□日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも「特定危険抗争カルト宗教」に指定せよ4

 

1989(平成1)129日に大阪市高槻市の市民会館で行われた妙観講vs顕正会の「対論」「法論」とは名ばかりの、両者のすさまじいばかりの暴力抗争事件の直後、顕正会会長・浅井昭衛氏と日蓮正宗大石寺理境坊妙観講講頭・大草一男氏の、おおよそ宗教団体の指導者にあるまじき、驚くべき電話口論が行われた。

□「暴力集団 顕正会5 法論から逃げる浅井昭衛」

https://www.youtube.com/watch?v=ejZyYuyPBCU

--------------------------------------------------

浅井 「もしもし」 大草「もしもし」 浅井「ハイハイ」 大草「浅井さんですか」 浅井「ハイハイ」

大草「浅井昭衛さんですね」 浅井「ハイハイ」 大草「妙観講の大草です」 浅井「……」

大草「こんにちは」 浅井「ハイハイハイハイ」 大草「何か今また大阪の件で連絡が入っているんですけどね」 浅井「うんうん」 大草「何かまた乱闘事件になったらしいですよ」

浅井「ほーほーほーほー、お前たちが起こしたんだろ」大草「全部、全部ね、あなたがたですよ」

浅井「お前たちが起こしたんだろ」大草「フッ、何言ってるんですか。ビデオに全部入ってますよ」 浅井「貴様たちはなー」大草「おー、いいですよ」浅井「えー」大草「女子会員もケガしてますからねー。またこれ告訴しますから」浅井「やりなさい」大草「はー」浅井「やりなさい」大草「やりますよ」

浅井「やりなさい」大草「やりますよ」浅井「そんなこと、お前がいちいち断ることもない」

大草「それでねー、結局、おたくら(顕正会が)全然(妙観講側からの質問に)答えられなかったから。全面敗走ってことで終わりましたからねー。」浅井「お前、バカだな」大草「それだけ通告しときます」浅井「貴様、バカだな」大草「よろしいですか」浅井「お前はバカだな」大草「あははは」浅井「えー」大草「何がバカなの?」浅井「おー、お前は本当にバカだ」

大草「あなたねー、そうやってねー、わめいているだけじゃないか。ちゃんと法義上から反論して下さいよ。あなたの名前で、堂々とやってみなさい。はずかしいな全く」

浅井「(われわれは)池田大作と細井管長をして、訂正せしめているんだぞ。貴様のような者の事件が何だ」大草「逃げるんじゃない。逃げるんじゃない」

浅井「顕正会が相手にしているのはな、阿部管長であり池田大作であって…」

大草「何を言っているんだ。『妙観講の息の根を止める』って、自分たちで言っているじゃないか。あーた、自分で言っているじゃないか」

浅井「(妙観講の息の根を)止めるぞ」大草「おー、止めてみろよ」浅井「(妙観講の息の根を)止めるぞ。そのうち、(顕正会の)男子部を派遣してやる」大草「あー、楽しみだな」

浅井「男子部を送りこんでやる」大草「あー、楽しみだな」浅井「その時、逃げるんじゃないぞ」

大草「おいおい、待て待て待て」浅井「よろしい。今から憶えてろ。その時逃げたら承知しないぞ」

大草「あはははは」浅井「よろしいな」大草「浅井さん、あんた…」

------------------------------------------------------------------

 

 

□妙観講・顕正会両者入り乱れての乱闘事件・暴力抗争事件は両者に非があること明らかだ

 

1989(平成1)25日、今度は東京・杉並区西荻の妙観講本部に、顕正会男子部60名が実質的な『殴り込み』。再び、妙観講本部前にて、妙観講vs顕正会の乱闘事件になった。これは妙観講がユーチューブにアップした動画の中で、妙観講が認めている。

これは「法論」に名を借りた集団暴力事件であり、宗教団体として、あるまじき行為であることは言うまでもない。彼らは「法論」「対論」をやっているつもりらしいが、これは暴力集団による「集団殴り込み事件」と言う以外にない。こんな恥ずべき、あさましい、非常識極まりない暴力抗争事件を起こして、自分たちだけが正しいと言い張るつもりらしい。妙観講がユーチューブにアップした動画でも、一方的に顕正会に非があるかのようなナレーションが流れているが、乱闘事件の写真を見ると、どっちが妙観講で、どっちが顕正会だかわからない、両者入り乱れての乱闘の写真がアップされている。この写真を見て、どうして顕正会だけに非があると言えるのか。

妙観講・顕正会両者入り乱れての乱闘事件・暴力抗争事件は、両者に非があること明らかだ。

これだけの暴力集団同士の暴力抗争事件を起こしておいて、自分たちには全く非がないなどという無反省体質もまた大問題だ。妙観講も顕正会も、その非常識体質は極言まで行ってしまっていると言わねばなるまい。こんな暴力抗争事件を起こす集団は、宗教団体として失格であることは明白。日蓮正宗妙観講と富士大石寺顕正会の双方とも優遇税制などの特権を全て廃止し、「特定危険抗争カルト宗教」に指定して、監視すべきである。

05抗争3


05抗争4


05抗争5


05抗争1


05抗争2
 

(妙観講がアップした「暴力集団 顕正会5 法論から逃げる浅井昭衛」と題するユーチューブの動画)