仮面をかぶるカルト・謀略集団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_690733.html
□日蓮正宗正信会とは日蓮正宗の仮面をかぶる創価学会の分派である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_496387.html
□「富士門流執着軍団」とは伝統仏教の仮面を被る謀略軍団である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1055717.html
□日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会は同じ穴の狢・同罪である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_174276.html
□日蓮正宗管長・代表役員・大石寺法主への離檀宣告書の書式
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30268020.html
□日蓮正宗からの離檀1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17606850.html
□創価学会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17607967.html
□冨士大石寺顕正会からの脱会1(脱会届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17611881.html
□正信会からの脱会1(離檀届)
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17613697.html
□日蓮正宗批判・創価学会批判・顕正会批判は他のカルト宗教批判と構造が異なる
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/33730660.html
□「アンチ日蓮正宗」は永世中立・非同盟・不偏不党・自主独立機関
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_689583.html
□アンチ日蓮正宗・コミュ・ブログ・管理人
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_613423.html
□「アンチ日蓮正宗」の主宰者・管理人は無宗教である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9893862.html
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/9911806.html
□「アンチ日蓮正宗」はいかなる団体・宗派も支持しない・連合しない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/10655360.html
□「アンチ日蓮正宗」は単なる数合わせの政治的野合・連合体をめざさない
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/35069469.html
□「『アンチ日蓮正宗』の内容は正確で、問題の本質をとらえている」と日蓮正宗の現役信者・元信者が認めている
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/12617039.html
□「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」管理人の自叙伝
「実録・となりの創価学会員・法華講員」
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_610577.html
<注意事項>
□「アンチ日蓮正宗」の全ての記事・写真等の無断転載、無断使用、無断複製、無断模倣は厳禁です
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/17463344.html
□「「3ブログ」は言論の自由・表現の自由のサイトであり名誉毀損・誹謗中傷・業務妨害サイトではない」
http://bukkyoshugakukenkyukai.doorblog.jp/archives/49127458.html
□「ニセhide」「ニセアンチ日蓮正宗」の謀略にご注意下さい
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_1186234.html
□英昭彦以外の者が他のインターネットサイト・SNS・他の著作物等で「アンチ日蓮正宗」管理人「hide」を名乗ることを厳禁する

□日蓮正宗系カルト対策とオウム・統一教会・幸福の科学等のカルト対策は別個である
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/30040491.html
□「日蓮正宗系」離檀・離宗・脱会確認後、最低5年間は『様子見期間』とさせていただいています
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43144396.html

<協力要請>

□「日蓮正宗系」カルトを離檀・離宗・脱会された方々へ情報提供・内部告発の協力要請
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/43712967.html
<ご相談>
□御相談は全て管理人の電話にて受け付けていますので電話をお願いします
http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/42053605.html
□管理人の連絡先
(mobile)
080-6553-2774
anti-nichirenshoshu@ezweb.ne.jp
(telephone)
03-6325-6401
(FAX)
03-6325-7926
(PC)
anti_nichirenshoshu@jcom.zaq.ne.jp
(管理人名)英昭彦(hide_akihiko)

2016年、「3ブログ」を一年間ご愛好いただき、ありがとうございました

□明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です

 

本年2016年も「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」をご愛好いただき、まことにありがとうございました。

明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です。

皆様、よいお年をお迎えくださいませ。

アンチ日蓮正宗7
 

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(80)~戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない7

■検証80・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため7

 

□京都妙顕寺が勅願寺になったことで日蓮宗や大石寺が朝廷公認になったのではない

 

--------------------------------------------------------------

(日蓮正宗信者の妄説)

日蓮宗が朝廷から公認されていないので、日有上人が私度僧扱いされ、日有上人の申状が門前払いになったというのは、おかしい。日蓮宗関連では、日像の妙顕寺が1321年(元亨元年)に後醍醐天皇より寺領を受け、1334(建武元年)4月には、妙顕寺を勅願寺として法華宗号の綸旨を受けている。勅願寺ということは、東大寺や醍醐寺、観世音寺、薬師寺、石山寺等々と同格になったということだ。1358(延文3)年、後光厳天皇より日蓮に大菩薩号、日朗・日像に菩薩号が、そして妙顕寺には四海唱導の称号が、妙顕寺2世貫首・妙実には大覚の称号と大僧正の位が下賜された。よって日蓮宗も朝廷から公認された宗派だったのだ。

