アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2016年12月

□明年2017年は、さらに今までにも増して、内容を充実させてまいる所存です   本年2016年も「アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ」「仏教宗学研究会のブログ」「国際カルト宗教対策委員会・公式ブログ」をご愛好いただき、まことにありがとうございました。 明年2017 ...

■検証80・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため7   □京都妙顕寺が勅願寺になったことで日蓮宗や大石寺が朝廷公認になったのではない   -------------------------------------------------------------- (日蓮正宗信者の妄説) 日蓮宗が朝 ...

■検証79・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため6   □大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件2   さてその比叡山延暦寺だが、元天台座主で還俗して将軍になった室町幕府6代将軍・足利義教と対立。永享7 ...

■検証78・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため5   □大石寺9世日有の野望を始動させた1435(永享7)年の比叡山延暦寺根本中堂炎上事件   それにしても、大石寺を、天皇が勅許した「大乗戒壇」である比叡山延暦寺をも凌ぐ「事の戒壇」にすると ...

■検証77・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため4   □大石寺を比叡山延暦寺に超越する「事の戒壇」にしようとした大石寺9世日有の野望   比叡山延暦寺の「大乗戒壇」は、天台宗が広宣流布するしないに関わらず、比叡山延暦寺の総本堂である根 ...

■検証76・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため3   □自らの申状の伝奏を私度僧同然に扱われて門前払いされた大石寺9世日有の屈辱2   そもそも天台座主とは、日本の天台宗(延暦寺派)の総本山である比叡山延暦寺の貫主(住職)で、天台宗( ...

■検証75・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため2   □自らの申状の伝奏を私度僧同然に扱われて門前払いされた大石寺9世日有の屈辱1   天皇や上皇・法皇といった「治天の君」への奏請は誰でも彼でもできるのではなく、親王・王・法親王といっ ...

■検証74・「日蓮本仏義」偽作の動機4・大石寺を「事の戒壇」にするため1   □戒壇に祀る本尊は本仏でなければならず「戒壇大本尊」=「日蓮」=「本仏」でなければならない   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「百六箇抄」 ...

■検証73・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため3   □湯之奥金山の経済力で潤う時代に信者から金銭収奪体制確立を急いだ大石寺9世日有   日蓮正宗大石寺九世法主である日有は、大石寺から北へ約45キロほど上った山梨県南巨摩郡身延 ...

■検証73・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため2   □「戒壇大本尊」「日蓮本仏義」偽作で湯之奥金山の利権独占を狙った大石寺9世日有   先に、一般大衆がどこか特定の宗派、特定の寺院に所属が固定化されたのは、江戸時代初期の寛 ...

■検証71・「日蓮本仏義」偽作の動機3・信者からの金銭収奪システムを確立するため1   □大石寺が信者から未来永劫にわたり安定的に金銭を収奪するシステムを確立させるため   日蓮正宗大石寺9世法主日有(1402~1482・法主在職1419~1467・1472~1482)が「日蓮本仏義 ...

□龍神ひろしの法華講石之坊支部幹事認証で理性も知性も全てかなぐり捨てた(?)日蓮正宗   日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」は、毎号、「宗務院録事」と題して、大石寺法主が任命、承認、認証する人事を発表しているが、「大日蓮」平成28年12月号に、驚くべき人事が発表さ ...

□大石寺法主の評価は創価学会の牧口常三郎・戸田城聖・北条浩よりも「下」だった永井藤蔵氏   日蓮正宗の信徒の中では総講頭に次ぐナンバー2の地位である日蓮正宗法華講大講頭の職にあり、全国・海外の日蓮正宗寺院に所属する法華講支部の連合体組織である日蓮正宗法華 ...

□折伏布教解禁の明治時代に江戸時代よりも過激折伏体質をエスカレートさせた大石寺門流2   1868(明治1)年の明治維新以降、過激折伏体質をエスカレートしていった大石寺門流だが、具体的にどれだけの布教実績を挙げていたのか。明治維新以降から1945(昭和20)年までの大 ...

□明治政府の「一宗派一管長」等の強権的な現実無視の宗教統制政策に反発した大石寺門流   1868(明治1)年の明治維新によって、265年つづいた徳川幕府の治世は終わり、明治天皇を元首とする新政府が成立。徳川幕府の宗教政策はことごとく覆され、明治新政府は新しい宗教 ...

□日蓮正宗寺院反対の方たちは日蓮正宗の嫌がらせに負けずに日蓮正宗撤退まで“がんばれ”   さて前々から懸念されていたことではあるが、千葉県松戸市秋山地区で、日蓮正宗の新寺院建設反対運動をしている活動家の方々の自宅に、日蓮正宗の腰巾着(こしぎんちゃく)とお ...

↑このページのトップヘ