□龍神ひろしの法華講石之坊支部幹事認証で理性も知性も全てかなぐり捨てた(?)日蓮正宗

 

日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」は、毎号、「宗務院録事」と題して、大石寺法主が任命、承認、認証する人事を発表しているが、「大日蓮」平成2812月号に、驚くべき人事が発表されている。何と平成28111日付けの辞令で、十年以上にもわたって非常識言動・非常識折伏を繰り返し、世間一般から大顰蹙を買い、「アンチ日蓮正宗」からさんざん論破されて反論不能になり、逃亡した男・龍神ひろしが、大石寺68世早瀬日如法主から法華講石之坊支部「幹事」に認証された人事が発表されている。

龍神ひろし幹事3


12大日蓮
 

(日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」平成2812月号p22)

法華講石之坊支部の幹事の所に、龍神ひろしの本名が載っている。「アンチ日蓮正宗」管理人は、龍神ひろしの本名を知っているが、ここは、龍神ひろしの本名が載っている箇所を黒塗りにしておいた。こういう所で、龍神ひろしの本名を晒すことは、「アンチ日蓮正宗」の目的ではない。

法華講は、宗規によれば「法華講は、総本山内に本部を置き、各寺院及び教会に支部を置く」とされ、法華講本部には、総講頭一人、大講頭 若干人、幹事 若干人、会計二人。法華講支部には、講頭一人、副講頭一人若しくは二人、幹事 若干人、会計 若干人置くとされている。さらに「本部に指導教師三人を、支部に指導教師一人を置き、指導監督に当たる」「本部の指導教師は、教師のうちから管長が任免し、その任期は三年とする。但し再任を妨げない」「支部の指導教師は、支部が所属する寺院又は教会の住職又は主管をもって充てる」と規定される。

法華講支部は、日蓮正宗大石寺塔中坊ないしは末寺に所属。法華講支部は、指導教師である住職のもと、講頭一人、副講頭一人若しくは二人、幹事 若干人、会計 若干人の他、地域部長、地域責任者、壮年部長、婦人部長、青年部長、男子部長、女子部長、少年部長といった役員がいる。これら法華講支部役員は、指導教師である住職が任命するのだが、講頭、副講頭、幹事、会計は、大石寺法主の認証状が発せられ、それが「大日蓮」に掲載される。つまり日蓮正宗宗務院機関誌「大日蓮」の「宗務院録事」で、法華講石之坊支部の幹事の所に、龍神ひろしの本名が載っているということは、龍神ひろしが、大石寺68世早瀬日如法主から法華講石之坊支部「幹事」に認証されたことを意味しており、法主の認証状が龍神ひろしに発せられたことを意味している。

法主認証状1
 

(大石寺法主が発する法華講支部幹事の認証状)

この認証状は、法主直筆の毛筆で書かれており、日蓮正宗管長印が押印された、実に仰々しい認証状である。これは認証状のみならず、法主が発する任命状、承認状等、全て同じで、法主直筆で、日蓮正宗管長印が押印されている。任命状とは、日蓮正宗宗務院の宗務総監、庶務部長、教学部長、布教部長、海外部長、渉外部長、財務部長、各副部長、宗務大支院長、宗務支院長の任命状、末寺住職の任命状、法華講総講頭、大講頭、法華講連合会委員長、副委員長の任命状等がある。承認状とは、末寺副住職の承認状、末寺総代の承認状等がある。認証状とは、法華講支部講頭、副講頭、幹事、会計の認証状の他、宗会議長、監正会会長の認証状等がある。

 

 

□龍神ひろしが「アンチ日蓮正宗」に論破され逃亡したことを大石寺法主が認証したと解釈します

 

それにしても、たび重なる非常識言動、他サイトの無断コピー、無断模倣、根拠も証拠もなき誹謗中傷、非常識布教で大顰蹙を買い、インターネットの「mixi」や楽天ブログ等々で、あらん限りの妄説をまき散らし、「アンチ日蓮正宗」から全て論破されて逃亡した龍神ひろしを、法華講石之坊支部「幹事」に任命・認証するとは、一体、何を考えているのか。今回の日蓮正宗の人事発表を見て、驚いたのは「アンチ日蓮正宗」管理人一人ではないと思うが、どうだろうか。日蓮正宗という宗教団体は、これで理性も知性も全て捨て去った、と解釈されても仕方あるまい。

□法華講員・龍神ひろしの妄説を斬る

http://anti-nichirenshoshu.doorblog.jp/archives/cat_806101.html

龍神ひろし「しばらくは」


龍神ひろし「通算10回目の降伏宣言」
 

(楽天ブログに龍神ひろし自らが記した「逃亡宣言」)

これだけの非常識男・逃亡男・龍神ひろしを日蓮正宗大石寺法主が法華講石之坊支部幹事に認証したということは、龍神ひろしが「アンチ日蓮正宗」から全て論破されて逃亡したことを大石寺法主が認証したものと解釈させていただきます。()

金正日1
 

(龍神ひろしのそっくりさん・金正日)