だから日有上人の申状が門前払いにされるはずがない。

--------------------------------------------------------------

たしかに、妙顕寺が1321年(元亨元年)に後醍醐天皇より寺領を受け、1334(建武元年)4月には、妙顕寺を勅願寺として法華宗号の綸旨を受けたこと。1358(延文3)年、後光厳天皇より日蓮に大菩薩号、日朗・日像に菩薩号が、そして妙顕寺には四海唱導の称号が、妙顕寺2世貫首・妙実には大覚の称号と大僧正の位が下賜された、ということは史実である。しかしこのことが、日蓮宗全体が朝廷公認になったというわけではないし、もちろん大石寺が朝廷公認になったということではない。当時、京都で布教をしていた日蓮宗一門は、日像門流だけであり、当然のことながら京都の朝廷は、日蓮宗と言えば日像門流しか知らなかった。百歩譲って日像の師・日朗も菩薩号を受けていることからして、日朗門流が朝廷公認になったと解釈しても、日朗門流・日像門流が公認になっただけで、それは日蓮宗全体ではない。ましてやその中に大石寺9世日有が率いる大石寺門流は入るはずがない。1334(建武元年)4月に、妙顕寺を勅願寺として法華宗号の綸旨を受けた、というのは、あくまでも、京都妙顕寺だけの話しであって、朝廷から公認されたのは、あくまでも京都妙顕寺を本山とする日像門流だけである、という解釈が妥当なところであろう。

1358(延文3)年、後光厳天皇より日蓮に大菩薩号が下賜されたというのも、あくまでもこれは京都妙顕寺に下賜されたのであり、これを後年に日蓮宗全体で用いているだけのことである。

よってこれも日蓮宗全体が朝廷公認になったというわけではない。

ましてや大石寺門流は、今でも朝廷が下賜した「日蓮大菩薩」号を否定して「日蓮大聖人」と呼称している。それでどうして1358(延文3)年の後光厳天皇による日蓮大菩薩号下賜が大石寺公認になったと言えようか。言えるわけがないではないか。

妙顕寺36


妙顕寺1


妙顕寺2
 

(日蓮宗大本山・京都・妙顕寺)

 

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(79)~戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない6

■検証79・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため6

 

□大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件2

 

さてその比叡山延暦寺だが、元天台座主で還俗して将軍になった室町幕府6代将軍・足利義教と対立。永享7(1435)、足利義教の武力制圧に反発した延暦寺の僧侶が根本中堂に火を放って、比叡山延暦寺・根本中堂が灰燼に帰すという事件が起こるが、その後、直ちに根本中堂は再建される。さらに世が戦国時代に入った明応8(1499)、今度は比叡山延暦寺は、室町幕府管領・細川政元から攻撃を受けて、根本中堂を焼失する。これは管領・細川政元と対立して将軍職を廃された足利義材が幽閉先を脱出して越中へ逃れ、諸大名の軍事力を動員して京都回復・将軍復職をめざして各地で亡命生活を送る。亡命中の明応7年(1498年)に義尹と改名し、その義尹派の中に比叡山延暦寺がいたからである。この細川政元の攻撃で、比叡山延暦寺・根本中堂は史上二度目の焼失になる。さらに元亀2(1571)、織田信長による比叡山延暦寺・全山焼き討ちによって、延暦寺の伽藍・堂塔はことごとく焼失し、多くの僧侶が戦死して壊滅的な打撃を受ける。

織田信長の死後、豊臣秀吉や徳川家康が比叡山延暦寺を庇護し、根本中堂は徳川幕府3代将軍・家光によって再建されている。明治時代以降も、延暦寺の堂宇再建は続けられて、現在に至っている。一方、日蓮正宗大石寺のほうだが、大石寺9世日有による「戒壇の大本尊」なる板本尊偽作以降、京都の天皇・幕府の将軍に申状を呈する天奏そのものを、やめてしまった。大石寺9世日有以降、現在にいたるまでの歴代大石寺法主の中で、天奏を行った法主は一人もいない。これは何を意味するものなのか。つまり大石寺9世日有をはじめとする大石寺法主が、日蓮が志した天皇・将軍に申状を上程して広宣流布を目指すという路線を完全に放棄し、大石寺9世日有が偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を教義の根本に据えて、この本尊の御開扉によって信者から供養金を収奪する路線に、方向転換したと言うことだ。

