アンチ日蓮正宗・オフィシャルブログ

正式名「アンチ日蓮正宗・アンチ創価学会・アンチ顕正会・正信会」略称名「アンチ日蓮正宗」。創価学会や顕正会は勿論の事、その本家本元の日蓮正宗自体も「目くそ鼻くそを笑う」的なものだ。創価学会、SGIや冨士大石寺顕正会、正信会、その他の分派団体……これらの親元・生みの親・育ての親・本家本元は、日蓮正宗です。 伝統仏教の仮面をかぶり、憲法違反、国際人権規約(条約)違反の人権侵害を行い、信教の自由から逸脱した専横活動を行い、一般国民の信教の自由を踏みにじる弾圧を行うカルト宗教を規制する新立法・新条約制定を目指します。日蓮正宗、創価学会、顕正会をカルト宗教に指定して司法監視せよ。反日蓮正宗系(日蓮正宗・創価学会・顕正会・正信会)活動はカルト宗教の専横・独裁・専政・弾圧に抵抗する現代の自由民権運動である。 (「日蓮七百遠忌大法会」終了後、記念撮影する大石寺67世阿部日顕ら日蓮正宗首脳僧侶と池田大作ら創価学会首脳・昭和56(1981)年10月17日付け聖教新聞)

2017年03月

□末寺総代、法華講支部講頭・副講頭・幹事・会計を承認・認証する日蓮正宗管長(大石寺法主)   「日蓮正宗の僧侶・信徒の関係、信徒団体の構図がよくわからない」「実にわかりにくい」等々の質問がよく「アンチ日蓮正宗」に来ている。日蓮正宗は、最高指導者である日蓮 ...

■検証52・大石寺に「大石寺開山・二祖日興の正墓」は存在しない4   □大石寺参拝の日蓮正宗信徒がほとんど参詣していない毎年2月7日の大石寺「興師会」   2月7日は、大石寺開山(開祖)・二祖日興の祥月命日に当たり、毎年2月6日午後4時から大石寺客殿で「興師会」(こ ...

■憲法20条違反・国際人権規約18条違反の日蓮正宗の急激な信者数拡大を許すなPART2   □シアトル事件敗訴、宗創和解、日顕代替で萎んだ創価学会脱会・日蓮正宗へ入る信徒の流れ   「アンチ日蓮正宗・仏教宗学研究会」でとりあげている文化庁発行「宗教年鑑」の統計と ...

□「宗創戦争」が激烈だった1990年代に年間2~3万人ペースで信者数を拡大した日蓮正宗   日蓮正宗は、1980年代以降、旧来からの信徒講の団体である法華講連合会に対して、1990年の大石寺開創七百年に三万総会、1994年に六万総会、2002年の日蓮・立宗750年に三十万総登山 ...

□一般歳入・歳出予算を一般公開している伝統仏教各宗派と一般公開を拒否している日蓮正宗   現今の日蓮正宗のカネ集めが、いかに常軌を逸した巨大な金額のカネ集めであるかを計るバロメーターがある。一番わかりやすいのは、他の伝統仏教宗派の財政と比較して見ること ...

■日蓮正宗は憲法20条違反・国際人権B規約18条違反の折伏・布教を即時中止せよPART4   □また折伏を行じない住職や法華講員は無間地獄行きだと説法した大石寺68世早瀬日如法主   「2021(平成33)年の日蓮生誕八百年に法華講員(日蓮正宗信徒)を80万人にしろ」と、日蓮 ...

□2015~2016年の2年間で何と23人もの住職を隠居させた大石寺68世早瀬日如法主   現在、日蓮正宗管長・大石寺68世早瀬日如法主・宗務院は、2021年(平成33年)の日蓮生誕八百年の年の「法華講員80万人達成」などという「折伏誓願目標」という名の過酷な布教ノルマを寺院住 ...

□1991年以降、さまざまな行事にかこつけて350億円を超えるカネ集めを行っている日蓮正宗   毎年1月1日~3日にかけて日蓮正宗の信徒団体である日蓮正宗法華講連合会新年初登山会が行われ、日本全国から法華講員(日蓮正宗の信徒)が大石寺に登山参詣することが慣例化して ...

■日蓮正宗は「信教の自由」逸脱・憲法違反・国際条約違反の布教活動を即時中止せよPART2   □大石寺68世日如法主、八木日照総監が折伏・育成をしない者は無間地獄行きだと説法   日蓮正宗では、日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の毎年の1月号に、大石寺法主(日蓮正宗 ...

↑このページのトップヘ