なぜ大石寺の法主は、こんな路線転換をしたのか。

まず第一に、天奏を行っても、大石寺の信者が増えるわけでもなく、大石寺が潤うわけでもない、ということに気づいたと言うこと。

日蓮・日興以降、大石寺9世日有に至る歴代法主の中で、実際に京都伝奏を行ったのは、大石寺9世日有が最初である。それまで大石寺門流では、誰も京都に行ったことがないことから、天奏を観念論的な理想と考えていたようだが、実際に大石寺9世日有が京都天奏に旅立って、はじめて朝廷公認宗派でも何でもない大石寺は、京都で全く通用せず、天奏というものが無意味なものであることに気づいた。

日有申状1


日有申状2
 

(大石寺9世日有申状/大石寺59世堀日亨編纂「富士宗学要集」8p341343)

 

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(78)~戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない5

■検証78・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため5

 

□大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件

 

それにしても、大石寺を、天皇が勅許した「大乗戒壇」である比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にするという日蓮正宗大石寺9世法主日有の構想は、いくらなんでも大胆すぎる発想である。延暦25年(806年)、日本天台宗の開宗が正式に許可され、弘仁13(822)、伝教大師最澄の死後7日目にしてようやく「大乗戒壇」が許可された後、比叡山延暦寺は日本仏教史に残る数々の名僧を輩出した。日蓮宗の開祖である日蓮も、比叡山延暦寺で修行した僧侶であった。その延暦寺は、年々、冨と武力を増大化していっていた。まず領地として極めて多くの荘園を保持。又、街道に公然と関所を設けて通行料をとっていた。比叡山延暦寺の財力というものは、時の権力者・室町幕府の将軍も無視できないような、相当、巨大なものであった。そして比叡山延暦寺は、強大な武力、いわゆる僧兵を持っていた。この僧兵、いわゆる比叡山延暦寺の軍事力も巨大なもので、いわば比叡山延暦寺は巨大な利権集団というより、「比叡山延暦寺」という名前の「大名」だったと言える。強大な権力で院政を行った白河法皇ですら「賀茂川の水、双六の賽、山法師。これぞ朕が心にままならぬもの」と言って嘆いたのは、あまりにも有名である。大石寺9世日有の時代、その強大な権威・権力・財力・武力を持った比叡山延暦寺と、駿河国の草深い貧乏寺の大石寺を比べれば、「月とスッポン」「巨人とアリ」以上の差があることは明白。いくらなんでも、大石寺が天下の比叡山延暦寺を凌ぐ「事の戒壇」などとは、大石寺一門を率いる法主・9世日有がいかに声高に叫んだところで、誰も信用してはくれない。しかし、時の運は、大石寺9世日有に味方をしたとしか思えないような事件が起こるのである。それは1432(永享4)年の大石寺9世日有の京都天奏の旅からわずか3年後の1435(永享7)2月、室町幕府6代将軍・足利義教が率いる室町幕府軍と比叡山延暦寺衆の間で戦争が起こり、僧侶たちが根本中堂に火を放って集団自決。

ここに伝教大師最澄以来、およそ六百年になんなんとする伝統がある比叡山延暦寺根本中堂が焼き払われて灰塵になってしまうという大事件が起こったのである。ここの歴史的経緯については、井沢元彦氏の「逆説の日本史」の記述を元に進めてみたい。

室町時代の比叡山延暦寺は、巨大な権威にともなう財力と武力を持ち、室町幕府の統制に服さない「大名」というか「独立国」に近い集団であった。室町幕府の6代将軍・足利義教は、これを室町幕府の支配下に収めないかぎり、天下を掌握したとは言えず、忸怩たるものがあった。その足利義教は、かつては第153世天台座主・義円であり、還俗して室町幕府6代将軍になった人物であり、同時に比叡山延暦寺のすべてを知り尽くしていた人物でもあった。1433(永享5)年、1435(永享7)年、二度にわたって室町幕府軍と比叡山延暦寺衆の間で激しい戦争が勃発。幕府軍は圧倒的な軍事力を背景に延暦寺の領地各地に火を放ち、荘園は次々と制圧。各地で幕府軍は延暦寺「軍」を打ち破っていったのだが、延暦寺の僧兵たちは、ここで最後の切り札を出した。延暦寺の総本堂である根本中堂に立て籠もったのである。

根本中堂4
 

(比叡山延暦寺・根本中堂)

 

続きを読む

日蓮本仏義は9世日有の偽作だ(77)~戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない4

■検証77・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため4

 

□大石寺を比叡山延暦寺に超越する「事の戒壇」にしようとした大石寺9世日有の野望

 

比叡山延暦寺の「大乗戒壇」は、天台宗が広宣流布するしないに関わらず、比叡山延暦寺の総本堂である根本中堂の中央に秘仏の本尊を祀り、秘仏の本尊の前に「前立本尊」を祀り、比叡山延暦寺の戒壇堂では、いつでも僧侶に授戒している。日本古来からの戒壇である奈良・東大寺、唐招提寺、筑紫・観世音寺、下野・薬師寺の戒壇も、南都六宗の戒壇も自宗の広宣流布とは関係なく戒壇が勅許・建立されたことは同じ。そこで大石寺9世日有は、日蓮が定めた「戒壇」とは、別個の「事の戒壇」を造り上げ、大石寺を日蓮一門の本門「事の戒壇」にしてしまおうとしたのである。

その大石寺9世日有が造り上げた「事の戒壇」とは、自らが偽作した「戒壇の大本尊」なる板本尊を祀る場所。すなわち大石寺ということになる。つまり「戒壇の大本尊」なる板本尊を偽作して大石寺に祀ることによって大石寺は、いつでもどこでも「事の戒壇」ということになったのである。大石寺9世日有が「新池抄聞書」をという文書に残した説法の中で

「日有云く、また云く、大石は父の寺、重須は母の寺、父の大石は本尊堂、重須は御影堂、大石は本果妙、重須は本因妙、彼は勅願寺、此は祈願寺、彼は所開、此は能開、彼は所生、此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇なり」(「富士日興上人詳伝・下」p84)

新池抄聞書1
 

というふうに、「此は能生、即本因、本果、本国土妙の三妙合論の事の戒壇」という教義を述べているが、これは、「戒壇の大本尊」なる板本尊が格蔵されている大石寺こそ「事の戒壇」であることを明示したものである。「戒壇」でも「事の戒壇」というのは、日蓮正宗が定義づけている教義で、いわば「衆生が事実の上で成仏する戒壇」というような意味で、総ての仏教寺院の総本山、根本の堂宇という意味になる。この「事の戒壇」に対する言葉が「理の戒壇」で、これは「理屈の上では戒壇であるが、衆生が成仏できない戒壇」という意味で、これは比叡山延暦寺の戒壇がそれに当たると、日蓮正宗は言っている。 つまり大石寺の「事の戒壇」は、比叡山延暦寺の「理の戒壇」「大乗戒壇」よりも優越すると、日蓮正宗は言っているわけである。

それにしても、大石寺の法主、僧侶は、比叡山延暦寺や東大寺などの日本古来からの戒壇の寺院に対して、これほどまでの劣等感を持っているのだろうか。実は、その劣等感は21世紀の現代にまで尾を引いている。その証拠の一つが、日蓮正宗大石寺が東大寺大仏殿そっくりで、「大仏殿がすっぽりと入る」などと宣伝した奉安堂を2002年に建立したことだ。この奉安堂が、現在の東大寺大仏殿がすっぽりと納まってしまう大きさであり、奈良、鎌倉時代の大仏殿と比較しても2倍以上の大きさとなることは、奉安殿の設計を担当した建築研究所アーキヴィジョン・広谷純弘氏が明かしている。又、奉安堂の外観は、まさに東大寺大仏殿を模して造られたかのように、そっくりにできている。これなどは、「日蓮正宗は、東大寺、延暦寺などの期成仏教の戒壇よりも優越なのである」という、奇妙な劣等感の裏返しに他ならない。

 

続きを読む
メッセージ

名前
メール
本文
記事検索
最新記事(画像付)
最新コメント
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
  • ライブドアブログ